自社制作『OCR』がどんな環境でも文字認識ができるのかテストしてみた

  • 2017年5月19日
  • by 
自社制作『OCR』がどんな環境でも文字認識ができるのかテストしてみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

こんにちは、M.Sです。

先日、ひょんなことから『OCR』のテストを行う機会がありました。
これまで自社サービスのサービスインやアップデートの前段階で検証を行うことがほとんどだったわけですが、今回の『OCR』検証は初めての体験。

普段使い慣れている「Selenium」が使えない状況の中、どのように『OCR』検証を行ったのか。
今回はその実施した検証内容についてご紹介したいと思います。

『OCR』とは

まずは『OCR』とは何なのかご紹介します。

”紙面を写した画像などを解析して、その中に含まれる文字に相当するパターンを検出し、書かれている内容を文字データとして取り出す装置やソフトウェアのこと。また、そのような方式による自動文字認識。”
<参照:IT用語辞典 e-Words『OCR』>

印字されたデータや手書きのものなどを解析し、アナログからデジタルにデータ変換するという機能なんですね。

同様に手書きのものを読み取る機能としてマークシートを読み取る「OMR」というものもありますが、マークシート自体を思い出していただければ分かる通り、印刷された丸をなぞったり、穴埋めしたりするなど手書きとはいえ制限がありました。
その点、『OCR』は汎用的な文字や記号を読み取る機能であるため、高機能であると言えます。

ただし、万能のように聞こえる『OCR』ですが、活字こそ高い精度を誇るようになったものの、手書きのものであれば正しく認識できない可能性もあるというのが現状です。
つまり『OCR』の普及には、読み取り機能の精度向上が必須ということなんですね。

社内初の試み “合同テスト” を実施!

テストで用いる『OCR』はまだ世に出ていない、完全自社制作のもの。
検証内容は「スマホで撮影した画像から読み取った文字が、正しく入力フォームへ反映されるか」です。つまり文字(アナログ情報)がフォーム(デジタル情報)に変換されるかということです。

このテストは初の試みだったということもあり、社内の複数人が検証を実施しました。
大半の人は机の上に置いて撮影、もしくは手で持って撮影といったいたってベーシックな撮影環境で実施。

「確実に読み取れそうな条件下で撮影したパターンが多いな」と個人的に推測しておりましたが、結果はその予想通り。
特定の文字はうまく読み取れないという結果ではあるものの、ほとんどの場合では正しく文字を読み取ることができ、かつ正しくフォームへ反映されていました。

仮にこの『OCR』がサービス化された場合、ユーザはそんなに都合よく、コチラの想定通りの環境で使ってもらえるものなのでしょうか?
前記の「OMR」のように、読み取り位置が固定になっているならまだしも、汎用性に特色のある『OCR』では様々なパターンで読み取れることが重要になります。

汎用性がウリの『OCR』はいかなる環境でも機能することが必須

もう少しユーザの立場になって考え、色々な環境や条件で撮影を行ってみることにしました。具体的には……
・撮影場所は自宅のリビングなどの屋内
(自宅は会社と違って、間接照明で薄暗かったり、オレンジ系の照明もあるため)

というわけで、撮影場所はリラックスできる雰囲気のある場所をイメージし、早速テスト開始!
そのテスト結果を下記にまとめましたのでご覧ください。

ロケーション1:社内休憩室

 検証環境:iPhone6S(iOS10.2/Safari/Wi-Fi)

【検証1-1】
<概要>
・多少写真がぼやけ気味
・窓際(ブラインドが下がっている)
・電球色の照明
<結果>
ほとんどの文字が入力フォームに反映されない

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

『iOS11』の「CoreNFC」でサンワサプライ社製のタグを読み込んでみた... 前回は『iOS11』新搭載の「Core ML」を試してみました。 <bitWave関連記事『「iOS11」新搭載の「Core ML」を駆使してMNISTの手書き数字認識を試してみた』> しかし、私の『iOS11』に対する興味はこれだ...
『iOS11』新搭載の「Core ML」を駆使してMNISTの手書き数字認識を試してみた... 今回もありましたね~、Apple社主催カンファレンス「WWDC2017(※注釈)」 ※World Wide Developer Conference:Apple社が毎年開催するデベロッパー向けイベント 新製品の「HomePod」を始...
スマホの音量調整ボタン、もっと有効活用できないの?... 「カメラ女子」なんて言葉がもてはやされ、ミラーレス一眼レフカメラが爆発的に売れた時期もありましたが、今ではスマートフォンの普及、そしてSNSの普及により、国民総 “カメラ女子(男子)” になるのではないかという勢いすら見せています。 ...
『LINE Simple Beacon』を試してみた! 最近、もっぱらBluetooth Low Energy(BLE)を用いたアプリケーションサービスを考えておりますricemanです。 なかでもLINE Beaconは私が一番期待を寄せているBLE/IOT機器なのですが、残念ながら手元...