au乗り換え(MNP)で高額キャッシュバックをもらう方法【2021年最新】

auに乗り換えてキャッシュバックをもらう方法を解説します。結論をいってしまえば2020年3月時点では公式では一切ありません。ただ、一部のauの代理店や家電量販店では行っているようです。auの公式ショップではMNPキャンペーンを行なっているので、これを利用してお得に乗り換えましょう。
  • 2021年7月29日
  • by.unishi

au

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、auへ乗り換え(MNP)した際に、高額キャッシュバックを貰う方法を解説していきます。

一番お得に乗り換えをする方法のほか、特典やキャンペーン情報なども紹介します。

2021年7月時点の最新情報なので、今までにない方法を発見できますよ。

ぜひとも最後までチェックしてくださいね。

auへの乗り換え・キャッシュバック情報まとめ
  • au Online Shopからの乗り換えで10,000円キャッシュバック
  • 機種下取りで最大51,700円割引
  • au Online Shopでの機種購入で人気スマホが22,000円割引
  • 毎月のプランはドコモ・ソフトバンクと大きく変化なし
  • 乗り換え特典・キャンペーンに魅力を感じるならauに乗り換えよう

auに乗り換えで10,000円のキャッシュバック

auキャッシュバック

画像引用元:au Online Shop SIMカード乗りかえ特典 | キャンペーン | au

現在auでは、乗り換えをすることで10,000円キャッシュバックのキャンペーンを開催中です。

auへの乗り換えで10,000円キャッシュバックキャンペーンの概要
  • 期間:2020年10月1日~未定
  • 条件:期間中にau Online Shopから乗り換えでSIMカード単体を契約
  • キャッシュバック内容:au PAY残高へ10,000円相当(不課税)をキャッシュバック
  • キャッシュバック受け取り時期:回線切替え完了してから翌月の下旬以降
  • 注意点:キャッシュバック受け取りまでにau PAY プリペイドカードの申請とau PAY アプリが必要

au Online Shopからの乗り換えで、SIMカード単体の契約というのが条件です。

auのSIMカードはAndroid用・iPhone用の2種類ありますが、どちらでも問題ありません。

au PAY プリペイドカードの申請とau PAY アプリを準備しておく必要がありますので、忘れないようにしてくださいね。

今はキャッシュバックに対する規制があるため、一昔前と比べると高額とは言えませんが、それでも十分お得なのでぜひとも活用しましょう。

au乗り換え時の割引特典・キャンペーンを紹介

続いて、au乗り換え時に使える割引特典・キャンペーンを紹介します。

auではキャッシュバック以外にも、端末を割引できる特典があります。

しっかりと活用して、最大限お得に乗り換えをしましょう。

auの割引特典・キャンペーン
  • 下取りプログラム
  • au Online Shop サマーセール 2021
  • au Online Shop お得割
  • auケータイデビュー割

ドコモ・ソフトバンクの機種下取りで最大51,700円相当還元

au下取り

画像引用元:下取りプログラム(乗りかえ) |下取りプログラム | au

auの「下取りプログラム(乗りかえ)」は、auへ乗り換え時に常時利用できる端末割引特典です。

下取り機種と状態によって、最大51,700円相当の還元を受けとれます。

下取りプログラム(乗りかえ)の適用条件
  • 他社から乗りかえと同時にauスマートフォン・iPhone・auケータイもしくはauタブレットを購入すること
  •  下取り対象機種が故障・水濡れなどがなく正常に動作すること

それでは下取り対象機種と、還元される額を見てみましょう。

全て2021年7月24日時点の最新版です。

iPhone(2021年7月24日時点の下取り価格)

