海外のフリーWi-Fiは危険!?安全に使う方法とWi-Fiスポットの探し方

海外のフリーWi-Fiは危険!?安全に使う方法とWi-Fiスポットの探し方

海外旅行に行ったり海外へ出張に旅立つ際、スマホを使う上で必要となってくるのは通信環境の確保です。

通信環境を確保するための手段として、海外Wi-Fiレンタルサービスを利用したりキャリアの国際ローミングサービスを利用したりと手段は色々ありますが、どれも利用にあたって料金が発生します。

海外での通信料を抑えるための手段として、フリーWi-Fiを活用するという手段があります。フリーWi-Fiは便利に使えるWi-Fiサービスですが、そこには危険性も隠されています。

そこで、海外でフリーWi-Fiを使う際の危険性と、それを上手に回避して安全にフリーWi-Fiを活用する方法をご案内致します。

1 そもそもWi-Fiって何?

まずは、Wi-Fiとはそもそも何なのかについて簡単に解説致します。Wi-Fiというと、無線でインターネットに接続するための技術だと思われがちですが、Wi-Fiとは機器と機器を無線で接続する技術のことを言います。

スマホをWi-Fiに接続することで何故インターネットに接続できるのかと言うと、Wi-Fi機能を使って接続した先のルーターがインターネットに繋がっているからです。

Wi-Fiはあらゆる機器を同時に接続することができます。その際ルーターはWi-Fiの親機として機能し、スマホは子機として接続します。

これにより、Wi-Fiに対応している1つのルーターに対して複数のスマホを接続することで、フリーWi-Fiスポットを実現するのです。

2 フリーWi-Fiについて知ろう

フリーWi-Fiは、その名の通り自由に使えるWi-Fiのことを言います。フリーWi-Fiが備えられている場所はフリーWi-Fiスポットと呼ばれ、指定されたパスワードを入力したりログインを行うことで誰でも無料で自由に使うことができます。

自宅でWi-Fiに接続する場合や個人で所有しているモバイルWi-Fiルーターに接続する場合、所有者しか知らないパスワードを入力することで、第三者に勝手に使われないような仕組みになっています。

海外・日本国内を含めフリーWi-Fiスポットではこのパスワードやログイン方法が公開されています。そのため、その場にいるスマホを持った人全員がフリーWi-Fiに接続することができます

フリーWi-Fiは店舗にSSIDというWi-Fiの名前と、それに接続するためのパスワードが貼り出されていることが多いです。

フリーWi-FiスポットによってはWebサイトで情報が公開されているため、海外でフリーWi-Fiスポットに接続する予定がある場合は、主要なフリーWi-FiスポットとそのSSID・パスワードを事前に確認しておくと、スムーズに利用することができるでしょう。

2-1 海外で使える主なフリーWi-Fiスポット

それでは、海外でフリーWi-Fiを使える主な場所をいくつかご案内致します。海外に設置されているフリーWi-Fiスポットは日本国内でも設置されていることが多い場所なので、海外だけでなく日本国内でフリーWi-Fiに接続する際にも参考にして下さい。

2-1-1 カフェ・ファーストフード店

チェーン展開しているカフェやファーストフード店では、フリーWi-Fiを設置していることが多いです。

海外の場合は日本よりもフリーWi-Fiが設置されている店舗が多いため、気軽に入ったカフェやファーストフード店でも接続できることが多いです。

カフェであればスターバックスが有名です。スターバックスのフリーWi-Fiを日本国内で使う場合は、「at_STARBUCKS_Wi2」というSSIDに接続してブラウザを起動します。するとログイン画面が表示されるため、「インターネットに接続」というボタンを押下します。

また画面が切り替わり、今度はスターバックスのフリーWi-Fiを使うための利用規約が表示されます。よく確認してから同意をすれば、ログイン完了。

ログインできたことを知らせる画面が表示されます。この設定方法は店内の貼り紙で案内されている場合もあります。

海外のスターバックスやカフェ・ファーストフード店にフリーWi-Fiが設置されている場合は、店内や入り口に「FREE Wi-Fi」と記載されたステッカーが貼られていることが多いです。

パスワードが設定されている場合は、店内のスタッフに聞けば教えてくれます

海外の街なかでカフェやファーストフード店に入る場合は、FREE Wi-Fiのステッカーが貼られている店舗に入店するとフリーWi-Fiを使うことができます。

2-1-3 宿泊先のホテル

海外でも日本国内でも、多くのホテルにはフリーWi-Fiが設置されています。

ホテルのフリーWi-Fiを使用する場合は、フロントのホテルスタッフにフリーWi-Fi使用の申告をすることで、SSIDとパスワードが記載された用紙を手渡されることが多いです。

ただし、安価で泊まれるホテルにはフリーWi-Fiが設置されていないこともあるので、ホテル予約前にWebサイトやパンフレットで確認しておくと良いでしょう

2-1-4 公共機関

先進国の場合、公共機関がフリーWi-Fiスポットとなっていることが多いです。主要なフリーWi-Fiスポットとしては空港が挙げられます。

ラウンジの利用者以外は使用できないというイメージが強いですが、ラウンジ以外でも使用できる空港が増えてきています

もちろんラウンジ専用のWi-Fiを設置している空港もあります。条件が設けられている分、そちらは信頼度も高くなっています。他には、大きな駅やバス停、バス車内に、フリーWi-Fiが設置されていることもあります。

空港以外の公共機関もフリーWi-Fiスポットとなっているような「フリーWi-Fi先進国」は、まだ限られているため、事前に確認しておくようにしましょう。

次のページでは海外でフリーWi-Fiを利用する際の危険性と安全に使う方法について説明します。

頭金9,500円は必要!?
オンラインショップなら0

  • 頭金なし
  • 営業トークなし
  • 待ち時間なし
  • 不要オプションなし
ドコモ公式ショップで在庫を見るau公式ショップで在庫を見るソフトバンク公式ショップで在庫を見るおとくケータイ.netケータイ乗り換え.comSMARTPHONE STORE

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

「Google翻訳」アプリの使い方|新機能リアルタイムカメラ翻訳が凄い... 海外旅行で現地の言葉が分からず、せっかくの旅が楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。 これでは振り返りたくない思い出になってしまいます。 そこでおすすめなのが、Google翻訳アプリです。 英語だけでなく登録されているさまざまな言...
英語が喋れなくても安心!海外旅行に役立つおすすめアプリ10選... 海外旅行に出かける際、準備にかかせないものは多々ありますが、中でも最近よく使われているのが、海外旅行に便利なアプリの数々です。 初めての海外旅行ではもちろん、たとえ海外旅行に慣れていたとしても、インターネット環境や通貨の換算、現地の人...
実際に海外(台湾)でUberを使ってみた... こんにちは、ノリ子です。 日本ではタクシー料金が高くて、あまり利用しなかったですが、台湾は日本と比べタクシー料金が安いので、よく利用しています。 先日、友達より台湾でもUBERが使えるとの話を聞き、試してみました! ※なお、2017年...
実際に海外(バリ)でUberを使ってみた... 先日、GWでバリ島に行ってきました。 バリ島は大変リラックスできるし、食事も美味しいし、物価も安いし、大好きなのですが、1つ気に入らないことがあります。それは、「渋滞」と「タクシー運転手との料金交渉」です。 【Uber関連記事】 ...