【2019年】スマホ学割比較!ドコモ・au・ソフトバンクでどこが安い?

  • 2018年12月21日
  • by 
【2019年】スマホ学割比較!ドコモ・au・ソフトバンクでどこが安い?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナー

スマホキャリア各社の2018年の学割を解説します。

子どもにスマホを持たせようと考えている方は、大体この時期に内容を比較しますよね。

料金プランがどんどん改定され、学割の内容も毎年違います。全部のキャリアを調べ上げるのは大変です。

そこでここからは各キャリアの2018年学割をまとめて解説し、さらにどこが一番お得になるかを比較します。

今お使いのキャリアや、乗り換えの可否によっても一番お得になるキャリアが違うので、ぜひ最後まで目を通してください。

1 2018年スマホ学割の内容【ドコモ・au・ソフトバンク】

スマホ画面

まずはドコモ・au・ソフトバンクの学割を解説します。

ドコモ・au・ソフトバンクに共通することは、条件を満たせば家族にも特典があるということです。

 

1-1 ドコモの2018年スマホ学割

ドコモの2018年スマホ学割

画像引用元:ドコモの学割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの学割は1,500円の月額割引が1年間受けられます。
さらに、学割対象の回線と同じシェアパックに加入している全員にdポイント(3,000ポイント)がプレゼントされます。

ドコモの学割条件

ドコモの学割の注意点は、スマホからスマホへの機種変更は対象にならないということです。これは2019年も一緒です。

そのため、すでに子どもがスマホを使っている方は、一度解約して新規契約し直すことが多くなります。

なお、家族に進呈されるdポイントは用途が限定された特殊なポイントです。
dポイントカードを作ればコンビニやマクドナルドなど、dポイント対応のお店で使えます。
しかし、月額料金への充当やポイント交換アイテムには使えないことに注意してください。

ドコモの学割使える場所

ドコモの学割についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ドコモの学割 2019年春|条件・対象者・内容から月額シミュレーション ソフトバンクバナー

1-2 auの2018年スマホ学割

auの2018年スマホ学割

画像引用元:料金・適用条件など|ピタット学割/フラット学割 詳細について| au

auの学割はピタット学割とフラット学割の2つがあります。どちらもauが力を入れている新プランに加入することが条件です。

割引金額はピタットプランが500円、フラットプランが520円なのですが、どちらも「ビッグニュースキャンペーン」が併用されます。

その結果、ピタットプランなら毎月1,500円、フラットプランなら毎月1,520円の割引が受けられます。

auの学割条件

なお、家族の割引は新規契約のみ対象です。

すでにauを使っていて、子どもだけが学割に加入だと受けられないので注意してください。

逆に家族全員が乗り換えてauにすると全員が学割対象になるため、かなりお得になるでしょう。

1-3 ソフトバンクの2018年スマホ学割

ソフトバンクの2018年スマホ学割

画像引用元:ソフトバンクの学割「学割先生」| 特集 | モバイル | ソフトバンク

ソフトバンクの学割先生は、学生だけではなく教員の方も割引対象というちょっと変わった学割プランです。

対象の手続きは新規契約、MNP、機種変更全て対象ですが、ウルトラギガモンスター(データ定額50GB)のプランへの加入が条件になります。

データ量をそこまで使わない方は、あえて学割を捨てた方がお得な場合もあるので利用量をしっかりチェックして加入を考えた方がいいでしょう。

ソフトバンクの学割条件

2 2018年スマホ学割の内容【サブブランド・格安SIM】

スマホを持つ女性

続いてサブブランドのスマホと格安SIMの学割を解説します。

サブブランドはワイモバイルとUQモバイル、格安SIMでは楽天モバイルが学割を提供しています。

2-1 ワイモバイルの2018年スマホ学割

ワイモバイルの2018年スマホ学割

画像引用元:ワイモバ学園のタダ学割。最大3カ月基本料0円 |Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルのタダ学割は、対象になる新規契約かMNPでスマホプランが3ヶ月間タダになります。

さらに、次回の機種変更まで毎月のデータ容量が2倍に。

スマホプランSでも毎月2GB使えるようになるので、Wi-Fi環境さえあればかなり月額が抑えられます。

ワイモバイルの学割条件

なお、ワイモバイルのタダ学割は機種変更は対象外です。

今ワイモバイルで利用中なのであれば、UQモバイルにMNPするのがベストでしょう。

2-2 QUモバイルの2018年スマホ学割

QUモバイルの2018年スマホ学割

画像引用元:【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

UQモバイルのUQゼロ学割は、おしゃべりプランかぴったりプランに新規契約で加入すると、基本料金が3ヶ月無料になります。

さらに、次回機種変更まで毎月のデータ容量2倍と、ぴったりプランの無料通話量が2倍に。

おしゃべりプランの無料通話5分が延びるわけではないので間違えないようにしてください。

UQモバイルの学割条件

UQモバイルも機種変更は学割対象にならないので、すでに使っている方はワイモバイルへのMNPをする方がいいでしょう。

2-3 楽天モバイルの2018年スマホ学割

楽天モバイルの2018年スマホ学割

画像引用元:楽天学割|お得な特典で学生を徹底応援!

