機種変更応援プログラムと機種変更応援プログラムプラスの違いは?

  • 2018年5月21日
  • by 
機種変更応援プログラムと機種変更応援プログラムプラスの違いは?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモのサービスとしては比較的新しい部類に入る機種変更応援プログラム/機種変更応援プログラムプラス。

名前から機種変更時にお得になるサービス、というのはわかりますが、いったいどのようなサービスなのでしょうか?そして加入するべきなのでしょうか?また、2つにはどういった違いがあるのでしょうか。

今回はこのサービスを詳しく解説していこうと思います。

1 ドコモの機種変更で使えるサービスは2種類ある

みなさんは、スマホをどのくらいの頻度で機種変更していますか?多くの人が、契約プランの関係上、2年を1つの区切りと考えているのではないでしょうか。

でも、2年もの間に続々と新製品が出てきてしまって、「早く新しいスマホにしたい!でも2年契約が…」という思いをしたことのある人は少なくないはずです。

また、多くの人がスマホの端末代金を24ヶ月で分割払いにしていることと思います。そうなると、仮に2年契約を破棄するために解約金を払って新しいスマホにしても、前のスマホの未払い分を新しいスマホの料金と一緒に払わなければなりません。

「スマホを2年以内に新しくしたいけど、どうにかして支払いは安く済ませたい」というのが、多くの人にとって本音のはず。

そこで注目したいのが、ドコモが提供している「機種変更応援プログラム」「機種変更応援プログラムプラス」という2つのサービスです。今回はこれらについてまとめてみました。

1-1 機種変更応援プログラムのサービス概要

機種変更応援プログラムとはどのようなサービスか、という問いに一言で答えるとすれば、

「スマホの端末料金の分割払い24ヶ月分を、すべて払いきらずに機種変更しても、あまりお金がかからないサービス」

ということになるでしょうか。

これだけ聞くと、とてもお得なサービスのようですが、実際には色々な条件があります。それらについて詳しく見ていきましょう。

2 「機種変更応援プログラム」「機種変更応援プログラムプラス」2つのおおまかな違い

まずは、「機種変更応援プログラム」と「機種変更応援プログラムプラス」のサービス内容の違いをおおまかに把握しましょう。

機種変更応援プログラムの特徴
  • 対象はAndoroidのスマホと、iPhoneの7/7 Plus以前の世代
  • 基本的には19ヶ月目からサービスの利用ができる
  • 利用料金は月額300円
機種変更応援プログラムプラスの特徴
  • 対象はiPhone X、iPhone 8/8 Plus
  • 13ヶ月目からサービスの利用ができる
  • 月額の利用料金は無料

簡単なところではこのような違いがあります。

次の章ではドコモの機種変更応援プログラムについて解説します。

ドコモの端末を購入するならdカード GOLDがおすすめです。

ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍になります。また、ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。
dカードGOLDを最大限利用したら年間5万円もお得になる話

▽dカード GOLD入会特典はこちら

3 ドコモの機種変更応援プログラムとは

それでは、「機種変更応援プログラム」について詳しく見ていきましょう。

のちに説明する「機種変更応援プログラムプラス」と基本的な部分は共通しているので、一度ここで細かく解説していきます。

ポイントをきちんと貰うための条件についてもまとめてみました。

3-1 機種変更応援プログラムの基本的な仕組み

機種変更応援プログラムの流れは、

  1. スマホ契約時に、機種変更応援プログラムに加入し、月々300円を支払う
  2. 19~25ヶ月目に機種変更をする
  3. 機種変更の時期に応じて、ポイントがもらえる
  4. 新しいスマホでも機種変更応援プログラムを継続する

となります。

ここで注意していただきたいのは、前のスマホの端末代金の未払い分がなくなるわけではないということです。あくまでスマホを機種変更する際にポイントが貰えて、それで相殺する、という形になります。

