音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3

音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

音声通話を利用せず、データ通信にこだわる方はMVNO(格安SIM)が向いています。キャリア契約ではどうしてもかけ放題を契約しなければ割引が少ないなど金額が高くなりがちです。

家族で複数台を契約し、1台をデータ通信に特化することや2台持ち、3台持ちの場合はキャリアでも安くデータ通信端末を持てますが、1台では難しいのが現状です。

特殊な事情がなければキャリアでデータ通信のみの端末をお得に所持することが難しいため、MVNOの中でお得なプランを探しましょう。

MVNOには料金だけでなく、速度やサービスもある程度満足度の高い会社が存在します。

では、データ通信にこだわる方におすすめのプラン・会社TOP3を紹介しましょう。

第1位 LINEモバイル

LINEモバイルは無料通話アプリとして有名なLINEを運営している会社のMVNOです。
もともと無料通話を売りにしている会社が運営していることもあり、音声通話よりもLINEトークや無料通話を推奨しています。

その分音声通話プランだけの割引などは存在せず、データ通信のみで契約したい方にも向いています。

データ通信のみ契約したい方は、SNSや無料通話アプリの利用を考えていることも多くなります。LINEモバイルはそのような方にも最適です。

SNSやLINEを使っても高速通信の容量が減らないカウントフリーシステムが採用されているので、お得にデータ通信を使えます。
データ通信量がどのくらいかによって、お得なプランは異なります。

LINEが使い放題なら通信量が少なくても良い方向け

LINEフリープラン
データ 月額500円
データ+SMS 月額620円

通信量は1GBのみです。そのため高速通信はLINE以外でほぼ使わないと言う方におすすめです。
チャージは500MB・1GB・3GBの中から選択でき、1ヶ月3回まで可能になっています。

最大では10GBまで使えることになりますが、追加チャージ料金は3GBで3000円とかなり割高です。
もし10GB使いたい場合はコミュニケーションフリープランの方がお得になります。

また500MB追加するだけでも500円かかるので、コミュニケーションフリープランの3GBとほとんど料金差がありません。LINEを主に活用している人や、WiFi環境が整っている方に最適なプランです。

1GB以下で通信が抑えられる方のみ利用するようにしましょう。

LINEと各種SNSが使い放題で通信容量も選択したい方向け

コミュニケーションフリープラン
データ通信+SMS
3GB 月額1110円
5GB 月額1640円
7GB 月額2300円
10GB 月額2640円

追加チャージ料
500MB 500円
1GB 1000円
3GB 3000円

4タイプの通信量から選択が可能です。またこのプランも追加チャージができるので、10GB以上使いたい方でも問題はありません。
ただし追加チャージは高額なので、毎月コンスタントに10GB以上使いたい場合には複数回線を契約するなど工夫をした方が良いでしょう。

LINEフリープランとは異なり、Twitter、Facebook、Instagramも高速通信のデータ消費量がゼロになるので、SNSをたくさん使うなら通信費も抑えることができます。

データ通信のみのプランはなくSMS付きですが、極端に月額料金が高いわけではありません。
一般的な通信であれば1ヶ月10GBあればそれほど足りなくなることはないので、大容量にこだわる方以外はLINEモバイルがおすすめです。

通信速度も比較的安定しているため、トラブルもあまりありません。
またデータ通信のみ、データ通信+SMSのプランはいつ解約しても解約手数料は発生しません。

第2位 DMMモバイル

DMMモバイルはデータ通信のみでもプラン数が多く、小容量から大容量まで好きなプランが選択できます。シェアプランも充実しています。個人でも、複数端末を効率よく利用することが可能です。
またDMMモバイルのプラン料金は業界でも最安値クラスです。安くデータSIMを運用したい方には最適です。

データ通信のみ(SMSをセットにする場合は+150円)

ライト 440円
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1210円
7GB 1860円
8GB 1980円
10GB 2190円
15GB 3280円
20GB 3980円

追加チャージ料
100MB 200円
500MB 600円
1000MB 1100円 
繰り越しなしタイプ 1000MB 480円

選択肢が多いだけでなく、格安なのがDMMモバイルの魅力です。SMSは付けなくても利用できますが、気になる場合は付属させておきましょう。

データ通信のみの場合は最低利用期間も短期間です。利用当月の末日以降はいつ解約しても解約手数料はかかりません。

またLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、InstagramがカウントフリーになるSNSフリーオプションが250円で利用できます。

3GB以上のプランを契約している場合に利用可能になっているため、SNSを多用する方やLINE通話を使い放題にしたい方にも向いています。

第3位 mineo

mineoはau系の端末が利用できる点が大きな魅力です。端末同時購入などの制限もなく、データSIMのみを契約できるところも魅力です。

もしau系の端末を所持していてMVNOに加入しようと考えているならmineoが便利です。

Aプラン・Dプラン共通

データ通信のみ
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
6GB 1580円
10GB 2520円
20GB 3980円
30GB 5900円

追加チャージ料 100MB 150円

SMSはAプランは無料、Dプランは月額120円で利用できます。30GBのプランまで利用できることが大きな魅力です。

mineoはオリジナル色の強いMVNOで、他の会社にはないオプションサービスを展開しています。運営とコミュニケーションを取れるマイネ王もそのひとつですが、フリータンクシステムもデータ通信を重視する方に最適なサービスです。

