最新iPhoneに機種変更|データ移行の事前準備と気をつけるポイント

  • 2018年9月10日
  • by 
最新iPhoneに機種変更|データ移行の事前準備と気をつけるポイント

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2 Androidから最新iPhoneへ簡単にデータ移行する2つの方法

画像引用元:「iOSに移行」アプリケーションでのiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

ここからは、Androidから最新iPhoneにデータ移行する方法を解説します。

Androidからデータ移行する方法は主に2つあり、どちらの方法を選ぶかはスマホ内のデータ状況で決めるといいでしょう。

Androidから最新iPhoneにデータ移行する方法
  • Googleアカウントを利用する
  • 「iOSに移行」アプリを利用する

どちらの方法も移行できるデータの種類はほぼ同じです。

Google謹製アプリを多く利用している方はGoogle経由のデータ移行、それ以外の方は「iOSに移行」アプリを利用するといいでしょう。

Googleアカウントを利用するデータ移行のメリット・デメリット

画像引用元:Google

Googleのサービスを利用する方法では、電話帳やカレンダーなどの基本データをGoogleアカウントに紐づけることでデータ移行できます。

iPhoneではGoogleアカウントにログインするだけなので、かなり簡単ですね。

さらにGoogle製のアプリデータも、iPhoneに各アプリをインストールしてログインするだけの簡単操作です。

Googleの主要アプリ
  • Google Chrome
  • Google ドキュメント・Google スプレッドシート
  • Google Drive
  • Google フォト

さらにGoogleフォトを利用すれば、容量を気にせず写真が預けられるのが嬉しいですよね。

Google フォトに写真を預けるにはWi-Fi環境が必須ですが、使う写真だけiPhoneにダウンロードできるのでストレージの節約になります。

しかし、Googleと紐付かずにAndroid本体に保存された電話帳は移行できないなど、Googleに紐づいていないデータがあると面倒になるかもしれません。

Googleアカウントのメリット・デメリット
  • すでにGoogleサービスを多用しているなら楽々データ移行
  • 主要なGoogleアプリはiPhoneにもある
  • Google フォトの写真がクラウド管理なので、iPhoneの容量を節約できる
  • Googleに紐づいていないデータは移行できず、紐付け設定のやり直しは面倒

「iOSに移行」アプリを利用するデータ移行のメリット・デメリット

画像引用元:AndroidからiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

「iOSに移行」アプリは、専用アプリをAndroidにインストールしてAndroid・iPhone間を直接Wi-Fi接続してデータ移行するアプリです。

そのため、大きなデータがあっても高速なデータ移行が可能なメリットがあります。

「iOSに移行」アプリで移行できるデータ
  • 連絡先
  • ブックマーク
  • 写真
  • SMS
  • Googleアカウント

なお、写真など移行するデータは直接iPhoneのストレージに保存されます。

今まで写真や動画を撮りためていた方は、iPhoneのストレージ不足にならないように注意しましょう。

「iOSに移行」アプリのメリット・デメリット
  • AndroidとiPhoneを直接Wi-Fi接続するから高速
  • 家にWi-Fiがなくても利用可能
  • 写真・動画が多いとiPhoneのストレージを圧迫する

家にWi-Fi環境があり、Googleサービスを多用している方はGoogleアカウント、Wi-Fi環境がない方やGoogleサービスとは無縁な方は「iOSに移行」アプリを利用するといいでしょう。

2-1 Googleアカウントを利用したデータ移行手順

画像引用元:AndroidからiPhoneへの乗り換え – Apple(日本)

データ移行元Androidの操作手順

※以下の手順15までの画像は下記サイトから引用しています。

画像引用元:【Android】Googleアカウントを同期させる方法を教えてほしい | よくあるご質問 | サポート | au

1 設定を開く

2 「アカウント」をタップ

機種により「アカウントと同期」など表示が異なる事があります。

3 表示されるGmailアドレスをタップ

4 「アカウントの同期」をタップ

機種によりメニューを開かないと表示されない事があります。

5 同期する項目をONにする

ここでONにした項目がGoogleアカウントと同期します。
連絡先は必ず同期しておきましょう。

データ移行先iPhoneの操作手順

1 設定を開く

2 「アカウントとパスワード」をタップ

3 「アカウントを追加」をタップ

4 「Google」をタップ

5 Gmailアドレスとパスワードを入力

6 「連絡先」など必要な項目をONにして「保存」をタップ

これで連絡先やカレンダーがGoogleアカウントとリンクしました。

GoogleフォトやChromeを利用する方は、別途App Storeからダウンロードしてログインしましょう。

2-2 「iOSに移行」アプリを利用したデータ移行手順

画像引用元:Move to iOS – Google Play のアプリ

「iOSに移行」アプリを利用すると、AndroidとiPhoneを直接Wi-Fiで接続してデータ移行できます。

通信量を消費しないので、写真が多くても安心して利用できます。

操作はAndroidとiPhoneを行き来するので、1つずつ順を追っていきましょう。

データ移行元Androidの操作手順その1

1 Google Playストアで「Move to iOS」アプリをインストール

Google Playストアで「Move to iOS」で検索すると1位にHITします。

2 iOSに移行アプリを起動して「続ける」をタップ

3 利用規約が表示されるので「同意する」をタップ

4 「コードを検索」画面は説明を読んで「次へ」をタップ

続いて移行先のiPhoneの操作に移ります。

データ移行先iPhoneの操作手順

1 iPhoneの初期設定画面を進めて「Appとデータ」→「Androidからデータ移行」をタップ

 

iPhoneは初期設定中にデータ移行のメニューがあります。
すでに初期設定を終わらせている場合はリセットをかけましょう。

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」でリセットできます。

2 「続ける」をタップ

3 画面に表示されるコードを確認する

この画面に表示されたコードをAndroidの「iOSに移行」アプリに入力します。
ここからは再びAndroidの操作に戻りましょう。

データ移行元Androidの操作手順その2

1 iPhoneに表示されたコードを入力

先の手順でiPhoneに表示されたコードを入力しましょう。

2 「データを転送」画面が表示されるまで待つ

コードを入力した後は、移行できるデータの検索にかなり待たされます。
この記事用に写真数枚だけのAndroidで試しましたら、2〜3分待たされました。

データが多い方はしばらく放置した方がいいかもしれませんね。

3 移行したいデータを選択して「次へ」をタップ

ここで必要なデータにチェックが入っているのを確認し、「次へ」をタップします。

4 転送完了まで待てばデータ移行完了

しばらく待っていると「転送が完了しました」という画面に切り替わります。

iPhoneも転送完了画面が表示されれば、選択したデータの移行は完了です。「iPhoneの設定を続ける」をタップして初期設定を完了しましょう。

AndroidからiPhoneへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

次のページでは、最新iPhoneにデータ移行する時や、そもそも最新iPhone利用の際の注意点を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