2018年秋発売の次期iPhoneを買う理由とAndroidにはない魅力

2018年秋発売の次期iPhoneを買う理由とAndroidにはない魅力

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

デザインが高級感があってカッコイイ!

  • 37歳
  • 男性
  • 自営業

私がこれだけ他のスマホの性能も上がっている中で、敢えてiPhoneに乗り換えようと思っているのは、やはりiPhoneの方が値段が高いだけの価値があると思ったというのが大きいです。

確かに最近はAndroidもかなりスペックが上がってAndroidでも十分という人も多いかと思います。ですが、実際にやはりどうしても安いスマホには、その安さがその外観からも丸わかりというのがあります。

それは前から分かっていた事なので、そこまで気にはしてなかったのですが実際に安いスマホを使っているとiPhoneよりも不満に感じる事が多かったです。

特に私がそう思ったのが、安いAndroidのスマホを使っているとディスプレイもそこまで綺麗でないと思ってしまうというのと、カメラに性能も低いと感じたというのもありました。

カメラで何かを撮影しようと思った時も、思ったようにピントが合わなかったりしてイラついたりしました。

また、画面の大きさでも少し不満があって、もっと大きな画面で動画を楽しもうと思った時はiPhoneの大画面が良いと思ったというのもあります。

この秋に出る新型のiPhoneを見ると、画面の大きさやそのデザインではかなり満足できるように思いました。

また、そこまで気にはしてなかったのですが、秋に出る新型のiPhoneの外観を見るとやはり安いAndroidスマホよりも高級感があって良いと思いました。

それに加えて新型のiPhoneには、顔認証機能が搭載されるというのが良いと思いました。顔認証機能があれば、毎回余計な動作をせずに普通にスマホを持っただけでロックが解除されて良いと思うからです。

なので、私がこの秋に敢えて今のスマホから新型のiPhoneに乗り換えようと思っているのは、見た目の豪華さだけでなく顔認証機能が標準搭載されるのがすごく魅力的だと思っています。

ただ、一部新型のiPhoneと言っておきながら廉価版のiPhoneも出すという噂もあるのでそこは少しどうかとは思います。

新型を出すなら廉価版も一緒に同時に販売したら間違って廉価版を買ってしまうのではないかと少し心配になります。

そこだけは少し新しいiPhoneが出ると言ってもがっかりした点ではあります。

秋に出る新型のiPhone3つのうち1つは廉価版という事らしいので、それを買わずに新しい新型のiPhoneを買いたいと思っています。それで、新しいiPhoneの性能を思う存分楽しむつもりでいます。

新型iPhoneの価格を大胆予測!注目の廉価版モデルは本当に出るの?

iPhoneはアプリが豊富でiPhone専用のキャンペーンもたくさんある

  • 36歳
  • 女性
  • 事務職

AndroidからiPhoneに乗り換えてちょうど2年。

そろそろ機種変更したい、新しいものが出たら変えようと思っていたので新iPhoneは予約しようと思います。

そもそもiPhoneに替えたのが周りが全員iPhoneだったり、iPhoneにしかないアプリを使いたかったからが最大の理由です。

また、ドコモでiPhone乗り換え割があったのもきっかけの1つです。

逆にiPhoneからAndroidへの乗り換え割がないのが不思議です。そういう細かいところですが気軽さも機種変には大事だと思います。

iPhoneに替える前はエクスぺリアを使っていたので乗り換えに若干の抵抗はありました。

しかし、使い初めてみると特に違和感もなく、わからないことも周りにきけばすぐ解決するので不便に思ったことはありません。

ユーザーが多い、そこがiPhoneの良さだと思います。

海外にいる友人もiPhoneユーザーが多いです。なので、海外旅行に行った時もみんなが共通で使える端末を持っているという安心感があります。

わたしが機種変する前は、写真の画質がよくなく、赤っぽかったり青っぽかったり、フィルターを通したような色味になってしまっていましたが、いまはそんなこともなくむしろgalaxyよりもきれいだと感じます。