下取り
対象機種
ストレージ通常品画面割れ品
iPhone SE
(第2世代)
256GB最大
26,950円
最大
7,700円
128GB最大
24,200円
最大
7,150円
64GB最大
21,450円
最大
6,050円
iPhone 11
Pro Max
512GB最大
51,700円
最大
15,400円
256GB最大
44,550円
最大
13,200円
64GB最大
39,050円
最大
11,550円
iPhone 11
Pro
512GB最大
47,300円
最大
13,750円
256GB最大
40,150円
最大
11,550円
64GB最大
35,750円
最大
10,450円
iPhone 11256GB最大
31,350円
最大
9,350円
128GB最大
27,500円
最大
8,250円
64GB最大
24,750円
最大
7,150円
iPhone XS
Max
512GB最大
41,800円
最大
12,100円
256GB最大
36,300円
最大
10,450円
64GB最大
30,250円
最大
8,800円
iPhone XS512GB最大
39,050円
最大
11,550円
256GB最大
33,000円
最大
9,900円
64GB最大
26,950円
最大
7,700円
iPhone XR256GB最大
23,100円
最大
6,600円
128GB最大
20,350円
最大
6,050円
64GB最大
17,050円
最大
4,950円
iPhone X256GB最大
25,300円
最大
7,150円
64GB最大
19,250円
最大
5,500円
iPhone 8
Plus
256GB最大
19,250円
最大
5,500円
64GB最大
15,950円
最大
4,400円
iPhone 8256GB最大
15,400円
最大
4,400円
64GB最大
9,350円
最大
2,750円
iPhone 7
Plus
256GB最大
14,850円
最大
4,400円
128GB最大
13,200円
最大
3,850円
32GB最大
11,550円
最大
3,300円
iPhone 7256GB最大
8,800円
最大
2,200円
128GB最大
7,150円
最大
1,650円
32GB最大
6,050円
最大
1,650円
iPhone 6s
Plus
128GB最大
9,900円
最大
2,750円
64GB最大
7,700円
最大
2,200円
32GB最大
6,600円
最大
1,650円
16GB最大
5,500円
最大
1,650円
iPhone 6s128GB最大
7,700円
最大
2,200円
64GB最大
6,050円
最大
1,650円
32GB最大
5,500円
最大
1,650円
16GB最大
4,400円
最大
1,100円
iPhone 6
Plus
128GB最大
6,600円
最大
1,650円
64GB最大
5,500円
最大
1,650円
16GB最大
4,400円
最大
1,100円
iPhone 6128GB/64GB/16GB最大
2,750円
最大
550円
iPhone SE128GB/64GB/32GB/16GB
iPhone 5s
64GB/32GB/16GB
iPhone 5c
32GB/16GB最大
2,200円
最大
550円
iPhone 564GB/32GB/16GB
iPhone 4S
64GB/32GB/16GB
iPhone 4
最大
500円

Androidスマホ(2021年7月24日時点の下取り価格)

下取り対象機種通常品画面割れ品
Xperia 10 II
(NTTドコモ)
最大
16,500円
最大
4,950円
Xperia 1 II
(NTTドコモ)
最大
33,000円
最大
9,900円
Xperia5
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
22,550円
最大
6,600円
Xperia1
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
23,100円
最大
6,600円
Xperia XZ3
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
8,800円
最大
2,200円
Xperia XZ2 Compact
(NTTドコモ)
Xperia XZ2 Premium
(NTTドコモ)
最大
7,700円
最大
2,200円
Xperia XZ2
(NTTドコモ/ソフトバンク)
Xperia XZ1
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
5,500円
最大
1,650円
Xperia XZ1 Compact
(NTTドコモ)
Xperia XZs
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
2,200円
最大
550円
Xperia XZ Premium
(NTTドコモ)
最大
5,500円
最大
1,650円
Galaxy A41
(NTTドコモ)
最大
8,800円
最大
2,200円
Galaxy S20+ 5G
(NTTドコモ)
最大
33,000円
最大
9,900円
Galaxy S20 5G
(NTTドコモ)
最大
29,150円
最大
8,250円
Galaxy Note10+
(NTTドコモ)
最大
29,150円
最大
8,250円
Galaxy S10+
(NTTドコモ)
最大
24,200円
最大
7,150円
Galaxy S10
(NTTドコモ)
最大
20,900円
最大
6,050円
Galaxy Note9
(NTTドコモ)
最大
22,000円
最大
6,600円
Galaxy S9+
(NTTドコモ)
最大
7,700円
最大
2,200円
Galaxy S9
(NTTドコモ)
Galaxy Feel2
(NTTドコモ)
Galaxy Note8
(NTTドコモ)
Galaxy S8+
(NTTドコモ)
最大
5,500円
最大
1,650円
AQUOS R5G
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
29,150円
最大
8,250円
AQUOS zero2
(NTTドコモ/ソフトバン)
最大
19,800円
最大
5,500円
Galaxy S8
(NTTドコモ)
最大
5,500円
最大
1,650円
AQUOS sense3 plus
(ソフトバンク)
最大
8,800円
最大
2,200円
AQUOS sense3
(NTTドコモ)
AQUOS R3
(NTTドコモ/ソフトバンク)
最大
13,750円
最大
3,850円
その他
NTTドコモ
ソフトバンク
Y!mobile
Disney Mobile on SoftBank
から販売されたスマホ
最大
1,100円
対象外

