2018年1月のスマホ売れ筋ランキング|安さと性能のどちらが選ばれたか

  • 2018年2月27日
  • by 
2018年1月のスマホ売れ筋ランキング|安さと性能のどちらが選ばれたか

今や生活になくてはならないものになったスマホ。

ただ、毎日持ち歩くこともあり、一般的なスマホの寿命は2~3年と言う人も多く、テレビや冷蔵庫など他の家電と比べても短命なのも事実。
そんな現実もあり、スマホの世界は二極化されていると言われています。

どうせアプリをダウンロードするのは一緒だし、より安いもので済ませたい【安さ派】と、
カメラ機能やスペックなど生活必需品なのだからより高性能なものを使いたい【性能派】です。

果たして【安さ派】と【性能派】、どちらのスマホが人気があるのでしょうか?
スマホ人気ランキングをみながら検証していきましょう!

1.2018年1月のスマホ売れ筋ランキング

 

1-1. Mate 10 Pro(HUAWEI)

性能派

世界中で急激にシェアを拡大している中国メーカーHUAWEI(ファーウェイ)製のフレームレス型のクールなスマホです。

※実売価格=81,540円~(SIMフリーモデル)

HUAWEI Mate 10 Proの主なスペック

画面サイズ:6インチ
本体サイズ:74.5×154.2×7.9 mm
重量:178g
OS:Android6.0
内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB
バッテリー:4000mAh
カメラ:1200万画素(メイン)・800万画素(イン)
その他:指紋認証、デュアルSIM
カラーバリエーション:ミッドナイトブルー・チタニウムグレー(2色展開)

HUAWEI Mate 10 Proの主な特徴

  • AIプロセッサ内蔵で、ユーザーの挙動を把握、的確で無駄のない電力供給にして、バッテリー時間を最大化、一般的な使い方だったら数日充電なしでも使えるタフボディーです。
  • AIによって自撮りを含め、カメラ撮影時も背面をばかすなど一眼レフ並みの撮影が可能。

 

1-2.ASUS ZenFone 4 Max(ASUS)

安さ派

上記のHUAWEI同様、スマホ市場やパソコン市場で勢いのある企業の一つであるASUS(エイスース)製のスマホです。SIMフリータイプで実売20,000円台の低コストが魅力です。

※実売価格=23,349円~(SIMフリー)

ASUS ZenFone 4 Maxの主なスペック

画面サイズ:5.2インチ
本体サイズ:73.3×150.5×8.7 mm
重量:156g
OS:Android7.1
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
バッテリー:4100mAh
カメラ:1300万画素(メイン)・800万画素(イン)
その他:指紋認証、デュアルSIM
カラーバリエーション:ネイビーブラック/サンライトゴールド/ローズピンク(3色展開)

ASUS ZenFone 4 Maxの主な特徴

  • 実売20000円台とは思えないほどの、高性能スマホにも負けないスペック
  • 通常の約2倍ワイドに撮影が可能な120℃広角カメラ内蔵

1-3.iPhone Ⅹ(Apple)

性能派

iPhoneの10周年記念モデルと言われているフラッグシップモデルです。スマホ随一の高値ながらAppleのスキルが凝縮した1台です。

※実売価格=134,880円~(SIMフリー)

iPhone Ⅹの主なスペック

画面サイズ:5.8インチ
本体サイズ:70.9×143.6×7.7 mm
重量:174g
OS:iOS11
内蔵メモリ:64GB or 256GB
バッテリー:2716mAh
カメラ:1200万画素(メイン)・700万画素(イン)
その他:顔認証、4K撮影対応
カラーバリエーション:シルバー/スペースグレイ(2色展開)

iPhone Ⅹの主な特徴

  • 光学ズーム搭載の望遠、広角レンズ、光学式手ぶれ機能付き補正と高速なレンズを搭載しているなどカメラ性能が大幅にアップ
  • 顔認証(Face ID)を始め、より直観的な操作ができるように

1-4.AQUOS sense lite(シャープ)

安さ派

安心の国産メーカースマホが30,000円台から購入可能なお手頃価格が嬉しいシャープのスマホです。高画質IGZO内蔵で、より鮮明な画面に。

※実売価格=32,980円~(SIMフリー)

AQUOS sense liteの主なスペック

画面サイズ:5.0インチ
本体サイズ:72x144x8.5 mm
重量:147g
OS:Android7.1
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
バッテリー2700mAh
カメラ:1310万画素(メイン)・500万画素(イン)
その他:指紋認証、おサイフケータイ
カラーバリエーション:White/Black/Gold(3色展開)

AQUOS sense liteの主な特徴

  • わずか147gの軽量モデルで、長時間持っていても疲れにくく、力の弱い女性やお子さんに特におすすめです
  • 国産メーカーシャープ製だけあって、おサイフケータイなどの日本ガラパゴス機能にも対応、ガラケーと同じ感覚で使用できる

1-5.iPhone 8(Apple)

性能派

iPhone3Gから続くiPhoneシリーズの完成形とも言えるスマホです。性能面ではややiPhone Ⅹには劣るものの、ワイヤレス充電対応、高性能カメラなど値段がiPhone Ⅹに比べ安い割にハイスペック。

※実売価格=84,979円~(SIMフリー)

iPhone 8の主なスペック

画面サイズ:4.7インチ
本体サイズ:67.3×138.4×7.3 mm
重量:148g
OS:iOS11
内蔵メモリ:64GB or 256GB
バッテリー1821mAh
カメラ:1200万画素(メイン)・700万画素(イン)
その他:指紋認証

カラーバリエーション:シルバー/スペースグレイ/ゴールド(3色展開)

iPhone 8の主な特徴

  • iPhone Ⅹではなくなったホームボタンがあるなど、従来のiPhoneの操作性のままで使用することができる
  • メッセージアプリケーションの進化で、より高度で楽しいメッセージ作成が可能に

あなたにおすすめ

ソフトバンクのスマホが故障した時に知っておきたい修理・保証サービスまとめ... かつては一家に1台だった電話も、スマホの普及により1人1台、さらには1人で2台持つ時代になりました。スマホがないと不安で仕方がないという人も多いことでしょう。 スマホは立派な家電製品です。内部には高性能で小型化された電子部品が所狭しと...
【Google公式アプリ】Snapseedのリアルなメリット・デメリット... 画像引用元:Snapseed ハイスペックな編集ツールが無料で使える 22歳 男性 学生 iPhone 6 アプリの満足度:5点(5点満点) 撮影頻度の多い被写体:歴史建造物や風景、動...
話題のスマホXperia XZ2やP20 Proなどがランクイン|枚数限定割引クーポンも配布... 2018年夏モデル発表から1ヶ月経ちましたが、携帯の売り上げランキングにも大きな変化があったようです。 トップ画像引用元:docomo Collection 2018 スマホ・タブレットの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ ...
auひかりの料金を徹底ガイド|お得に使うためのポイントを確認... auひかりとはKDDIの提供するFTTH(一般個人宅向け光通信サービス)です。高速で安定した光通信を利用することができます。 インターネットは今や生活には欠かすことのできないものとなっています。最近ではIoTの急激な普及などで、その重...