社内開催の『統計勉強会』に参加してみた⑥

社内開催の『統計勉強会』に参加してみた⑥

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

前回に引き続き、今回も『検定』について。

前回は出題をしたところで記事を終えておりますので、今回は前回の復習とその出題に対しての計算を行います。
<前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた⑤』>

前回の出題を解く

前回は以下のような出題をしたところで終えております。

【問題】

250人の自動車購買者を対象に調査したところ、平均購入額が1,183,000円だった。

また、不偏標準偏差は101,000円。

このことから、平均購入額は1,150,000円より高いと結論付けた。

果たしてこれは正しい判定なのか

この出題に対し、「対立仮説」と「帰無仮説」を設けます。
対立仮説(H1):平均購入額は1,150,000円より高い
帰無仮説(H0):平均購入額は1,150,000円である

そして平均購入額は母平均となるので、以下のような感じになります。

これらの情報を基に、「H0」が正しいかどうかで判断していくことになります。

まずは標準化(※)を行って、その分布の面積を求めていきます。
(※標準化:平均が0で標準偏差=1となるグラフ → Z値を求める)

求めるべきは母平均「μ」であり、標本平均から母平均を推定していきます。

なお、この問題の標本数が250人ということで、100を超えています。
そのため、Z値としてみなすことができ、以下のことが言えます。

 「95% = 1.96(※)」により、 
 結果のZ値が「5.166」とさらに先の数値となる。
 つまり、有意水準を「0.05」とした場合、
 帰無仮説(H0)を棄却することになる。
 (※「1.96」は標準正規分布表よる数値)  

標本数が少ない場合の問題

前記の出題では、標本数が250と大きなものでしたが、これが小さな標本数の場合はどうなるのでしょうか。
実際に問題を解いてみましょう。

【問題】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

社内開催の『統計勉強会』に参加してみた⑦... 3回連続の「検定」についてのお話になります。 <前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた⑥』> 今回は “母平均の差” の「検定」についてご紹介いたします。 早速例題 突然ですが問題です。 ...
社内開催の『統計勉強会』に参加してみた⑤... 前回の予告どおり、今回のテーマは『検定』です。 <前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた④』> 『検定』とは? 『検定』……。勉強会ではなく、ついに試験なのか……と思われた方、ちょっと気が早いです! 『検定』...
社内開催の『統計勉強会』に参加してみた④... 前回に引き続き、今回も「母平均の差」でした。 <前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた③』> 通常算出に用いられる「student(スチューデント)の推定」や「welch(ウェルチ)の推定」とは異なり、より精度の高い...
社内開催の『統計勉強会』に参加してみた③... 直前の「統計勉強会」を不参加したことにより悪戦苦闘してしまった、前回の “「母平均」の推定”。 <前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた②』> そして今回は2つのデータを使った “「母平均の差」の推定” でした。 ...