また、④の条件にも注意が必要です。新しいスマホに機種変更した際、機種変更応援プログラムを解約してしまうと、ポイントが受け取れなくなってしまいます。

ポイントを受け取りたい場合は、継続して機種変更応援プログラムを利用する必要があります。

3-2 カテゴリー、機種変更のタイミングによってもらえる料金が変わる

さて、このサービスですが、スマホによってカテゴリーが振り分けられています。

そのカテゴリーと、機種変更のタイミングによって受け取れるポイント額が変わってきます。

まずは、カテゴリーを一覧にしました。

カテゴリー対象機種
AiPhone 7(128GB、256GB)
iPhone 7 Plus(32GB、128GB、256GB)
BiPhone 7(32GB)
iPhone SE(64GB、128GB)
arrows NX F-01J
arrows NX F-01K
V20 PRO L-01J
V30+ L-01K
JOJO L-02K
Galaxy Note8 SC-01K
Galaxy S8 SC-02J
Galaxy S8+ SC-03J
AQUOS R SH-03J
Xperia XZ SO-01J
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia X Compact SO-02J
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Xperia XZs SO-03J
Xperia XZ Premium SO-04J
M Z-01K
CiPhone SE(16GB、32GB)
Disney Mobile on docomo DM-01J
Disney Mobile on docomo DM-01K
AQUOS EVER SH-02J

A,B,Cの3種類があり、Aが一番多くポイントを受け取ることができる機種になっています。

次に、カテゴリーごとの、機種変更のタイミングで受け取れるポイントを表にしてみました。

 ABC
13~18ヶ月目(iPhoneのみ)27,000円分21,000円分18,000円分
19ヶ月目27,000円分21,000円分18,000円分
20ヶ月目23,000円分18,000円分15,500円分
21ヶ月目19,000円分15,000円分13,000円分
22ヶ月目15,000円分12,000円分10,500円分
23ヶ月目11,000円分9,000円分9,000円分
24ヶ月目9,000円分9,000円分9,000円分
25ヶ月目9,000円分9,000円分9,000円分

機種変更のタイミングが早ければ早いほど受け取れるポイントが高く、20,000円分くらいのポイントが貰えます。

逆に、25ヶ月目近辺だと受け取れるポイントは10,000円分ほどになってしまい、一番受け取れるポイントが高いときと比べるとおよそ10,000円分もの差があります。

次の章ではドコモの機種変更応援プログラムの注意点について解説します。

3-3 注意点

1つ重要な注意点としては、「旧スマホを正常な状態で回収してもらう」ということです。

水濡れや故障はもちろん、動作しても画面のひび割れや著しい外観破損があると、ポイントが返ってきません。ですから、スマホの取り扱いには気をつけましょう!

また、加入できるタイミングは、スマホを購入した・機種変更した時だけで、途中からは加入できないという点にも気をつけてください。

さらに、それまでの月々のスマホ料金に未納がないことという条件も、注意すべきポイントです。

3-4 機種変更応援プログラム iPhone限定の特別条件

機種変更応援プログラムには、iPhoneに限り特例があります。それは、「前倒し料2,000円を払えば、13ヶ月目から機種変更を行える」ということです。

通常は19ヶ月目からプログラムが適用されるのですが、その期間を短縮してより早いタイミングで機種変更することが可能となります。

新作が出る度に大きな話題となるiPhoneユーザーにとっては、ありがたいサービスといえるでしょう。

3-5 機種変更応援プログラムでどのくらいお得になるのか

それでは、実際に機種変更応援プログラムを使うとどのくらいお得になるのか、シミュレーションしてみましょう。

例として、2017年11月10日発売のSONYのXperia XZ1(SO-01K)から、19ヶ月目に機種変更する場合を考えてみます。

機種変更応援プログラムを利用しない場合

Xperia XZ1の端末代金は86,184円なので、未払い5ヶ月分17,955円を払う必要があります。この17,955円を払ったうえで、新しいスマホの料金支払いが始まります。

