毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3
ChromecasrキャンペーンバナーPC ChromecasrキャンペーンバナーSP

各社のメリット・デメリット

FREETELで毎年スマホを買い換えるメリット

・下取り前提なら「とりかえ~る」でスマホ代金コミコミ
・キャリアに比べて維持費が安い
・スマホ代金が安い
・古い機種を残しておきたい場合は通常プランでもそれほど割高にならない
・スマホが壊れても取り替えOK

FREETELで毎年スマホを買い換えるデメリット

・話題の最新スマホは取り扱いがない
・2万円前後のスマホを選ばないとキャリアと料金がそれほど変わらない

ドコモで毎年スマホを買い換えるメリット

・最新iPhoneの機種変更に対するサポートが手厚い
・最大で60,000円分のdポイントが還元される

ドコモで毎年スマホを買い換えるデメリット

・月額料金が割高
・下取りしないと還元が受けられない(正常に動作する機種のみ)
・最新iPhone以外の機種は他のキャリアと同じ程度の還元額

ソフトバンクで毎年スマホを買い換えるメリット

・月額料金が抑えられる
・機種変更のサポートを受けなかった場合はプログラム料が返還される
・還元額は少ないが、故障端末買取キャンペーンもある

ソフトバンクで毎年スマホを買い換えるデメリット

・13ヶ月目で機種変更を行う場合は、その時点で差額支払いが必要
・下取りが条件(正常に動作する機種のみ)

auで毎年スマホを買い換えるメリット

・auピタットプランは使った通信量に応じて金額が変わるため、通信量が少ない場合は金額が抑えられる
・1年で機種変更する場合は12ヶ月の分割払いのため、機種変更時の差額支払いが不要

auで毎年スマホを買い換えるデメリット

・下取りが条件(正常に動作する機種のみ)
・やや月額料金が高め
・還元額がやや少ない

毎年スマホを買い換える人がお得なプランまとめ

毎年スマホを買い換える場合は、キャリアの還元が手厚いため3キャリアを利用してもそれほど損ではありません。
特に最新にこだわる方は、3キャリアの利用が最適です。

ただし機種の下取りが条件になっていることが多いため、手元に古い機種が残らないと言う問題もあります。
また月額料金を機種代金込みで5,000円以下に抑えたい方や、スマホのスペックにそこまでこだわらない方はMVNOの方が料金を抑えられます。

MVNOで機種変更のサポートを行っている会社はFREETELが知られていますが、こちらも下取りが条件です。
ただし故障や破損でも対応可能なため、キャリアの下取りよりも条件がゆるくなります。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

RAM6GBの高性能Androidおすすめ機種ランキング【2018年最新版】... 2018年夏モデルが出揃い、今回も様々なスマホがリリースされました。 しかし、秋にはiPhoneの発表も控え、今買うなら性能が高くないと後悔する可能性もありますよね。 そこで、今回は大容量のRAM6GBを搭載した最高性能スマホを...
携帯の乗り換えで損する人の特徴|格安SIMへ乗り換えの良し悪しを解説... ここ数年で、通信会社以外の企業が続々と格安SIMへ参入し、スマホユーザーにとって大手キャリア以外の選択肢も広がってきました。 格安SIMが充実したこのタイミングで、携帯会社の乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。 ...
【HUAWEI P20 Pro VS AQUOS R2】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断... 世界シェア第3位のスマホメーカーHUAWEIが販売する最新スマホ「HUAWEI P20 Pro」はとてもユニークな機種です。 また、SHARPが販売する「AQUOS R2」も人気のあるスマホの1つです。 そこで、この記事ではHU...
【Xperia XZ2 Premium VS Galaxy S9+】徹底比較|あなたに合ったスマホを... Samsungが販売するGalaxyシリーズとSONYが販売するXperiaシリーズはどちらも大人気のスマホです。 2018年にはフラグシップモデルの最新機種としてGalaxy S9+とXperia XZ2 Premiumが発売されま...