【2022年】携帯キャリアの学割はどこが安い?3社を徹底比較

  • 2022年1月31日
  • by.nuko

U30ロング割

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、携帯キャリア各社の2022年版の学割を比較し、お得にスマホを使うにはどこが安いかを解説します。

「今年は学割が見つからない…」と思っている人が多いようですが、実は昨年までキャリアが行なっていた種類の割引に、「学割」という単語が使えなくなりました。

その代わり、各キャリアはU30(30歳以下)を対象とした割引サービスを開始し、お得度は昨年の学割と同等以上になっています。

子供用のスマホなど、学割でお得に使えるスマホを探している方は、ぜひ今回の解説を参考に契約する学割を選んでください!

2022年の学割の比較ポイント
  • ドコモはずっと継続する学割で31歳の誕生月までお得
  • auは6ヶ月目まで最安値+iPhoneが実質安い!
  • ソフトバンクはiPhone大幅割引+3GB以下なら安い

トップ画像引用元:U30ロング割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

【結論】携帯キャリアの学割はどこが安い?

iPhone13レビュー

早速ですが、携帯キャリアの学割はどこが安いのか、結論から見ていきましょう。

2022年の学割に相当するU30系の割引は、キャリアによって内容が異なります。

また、各キャリアは30歳以下、または22歳以下の方向けの機種代金割引もあるので、利用料金の割引とあわせてチェックする必要があります。

各キャリアのU30系の利用料金割引とU30・U22向けの機種代金割引について、簡単にまとめると次の通りです。

キャリアの学割・機種代金割引

項目ドコモauソフトバンク
割引額最大3,839円3,938円1,100円
期間31歳の誕生月まで
(高額割引は6ヶ月間)
6ヶ月間12ヶ月間
割引後の月額6ヶ月間:
1,089円
以降:
4,378円
6ヶ月間:
990円
以降:
4,928円
12ヶ月間:
990円
以降:
2,178円
データ量無制限無制限1年目:5GB
2年目〜:3GB
機種代金割引最大22,000円最大22,000円
+10,000pt
最大31,680円

料金の割引金額ならドコモがお得

ドコモのU30ロング割は、6ヶ月目までの最大3,839円割引が終わった後も、31歳の誕生月まで550円割引が継続します。

そのため、割引が受けられる期間が長くなるほどお得な学割になっています。

1度契約したら当面は乗り換えやプラン変更する予定がないなら、割引金額の総額が1番お得なドコモを選ぶといいでしょう。

iPhoneならソフトバンクがお得

iPhone 13など最新iPhoneを買うなら、ソフトバンクのスマホデビュープロジェクトが1番機種代金がお得になります。

2年目までの機種代金を見ると、各キャリアの機種代金割引後の分割払い金額には、そこまで大きな差はありません。

しかし、分割払い・割引の仕組みの違いから、3年目以降の分割払い金額はソフトバンクが1番お得です。

キャリアのiPhone 13 128GBの分割払い金額

支払い回数ドコモauソフトバンク
23回目まで1,488円
(初回1,496円)
1,743円
(初回1,754円)
1,755円
24回目〜48回目2,310円2,205円1,755円

また、スマホデビュープランを選べば、1年目990円、2年目以降は2,178円と、月額料金もドコモやauの無制限プランより安く使えます。

子供にiPhoneを購入して3〜4年利用してもらうつもりなら、ソフトバンクのスマホデビュープロジェクトを利用して購入するのが1番お得になるでしょう。

キャリアの学割相当の割引まとめ
  • ドコモ:U30ロング割
    子供が15歳以下なら機種代金も込みで1番安い
  • au:au応援割(U30)
    子供が16歳〜22歳なら機種代金込みで1番安い
  • ソフトバンク:スマホデビュープロジェクト
    iPhone 13など機種代金の負担を最小限にしたい方向け