機種変更応援プログラムを利用した場合

まず、19ヶ月目までに機種変更応援プログラムの利用料金300円×19ヶ月で5,700円をすでに支払い済みです。

同じように、スマホXperia XZ1の端末代金の未払い5ヶ月分17,955円を払う必要があります。

ただし、Xperia XZ1はカテゴリーBに属しますので、19ヶ月目だと21,000円分のポイントが貰えます。

よって、5,700+17,955-21,000=2,655円を払うだけで新しいスマホの料金支払いに移ることができるのです。

機種変更応援プログラムを利用すると、15,300円もお得になっています。

3-6 もし25ヶ月以内に機種変更しなかったら?

もし、サービスの適用期間である25ヶ月以内に機種変更をしなかった場合、どうなるのでしょうか。

金額としては、300円×25ヶ月=7,500円払っていますが、この7,500円がポイントとなって返ってきますので、機種変更を無理にしなくても、払ったお金が無駄になることはありません。

ただし、26ヶ月目から、そこを1ヶ月目として機種変更応援プログラムを継続して加入しなければ、ポイントはもらえなくなってしまうので注意してください。

次の章ではドコモの機種変更応援プログラムプラスについて解説します。

4 ドコモの機種変更応援プログラムプラスとは

さて、ここまでは「機種変更応援プログラム」についての解説でしたが、ここからは「機種変更応援プログラムプラス」の解説となります。

基本的なサービス内容は変わりませんが、少しだけ違いがあるので、そこを重点的に解説していきます。

例えば、冒頭でも述べた通り、対象となる機種がiPhone X、iPhone 8/8 Plusのみとなっている、などです。

4-1 機種変更応援プログラムプラスの仕組み

機種変更応援プログラムプラスでも、次の基本的な流れは変わりません。

  1. スマホ契約時に、機種変更応援プログラムプラスに加入する
  2. 13~25ヶ月目に機種変更をする
  3. 機種変更の時期に応じて、ポイントがもらえる
  4. 新しいスマホでも機種変更応援プログラムプラスを継続する

しかし、①で月額料金が無料である点、②で機種変更のタイミングが13ヶ月目~となっている点は、機種変更応援プログラムと異なるので注意してください。

4-2 iPhone Xと8/8 Plus 機種変更のタイミングでもらえるポイントが変わる

機種変更応援プログラムのカテゴリー分けと同じように、iPhone XとiPhone 8/8 Plusで受け取れるポイントが変わります。

ただし、機種変更が早ければ早いほど受け取れるポイントが多くなる点は変わりません。

機種変更のタイミングごとに、受け取れるポイントを表にしてみました。

 iPhone XiPhone8/8Plus
13ヶ月目60,000円分40,000円分
14ヶ月目56,000円分38,000円分
15ヶ月目52,000円分36,000円分
16ヶ月目48,000円分34,000円分
17ヶ月目44,000円分32,000円分
18ヶ月目40,000円分30,000円分
19ヶ月目36,000円分27,000円分
20ヶ月目32,000円分23,000円分
21ヶ月目28,000円分19,000円分
22ヶ月目24,000円分15,000円分
23ヶ月目20,000円分11,000円分
24ヶ月目16,000円分9,000円分
25ヶ月目12,000円分9,000円分

iPhone Xは最大60,000円分ものポイントを、iPhone 8/8Plusでも40,000円分ものポイントを受け取ることができます。

しかし、25ヶ月目となると10,000円分ほどになってしまいますので、早いうちに機種変更することをおすすめします。

4-3 機種変更応援プログラムとの違い

スマホを正常な状態で回収してもらわなければいけない点、プログラムを継続しないとポイントがもらえない点は機種変更応援プログラムと同じです。

逆に、違う点は

  • 対象はiPhone X、iPhone 8/8 Plus
  • 13ヶ月目からサービスの利用ができる
  • 月額の利用料金は無料

という3つになります。

やはり、月額の利用料金が無料というのは大きなメリットです。また、サービス利用開始も13ヶ月目からと早く、機種変更応援プログラムよりかなりお得な内容になっています。

4-4 機種変更応援プログラムプラスでのくらい安くなる?

