読み込み速度の重要性

  • 2016年12月16日
  • by 
読み込み速度の重要性

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

こんにちは!
最近、とってもステーキにはまってる「らべ」です!
ニンニクをたっぷりつけ、オリーブオイルでさっと焼き、バター醤油のソースで食べるのがたまらないです。
デブですね笑。2日に1回は食べちゃいます(笑

さて、今回は以外に軽視されがちな、サイトの表示時間に関してご紹介します。

この記事を見ることで重要性を認知し、まずは改善を行うスタート地点に立っていただけたら幸いでございます。

表示が遅いと危険あり

Webでの表示が遅くなった際に発生する大きな課題は下記2点といわれております。

1.SEOに悪影響

Googleは、サイトやページの表示スピードが、その検索結果にも影響を与えるということを発表しています。
パフォーマンスが悪いページは、検索順位を下げられてしまうかもしれませんね。

2.サイト(特にスマホ)での閲覧時にはさらにストレス

73%のモバイルユーザーが、過去遅すぎるウェブサイトに遭遇したことがあると述べています。
サイトのパフォーマンスが悪ければ、モバイル回線では、PCでの閲覧時よりもさらにページ読み込みのストレスを与えてしまうことになりそうです。
PCに比べてモバイルのユーザーは比較的寛容ですが、油断は禁物です。

上記以外にも悪影響は懸念されますが、今回は上記2点を中心に見ていきたいと思います。

具体的な影響

具体的な影響に関しては、以下さまざまな調査結果があります。
今回は下記4点を中心にご紹介をしております。

1.Google

・サイト表示が0.5秒遅くなると、検索数が20%減少します。
(参照) http://digiper.com/topics/article/279.shtml

2.Amazon

・サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上します。
(参照) http://digiper.com/topics/article/279.shtml

3.日本ラドウェア株式会社

・操作開始時間がわずか2秒遅いだけで、直帰率は50%も増加します。
・操作開始時間が3秒以内に収まらなかった場合
⇒過半数(57%)のユーザーがそのサイトから離脱します。
⇒80%のユーザーは、そのサイトを再訪しないです。
⇒不満が伝染し、サイトの集客に悪影響を及ぼします。
・操作開始時間が1秒のサイトと3秒のサイトを比較しても、3秒のサイトは1秒のサイトに比べ、ページビューが22%低下、コンバージョン率は38%低下、直帰率は50%上昇してしまうというデータがあります。
(参照) http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/07/08/17757

4.Aberdeen Group

・47%のユーザーが、ウェブサイトの1ページは2秒以下で表示されることを期待している。
・1つのウェブページの表示に3秒以上かかった場合、40%のユーザーがそのページを見るのをやめてしまう。
・オンラインショッピングユーザーの52%が、よく使うサイトを選ぶ際、サイトの表示速度は重要だと考えている。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

CRO | コンバージョン率最適化の手法(第10回)... 今回も前回に引き続き「ユーザ中心設計(UCD)」についてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第9回)』> 他社事例からUCDポイントを見つける 他の人が成功した経験則やデザ...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第9回)... 今回は「ユーザを想定遷移に誘導する手段とそのいくつかの方法」についてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第8回)』> ファネル(漏斗)を通して移動させる 目標はユーザがこちらの意...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第8回)... 今回は「広告とのマッチング」ついてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第7回)』> 広告とのマッチを考える ユーザフローの最上位に当たる「広告の設計」を確認してみましょう。 ...
CRO | コンバージョン率最適化の手法(第7回)... 今回は「ユーザ導線」ついてご紹介させていただきます。 <前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第6回)』> STEP 6|ファネル(漏斗)を作り導線を再設計 ファネルを作り、集客からコンバージョンまでの数値を...