ドコモ:U30ロング割

ドコモ U30ロング割

画像引用元:U30ロング割

ドコモの学割に相当する「U30ロング割」では、5Gギガホ プレミアやギガホ プレミアが、6ヶ月間 最大3,839円も割引されます。

さらに、31歳の誕生月までずっと550円割引が受けられます。

つまり、データ量無制限で何年もドコモを続ける方にとっては、1番お得な学割と考えていいでしょう。

U30ロング割の割引額

料金プラン利用データ量割引適用開始月から6ヶ月間割引適用開始月から7ヶ月目以降
5Gギガホ プレミア3GB超3,289円割引550円割引
3GB以下1,639円割引
ギガホ プレミア3GB超3,190円割引550円割引
3GB以下1,540円割引

6ヶ月目までの割引金額はプランと3GB以上・3GB以下によって異なりますが、どのパターンでも割引後の月額は1,1000円弱まで安くなります。

さらに、31歳になるまでずっと割引が続くため、何年も使い続ける方ならU30ロング割はトータルで1番お得な割引となっています。

例として、5Gギガホ プレミアを契約した場合の割引後の月額料金は次の通りです。

U30ロング割適用後の月額料金

項目6ヶ月目まで7ヶ月目
〜31歳の誕生月
基本使用料7,315円
みんなドコモ割
(3人以上の場合)
1,100円割引
ドコモ光セット割1,100円割引
dカードお支払い割187円割引
U30ロング割3,839円割引550円割引
割引後の月額料金1,089円4,378円

こうして割引後の料金を計算すると、6ヶ月目までは破格の料金で使えます。

また、7ヶ月目以降も550円割引が続くので、長く使えば使うほどお得です。

「子供はたっぷりスマホを使うけど、毎月の月額料金はできるだけ安くしたい」

そんな方は、ドコモのU30ロング割でお得に子供のスマホを購入しましょう!

5G WELCOME割で高額ポイント還元

5GWELCOME割

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

さらに、ドコモで対象スマホを購入すれば、5G WELCOME割で機種代金の割引 or dポイント還元が受けられます。

特に、15歳以下の子供用のスマホを購入するなら、新規契約でもiPhone 13/13 miniなど人気機種で20,000ポイントも還元してもらえます。

新規契約対象の5G WELCOM割おすすめ端末

対象機種ポイント還元
Galaxy S20 5G SC-51A20,000ポイント
iPhone 1315歳以下限定
20,000ポイント
iPhone 13 mini
arrows We F-51B15歳以下限定
11,000ポイント
Galaxy A22 5G SC-56B

一方、子供が16歳以上の場合は、他社からドコモに乗り換えないと5G WELCOM割が使えません。

そのため、16歳〜22歳で新規契約の場合のみ、機種代金を加味するとauの方がお得です。

子供がたっぷりデータ量を使いそうで15歳以下の新規契約 or 他社からの乗り換えなら、ドコモのU30ロング割と5G WELCOME割を検討してください。

au:au応援割(U30)

au応援割(U30)

画像引用元:つなぐ応援プログラム・au応援割(U30) | キャンペーン | au

auの学割に相当する「au応援割(U30)」では、使い放題MAXを6ヶ月間3,938円割引してくれます。

なお、基本となる使い放題MAX 5G/4Gだけでなく、Netflixなどのとコンテンツセットプランも割引対象です。

使い放題MAX 5G/4Gの割引後の料金はドコモより安く、6ヶ月間は最安値で使えます。

au応援割(U30)適用後の月額料金

項目6ヶ月目まで7ヶ月目以降
基本料金7,238円
家族割プラス
(3人以上)
-1,100円
auスマートバリュー-1,100円
au PAYカードお支払い割-110円
au応援割(U30)-3,938円0
割引後の月額料金990円4,928円

ドコモのU30ロング割と比較すると、6ヶ月目まではau応援割(U30)の方が安いです。

しかし、7ヶ月目以降の継続割引がないため、長期的に見るとドコモのU30ロング割の方がお得です。

ただし、次にお伝えする機種代金割引とポイント還元の対象になる場合、機種代金を考慮するとauの方がお得になるケースがあります。

22歳以下なら機種代金もお得

auキャンペーン

画像引用元:au Online Shop U22新規ご契約特典 | キャンペーン | au

auは、子供用のスマホ購入のためのお得な機種代金割引・ポイント還元キャンペーンを開催しています。

auの機種代金割引・ポイント還元
  • au Online Shop U22ご新規ご契約特典:
    22歳以下の方はオンラインショップ購入で10,000ポイント還元
  • 5Gスマートフォンおトク割:
    乗り換えと新規(22歳以下)は機種代金22,000円割引
    23歳以上の新規は機種代金11,000円割引