こちらでも機種変更応援プログラムの時と同じように、シミュレーションをしてみます。

AppleのiPhone X(64GB)から、13ヶ月目に機種変更する場合を考えてみましょう。

機種変更応援プログラムプラスを利用しない場合

iPhone X(64GB)の端末代金は125,064円なので、未払い5ヶ月分26,055円を払う必要があります。

この26,055円を払ったうえで、新しいスマホの料金支払いが始まります。

機種変更応援プログラムプラスを利用した場合

13ヶ月目までに機種変更応援プログラムプラスを利用していますが、機種変更応援プログラムプラスは月額料金が無料なので、支払い済みの料金はありません。

同じように、iPhone X(64GB)の端末代金の未払い5ヶ月分26,055円を払う必要があります。

ただし、iPhone X(64GB)だと、13ヶ月目に機種変更すると60,000円分のポイントが貰えます。

よって、60,000-26,055=33,945円がポイントとして返ってくることに。このポイントは新しいスマホの料金支払いに使うことができます。

機種変更応援プログラムプラスでは、安くなるどころかポイントが戻ってくる場合もあり得るのです。

5 機種変更応援プログラムは利用するべきなのか、しない方がよいのか

上記のように、「機種変更をする際にポイントが貰えて、それによって未払い分のスマホ料金を相殺できる」というのが機種変更応援プログラム(プラス)の特徴なのですが、実際には加入した方が良いのでしょうか。

ここまでは細かく説明してきましたが、ここからは簡潔に箇条書きでメリット・デメリットを整理していき、どんな人におすすめなのかを考えてみます。

5-1 機種変更応援プログラムのメリットとデメリット

機種変更応援プログラムに加入するメリットとデメリットは次の通りです。

メリット
  • 高くなりがちな、2年以内の機種変更時のスマホの端末代金等がお得になる。
  • その結果、常に新しいスマホを持ち続けられる。
デメリット
  • スマホを故障させないよう気をつけなければならない。
  • 解約するとポイントが貰えなくなるので、ドコモを使い続けなければならない。

6 機種変更応援プログラム こんな人は加入したほうがよい/しない方がよい

前述のメリット・デメリットを考慮すると、このような結果が得られるのではないでしょうか。

機種変更応援プログラムに加入した方がよい人
  • 常に新しいスマホを持っていたい
  • iPhoneX、iPhone 8/8 Plusを使っている
  • ずっとドコモを使い続けるつもりだ

新しいスマホがお得に手に入る、というサービスなので、「スマホは新しければ新しい方が良い!」という人にはぴったりのサービスです。

また、iPhoneX、iPhone 8/8 Plusユーザーの人は、機種変更応援プログラムプラスは月額料金が無料なので、入っておいても損はないでしょう。

機種変更応援プログラムに加入しない方がよい人
  • スマホを使えればよい。機種にはこだわらない
  • よくスマホを落として画面を割ってしまう
  • 格安スマホや他社に興味がある

特に今のスマホに不満がない人にとっては、ドコモから他社への乗り換え時に支払った料金が無駄になる可能性もあるので、加入することはおすすめできません。

また、スマホを故障させてしまうと、このサービスの適用が受けられなくなってしまいます。よくスマホを落としてしまう人は、加入しない方がよいかもしれません。

以上が、機種変更応援プログラムと機種変更応援プログラムプラスの違いです。この記事を参考に、機種変更する際は、プログラムに加入するかどうか検討してみてください。

ドコモオンラインショップで2018年夏モデルが予約キャンペーン開始

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の還元率10%
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