“運用でカバー” がもたらすもの|日本的開発現場の問題点

“運用でカバー” がもたらすもの|日本的開発現場の問題点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

あ~、これは運用でカバーしましょう
このフレーズ、みなさんの会社内でも聞くことがありませんか?

恥ずかしながら、ショーケース・ティ―ビーでも定期的に聞きます。
成果物の要件が何かしらの理由で当初の想定を満たない場合、成果物の修正・改善ではなく、運用(=つまり属人的な解決手段)で対応させようとしてしまいがちです。

あまりに良く聞くフレーズだったため、もはやその言葉の意味を深く考えなくなってしまいましたが、ホントは職場環境としては “黄色信号” を発しています。

2010年と古い記事ながら、それを具体的に解説している記事を李 在煥さんが共有してくれました。
<参照:Think IT『見えない「運用」 -疲弊する運用現場』>

驚くほど言い当てられていませんか?
少なくともショーケース・ティービーの現状の課題そのものです。場合によっては開発現場に限った話ではないのかもしれませんね。

海外の開発現場で使用されているフレーズなのかは分かりませんが、「運用で~」は非常に日本的で曖昧な表現です。「よしなに~」と同じようなニュアンスですね。

「No」と言えない日本人が陥りやすい罠

断定を嫌う傾向にある日本人には使いやすいのかもしれませんが、このフレーズが増えれば増えるほど、運用には過剰な要求が頻繁に発生するでしょうし、多くの「運用で~」をすべて片付けようとすれば、通常業務にも支障をきたすでしょう。結果的に属人化は加速し、運用コストはかさむ一方です。

「No」と言えない日本人が陥りやすい罠といってもいいのではないでしょうか。
これらを打破するためにも、自分たち(またはチーム)がやっているアクションを改めて見つめ直し、「運用でカバー」することを最小限に抑えたプロジェクトにする必要があるのですね。

7年前の記事ながら、心に刻まなければならない “良記事” でした。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...
お葬式から供養まで|加速するIoT化 今年の秋彼岸は9月20日から26日まで。 みなさんはご先祖さまの供養、忘れずにされましたか? 国土の狭い日本の土地事情も相まって、昨今ではバーチャル墓地を取り入れている団体もあったりします。 特に墓不足が深刻な問題とされている都市...
楽天が空の安全を守る|ドローン用無人航空機管制プラットフォーム提供開始... 今年の8月は例年の “8月” とは違っていました。 すぐに思い浮かぶのは日本全国に渡る長雨でしょうか。 首都圏では48年ぶりの連続降雨記録を観測しており、まさしく異常気象となりました。 しかし、他にも異常といえる出来事がありま...
平凡こそ非凡なり|『ARKit』が見せたエバーグリーンなツールとは... 今から200万年前、我々の祖先が「石器」を発明しました。 そして50万年前には「火」を、1万年前には「土器」を発見・発明しています。 我々の生活には道具が欠かせないものであることは言うまでもありません。 先人たちは偶然の発見や必要...