2つの得点は併用可能で、例えば22歳以下の方がiPhone 13を購入する場合は、機種代金22,000円割引+10,000Pontaポイント還元で購入できます。

ドコモにも5G WELCOME割がありますが、16歳以上は他社から乗り換えでないと割引がありません。

そのため、16歳〜22歳の方の新規契約なら、機種代込みではauの方がお得に使えます。

(15歳以下でiPhone 13など5G WELCOM割対象機種購入の場合は、総合的にドコモの方がお得です。)

例として、ドコモとauで16歳以上の子供にiPhone 13 128GBを新規契約し、全ての割引を適用した最安値運用を比較すると次の通りです。

なお、機種代金はそれぞれ23ヶ月目までの分割払いの金額で計算しています。

6ヶ月目までの月額料金比較

項目auドコモ
iPhone 13
機種代金
1,743円
(初回1,754円)
2,444円
基本料金7,238円7,315円
家族利用の割引-1,100円1,100円割引
光セット割引-1,100円1,100円割引
カード支払い割引-110円187円割引
学割相当の割引-3,938円3,839円割引
割引後の月額料金2,733円3,533円

7ヶ月目以降の月額料金比較

項目auドコモ
iPhone 13
機種代金
1,743円
(初回1,754円)
2,444円
基本料金7,238円7,315円
家族利用の割引-1,100円1,100円割引
光セット割引-1,100円1,100円割引
カード支払い割引-110円187円割引
学割相当の割引0円550円割引
割引後の月額料金6,671円6,822円

金額の差はそこまで大きいわけではありませんが、16歳以上の新規契約ならauオンラインショップで購入し、au応援割(U30)と22歳以下の特典を受け取るのが1番お得になりますね!

ソフトバンク:スマホデビュープロジェクト

スマホデビュープロジェクト

画像引用元:お子さまのスマホデビューに!スマホデビュープロジェクト | ソフトバンク

ソフトバンクの学割に相当そうる割引「スマホデビュープロジェクト」では、複数の割引・キャンペーンを組み合わせで、使い方にぴったりなら1番安く使えます。

スマホデビュープロジェクトの内容
  • U30スマホおトク割
    30歳以下は回線契約がなくても48回払いで対象機種が10,080円割引
  • U30 Web割
    30歳以下はオンラインショップで自宅受取&48回払いで機種代金 最大21,600円割引
  • U22おトクキャンペーン
    通常5〜15歳が対象のスマホデビュープランが22歳以下なら契約OK

機種代金の割引は3キャリア中で最大

ソフトバンクは、U30スマホおトク割とU30 Web割の併用で、多くの機種が31,680円割引で購入できます。

この割引額は3キャリア中最大で、48回払いも手伝って月々の機種代金は最安値級に安く使えます。

3GB以下なら利用料金がキャリア最安値

U22おトクキャンペーンで22歳まで申し込める「スマホデビュープラン」は、1年目が5GB 990円、2年目以降はずっと3GB2,178円で使える初スマホ向けのプランです。

他キャリアのようにデータ無制限のプランではありませんが、利用料金の割引が終了した後も3キャリアの学割の中でも最安値で使えるプランです。

通常は15歳以下の子供しか申し込めないプランですが、U22おトクキャンペーン中は22歳まで申し込みOKになります。

毎月3GBで足りるなら、iPhone 13等の機種代金を合わせても3キャリアで1番安い月額料金のプランです。

スマホデビュープラン+iPhone 13の月額料金

項目13ヶ月目まで14ヶ月目以降
データ量5GB3GB
iPhone 13
機種代金
1,755円
利用料金990円2,178円
合計2,745円3,933円

高校生以上の子供で毎月3GB以下でOKなら、ソフトバンクのスマホデビュープロジェクトを検討するのが1番安くなります!

