[目次] Googleスプレッドシートを駆使した課題管理表で生産性アップ

[目次] Googleスプレッドシートを駆使した課題管理表で生産性アップ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Webソリューション事業部の田畑です。Webソリューション事業部は仲介名人Go!storeバスケットゴール.comFlash to HTML5変換など多岐に渡ったサービスを提供する事業部で、ともするとタスクが多すぎてミスやサービス障害の原因になりかねません。

特に少人数で複数の作業を行う場合、チームの作業進捗とタスクフォローは欠かせません。とは言ってもプロジェクト開発のように明確なゴールが定められない場合もあり、また、偶発的な事象も多い上に、営業やデザイナーなど非エンジニアリングのスタッフも多いためRedmineやガントチャートの活用もうまくは進みませんでした。

やはり使い慣れたEXCEL系がつかいやすい。でも上書きやファイルの2重管理が発生しやすい。そこで新たに非エンジニアリング向けにGoogleスプレッドシートを駆使した課題管理表を作成してみました。

目次

以下の目次をクリックすると該当項目へジャンプします。

第1回(2016/2/18公開)

第2回(2016/3/3公開)

第3回(執筆中)

  • 本章の概要と作成の目的
  • 課題管理表をPDCAする
    • 完了した課題をグレーアウトさせる(Ver 1.1)
    • 遅延の発生している課題を赤くする(Ver 1.2)
    • 最終更新日時を自動入力して、一定期間以上更新されていない課題を黄色くする(Ver 1.3)
  • 課題管理表を運用して約3週間のまとめ
  • 【おまけ】課題管理表の今後のアップデート予定

第1回(2016/2/18公開)「高速PDCAのための見える化作業」に続きます→。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

Googleスプレッドシートを駆使した課題管理表で生産性アップ (1回目)... 私の所属するWebソリューション事業部では、2016年から課題管理表を用いた生産性向上の取組みを始めました。 私が作成して現在でも運用している課題管理表の現行バージョンをご覧ください。 一部内容はぼかしています。 高速PDCAサイ...
THEO+ docomoの評判|dポイントがたまるって本当?... THEOはAIを活用した資産運用サービスで、投資戦略の立案から実際の運用までを自動で行ってくれる投資一任運用サービスです。 そんなTHEOは忙しい毎日を送りながらも資産運用に参加できる手段として多くの人に注目されています。 そこ...
新iPad Proや新Macbook Air、新Mac miniが登場!アップル発表会を最速チェック... 10月30日の午後11時(日本時間)から、アップルのスペシャルイベントが開催されました。 このスペシャルイベントの会場はニューヨークの「Bam Howard Gilman Opera House」。 「Bam Howard Gi...
LINE Payカードの使い方|発行からチャージと決済の手数料まで解説... LINE Pay(ラインペイ)は、LINEが提供するモバイル送金・決済サービスです。 当初はLINE上でお金を送ったり、対応しているオンラインサービスで使えたりするものとして登場しました。 その後、「LINE Payカード」が発...