携帯キャリアの学割はどこが安い

【2024年最新】携帯キャリアの学割はどこが安い?3社を徹底比較

  • 更新日:2024年2月9日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年2月9日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、携帯キャリア各社の2024年版の学割を比較し、人気スマホを使うにはどこが安いかを解説します。

「今年は学割が見つからない…」と思っている人が多いようですが、実は2021年までキャリアが行なっていた種類の割引に、「学割」という単語が使えなくなりました。

その代わり、ドコモは15歳以下、auとソフトバンクは22歳以下を対象とした割引サービスを開始し、お得度は往年の学割と比べて引けをとりません。

子供用のスマホなど、学割でお得に使えるスマホを探している方は、ぜひ今回の解説を参考にお得なプランを契約してください。

2024年の学割の比較ポイント
  • ドコモは小容量プランとポイント還元で12ヶ月間お得
  • auは1年間20GBプランが格安SIMよりやすい
  • ソフトバンクは1年返却するならプラン+機種代金が激安
格安SIMの学割を比較

格安SIMで学割、または学割に相当する割引を実施しているのは次の2社です。

格安SIM事業者割引名割引内容
UQモバイルUQ親子応援割最大12ヶ月間 1,320円割引
ワイモバイルワイモバ親子割最大12ヶ月間 1,100円割引

auなら新生活応援セールがおトク!

  • Xperia 1 V/10 V、Galaxy S23/S23 FEが対象!
  • 合計最大16,500円相当還元!
  • 3月31日(日)まで!
この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!

【結論】携帯キャリアの学割はどこが安い?

【結論】携帯キャリアの学割はどこが安い?
早速ですが、携帯キャリアの学割はどこが安いのか、結論から見ていきましょう。

2024年の学割に相当する割引は、キャリアによって内容が異なります。

各キャリアの学割に相当する割引をまとめると次の通りです。

キャリアの学割・機種代金割引

項目ドコモauソフトバンク
還元・割引最大1,000pt還元
(総額12,000pt)
1,650円割引
(総額19,800円)
最大2,838円割引
(総額24,156円)
対象年齢15歳以下22歳以下5〜22歳
期間最大12ヶ月12ヶ月間12ヶ月間
割引後の月額5GB:
1,628円
10GB:
2,508円
(割引なし)
12ヶ月間:
1,078円
以降:
3,916円
2〜7ヶ月目:
1,078円
8〜14ヶ月目:
2,728円
以降:
3,916円
データ量5GB・10GB無制限20GB
機種代金割引最大20,000pt還元11,000円割引最大21,984円
+1年返却で実質12年〜

料金の割引金額ならauがお得

auのスマホスタート応援割は、12ヶ月目まで20GBプランが月額1,078円で使えます。

利用できるプランのデータ量と料金でのコスパは、2024年の学割の中でも最高です。

1年経過で割引がなくなるため乗り換えやプラン変更の検討は必要ですが、たっぷり20GB使うならauのスマホスタート応援割をチェックしましょう。

1年返却OKなら機種代金込みでソフトバンクが激安

iPhone14やPixel 8などの人気スマホを子どもに持たせるなら、ソフトバンクが1番お得になります。

ソフトバンクはU22オンラインショップ割と新トクするプログラム(バリュー)を適用することで、実質12円で人気モデルが使えます。

ただ、1年経過すると機種代金が一気に高くなるため、13ヶ月目の返却忘れは厳禁です。

返却忘れさえしなければ、月額料金+機種代金を総合的に考えるとソフトバンクが1番お得な学割となるでしょう。

キャリアの学割相当の割引まとめ
  • ドコモ:U15ポイント特典
    子供が15歳以下で小容量ならポイント還元込みで安い
  • au:スマホスタート応援割
    子供が22歳以下なら20GBプランが1年間最安
  • ソフトバンク:ソフトバンクデビュー割
    20GBプラン+対象スマホ1年返却OKなら総合的に1番安い

ドコモ: U15ポイント特典

U15ポイント特典

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

ドコモの学割に相当する「U15ポイント特典」では、15歳以下専用のU15はじめてスマホプランを対象に12ヶ月間 最大1,000ポイント還元が受けられます。

U15はじめてスマホプランは料金自体もお得なので、子どもの初スマホにはうってつけのプランです。

U15はじめてスマホプランの月額料金

項目5GB10GB
月額料金1,980円2,860円
U15はじめて
スマホISP割
-165円
dカードお支払割-187円
U15ポイント特典
(最大12ヶ月間)
500ポイント1000ポイント
合計額1,628円2,508円