格安SIMの学割を比較

iPhone13 Pro グリップ

ここからは、格安SIMの2022年の学割も比較していきましょう。

格安SIMで学割、または学割に相当する割引を実施しているのは次の2社です。

学割実施中の格安SIM

格安SIM事業者割引名割引内容
UQモバイルUQ応援割最大12ヶ月間 1,100円割引
ワイモバイルワイモバ親子割最大12ヶ月間 1,100円割引

どちらもキャリアのサブブランドで、キャリアと同等の快適な通信が売りです。

また、どちらのサブブランドも、条件を満たせば家族も割引対象になります。

割引後の月額料金が同等になりますが、適用条件は微妙に異なります。

セット割対象のネット回線が契約できるなら、UQモバイルとワイモバイルのどちらを選んでも問題ありません。

しかし、ネット回線の契約NGなら、UQモバイルは割引対象外になるので注意しましょう。

UQモバイル:UQ応援割

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

UQモバイルの「UQ応援割」では、5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線と、さらに同じ自宅割セットグループに所属する回線が、最大12ヶ月間 1,100円割引してもらえます。

UQ応援割の適用条件
  • 5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線
    +同じ自宅割セットグループの回線
  • くりこしプラン M/L +5Gに新たに加入
    加入中の場合は機種変更すれば対象

割引後の金額はくりこしプラン M +5Gでも990円と15GBプランとしては激安になります。

割引期間は12ヶ月間なので、それ以降は1,100円高くなることに注意しましょう。

UQ応援割適用後の月額料金

項目くりこしプランM +5GくりこしプランL +5G
通常料金2,728円3,828円
自宅セット割638円割引858円割引
UQ応援割(12ヶ月間)1,100円割引1,100円割引
割引後の月額990円1,870円
13ヶ月目以降2,090円2,970円

また、UQ応援割の条件は、昨年までのUQ家族割グループではなく、「自宅セット割グループ」への加入が必要です。

「auでんき」または対象のネット回線を利用していない場合は、割引対象サービスへの加入が必要になることに注意しましょう。

自宅セット割の対象サービス(抜粋)
  • auでんき
  • auひかり
  • コミュファ光
  • eo光
  • Pikara
  • MEGA EGG
  • BIGLOBE光
  • So-net光プラス
  • @nifty光
  • @T COMヒカリ

ワイモバイル:ワイモバ親子割

ワイモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルの「ワイモバ親子割」では、5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線と、さらに同じ家族割引サービスのグループに所属する回線が、最大12ヶ月間 1,100円割引してもらえます。

ワイモバ親子割の適用条件
  • 5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線
    +同じ家族割引サービスグループの回線
  • シンプルM/Lに新たに加入
    (シンプルM/L間のプラン変更はNG)

割引後の月額料金はUQモバイルのUQ応援割と同じで、13ヶ月目以降は1,100円高くなるのも同様です。

ワイモバ親子割適用後の月額料金

項目シンプルMシンプルL
通常料金3,278円4,158円
家族割びき1,188円割引1,188円割引
ワイモバ親子割1,100円割引1,100円割引
割引後の月額990円1,870円
13ヶ月目以降2,090円2,970円

なお、ワイモバ親子割は、家族割引サービスの加入でOKです。

ソフトバンク光などの対象ネット回線の契約をしていなくても、割引対象になるのはメリットです。

その反面、家族割引サービスでは1回線目の割引がないことには注意しましょう。

使い方に合った学割でお得に子供にスマホを買おう!

今回は、携帯キャリアの2022年版の学割はどこが安いのか、利用料金と機種代金も合わせて徹底比較しました。

各キャリアの学割に相当する割引は、それぞれ条件が異なるため、どこが1番お得に使えるのかは年齢や使い方で決まります。

子供がたっぷりデータ量を使う場合は、15歳以下ならドコモ、16歳以上ならauで購入するのが1番安くなるでしょう。

一方、Wi-Fi中心の利用で毎月3GBで足りるなら、ソフトバンクの学割が1番お得です。

また、UQモバイルとワイモバイルは学割相当の割引があり、15GBが990円で使えます。

子供用のスマホを考えている方は、今回の記事を参考に、ぜひお子さんの使い方に合った学割でお得にスマホを購入してください!

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!