継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた

  • 2017年8月4日
  • by 
継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた

こんにちは。M.Sです。
現在、『Jenkins』からSeleniumを実行するお題に取り組んでいます。

『Jenkins』ってなに? 身近な継続的インテグレーションとは

『Jenkins』はjavaで実装されたオープンソースで、継続的インテグレーションツールと言われています。
英語でContinuous(継続した)、Integration(結合)で、CIと略されているようです。

そして、インテグレーションとは、以下のような意味を持ちます。

統合、統一、融合、一体化、集積などの意味を持つ英単語。

複数の異なる要素を組み合わせて一つにしたり、一体として機能するよう調整すること。

<参照:e-Words『インテグレーション【integration】』>

インテグレーションの意味を踏まえて、身近な継続的インテグレーションを探してみました。
(ちょっとざっくりとしていますがご容赦ください)

  • 申し込む → 自動返信メールを送る
  • 服をデザインする → 生産する → 販売する
  • 原稿を書く → bitWave編集部に渡す → 公開する

このように継続的インテグレーションを身近な例に置き換えてみると、少しは分かりやすくなるのではないでしょうか。

開発における継続的インテグレーション

通常、一度開発したサービスはリリース後も新機能追加や機能のバージョンアップを行うため、継続的に以下を繰り返し行うことになります。

  • 要件定義
  • 開発
  • テスト
  • アップデート前告知
  • アップデート
  • アップデート後告知

これらを補助するためのツールが『Jenkins』になります。
具体的には自動化できるところは自動化し、素早くアップデートまで行おうというものです。

開発完了後にテスト(Selenium)を行い、問題なければアップデート、といった一連の流れを自動化する仕組みとして『Jenkins』が使われることが多いようです。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
Amazon EC2|Red Hat Linux 7.3で“Muninインストール“や“パッケージ導... ナマステ~! 私はナラヤンです! 今回が初投稿になるのですが、実はこれまで何度か本bitWave上でも登場していました。 <bitWave関連記事『おもてなしの企業の社員が、ネパール人をおもてなししてみた!』> <bitWave関...
『coremltools』を使って「Keras」で作った学習モデルをコンバートしてみた... ricemanさん執筆の記事を読んでいたら、急な無茶振りが飛んできた “新人開発員・中村くん” こと、紅孔雀です。 今回の記事がbitWave初投稿。ナマ暖かい目で見守って下さいませ。 iOSで「Keras」のモデルを動か...