iPhoneは悪いところもありますが、次の機種でそこがクリアになっていたりと、だんだん成長を遂げているのもすごくいいと思います。

ユーザーの声を集めて製品を作っているというのがよくわかる感じです。

新しいiPhoneに期待しているところはダブルカメラです。

まだ確実につくかわかりませんが、ダブルカメラになったら、より一層目で見ているものと同じ感覚を写真に撮ることができると思います。

私はスポーツ観戦が好きなので、サッカーのスタジアムで臨場感のある写真が撮ってみたいです。

悪い点は重すぎるところなので、新しいiPhoneはぜひ軽量化も図ってほしいです。

もしくはケースを付けないでいいくらい丈夫にするか。

本体が重いと手がつかれるので、毎日1日間時間も触るものなので軽さを求めます。

秋には発売とのことなので近所のドコモショップで予約しようと思います。発売が楽しみです。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

新型iPhoneのキャンペーン予想|携帯キャリアで1番手厚いのはどこか比較!

iPhoneは操作性が全然違うのと周辺機器やアクセサリーが豊富

  • 36歳
  • 男性
  • 会社員

iPhoneは、その販売台数の多さも一つ魅力の1つだと思います。

販売台数が多いことで、カバーケースを初めとするアクセサリーの種類の豊富さは他の機種の追随を許さないでしょう。

気に入ったカバーケースを見つけたのに、iPhone用しか売っていないという経験がある、Androidユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか?

また、操作性に関して、Androidも追いついてきて、スムーズに動くようになってはきましたが、やはりiPhoneが一歩先を行くように感じます。

操作感だけでなく、機械を扱い慣れていない人でも、直感的に操作できるようなシステムはiPhoneの方が有利だと思います。

新型iPhoneは、噂によると全機種に「FaceID」が搭載されスクリーンも全面スクリーンになる様子。

FaceIDの採用により、起動の手間も省けますし全面スクリーンになれば機種の大きさを存分に画面の大きさに反映できるので、より操作性も良くなると期待できます。

新機種が発売される度に新機能が搭載され、大きさも大きくなるにつれ最近は機種の価格が高くなり10万円をこえることも普通になってきて財布に厳しい状態です。

そこで、秋に発売する新機種のうち1つは廉価版を発売する予定で、こちらの機種はLCDディスプレイ搭載で6.1インチモデルになりそう。

しかも、このディスプレイには「Full Active LCD」という新しいテクノロジーが投入され、より鮮明なスクリーンを実現してくれるという期待も持てます。

また、カメラの機能でスマホを選ぶ人もたくさんいらっしゃると思います。それだけ大事な機能ですが、少し前まではカメラはAndroidの方がキレイに撮れたかもしれません。

ただ、新機種はカメラにももちろんこだわっておりデュアルカメラを搭載しています。

しかも、望遠機能もiPhone8Plusよりも高性能となっております。それに加えて、iPhone8Plusでは広角カメラにしかなかった光学式の手ブレ補正が新機種には広角・望遠どちらにも対応する予定です。

嬉しいことに、フロントカメラにもこだわりが!

自撮りに欠かせないフロントカメラですが、新機種では深度を測定できるようになります。

深度を測定できると、背景をぼかすことができるようになるのです。フロントカメラで簡単にプロのような立体的な写真が撮れるようになる!ということです。

今まで、フロントカメラはあまり使わなかった方もぜひ使ってほしい機能です。

全体的な完成度を見ると、やはりiPhoneシリーズがAndroidよりも一歩先を行っているように感じます。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

新型iPhoneのロック解除はどうなる?顔認証か、指紋認証の復活か

編集部まとめ

一度、iPhoneの操作性に慣れてしまうとAndroidへ機種変更するのは抵抗ありますよね。

Androidも昔のカクカクした動きはかなりなくなり、スムーズに使えるようになりましたが今更という理由が多いでしょう。

また、iPhoneの人が高いこともあり、Android端末に対してのキャンペーンや特典が少ないのも確かです。そういったこともiPhone人気に拍車をかける要因の1つとなっていそうです。

iPhone XS/XS Max/XRの予約・購入方法|発売日に最速で入手するテクニック

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