U15ポイント特典は月額料金を直接割引する割引ではありませんが、毎月500ポイント or 1,000ポイントが還元されます。

さらに、2024年1月10日からはdポイント(期間・用途限定)がドコモ料金に充当できるようになったので、実質的な割引と考えていいでしょう。

また、U15はじめてスマホプランでは、5分以内のかけ放題が標準で使えます。

帰りが遅くなる時や塾・習い事の行き帰りの連絡など、ちょっとした連絡を電話でしたい場合も通話料を気にせず使えます。

子どもにデータ無制限は不要と考えるなら、U15はじめてスマホプランが最適な料金プランとなるでしょう。

5G WELCOME割で高額ポイント還元

5GWELCOME割

画像引用元:キャンペーン・特典 一覧

さらに、ドコモで対象スマホを購入すれば、5G WELCOME割で機種代金の割引 or dポイント還元が受けられます。

特に、22歳以下でスマホを購入するなら、新規契約でもiPhone 15/15 PlusやGoogle Pixel 8などの人気機種で20,000ポイントも還元してもらえます。

新規契約対象の5G WELCOM割おすすめ端末

対象機種ポイント還元
iPhone15購入時に利用者が22歳以下、
またはeximoを契約

20,000ポイント
iPhone15 Plus
Google Pixel 8
Xperia 1 IV
Xperia 5 IV
詳細
公式サイトを見る

他にも新規契約対象の機種もありますが、人気機種は22歳以下またはeximo契約限定です。

子どもに最新機種を購入して1台を長く利用する方針なら、U15はじめてスマホプランと5G WELCOME割を上手に活用しましょう。

au:スマホスタート応援割

スマホスタート応援割

画像引用元:学生注目!!22歳以下のスマホデビューに! スマホスタート応援割 | au

auの学割に相当する「スマホスタート応援割」では、スマホスタートプランが1年間3,025円割引してくれます。

スマホスタートプランはたっぷり20GB使える料金プランで、割引期間中は格安SIMも真っ青の安さです。

スマホスタート応援割適用後の月額料金

スマホスタートプラン 5G/4G(22歳以下)
月額料金4,103円
au PAYカードお支払割-187円
スマホスタート1年割
(1年間)
-1,188円
スマホスタートプラン応援割
(1年間)
-1,650円
合計1年間:1,078円
2年目以降:3,916円

ドコモのU15はじめてスマホプランよりデータ量が多く、月額料金もauの方がお得です。

1年経過後は3,916円になるためプラン変更の検討が必要ですが、差し当たり1年最高コスパで運用したいなら、子供の回線はau契約にしていいでしょう。

auオンラインショップなら機種代金もお得

au Online Shopお得割

画像引用元:au Online Shop お得割 | キャンペーン | au

auオンラインショップでは、乗り換えと新規契約を対象に最大22,000円の機種代金割引を実施しています。

子どもだけでなく対象の契約なら全員割引され、新規契約でも多くのモデルが11,000円安く購入可能です。

auの機種代金割引
  • 新規契約:対象機種が11,000円割引
  • 乗り換え:対象機種が22,000円割引

最新のiPhone15シリーズはもちろん、人気のPixel 8なども新規契約で11,000円割引です。

また、Pixel 8はスマホトクするプログラムも併用することで、2年目に返却すれば実質20,890円になります。

ここまでを総合すると、毎月20GBと最新の高性能モデルを子どもに持たせるなら、auでの購入が高コスパといえるでしょう。

ソフトバンク:ソフトバンクデビュー割

ソフトバンクデビュー割

画像引用元:ソフトバンクデビュー割 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクの学割に相当する割引「ソフトバンクデビュー割」では、5歳〜22歳以下の初スマホ向け20GBプランが大幅割引され、さらに親の回線もお得になります。

ソフトバンクデビュー割の概要
  • 子どもの回線
    スマホデビュープラン+ 20GBが月額1,078円〜
  • 親の回線
    最大12ヶ月間 PayPayポイント1,000ポイント還元