楽天モバイルの学割に関しては、正確には常時行なっている楽天学割を使います。

楽天学割とは、学生向けに楽天各サービスのポイント増加や割引販売などの特典が受けられるサービスです。

その中に楽天モバイルの基本料金が3ヶ月無料という特典も含まれています。

楽天学割の条件

注意点は、通話SIMのみが割引対象ということです。
さらに楽天モバイルは楽天のアカウントと紐付けるので、1回使うと今後他社に乗り換えて戻ってきても再適用できません。

3 2018年のスマホ学割はどこがお得なのか?

スマホを持つ男性

ここまでスマホキャリア各社の2018年スマホ学割の概要を解説しました。

それでは、実際に学割を適用させて契約する場合、どれくらい毎月のコストが変化するのか比較しましょう。

3-1 今の契約に学割回線を追加する場合

 

考える女性

今家族で使っているキャリアの契約に、学割で1回線追加する時のコスト増加を計算します。

なお、プラン構成はキャリアによって異なるので、各キャリアの最安値プランを契約した料金です。

学割回線追加時の追加コスト

こうして比較すると、新たに学割回線を増やすだけならドコモが一番安いことがわかります。

ドコモの学割料金について

ドコモの学割を適用させた料金は、既存のシェア回線グループに追加することで最安値になります。

現在のシェアでデータ容量ギリギリまで使っている場合は低速化する可能性があるので注意してください。

ドコモの学割シンプルプランの場合

画像引用元:ドコモの学割 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの学割についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ドコモの学割をiPhoneに適用した時の月額料金をシミュレーション

auの学割料金について

auは使ったデータ量で料金が変わるピタットプランと、データが大容量で定額制のフラットプランの2つがあります。

あまりデータ容量を使わない方なら、ピタットプランで学割を受ければサブブランドや格安SIMと同等の料金を実現できます。

auの学割ピタットプラン

画像引用元:ピタット学割/フラット学割 | au

一方フラットプランでは利用量に関わらず定額なので、料金は高めになってしまいますね。

auはデータ容量のシェアがないので、1回線追加が毎月の料金にダイレクトに反映されるのがネックです。

ソフトバンクの学割について

ソフトバンクの学割先生は、適用条件にウルトラギガモンスター(データ定額50GB)が必須です。

50GBの大容量を思いっきり使えるので、Wi-Fi環境のない一人暮らしの方は大きな恩恵が受けられます。

しかし、家族全員ソフトバンクで、データシェアにを利用中なら学割を使わない方が安くなります。

ソフトバンクの学割ありなし比較

追加する回線の使い方に合わせて、学割を使うか否か選ぶようにしましょう。

サブブランドと格安SIMの学割について

ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルの学割は共通して3ヶ月基本料金が無料になります。

さらにワイモバイルとUQモバイルは、家族が同じキャリアを使っていれば家族割引で500円引かれて1,480円になります。

一方、楽天モバイルは楽天でダイアモンドランクになっていれば500円割引です。

どこを選んでも料金面で大きな違いはありませんが、家族割があるサブブランドの方が安くしやすいですね。

また、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルは最初の1年間1,000円割引があります。

2年目からは1,000円増えるので忘れないようにしましょう。

3-2 家族でキャリアを乗り換えて学割を適用させる場合

家族

続いて、家族まとめて他のキャリアに乗り換えて、同時に学割回線を増やす場合を計算します。

今回は、中高生の子どもがいる4人家族のご家庭で、30GB前後を使うと仮定しています。

  • 通話プランは一番安いものを選択
  • 合計30GB(大人:5GB、子ども:10GB)
  • 学割適用となるプランで計算

家族全員乗り換えでの学割料金比較

こうして比較すると、家族全員が乗り換えを行う場合は格安SIMの楽天モバイルが一番安くなります

また、ドコモ・au・ソフトバンクの中ではauが一番安くなりますね。すでにauを利用中の方はドコモを選べばいいでしょう。

ソフトバンクはウルトラギガモンスターを家族全員が契約した計算ですが、家族でデータシェアしても料金は下がりません。ただし、家族全員が50GBまで使いたいのであれば、他のキャリアより安くなります。

サブブランド2社もデータシェアができないので、データ容量が多い使い方では月額の優位性はありません。

4 2018年スマホ学割を活用してお得に使おう

決意した男性

ここまで2018年のスマホ各社の学割を解説しました。

今使っているキャリアのまま学割対象の契約を追加する場合と、家族まとめて乗り換えて学割を受ける場合は、一番お得なキャリアは異なることがお分かりいただけたかと思います。

現在のキャリアのまま学割契約を追加するなら、ドコモが一番安くなります。

現在ドコモを使っている方は、子ども用のスマホはドコモで買うのが一番です。

ドコモの学割についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
ドコモの学割は親も使用可能?家族利用で最も安くなるプラン

それ以外のキャリアで使っている方はauのピタットプランやワイモバイル、UQモバイルを検討するといいでしょう。

家族でまとめて乗り換えるのなら、auが一番安くなります。

au以外の方はauに乗り換えと同時に学割条件を満たせば、家族全員が割引対象になるからですね。

逆にauを使っている方は、次に安いドコモかワイモバイル、UQモバイルを検討するといいでしょう。

今回の記事を参考に、ぜひ家族全員が一番お得に使えるように学割を組んでくださいね!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクバナーソフトバンクバナー
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

ソフトバンクバナー