フリータンクを利用すれば月の下旬にデータ通信量が足りなくなっても、無料で引き出すことができます。

もちろん一定の条件によって引き出しできる量に制限はかかりますが、実質無料で使えるパケットがあるところは魅力です。
またプレゼントキャンペーンなども豊富で、楽しみながら使えるMVNOです。

データSIMの最低利用期間もなく、いつでも解約可能なところも魅力です。

各MVNOのメリットとデメリット

LINEモバイルをデータSIMで利用する時のメリット

・LINEまたは各種SNSがカウントフリーのプランから選択できる
・高速通信は使い切ってもチャージ可能
・LINEの年齢認証に対応
・LINEのカウントフリーが付いて月額500円から利用できる

LINEモバイルをデータSIMで利用する時のデメリット

・au系端末には非対応
・追加チャージ料金は割高
・10GBプランが最大
・家族割やシェアプランはない
・LINEフリープランでSMSを付けたいなら+120円必要
・追加チャージが月3回までと決まっている
・LINEフリープランは高速通信が1GBのみ
・原則的に速度制限なし(カウントフリーアプリに関して、通信のしすぎと判断されると制限が出ることも)

DMMモバイルをデータSIMで利用する時のメリット

・高速通信なしから20GBまで自由に選択可能
・複数SIM契約も可能でシェアもできる
・SNSのカウントフリーオプションがある
・繰り越しなしのタイプなら追加チャージも割安
・最安プランなら月額440円で利用できる
・オプションが充実
・端末の選択肢が多い

DMMモバイルをデータSIMで利用する時のデメリット

・SMSオプションが+150円とやや割高
・専用メールアドレスがない
・店舗がないため当日受け取りは不可
・au系端末には非対応
・低速通信の場合のみ3日間の使用量により通信制限あり

mineoをデータSIMで利用するメリット

・フリータンクからパケット引き出しができる
・30GBの大容量プランにも対応
・数は少ないが実店舗がある
・au系端末にも対応
・複数回線契約で割引がある(1回線ごとに50円)
・AプランはSMS月額使用料がかからない
・専用メールアドレスが無料で利用できる
・Dプランは速度制限なし。低速通信時も速度制限なし
・利用者や運営とコミュニケーションが取れるマイネ王が運営されている

mineoをデータSIMで利用するデメリット

・やや小容量のプラン料金が割高
・端末の種類が少なめ
・追加チャージ料金が割高
・高速通信時にやや速度が遅くなることもある
・カウントフリーサービスは採用していない

データ通信のみで利用する時の注意点

MVNOでデータ通信を利用する場合、キャリアの通信速度に比べて遅くなることがあります。
特に動画閲覧やアプリダウンロードなどはWiFi環境がなければ時間がかかります。

データ通信の速度を気にするヘビーユーザーの場合は、キャリア契約の方がスムーズに通信できるメリットはあります。
ただし月額料金を考えると、不要な音声通話がセットになることもあり経済的ではありません。

なるべく速度が安定したMVNOを契約し、大きな通信を行う際には自宅でWiFiを利用したり、WiFIスポットが利用できるオプションを活用するのがおすすめです。

WiFi通信がどうしてもできない場合には、キャリアを検討することも考えましょう。

最近はポケットWiFiなどインターネット回線の契約が難しい方でも利用できるサービスがあるため、MVNOでデータ通信を行うなら併用しても良いでしょう。

キャリアのデータ通信は、速度制限もゆるくなっています。ドコモは3日間の使用量による速度制限を撤廃していますし、ソフトバンクやauも規制をゆるくしています。

MVNOを契約する時にも、3日間の通信で速度制限があるかないかは確認しておくことがおすすめです。
特に毎日コンスタントに利用するわけではなく、休日や必要な時にまとめて高速通信を利用する場合、速度制限に引っかかってしまう可能性があるからです。

LINEモバイルやDMMモバイルは高速通信の速度制限がなく、mineoもDプランであれば制限が設けられていません。
データ通信をメインに考えている方にはぴったりのMVNOです。

データ通信のみで利用する場合、機種によって「セルスタンバイ」による問題が起こることがあります。
スマホが音声通話の帯域を自動で探してしまうためバッテリーを使ってしまうことが原因になっているので、SMS付きのSIMでは発生しません。

もしくは、セルスタンバイ状態になってもバッテリーが減らないSIMフリースマホも存在します。
機種を選ぶことで不必要なSMSをつけなくても良くなるので、最安値で契約したい方は機種選択にもこだわりましょう。

データ通信にこだわる方向けのプラン・会社まとめ

音声通話機能が不要で、LINEやSNSを利用することが多い方はMVNO(格安SIM)がおすすめです。
中でもLINEモバイルはLINEトークや無料通話が無料になるなど、データ通信のみでも通話が無料で行えるので使い勝手が良くなっています。

DMMモバイルは選べる端末数が豊富でプランの数も多く、シェアプランなど複数端末・複数人での契約に最適です。
mineoはau端末を利用している方や、30GBの大容量プランを選択したい方にも向いています。フリータンクシステムなど独自性も強いMVNOです。

ただしMVNOはキャリアの通信速度より遅くなることが多いため、もしも通信速度を重視する場合はキャリアの契約を考えることもおすすめです。
しかし料金が高くなることから、WiFiとMVNOを併用するのが一番お得で速度への不満が解消しやすくなる方法です。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
アバター
Hiroyuki Kawaguchi
ペルソナ・マーケティングとSEOが大好きで、この道 ◯十年。(歳がバレるから秘密です。) 猫との生活に至福を見出して、地方でテレワークに励んでいるbitWaveのゴーストライター。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