iPhoneの着信画面は2種類|拒否・応答のやり方と相手毎に表示を変える方法

iPhoneの着信画面は2種類|拒否・応答のやり方と相手毎に表示を変える方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

普段何気なくiPhoneで電話していると思いますが、iPhoneの着信画面が2種類あるのはご存知でしょうか。

たまに「画面が少し違うな?」と感じたことがある人は多いと思います。

iPhoneの着信画面は、画面ロックを『している』か『していないか』で異なります。

そのため、電話に出る方法も拒否する方法もそれぞれの着信画面で大きく異なります。

今回は、そんなiPhoneにある2種類の着信画面での応答と拒否の操作方法について解説していきます。

iPhoneで使える電話機能
  • 人に合わせて着信画面の表示を変えられる
  • 電話に出られない時に着信音やバイブを止めることできる
  • 電話に出られない時にテキストメッセージを送れる
  • 折り返しが必要なことを指定した時間に通知できる
  • 急病や事故など緊急時に画面ロックされている状態のまま電話ができる

また、併せて上記のiPhoneで使える電話機能についても詳しく解説していきます。

iPhoneを初めて使う人はもちろん、これまで使っていた人も是非参考にしてください。

TOP画像引用元:iPhone – Apple サポート 公式サイト

iPhoneの着信画面は2種類ある

まず、iPhoneの2種類ある着信画面について解説していきます。

着信を受けた時に、iPhoneの画面が着信画面に切り替わりますが、「何か前の画面と違うな」と感じたことはありませんか?

