海外のフリーWi-Fiは危険!?安全に使う方法とWi-Fiスポットの探し方

海外のフリーWi-Fiは危険!?安全に使う方法とWi-Fiスポットの探し方

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

3 海外でフリーWi-Fiを利用する際の危険性

フリーWi-Fiは誰でも利用できる通信のため、中には悪意を持って設置されたものも存在します

そうした悪意のあるフリーWi-Fiに接続してしまうことでどんな危険性があるのか、フリーWi-Fiを利用する際にはどういった注意点があるのかについて見ていきましょう。

3-1 情報を盗み見られるかも

悪意を持ったフリーWi-Fiは、施設とは関係のない第三者が設置しています。

その第三者は自身が設置したWi-Fiに接続してもらうことで、通信内容を盗み取ることを目的としていることが多いです。

例えば、海外で悪意のあるフリーWi-Fiに接続してしまって、インターネットを使って決済をする時にクレジットカード情報を入力すると、そのまま情報が第三者に漏洩してしまうことになります。

するとクレジットカードの不正利用に繋がり、大変な損害を被ってしまう危険性があるのです。

フリーWi-Fiスポットで提示されているSSIDとかなりよく似た名前のSSIDであることが多いため、接続の前によく確認することがかなり重要となります。

3-2 スマホがウイルスに感染することも

悪意のあるフリーWi-Fiに接続してしまうと、スマホがウイルスに感染してしまう危険性もあります。目的は様々ですが、スマホの乗っ取りの被害が多いようです。

ウイルスに感染すると、スマホが不正に操作されて、犯罪に利用されてしまうこともあります

例えば、違法な取引を行う際、通信段階で個人情報を特定されないよう他人名義の携帯電話を使用する、という手法が以前までは使われていました。

それが現在では、他人のスマホを乗っ取って勝手に利用することで、捜査の手をかく乱するという手法が使われているのです。

そのため、悪意のあるフリーWi-Fiスポットに接続することで、知らない内に犯罪に手を貸してしまう恐れもあります。

ウイルス対策アプリをインストールして、十分に気を付けて利用しましょう。

3-3 通信速度が遅いこともある

フリーWi-Fiの性質上、回線強度が弱いという弱点があります。

日本国内で4G通信を行うときよりも通信速度が遅くなるため、何か作業を行う時に時間がかかってしまいます。

そのため、動画のダウンロードといったような通信量が多い作業を海外で行う場合は、空港の待ち時間ホテルでの睡眠時等を有効に活用しましょう。

TwitterやInstagramへの投稿は、写真や文章だけであればアップロードにそこまで時間はかからないのでご安心下さい。

3-4 使える場所が限られている

フリーWi-Fiは、フリーWi-Fiスポットでないと利用することができません。つまり、使える場所が限定されています。

Wi-Fiに接続できるエリアの外に出てしまうと通信が途切れてしまうのです

海外でフリーWi-Fiを利用する時は、歩きながらや移動しながらではなく、そのフリーWi-Fiスポットに留まって利用しましょう。

4 海外でフリーWi-Fiを安全に使う方法

ここまでは、海外でのフリーWi-Fiの危険性と注意点について確認しました。では、危険性をはらんでいる海外のフリーWi-Fiを安全に使うためには、どうしたら良いのでしょうか。

次は、安全にフリーWi-Fiを利用するための具体的な方法を紹介します。

4-1 SSIDをよく確認しよう

海外のフリーWi-Fiスポットでは、SSIDが店先に貼り出されていたり、公式サイトに掲載されていることが多いです。

しかしながら、そのSSIDによく似たSSIDを設定している、悪意のあるフリーWi-Fiも存在するので、そこにアクセスしないよう事前にSSIDをよく確認しておきましょう。

また念のため、フリーWi-Fiスポットとなっている施設のスタッフに、改めてSSIDとパスワードを確認することで、フリーWi-Fiの信頼度が高くなります。

4-2 パスワードが設定されているWi-Fiを選ぼう

海外で利用できるフリーWi-Fiの中には、パスワードの入力やログインの必要がなく接続できてしまうものも存在します。

ですが、そのほとんどは、危険性の高い悪意のあるフリーWi-Fiです。

特に、パスワードやログインが全く無く、名前に「Free」や「Public」という記載のあるSSIDには注意しましょう。

海外で安全にフリーWi-Fiを利用するためには、こうした野良のWi-Fiには接続しないようすることです

4-4 Wi-Fiは必要なときだけONにしよう

常にスマホのWi-FiモードをONにしていると、スマホが勝手に接続可能なWi-Fiを認識し、知らない間に悪意のあるWi-Fiに接続してしまう場合があります。

特に、パスワードやログインの必要がなく、すぐに接続できるWi-Fiには注意してください。

フリーWi-Fiに接続したいときだけ、スマホのWi-FiモードをONにするよう心がけましょう。

4-3 重要な情報の入力は控えよう

海外の信頼度の高いフリーWi-Fiに接続した場合でも、油断は大敵です。

SNSの閲覧や投稿といった簡単な通信であれば比較的安心して利用できますが、重要な情報の入力は控えましょう

重要な情報の例として

  • ログインID
  • パスワード
  • クレジットカード情報
  • 口座情報
  • 住所

が挙げられます。

どうしても入力が必要な場合は、プリペイドSIMカードやネットカフェといった信頼できる通信サービスを利用しましょう

次のページでは海外のフリーWi-Fiスポットを探す方法について説明します。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