iPhoneシリーズは還元される額が大きい傾向にあります。

iPhoneは購入したキャリア関係なしに下取りをしてもらえます。

Androidは基本的に、ドコモかソフトバンクで販売された一部機種のみとなっています。

ワイモバイルから発売された機種も下取りは可能ではありますが、割引額が小さいので恩恵はほとんどありません。

ドコモかソフトバンクで購入したスマホが該当するなら、ぜひとも活用しましょう。

8月22日まで!au Online Shop サマーセール2021

auサマーセール

画像引用元:au Online Shop サマーセール2021 |キャンペーン・割引特典一覧 |au

「au Online Shop サマーセール2021」は2021年8月22日まで期間限定で開催しているキャンペーンです。

au Online Shop サマーセール2021の概要
  • 期間:2021年7月21日~8月22日
  • 条件:期間中にau Online Shopで対象機種を購入する
  • 対象:新規契約・乗り換え・機種変更(12ヶ月以上利用)での購入者

期間中にau Online Shopで対象機種を購入すると、機種代金が割引される非常にシンプルなキャンペーンです。

乗り換えはUQ mobileからauへの移行も含まれています。

対象の機種と乗り換え時の割引額は以下の通りです。

au Online Shop サマーセール2021対象機種と割引額(乗り換え)
  • INFOBAR xv(ケータイ):30,900円割引
  • TORQUE G04:22,000円割引
  • Xperia 10 II:22,000円割引
  • Galaxy A41:22,000円割引

対象機種は少なく、どの機種も世代が古いですが、非常に高額な割引となっているので、お得であることに違いはありません。

お気に入りの機種があるなら、活用してみてはいかがでしょうか。

au Online Shop お得割

au Online Shop お得割

画像引用元:au Online Shop お得割 | キャンペーン | au

au Online Shop お得割は、au Online Shopで対象機種を購入すると機種代金が割引されるキャンペーンです。

前述のau Online Shop サマーセール2021と内容はほとんど変わりません。

au Online Shop お得割の概要
  • 期間:2020年4月1日~
  • 条件:期間中にau Online Shopで対象機種を購入する
  • 対象:新規契約・乗り換え・機種変更(12ヶ月以上利用)での購入者

au Online Shop サマーセール2021と同じように、乗り換えはUQ mobileからauへの移行も含まれます。

最新のiPhoneやAndroidなども割引の対象になっているため、多くの人が利用しやすいキャンペーンと言えるでしょう。

対象機種と乗り換え時の割引額は以下の通りです。

au Online Shop お得割の対象機種と割引額(乗り換え)
  • iPhone 12 Pro Max:22,000円割引
  • iPhone 12 Pro:22,000円割引
  • iPhone 12:22,000円割引
  • iPhone 12 mini:22,000円割引
  • iPhone SE(第2世代):22,000円割引
  • Xperia 1 III:22,000円割引
  • OPPO Find X3 Pro:22,000円割引
  • Xperia 10 III:22,000円割引
  • OPPO A54 5G:22,000円割引
  • Galaxy S21 5G:22,000円割引
  • Galaxy S21+ 5G:22,000円割引
  • Galaxy A32 5G:22,000円割引
  • AQUOS sense5G:22,000円割引
  • TORQUE 5G:22,000円割引
  • TORQUE 5G Coleman LIMITED:22,000円割引
  • Google Pixel 5:22,000円割引
  • Xperia 5 II:22,000円割引
  • Galaxy A51 5G:22,000円割引
  • Mi 10 Lite 5G:22,000円割引
  • ZTE a1:22,000円割引
  • AQUOS sense3 basic:16,500円割引
  • GRATINA:16,500円割引
  • Galaxy Z Flip:22,000円割引
  • BASIO4:22,000円割引

上記のiPhoneシリーズは全容量が対象となっています。

最新のスマホがほぼすべて対象となっていますので、多くの方が割引を受けられるでしょう。

au Online Shopでの購入が条件なので、特に理由が無いのなら店頭での購入は避けたほうが良いでしょう。

auケータイデビュー割

auケータイデビュー割

画像引用元:auケータイデビュー割 | キャンペーン | au

auケータイデビュー割は、auへ乗り換え時に常時利用できる端末割引特典です。

割引される端末は、スマホではなくケータイのみとなっています。

対象端末と割引額は以下の通りです。

auケータイデビュー割の対象端末と割引額
  • かんたんケータイ KYF41:22,000円割引
  • MARVERA:22,000円割引
  • GRATINA KYF39:22,000円割引
  • かんたんケータイ KYF38:22,000円割引

2021年7月現在の対象端末は全て22,000円割引となっています。

シニア世代の家族がいる方で、一緒にauに乗り換える予定なら、ぜひとも活用しましょう。

他社からauに乗り換えるとお得になるのか比較検証

auオンラインショップ

画像引用元:お申し込みガイド | au Online Shop(エーユー オンライン ショップ)

ここまでは乗り換え時の端末割引や、キャッシュバックを中心に紹介してきました。

しかしキャリアを比較する上で一番重要なのは、普段の料金プランだと考える方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはスマホの料金プランに注目して検証します。

格安SIMからauに乗り換える場合

まず最初に格安SIMとauの比較をしましょう。

格安SIMは、圧倒的に低料金ではありますが、純粋な無制限のプランが無く、速度も安定しにくいという特徴があります。

反対にauは、料金が高いかわりに、速度が非常に安定した状態で無制限の通信ができます。

そのため簡単にまとめると、無制限の通信をしたい場合や、安定した速度でスマホを使いたい場合はauがおすすめです。

逆にそうでない場合、auで利用可能データ量の少ないピタットプランを利用するぐらいなら、格安SIMのままにしておいた方が無難です。

「無制限はいらないけどそれなりに安定した速度でそれなりのデータ通信をしたい」という方はUQモバイルやpovoを検討してみましょう。

UQモバイルとpovoはauと同じKDDIが運営しているため、速度が安定しやすいですし、価格においても優秀ですよ。

格安スマホとauの比較ポイント
  • 純粋に料金だけで比較するなら格安SIMの方がお得
  • データ通信量が少ないなら格安SIMがおすすめ
  • 無制限で安定した通信を使いたいならauがおすすめ
  • UQモバイルやpovoは無制限は無いが安定した速度でauよりも料金が安い

auのスマホ料金プラン

auのロゴ

画像引用元:au

auには現在、無制限に使える「使い放題MAX 5G」と使った分だけ支払う「ピタットプラン 5G」の2種類のプランがあります。

それぞれのプランを詳しく見ていきましょう。

無制限に使える「使い放題MAX 5G」

プラン名セットサービス月額料金テザリング
使い放題MAX 5Gなし7,238円30GB
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
Amazonプライム
TELASA
8,008円60GB
使い放題MAX 5G
Netflixパック(P)
Netflix
TELASA
Amazonプライム
8,338円60GB
使い放題MAX 5G
テレビパック
TELASA
Paravi
FOD PREMIUM
9,108円70GB
使い放題MAX 5G
ALL STARパック
Netflix
Apple Music
YouTube Premium
TELASA
9,988円80GB

使った分だけ支払う「ピタットプラン 5G」

通信量月額料金
~1GB3,278円
1GB超~4GB4,928円
4GB超~7GB6,578円

「使い放題MAX 5G」はデータ容量が無制限で、さらにさまざまなサービスがついたパックプランを提供しています。

パックの内容によって、テザリングの容量が増えるのが大きな特徴です。

「ピタットプラン 5G」は、0~7GBまで毎月使った量に応じて月額が変化する従量課金制です。

今回の比較の前提条件

今回の比較の前提条件は以下です。

  • 家族割や光回線とのセット割は考慮しない
  • それぞれ同等のプランで比較
  • 通信規格は5G

セット割などを考慮すると純粋な比較にならないため、元の値段のみで比較をします。

またこれからは5Gが主流になることが予想されますので、比較は5Gのプランで行います。

ドコモからauに乗り換える場合

NTTドコモのロゴ

画像引用元:コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

ドコモのスマホ向け料金プランは、無制限に使える「5Gギガホプレミア」と使った分だけ支払う「5Gギガライト」の2つです。

それではさっそくauのプランと比較してみましょう。

5Gギガホプレミア(docomo)VS使い放題MAX 5G(au)

どちらもデータ容量は無制限ではありますが、わずかにauの方が安いという結果になりました。

プラン5Gギガホプレミア(docomo)使い放題MAX 5G(au)
月額7,315円7,238円
利用可能
データ量
無制限
無制限
テザリング容量無制限
30GB

とはいえ、docomoはテザリング容量が無制限なので、テザリングを頻繁に利用する方にとってはdocomoの方がお得とも言えるでしょう。

5Gギガライト(docomo)VSピタットプラン 5G(au)

従量課金制のプランはどちらも大差ありません。

利用データ量5Gギガライト
(docomo)
ピタットプラン 5G
(au)
0〜1GB3,465円3,278円
1〜3GB4,565円4,928円
3~4GB5,665円
4~5GB6,578円
5~7GB6,765円

純粋に比べるのは難しいですが、強いて言うなら、毎月1GBも使わないという方や5GBを超すという方はauがおすすめ。

毎月のデータ容量が1〜3GBもしくは4~5GBで安定している場合はdocomoがおすすめです。

ソフトバンクからauに乗り換える場合

ミニフィットプラン+

画像引用元:ミニフィットプラン+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクのスマホ向けプランは、無制限に使える「メリハリ無制限」と使った分だけ支払う「ミニフィットプラン+」です。

それぞれauのプランと比較してみましょう。

メリハリ無制限(ソフトバンク)VS使い放題MAX 5G(au)

月額料金・データ容量・テザリング容量など、すべて同じという結果になりました。

プラン使い放題MAX 5G
(au)
メリハリ無制限
(ソフトバンク)
月額料金7,238円7,238円
利用可能データ量無制限
テザリング上限:30GB
無制限
テザリング上限:30GB
速度制限時の
最大通信速度
最大128kbps最大128kbps
ソフトバンクからauに乗り換えても、毎月の月額料金で得をすることはありません

ミニフィットプラン+(ソフトバンク)VSピタットプラン 5G(au)

ミニフィットプラン+は3GBまで利用できるプランです。

毎月の利用量が3GBで安定している場合は、auに乗り換えたほうがお得になります。

利用データ量ピタットプラン 5G
(au)
ミニフィットプラン+
(ソフトバンク)
0~1GB3,278円3,278円
1GB~2GB4,928円4,378円
2GB~3GB5,478円
3GB~4GB-
4GB~5GB6,578円
5GB~6GB
6GB~7GB

反対に、2GB以下の月が多い場合はソフトバンクの方がお得といえるでしょう。

結論:無制限プランの場合は乗り換えをしても大きく変わらない

無制限プランを利用している場合は、auに乗り換えても月額料金は大きく変わらないということが分かりました。

月額料金以外に、端末の割引特典や、キャンペーン、光回線のセット割などでauに魅力を感じるのであれば、乗り換えてみましょう。

ただし、ドコモユーザーでテザリングを利用している人はauに乗り換えると、不便になる可能性があるので注意してくださいね。

また現在格安SIMを契約している場合は、使い方によってはauの方が便利になる可能性があります。

povoやUQモバイルなどの、KDDIが運営している速度の速い格安SIMなども考慮して、自分に合っているキャリアを選択してくださいね。

auに乗り換えしたときの月額料金まとめ
  • 格安SIMのほうが月額料金は安いがauには無制限プランがある
  • ドコモでテザリングを利用している場合は乗り換えには注意
  • ソフトバンクからauに乗り換えても月額料金はほとんど変わらない
  • 端末の割引特典や光回線セット割をauで使いたいなら乗り換えるべき

auに乗り換える手順

パソコンとメモ

auに乗り換える手順を

  • ドコモからauに乗り換える場合
  • ソフトバンクからauに乗り換える場合

それぞれの場合で解説していくのでご確認ください。

ドコモからauに乗り換える手順

まず、ドコモからauに乗り換える手順を解説します。

乗り換える前には必ずMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモに限らず、電話番号をそのままにして乗り換えをする(MNP)には予約番号が必要になるので覚えておきましょう。

乗り換え前にしておくべきこと
  • MNP予約番号の発行

そしてこのMNP予約番号の発行方法は3つあるので、それぞれの手順を解説します。

WEBでの申し込み手順

  1. My docomoにログイン
  2. 「その他のお手続きはこちらから」のメニューを選択
  3. 「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」を選択
  4. 「ドコモオンライン手続きトップへ」の項目を選択
  5. 「解約お手続き」を選択
  6. 手続き内容の確認の項目で「携帯電話番号ポータビリティを予約する」にチェックを入れる
  7. 必要に応じて受付確認メールの指定を行い「次へ」を選択
  8. 手続きの内容を確認し、間違えがなければ「手続きを完了する」を選択

電話での申し込み

オンラインでの申込に自信が無い方は、電話でも受付しているので、そちらのご利用がおすすめです。

  • ドコモ携帯電話(スマートフォン)からの場合:151
  • 一般電話からの場合:0120-800-000

ドコモショップ店頭での申し込み

もちろん店頭でも受付しておりますので、そちらをご利用される方は以下の手順を確認しておいてください。

店頭でMNP予約番号を発行する際に必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  1. 店頭スタッフに「MNP予約番号の発行」の希望を伝える
  2. スタッフと一緒に契約内容等の確認をする
  3. MNP予約番号の発行

ドコモでMNP予約番号の発行手続きが完了したら、その後、auショップやauオンラインショップから乗り換えましょう。

ソフトバンクからauに乗り換える手順

続いて、ソフトバンクからauに乗り換える手順を解説します。

ドコモから乗り換えるのと同様に、MNP予約番号の発行が必要です。

乗り換え前にしておくべきこと
  • MNP予約番号の発行

MNP予約番号の発行方法は3つあるので、それぞれの手順を解説します。

WEBでの申し込み手順

ソフトバンクはドコモと同様に、オンラインでの申し込みができます。

年中無休で24時間受付可能(MNP予約番号発行は9:00~20:00の間のみ)です。

1My SoftBankにログイン
2「設定・申込」を選択
3「契約情報の変更」を選択
4「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」を選択
5「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」を選択

電話での申し込み

電話での申込みは以下となります。

  • ソフトバンク携帯電話(スマートフォン)からの場合:*5533
  • 一般電話からの場合:0800-100-5533

1音声ガイダンス後「1」をプッシュ
24桁の暗証番号を入力する
3オペレーターに接続後「MNP予約番号を発行してほしい」旨を伝える
4注意事項の説明や転出理由等の質問がある
5MNP予約番号がSMSで届くのでそちらを確認する

ソフトバンクでのMNP予約番号は口頭ではなくSMSで届くことになりますので覚えておきましょう。

ソフトバンクショップ店頭での申し込み

店頭での受付は、以下のような流れとなります。

店頭でMNP予約番号を発行する際に必要なもの
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  1. 店頭スタッフに「MNP予約番号の発行」の希望を伝える
  2. スタッフと一緒に契約内容等の確認をする
  3. MNP予約番号の発行

ソフトバンクでMNP予約番号の発行手続きが完了したら、その後、auショップやauオンラインショップにて乗り換えましょう。

auへの乗り換えでかかる費用

他社からauへ乗り換えると、次の費用がかかります。

  • 契約事務手数料:3,300円

以前まではMNP転出手数料が乗り換え前のキャリアでかかっていましたが、現在は基本的にMNP転出手数料はかかりません。

au契約時に、契約事務手数料が3,300円かかるということだけ覚えておきましょう。

手続きはauオンラインショップでするとお得

au オンラインショップ

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

auに乗り換え手続きをするなら、auオンラインショップがおすすめです。

auオンラインショップで手続きする主なメリットは以下の通りです。

auオンラインショップの主なメリット
  • 頭金0円
  • 来店不要で24時間受付
  • 2,750円以上なら送料無料
  • au「公式」という安心感

このうち金銭的な面では頭金0円が大きいです。

頭金とは、スマホを購入する際、機種代金とは別に請求される「販売者への手数料」です。

店舗でスマホを買うとこの頭金を請求される場合が多く、機種によっては10,000円近く請求されることもあります。

それがauオンラインショップなら0円になるわけです。

これだけでも、「10,000円お得になる」と考えることができますよね。

また、来店はもちろん不要です。

24時間受付していますので、時間の節約にもなります。

さらに、2,750円以上の買い物をした場合は全国送料無料です。

スマホを買って2,750円未満になることはまずないので、送料は基本無料と考えて大丈夫です。

au公式という安心感

auオンラインショップはauの代理店ではありません。

auの公式ショップです。

代理店が悪いということではありませんが、やはり「公式」の安心感はありますよね。

問い合わせ窓口なども用意されているので、ネットショッピング初心者でも気軽に利用できます。

キャッシュバックや端末割引特典でお得にauへ乗り換えよう

計算機を持った女性

以上、auへの乗り換えについて、2021年最新情報をお届けしました。

auへの乗り換え・キャッシュバック情報まとめ
  • au Online Shopから乗り換えで10,000円キャッシュバック
  • 機種下取りで最大51,700円割引
  • au Online Shop機種購入で人気スマホが22,000円割引
  • 毎月のプランはドコモ・ソフトバンクと大きく変化なし
  • 乗り換え特典・キャンペーンに魅力を感じるならauに乗り換えよう

auの月額料金はドコモやソフトバンクと比べて、特別優れているわけではありません。

ですが、auでは現在さまざまなキャッシュバック・端末割引キャンペーンを開催しています。

特典内容に魅力を感じるのであれば、乗り換えをしてお得にスマホを購入しましょう

乗り換えの際は、auオンラインショップを使うと余計な費用がかからずお得になりますよ。

【2021年最新】auスマホおすすめランキング|最新機種を価格・スペックで比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
unishi
愛知県出身、平成7年生まれ。ライター歴2年。スマホやキャリアはそのときの気持ち次第で変化。現在はRakuten Miniのデザインに惹かれて楽天モバイルを契約中。タブレットはAmazon Fire HD 8。電子書籍はAmazon Kindle Paperwhite。スマートスピーカーはAmazon Alexa。身の回りはだいたいAmazonで固められています。趣味は旅行・バイク・漫画・ゲーム。FP3級保持。