米国における暗号技術をめぐる動向

米国における暗号技術をめぐる動向

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ricemanさんからの共有情報です。

アメリカ発の最新通信トレンドを定期的に配信している「NY駐在員報告」より、興味深いレポートが報告されました。

<参照:NY駐在員報告『米国における暗号技術をめぐる動向』>

今年に入ってからアメリカだけでも、Apple社とFBIとの間で起こった「iPhoneのロック解除に関する対立」が話題になりました。直近ではヒラリー・クリントン氏の「国務長官在任中の私的メールアカウント利用」の問題が再燃したことも記憶に新しいのではないでしょうか?

もはや、インターネットにおいて「誰でも・いつでも・カンタンに」といった牧歌的な利用が許される時代ではなくなったわけです。

ショーケース・ティービーでも情報セキュリティの重要性は十分に認識しており、従業員の情報資産における管理規程の徹底を図っています。

そして悪意ある不正アクセスを防止するためのサービス『Fraud Protect』もリリースし、社内外・国内外問わず「誰でも・いつでも・カンタンに」インターネットが利用できる社会の復活を望んでいます。

まずは自身の危機管理意識を高めるとともに、十分な予防策を講じてみましょう!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