芸術はバクハツ!?|リアルな筆さばきを可能としたWEBペイントツール

芸術はバクハツ!?|リアルな筆さばきを可能としたWEBペイントツール

梅は咲いたか、桜はまだか ――
まだまだ春の足音は聞こえてきませんが、暦の上ではもう「立春」は過ぎています。
みなさんは半年後に迎えるアレにあたって準備はお済みでしょうか?

「アレって何よ?」
も~、勘が鈍いなぁ。そうですよ、アレって「芸術の秋」ですよ!

Fluid Paint

少しばかり気が早いですが、李 在煥さんが来るべき秋に備えて、かなりスグレもののペイントツールサイトを紹介してくれました。
<参照:『Fluid Paint』>

ご覧の通り、真っ白なキャンパスと簡素なカラーパレットだけのページです。
しかしシンプルな作りながらも、キャンパスに筆を入れたとたん、繊細かつダイナミックな筆のタッチが忠実に再現されるんです!

重ねて塗った箇所には、しっかりと厚みと光沢が生まれ、本当に油彩絵具を使ったかのよう

違う色を重ねて塗ると微妙に色が混ざり合うといった部分もリアル指向。ダイナミックな描写が可能です

あまり書き込みすぎてしまうと “心に闇を抱えた人” の鑑定用絵画のように、若干気持ち悪い出来栄えになってしまいますが、心に刻みたい文字なんかを書いてみても面白いものができあがりそうです。

ということで、今回はbitWaveライター陣にこのツールを使って作品を仕上げてもらいました。
テーマは「ふるさと」。

実際の故郷を思い浮かべるもヨシ、一般的な “ふるさと” のイメージを表現するもヨシ。かなりラフな感じで描いてもらいましたので、ぜひご覧ください!

アナタが思い浮かべる “ふるさと”、どのメンバーのイメージに近いかな?
※ライター名をクリックすると、ライター陣の記事のアーカイブに遷移するよ!

ライター:約みつる

ライター名

約みつる

出身地

コメント

山形が誇る霊峰、蔵王のカルデラ湖 “お釜” を描いたとのこと。
しかし当の本人はこの “お釜” 自体に行ったことがないという事実が発覚。まぁこれも一つのふるさとということでヨシとしましょう。湖面に映る月がイヤラシイです。

あなたにおすすめ

描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...
お葬式から供養まで|加速するIoT化 今年の秋彼岸は9月20日から26日まで。 みなさんはご先祖さまの供養、忘れずにされましたか? 国土の狭い日本の土地事情も相まって、昨今ではバーチャル墓地を取り入れている団体もあったりします。 特に墓不足が深刻な問題とされている都市...
楽天が空の安全を守る|ドローン用無人航空機管制プラットフォーム提供開始... 今年の8月は例年の “8月” とは違っていました。 すぐに思い浮かぶのは日本全国に渡る長雨でしょうか。 首都圏では48年ぶりの連続降雨記録を観測しており、まさしく異常気象となりました。 しかし、他にも異常といえる出来事がありま...
平凡こそ非凡なり|『ARKit』が見せたエバーグリーンなツールとは... 今から200万年前、我々の祖先が「石器」を発明しました。 そして50万年前には「火」を、1万年前には「土器」を発見・発明しています。 我々の生活には道具が欠かせないものであることは言うまでもありません。 先人たちは偶然の発見や必要...