2017年は『音声アシスタント』が主戦場|もう1つのAI戦争

2017年は『音声アシスタント』が主戦場|もう1つのAI戦争

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

人工知能・AIの話題は毎日のように新しいニュースが発信され話題が尽きません。
最近にわかに注目を浴びているのが『音声アシスタント(人工知能・人工無脳)』です。

その中でもホットなのが超新星「Amazon Alexa」、そして「Siri(Apple)」、「Google Assistant」、「Cortana(Microsoft)」の動きです。

“音声アシスタント戦争” 黎明期

当初、この『音声アシスタント』は「音声認識」や「簡単な命令の実行」を特定端末で実現可能にするために誕生したようなものでした。
代表的なのが「Siri」であり、それに対抗するために台頭してきたのが「Google Assistant」や「Cortana」です。

まず、「Siri」は音声アシスタントの先駆け(2011年10月公開)として登場。実際にスマートフォンで行うキーボード操作を省略してくれるものとして、多少は便利になりました。
しかし、日本ではあまり使われていませんね。認識率がイマイチだったり、何度も言い直すことに気恥ずかしさを感じる日本人特有の性分が影響しているからでしょう。

賛否両論あれども、「Siri」は他社を刺激するような、華々しいスタートダッシュを切ったと言えるでしょう。

対抗してAndroidとWeb検索のために開発されたのが「Google Assistant」(旧称:「Google Now」、2012年公開)。似ているけど異なる実装を始めたのが「Cortana」(2015年公開)。Windows OS全般+Xbox ONEという組み合わせで登場しています。

いずれも「いかに正確に音声を聞き分けるか」に焦点が絞られ、切磋琢磨し合ってきました。

2015年時点では三国時代よろしく、3つの音声アシスタントが凌ぎを削ると思われていました。それというのも、3社は家庭用音声アシスタントの基盤となる企業を買収したり、IoT化特許の取得を繰り返していたからです。

そんな群雄割拠の “音声アシスタント戦争” の中に飛び込んできたのが「Amazon Alexa」(2014年公開)です。
少なくとも2015年当初の段階では日本未発売ということもあり「Alexa」の存在感は薄く、「Alexa」を実装した「Amazon Echo」ですら、ちょっと頭の良いワイヤレス・スピーカー程度の認識でしかありませんでした。実際に海外の「Echo」購入者も、大半は音声アシスタント機能を有効活用していなかったようです。

しかし2016年に「Amazon Echo」がまさかの大化け。
「Amazon FirePhone」が大コケしたことがキッカケで、Amazon社が大きく軌道修正したことが起爆剤となった模様です。

当初の戦略とは異なる方向へ|キーワードは「家庭+ハンズフリー」

当初のスマートフォン戦略で失敗したのが功を奏したのか、「Amazon Echo」+「Alexa」を主軸に「家庭」にフォーカスします。
2015年は「これから主戦場になる」の認識を、「今、まさに戦場である」と気付かせてくれるほどの攻めっぷりを見せました。

この原動力となったのが、「Amazon Alexa Fund」と「Amazon Alexa Skills Kit」です。
「Alexa Fund」で出資を行うことで開発層を支援し、「Alexa Skills Kit」で「Alexa」の仕様を公開する。これにより新しい音声コマンドアプリケーションの拡大を図るという作戦です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

500年の時を経て……|『ロボット牧師』が福音をもたらす!?... お正月は神社に初詣、お盆には寺で故人を弔い、そして結婚式は教会で ―― やはり日本の宗教観ってヘンですよね。 よく、日本人は信仰心が薄いと言われがちですが、これは宗教を信じるか否かという問題ではなく、寺社仏閣が日本の生活に根付いてい...
生体ドローン『DragonflEye』|モラルと技術のはざまで... みなさんの身の回りの機械は機能追求の歴史とともに「小型化」の歴史も歩んでいます。 完全に普及しきったと思われるパソコンはおろか、電卓ですら発明当初は当時の電子技術の限界ゆえに巨大なサイズを誇っていました。 しかし、今はパソコンも電卓...
『Computex Taipei』に行ってみた<後編>... こんにちは、ノリ子です。 今回は6月6日にご紹介した『COMPUTEX TAIPEI』レポートの後編をご紹介します! <bitWave関連記事『「Computex Taipei」に行ってみた<前編>』> 昔見た、未来からやっ...
『Computex Taipei』に行ってみた<前編>... こんにちは、ノリ子です。 みなさんは『COMPUTEX TAIPEI』というイベントをご存知ですか? このイベントは台湾で開催されるIT見本市で、1981年から開催される歴史あるイベントなんですね。 「なんだよ~、台湾の話かよ」と...