それは決して勘違いではなく、iPhoneには2種類の着信画面があります。

この章では、そんなiPhoneの2種類の着信画面の違いと、それぞれの応答と拒否の操作方法について触れていきます。

画面ロック解除中の着信画面

iPhoneの着信画面

画面ロックを解除している状態、つまり何かしらiPhoneを操作している時に表示される着信画面は上記画なります。

応答または拒否のどちらかをタップできます。

ゲームをプレイしている最中や動画を観ている最中など、何かに熱中している時に突然着信があったら、意に反してタップしてしまう可能性もあります。

しかし、赤と緑ではっきりと色付けされているので、文字を読むよりも、どちらが応答で拒否なのかわかりやすくなっています。

ただ拒否する場合は赤のアイコンをタップすれば良いですが、電話に出られないことを伝えたい場合もあります。

その場合には、わざわざ応答して伝える必要はなく、応答アイコンの上にある「メッセージを送信」を使えばSMSで電話に出ることができない旨を伝えることができます。

画面ロック中の着信画面

iPhoneの着信画面

次に、画面ロック中の着信画面は上記となります。

画面ロック中の着信画面は、画面ロック解除中の着信画面と同じように、

  • あとで通知
  • メッセージを送信

の2つの項目があります。

応答は画面をスライドして操作する仕様となっています。

これは、あくまで画面ロック中ということで、間違って応答してしまったり、拒否してしまうことを防ぐためだといわれています。

電話に出られる状態でないのに出てしまったり、急いで出ようと思ったら拒否してしまったりと、誰でも起こり得るミスです。

また、画面ロック中ということで、むやみに他の人に拒否ボタンを押されるなどの悪戯をされないように、このような仕様になっているとも考えられます。

他の人はもちろんですが、子どもが誤って操作してしまう可能性もありますからね。

応答する場合はそのままスライド

画面ロック中の着信画面で応答する場合は、そのまま電話アイコンをスライドさせれば応答することができます。

画面ロック解除中の場合は、応答アイコンをタップすればすぐに応答となってしまいます。

しかし、画面ロック中の着信画面では、わざわざスライドしなければいけないので、誤操作で応答してしまうということもありません。

ただ、この状態ではどうやって拒否をすれば良いのかわからないかもしれません。

拒否する場合は、画面ロック解除中の着信画面と異なる操作をしなければいけません。

画面ロック中の着信画面の拒否のやり方

画面ロック中の着信画面で拒否をする場合は、電源ボタンを押す必要があります。

  1. 電源ボタンを1回押す → 着信音とバイブが止まる
  2. さらに電源ボタンを押す → 着信拒否

となります。

つまり、拒否するまでに電源ボタンを2回押さなければいけません

ちなみに、着信音とバイブを止めるだけであれば音量ボタンでも可能です。

しかし、音量ボタンを2回押しても拒否にはならないので、音量ボタンを使って拒否する場合は、音量ボタン1回 → 電源ボタン1回となります。

2種類あるiPhoneの着信画面の違い
  • 画面ロック中の着信画面はスライドで応答する仕様の画面になっている
  • 画面ロック解除中の着信画面は応答と拒否が選べる仕様となっている
  • 画面ロック中に応答したい場合はそのままスライドして電話に出ることができる
  • 画面ロック中に拒否したい場合は電源ボタンを2回、または音量ボタンを押した後に電源ボタンを押す

iPhone着信画面の表示の変え方

次に、iPhoneの着信画面の表示の変え方について解説します。

基本的にiPhoneの着信画面は、少しだけホーム画面やロック画面の背景が見える程度でほぼ真っ黒です。

名前を見れば誰が電話をかけてきたかわかりますが、できればパッと見てすぐに誰かわかるようにしたいですよね。

そこで、この章ではiPhoneの着信画面の表示の変え方をお伝えします。

人によって着信画面の表示を変えることができるので、頻繁に電話をかけてくる人の表示画面を変えれば、より一瞬で誰がかけてきたのかわかるようになります。

着信画面を変える方法 1

まず、1つ目の着信画面を変える方法について解説します。

  1. 「連絡先」を開く
  2. 変えたい人の名前をタップ
  3. 「編集」をタップ
  4. 画面左上の「写真を追加」をタップ
  5. その場で写真を撮る場合は「写真を撮る」、カメラロールから選ぶ場合は「写真を選択」
  6. 写真を設定後、「完了」をタップ

1つ目の方法では、連絡先から着信画面の表示を変えたい人を探して編集をする方法です。

着信画面の表示を変えるというのは、基本的に着信画面に表示される「画像」を変えるということになります。

何もしていない状態だとほぼ真っ黒ですが、画像を変えると画面いっぱいに設定した画像が表示されます。

対象の人の顔写真や、その人を連想できる写真を利用すれば、電話が来た時に一瞬で誰だかわかるようになります。

「連絡先」開いて名前をタップ

iPhoneの着信画面

まず、連絡先を開きます。

連絡先の開き方は、アプリの「連絡先」を開くか、電話アプリを開いて連絡先にアクセスするかのどちらかになります。

電話アプリの場合は、画面下部の真ん中にある「連絡先」をタップすればアプリと同じ連絡先が表示されます。

連絡先から着信画面を変えたい人を探し、タップします。

すると上記画像のような画面になります。

今回はテストと表示していますが、これは筆者のもう1つのスマホの電話番号です。

画像では切れてしまっていますが、画面上部右側に「編集」という項目があるので、そこをタップしてください。

編集をタップして「写真を追加」

「編集」をタップすると、上記画像のような画面に切り替わります。

「テスト」の左側にあるアイコンをタップすると、「画像を追加」と表示されます。

そのアイコンをタップすると、その場で撮影するか、カメラロールの画像を使うか選ぶことができます。

筆者は今回、カメラロールにある画像を使ってアイコンに設定してみました。

写真は我が家の愛猫です。

iPhoneの着信画面

ガラケーの時にもあった連絡帳の顔写真と同じようなものとなります。

画像を設定したら、画面上部右側にある「完了」という項目をタップしてください。

完了すれば着信画面の表示が変わる

iPhoneの着信画面

「完了」を押すと、連絡先の画像の設定が完了します。

「これで本当に着信画面が変わるの?」と思うので、実際に電話を使ってみました。

上記画像のように、画像の設定を行った人から連絡が来ると、設定した画像が画面いっぱいに表示されます。

思った以上にかなりアップで表示されるんだな、と思いました。

ガラケーからスマホへ写真や画像データ移行の方法【iPhone/Android】

次のページでは、着信画面を変える別の方法を詳しく解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