子どもの回線の割引額は利用期間によって変わり、具体的な月額料金は次の通りです。

利用期間月額料金
開通月3,196円の日割
2〜7ヶ月目1,078円
8〜13ヶ月目2,728円
14ヶ月目以降3,196円

割引額が減少するためauよりお得感が減って見えますが、その代わり親の回線へのPayPayポイント還元があります。

子どもだけでなく親の回線もお得にするなら、親子でソフトバンクを利用するのもありです。

機種代金も1年返却で激安に

ソフトバンクはU22ならiPhone14が実質12円に

画像引用元:U22 オンラインショップ割 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

また、ソフトバンクは2023年12月27日から、新たに「新トクするプログラム(バリュー)」を開始しました。

対象機種が新規契約でも最大21,984円割引されるU22オンラインショップ割もあり、対象機種が激安購入できます。

iPhone14を例にすると、5〜22歳の新規契約かつ新トクするプログラム(バリュー)を利用する場合の機種代金は次の通りです。

iPhone 14 128GB
機種代金1〜12回目:1円
13〜48回目:3,209円
13ヶ月目返却の実質負担12円

対象機種購入すれば、差し当たり1年間はたった12円で人気モデルを持たせられます。

1年返却しないと高くなりますが、「子どもの初スマホに最新機種の購入は予算がキツい…。」と感じるなら、ソフトバンクで子ども用スマホを購入するといいでしょう。

格安SIMの学割を比較

iPhone13 Pro グリップ

ここからは、格安SIMの2024年の学割も比較していきましょう。

格安SIMで学割、または学割に相当する割引を実施しているのは次の2社です。

学割実施中の格安SIM

格安SIM事業者割引名割引内容
UQモバイルUQ親子応援割最大12ヶ月間 1,320円割引
ワイモバイルワイモバ親子割最大12ヶ月間 1,100円割引

どちらもキャリアのサブブランドで、キャリアと同等の快適な通信が売りです。

また、どちらのサブブランドも、条件を満たせば家族も割引対象になりますが、適用条件は微妙に異なります。

UQモバイル:UQ親子応援割

UQモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)

UQモバイルの「UQ親子応援割」では、5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線と、さらに同じ自宅割セットグループに所属する回線が、最大12ヶ月間 1,320円割引してもらえます。

さらに、子どもの回線は12ヶ月間 10GB増量されます。

UQ親子応援割の適用条件
  • 5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線
    +同じ家族セット割 or 自宅割セットグループの回線
  • コミコミプランに加入
    (新規・プラン変更)

コミコミプランは20GBプランで、割引後の料金は1,958円と20GBプランとしては破格の安さです。

また、1回10分の無料通話も標準でついているので、短い通話が多いならさらにお得に。

UQ親子応援割適用後の月額料金

項目コミコミプラン
通常料金3,278円
UQ親子応援割(12ヶ月間)1,320円割引
割引後の月額1,958円

家族でUQモバイルを利用しているなら、子どもの回線は差し当たりコミコミプランで契約するといいでしょう。

ワイモバイル:ワイモバ親子割

ワイモバイルのロゴ

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルの「ワイモバ親子割」では、5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線と、さらに同じ家族割引サービスのグループに所属する回線が、最大12ヶ月間 1,100円割引してもらえます。

ワイモバ親子割の適用条件
  • 5歳〜18歳の契約者 or 利用者の回線
    +同じ家族割引サービスグループの回線
  • シンプル2. M/Lに新たに加入

割引後の月額料金は月額1,078円と、UQモバイルのUQ親子応援割より安く使えます。

シンプル2Lで家族全員30GBにした場合でも、UQモバイルとほぼ同額です。

ただ、通話オプションが別途必要なので、ワイモバ親子割は通話を全く使わない世帯向けといえるでしょう。

ワイモバ親子割適用後の月額料金

項目シンプル2M(20GB)シンプル2L(30GB)
通常料金4,015円5,115円
PayPayカード割-187円
おうち割 光セット-1,650円
ワイモバ親子割-1,100円
割引後の月額1,078円2,178円
13ヶ月目以降2,178円3,278円

なお、ワイモバ親子割は、家族割引サービスの加入でOKです。

ソフトバンク光などの対象ネット回線の契約をしていなくても、割引対象になるのはメリットです。

その反面、家族割引サービスでは1回線目の割引がないことには注意しましょう。

使い方に合った学割でお得に子供にスマホを買おう!

Google Pixel 8の3カラー

画像引用元:Google Pixel 8: Google AI で毎日をもっと便利に – Google ストア

今回は、携帯キャリアの2024年版の学割はどこが安いのか、利用料金と機種代金も合わせて徹底比較しました。

2024年の学割の比較ポイント
  • ドコモは小容量プランとポイント還元で12ヶ月間お得
  • auは1年間20GBプランが格安SIMよりやすい
  • ソフトバンクは1年返却するならプラン+機種代金が激安

各キャリアの学割に相当する割引はそれぞれ条件が異なるため、どこが1番お得に使えるのかは年齢や使い方で決まります。

子どもが小容量プランで十分ならドコモもお得ですが、2024年はauやソフトバンクが総合的にお得です。

特にソフトバンクはiPhone14やPixel 8が実質12円にできるため、子どもが高性能モデルを欲しがっているなら一択かもしれません。

子供用のスマホを考えている方は、今回の記事を参考に、ぜひお子さんの使い方に合った学割でお得にスマホを購入してください!