【2019年】スマホ学割比較!ドコモ・au・ソフトバンクでどこが安い?

  • 2018年12月21日
  • by 
【2019年】スマホ学割比較!ドコモ・au・ソフトバンクでどこが安い?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

2 各キャリアの学割スマホ料金シミュレーションでどこが安いかチェック!

ここからは利用する条件別に各キャリアの学割を使用した料金と、2年間のランニングコストを計算します。

学割内容だけを見るとドコモが優秀に感じますが、料金プランを計算すると契約回線数によって最安値キャリアは変わります。

そのため、世帯人数や契約状態に合わせて最適なキャリアを選ぶべきと言えますね。
なお、今回は通話をほぼ利用せず毎月5GBのデータ量で足りることを前提に計算しています。

2-1 学割対象者1人で契約する場合

内訳ドコモauソフトバンク
通話料980円5,980円1,200円
ネット接続料300円300円
データ定額5,000円5,980円
学割-1,500円-1,980円-4,500円
その他割引--1年間-1,000円
月額(学割期間)4,780円3,000円1,980円
月額(学割終了後)6,280円5,980円1年目:6,480円
2年目:7,480円
2年間合計132,720円134,580円154,020円

家族利用ではなく1人で学割を利用する場合、ドコモの学割が最安値になります。

とは言え、auゼロ学割との差がさほど大きくないので、今利用中のキャリアや契約内容によって決めて良さそうですね。

  • au・ソフトバンクを利用:ドコモへMNP
  • ドコモを利用:auへMNP
ソフトバンクバナー

2-2 家族2人で契約する場合

内訳ドコモauソフトバンク
通話料1,960円11,960円2,400円
ネット接続料600円600円
データ定額9,500円10,960円
学割-3,000円-3,960円-9,000円
その他割引--1年間-1,000円 × 2
月額(学割期間)9,060円8,000円2,960円
月額(学割終了後)12,060円11,960円1年目:11,960円
2年目:13,960円
2年間合計253,440円275,160円284,040円

若い夫婦など、家族2人で利用かつ学割が適用できる場合はドコモの学割が最安値です。
次いでauゼロ学割が安くなりますが、ドコモの学割との差が少し大きいですね。

そのため、auやソフトバンクを利用中で家族2人の場合はドコモへのMNPを優先した方がいいでしょう。

2-3 家族3人の場合

内訳ドコモauソフトバンク
通話料2,940円17,940円3,600円
ネット接続料900円900円
データ定額13,000円13,440円
学割-1,500円-5,940円-4,500円
その他割引--1年間-1,000円 × 3
月額(学割期間)15,340円12,000円10,440円
月額(学割終了後)16,840円17,940円1年目:14,940円
2年目:17,940円
2年間合計386,160円412,740円381,060円

今まで家族2人で利用していて、学割回線の追加が3回線目となる場合はソフトバンクの学割放題が最安値になります。

3回線目からみんな家族割+の効力が大きくなり、1年おトク割も使えるのが主な要因ですね。

また、ソフトバンクの学割放題は機種変更でも利用できるので、家族3人での利用ならソフトバンクへのMNPでいいでしょう。

2-4 家族4人の場合

内訳ドコモauソフトバンク
通話料3,920円23,920円4,800円
ネット接続料1,200円1,200円
データ定額16,500円15,920円
学割-1,500円-7,920円-4,500円
その他割引--1年間-1,000円 × 4
月額(学割期間)20,120円16,000円13,420円
月額(学割終了後)21,620円23,920円1年目:17,920円
2年目:21,920円
2年間合計500,880円518,323円464,580円

現在家族3人で利用し、学割回線を1回線追加する場合もソフトバンクの学割放題が最安値となります。

ソフトバンクのみんな家族割+が4回線目で最大割引になることで、月額の差が大きくなっていますね。

ちなみに、学割回線が2回線あったとしてもソフトバンクが最安値であることに変わりありません。

4人家族で学割を活用するならソフトバンクを選ぶのがベストと言えるでしょう。

2-5 5回線以上あるならドコモが最安値になる!

内訳ドコモauソフトバンク
通話料4,900円29,900円6,000円
ネット接続料1,500円1,500円
データ定額17,000円19,900円
学割-1,500円-9,900円-4,500円
その他割引--1年間-1,000円 × 5
月額(学割期間)21,900円20,000円17,900円
月額(学割終了後)23,400円29,900円1年目:22,400円
2年目:27,400円
2年間合計543,600円687,900円584,100円

学割対象回線を含めて5回線以上ある場合は、基本的にドコモの学割が最安値になります。

これは、ドコモのシェア回線追加が280円?で可能なのに対し、ソフトバンクのみんな家族割+の割引が増えないためですね。

なお、学割回線が多くなってもドコモが最安値になります。
家族が多い世帯の方は、ぜひドコモの学割を活用して最安値運用してください!

学割料金シミュレーションまとめ

  • 1?2回線:ドコモの学割が最安値
  • 3?4回線:ソフトバンクの学割放題が最安値
  • 5回線以上:ドコモの学割が最安値

3 2019年スマホ学割比較まとめ

今回は各キャリアの2019年版の学割を比較して、契約人数別に最安値料金をシミュレーションしました。

各キャリアの学割概要まとめ

  • ドコモ:13ヶ月間1,500円割引+シェアグループ全員に最大3,500ポイント還元
  • au:本人+家族割内の対象プラン全員3ヶ月間1,980円割引
  • ソフトバンク:3ヶ月間4,500円割引(ウルトラギガモンスター+の場合)

各キャリアの学割内容を比較すると、ドコモが長期間割引されて1番お得なように見えますね。

ただ、料金プランをあわせて計算すると、利用する回線数によってドコモが最安値にならない場合もあります。

回線数別の学割料金まとめ

  • 1?2回線:ドコモの学割が最安値
  • 3?4回線:ソフトバンクの学割放題が最安値
  • 5回線以上:ドコモの学割が最安値

今回の解説と料金比較を参考に、あなたの世帯状況にあったキャリアの学割を活用してくださいね!

去年2018年の学割がどうだったか気になる方は次のページへおすすみください!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー