2018年発売の新型iPhoneは買う?噂情報から購入に意欲的な人のレビュー

  • 2018年8月25日
  • by.小谷野

iPhonexIMGL6220_TP_V-2

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2018年版新型iPhoneの噂情報|背面素材がガラスからアルミになれば購入したい

  • 29歳
  • 男性
  • 会社員

まだ噂レベルの情報しか出回っていない状況ですが、情報の大半が事実であれば新型iPhoneに乗り換えるつもりでいます。

私は現在メインとしてiPhoneXを使用していますが、それよりも一回り大きい画面サイズになると言われていることが大きな理由の一つです。

iPhoneXの画面の大きさや見やすさについては毎日身に染みて実感できているので、そのデザインを踏襲しながらもさらに一段階上の画面へと進化するというのは非常に魅力的です。

背面に関してはアルミが使用される可能性が指摘されていますが、個人的にはアルミへと移行してほしいと思っています。

iPhoneXはご存知の通り背面にもガラスが使用されています。

手触りが良く、独特の輝き方をする見た目は嫌いではありませんが、何にせよ指紋がベタベタと付いてしまって汚らしい印象を持たれてしまうことが少なくありません。

この問題は何とか解決してほしいですし、割れるリスクが無くなり同時にカラーバリエーションも増やせるアルミの導入はとても待ち遠しく、アルミを使用すると公式発表されれば確実に予約して購入します。

価格帯についても日本円で7万円程度になるという見込みなので、個人的にはリーズナブルな設定に感じています。

iPhoneXの良い部分をそのまま吸収しながらもiPhone8と同等かそれ以下の価格で販売されるのだとすれば、正直に言ってiPhoneXを定価で購入したことを後悔してしまうかもしれません。

新型iPhoneの売り上げ台数は例年以上に伸びるのではないかと考えているので、スマホケースなどの関連グッズが多く登場するのではないかという期待も込めています。

iPhoneXは満足にグッズを入手できないことが個人的な不満点の一つになっています。

iPhoneXでも処理速度については不満を持っていませんが、新型iPhoneは更にワンランク上のプロセッサが搭載されるとも伝えられており、いよいよストレスが一切無いスマホ生活を送れるのではないかというワクワク感があります。

毎年恒例ではありますが、アップル社の新作発表が今から待ち切れません。

私は普段2年単位で乗り換えていますが、今年はiPhoneXに変えてから1年かからずに乗り換える可能性が高いです。

iPhone XS/XS Max/XRの予約・購入方法|発売日に最速で入手するテクニック

2018年版新型iPhoneの噂情報|ディスプレイサイズがもっと大きく。ホームボタンは復活して欲しい

  • 43歳
  • 男性
  • 会社員

噂されるこの秋登場の新型iPhoneですが、新型iPhoneXでは有機ELの5.5インチと6.2インチが予想されています。

また、通常の液晶新型iPhoneではベゼルレスの5.9インチが出ると予想されており、今の段階では3種類の新型iPhoneが出ることが事前の予想サイトで噂されています。

私はiPhone歴は長く、iPhone3Gのころから、iPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPhone5S、iPhone6、iPhone6Sと利用してきました。だんだんと進化してきていて、使いやすくなってきていると思います。

CPUは他のアンドロイドと比較してちょっと弱い部分があると思いますが、OSがしっかりしているので、まだまだアンドロイドには負けないと思っています。

ここ最近では、フェリカが搭載されたiPhone7、iPhone7plus、iPhone8、iPhone8plusとすべてのiPhoneの新機種がでるたびに購入しています。

1番高価なiPhoneである、iPhoneXも購入しましたが、ホームボタンという物理キーがないことが非常に不便に感じて、今はiPhone8を主力機として利用しています。

噂されるこの秋登場の新型iPhoneですが、大画面の有機ELとベゼルレスの大型液晶が予想されていますが、今のところ新機種が発売されたら乗り換えようと思っています。

やはり常に新しいiPhoneを使っていたいからです。

最新iPhone良い点ですが、大画面になることです。私はだいぶ老眼が進んできているので、iPhoneの大画面化は非常に喜ばしいことだとおもっています。

その反面、悪い点としてホームボタンの廃止が新機種では噂されていることが非常に悲しいと思っています。

iPhoneの良い点は、ホームボタンを押せば、かならずホームポジションに戻れると言う、スティーブジョブスの理念が非常に私の理念と合致しているからです。

次の新機種でホームボタンがない機種だけしか発売されなかったら、購入を見送るかもしれません。

時期、iPhoneSEがホームボタンがあれば購入したいところですが、いまのところ新型iPhoneSEの発売の噂は聞こえてきません。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

新型iPhoneのホームボタンはどうなる?復活はあるか!?

2018年版新型iPhoneの噂情報|iPhoneXの廉価版が発売されたら価格が安いので即買いする

  • 37歳
  • 男性
  • 会社員

今はiPhone7を利用しているのですが、やはりiPhoneXの全面画面のデザインにはとても惹かれます。

iPhoneXにも乗り換えたかったのですが値段が高過ぎたので見送りました。

でも、やはりFaceIDにも魅力を感じますし、何よりも全面ディスプレイのデザインには街で見かけると本当に羨ましく欲しくなってしまいます。

そして、この秋登場予定の新型iPhoneは、今現在の噂では通常のiPhoneシリーズも廉価版のシリーズもどちらも全面ディスプレイのiPhoneXのデザインになるというじゃありませんか。

廉価版iPhoneは有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイにはなるとはいえ、あのiPhoneXのデザインであるということで問題ありません。値段も安い設定ということでとっても興味があります。

もし、この廉価版のiPhoneXデザインの新型iPhoneが7万円から8万円の値段で登場したら、買い換えようかなと思っています。

今使っているiPhone7も今現在中古で売ると4万円以上で売れます。すると、差額が3万円~4万円となってとてもお買い得です。

ですが、さすがに新型iPhoneが発売されたら、iPhone7の中古買取り価格も下がるとは思いますが、iPhone8やiPhoneXが発売された後もそれほど落ちませんでした。

ですので、新型iPhoneが発売されてもまだまだ高い買取価格を維持しているかもしれません。少なくとも、大幅にiPhone7の買取価格が下がるとは考えにくいので、最低でも3万円位では買い取ってもらえると思っています。

4万円~5万円で廉価版新型iPhoneが手に入るということになるので、これは買い替えどきかなと思っています。

新型iPhoneのシリーズに廉価版が加わるという条件で成り立つ話なので廉価版が出ることをとても望んでいます。

本当でしたら、秋登場の新型iPhoneの有機ELディスプレイを積んだ上級モデルが欲しいとは思うのですが、ここ最近はデバイスの進化が止まっていますので、iPhone7でも問題なく動作してしまうのが一番の問題ですね。

買い換える理由がなくなってしまいます。

ですが、FaceIDと液晶ディスプレイであろうが全面ディスプレイのデザインはとても魅力的です。

iPhoneシリーズ全てが全面ディスプレイのデザインになったら、一気に今までの四角い画面が古臭く見えると思っていますのでここが買い替え時かなと思っています。

廉価版の新型iPhoneが発売されたら、絶対買い替えます!

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

新型iPhoneの価格を大胆予測!注目の廉価版モデルは本当に出るの?

編集部まとめ

多くの方が気になる新型iPhoneの噂情報。たくさん出回っていますが、どれも正式情報ではないため確実に買う判断はできないのが正直なところ。

ですが、この噂情報が本当なら絶対に買いたい!といった内容もたくさんあり、新型iPhoneへの購入意欲がどんどん高まっていきます。

2018年秋発売の新型iPhoneの発表は、2018年9月14日(金)が有力候補となっています。噂だった情報から正式情報まであと約20日です。

iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