15年以上ドコモを使い続けている理由は「安心感とサービス」

15年以上ドコモを使い続けている理由は「安心感とサービス」

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

留守番電話サービスの有料は納得がいかない(31歳・男性・会社員・ドコモ歴16年)

悩む男性

ガラケー時代から合わせると15年以上ドコモで契約をしています。格安スマホ企業に切り替えようかな?と検討した事も幾度となくありましたが、大手企業であるという「安心感」が契約が続いている1番の理由やメリットとして挙げられます。

それ以外にも、料金体系の明確さも私の中では大きいです。他社のプランをあまり知らないので比較しようがありませんが、細かく分けられたプランから自分に最適なプランを選んで無駄なく利用する事が出来ています。2014年に登場した「カケホーダイプラン」には驚かされました。普段あまり自分から通話をする機会がなかったのですが、通話定額なしで月980円の「シンプルプラン」が登場したりとカケホーダイを必要としない利用者の事も考慮した料金プランは嬉しかったです。

また、新しい機種に交換する事を考えていた時期に導入された「docomo withプラン」もドコモユーザーとしてのメリットだと感じました。特定機種を購入するだけで毎月1500円の割引が受けられるというのはスマホ機種にこだわりがなかった私には得でしかありませんでした。docomo withプランを利用した後に知ったのですが、このプランは指定された機種を購入した後にSIMフリーや中古の機種を使用した場合でも割引が適応されます。万が一、現在使用しているスマホが壊れた場合でも以前使用していた機種を一時的に使用しても料金の値上がりや代替機種の受け渡しの手間がないのは有り難いです。

一方、デメリットとしては最も改善して欲しいと感じているのが「留守番電話サービス」です。仕事の都合上、電話に出れない事が多いので留守番電話は必須なのですが、留守番電話サービスは有料となっています。毎月300円と低額ではありますが、他社では無料だと聞くと少し納得が出来ません。

また、長期間ドコモと契約している私はあまり関係ありませんが、長期契約者ではない方からするとメリットが少ないという意見も周りの知人から聞きます。新規や契約歴が短い場合にスマホ料金を安く抑えようとするとどうしても「家族割」や「ドコモ光」との同時契約が必要になったりと縛りが出てきたりするようです。

当時は契約プランもかなりシンプルだった(34歳・男性・自営・ドコモ歴17年)

ガラケー

高校2年生で初めて買った携帯電話は、まだ白黒のツーカーホン関西でした。それを落として運悪く車に踏まれてしまったのがきっかけで、メーカーを変えることになりました。短い使用期間での機種変更が随分割高だった気がします。そして是正勧告がでた、新規契約で機種代金実質0円が始まっていたかと思います。それでも最新機種はいい値段がしていたかもしれませんが、型落ちになると実質0円だったと記憶しています。それ以来かれこれ15年以上になります。

メリット

最初に契約した当時は、当然今でいうガラケーしかなく、契約プランもかなりシンプルでした。お小遣いの範囲内ということで、最安のプランで、とりあえず携帯を持っているという感じでした。その後、両親も携帯電話を持つようになって、じゃあ同じ会社にしようかという事になって、ファミリー割引の恩恵が受けられるようになると、それがかなり大きなメリットでした。ソフトバンクの後追いのような形ではありましたが、家族内通話が無料になったりして、その後もメリットは増えていったと思います。今は2年縛りと言うようですが、当時は2年おきに無料で携帯を新しくできる、という程度の認識で特に違和感なく使っていました。逆に2年ぐらいで電池がダメになるの経験すると、それなら機種変でいいかとなる、キャリアと使用者双方ににメリットのある契約だったのだと思います。社会人になったあとドコモでDCMXカードを作り、それで引き落としにするとポイントが倍たまるので、それでもかなりメリットを受けられたと思います。年に一度ほど海外に出ていたときも、海外携帯レンタルを利用したことがあります。その後、海外ローミング対応の機種がほとんどになり、いざという時に安心でした。

デメリット

いわゆるスマートフォンが主流になって以降、正直ドコモを解約しようという考えが大きいですが、結局手続きの煩わしさから放置しているという状況です。プランがあまりにも複雑ですし、料金が高過ぎる、これに尽きます。あと継続利用10年を過ぎると何もメリットが増えない、これがデメリットです。5年ほど前に機種変したガラケーが最後です。タブレットは家のwifiで十分、外ではスマートフォンなしでも十分です。大手のサービスの質は肉薄してきているので、価格競争があってもおかしくないのに、高止まりしている。これではヘビーユーザーなら格安との使い分けになるでしょうし、ライトユーザーはガラケーでいいやということになると思います。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

5G電波割り当てから見るキャリアのパワーバランス…ソフトバンクが1枠少ない... このところ注目されていた5Gの商用利用ですが、ドコモ・au・ソフトバンク、そして「第4のキャリア」となる楽天モバイルは、2020年内に5Gの通信サービスを開始する見通しとなりました。 5Gでは現行の4G/LTEよりも高速な通信が可能と...
徹底比較!ハピチャン vs SUPERFRIDAY vs 三太郎の日。本当にすごいのはどれだ?... ドコモ・au・ソフトバンクはそれぞれユーザー還元キャンペーンを実施しています。 ドコモはハピチャン、auは三太郎の日、ソフトバンクはSUPER FRIDAYとして知られていますが、それぞれのキャンペーンには特徴があります。 そこ...
【2019年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2019年夏の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホはいったいどの機種なのか? まずはランキング形式で最新スマホの特徴や価格を紹介...
携帯料金比較|ドコモ・au・ソフトバンクでスマホ代はどこが1番安い?... 2019年6月1日より、ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」がスタートします。 また2019年5月13日には、auが2019年6月1日から提供を開始する3種類の新料金プランを発表しました。 両キャリアとも、「新料金プラン...