2019年iPhone発売日のApple Storeの行列人数と天気を予想|どこが最速?

2019年iPhone発売日のApple Storeの行列人数と天気を予想|どこが最速?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

一企業の商品発売日という垣根を超え、もはや日本の秋の風物詩となってしまった最新iPhone発売日の行列。

数年前に盛り上がりがなくなりつつあった最新iPhoneの行列ですが、ここ2年間で再び勢いを見せています。

今回は、2019年最新iPhoneであるiPhone 11の行列がどれくらいになるのかを、過去のデータから予測してみました。

iPhone 11 Proの予約方法を解説|発売日当日に受け取るための手順

TOP画像引用元:ストア一覧 – Apple Store – Apple(日本)

2019年版iPhone「iPhone 11」の情報まとめ

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

現地時間9月10日(火)午前10時に開始されたAppleのイベントで、2019年最新iPhoneの情報が発表されました。

2019年最新iPhoneは、下記の3つになります。

2019年最新iPhoneラインアップ
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

最新モデルは、それぞれ2018年モデルの特徴を受け継いでいます。

iPhone 11は2018年モデルを受け継いでいる
  • iPhone XR → iPhone 11
  • iPhone XS → iPhone 11 Pro
  • iPhone XS Max → iPhone 11 Pro Max

iPhone XSの廉価版だったiPhone XRの後継機が、メイン機種であるiPhone 11となります。

少々ややこしいですよね。

また、2018年はiPhone XRのみiPhone XSに比べて1ヶ月遅れの発売となりましたが、2019年の最新モデルは3機種とも予約開始日と発売日が同じです。

なお、iPhone 11シリーズの予約開始日と発売日は次のとおり。

最新iPhoneの発売スケジュール
  • 予約開始:9月13日(金)21時から
  • 発売日:9月20日(金)

例年と違うのは、予約の開始時間です。

これまでは午後4時でしたが、今年は午後9時に変更されました。

過去の行列人数と天気のまとめ

もはや毎年恒例のお祭りとも言える「最新iPhoneの発売日」。

Apple銀座店をはじめ、都内各地のApple Storeの前には長い行列ができます。

今年は東京駅目の前という好立地にApple丸の内もオープンしたため、こちらの行列にも注目したいところですね。

さて、2019年の行列を予測するためには、過去のデータが不可欠です。

まずは過去の行列の様子やその背景について探ってみましょう。

2018年のiPhone行列の様子と天気

2018年、iPhone XSシリーズが発売されたとき、最も長い行列を作ったのはApple銀座店と表参道店でした。

特に銀座店は、発売日前日の22時時点でおよそ10名の行列ができており、約5名の警備員が配置されていたとのことです。

当日朝6時頃には80名ほどの行列に成長。

7時頃には、Appleが行列客に対し、パンとほうじ茶の差し入れをしたそうです。

こういった気遣いは嬉しいですよね。

さらに時間が経過し、開店30分前の朝7時30分には200名近い行列に。

最終的に、開店時間の8時時点でなんと約250名の行列となりました。

ちなみに、前日の22時から翌日の8時までの天気は「雨」。

しかも土砂降りと言ってもいいほどの強い雨でした。

本来なら行列ができにくい雨の中でも200名を超える行列を作るのですから、iPhoneはまだまだ大人気の機種であると言えるでしょう。

行列は機種の期待に左右される?

ここ数年の最新iPhoneの行列を見てみましょう。

最近の最新iPhoneの行列
  • 2018年 iPhone XR:約700人(Apple渋谷店)
  • 2018年 iPhone XS/XS Max:約200人(Apple銀座店)
  • 2017年 iPhone X:約550人(Apple表参道店)
  • 2017年 iPhone 8/8 Plus:約60人(Apple銀座店)
  • 2016年 iPhone 7/7Plus:約200人(Apple銀座店)

このデータからは、ある法則が見えてきます。

期待値=行列

当然といえば当然なのですが、期待が高い機種ほど長い行列ができる傾向にあります。

iPhone 8

上のデータ中、最も行列の人数が少ないiPhone 8シリーズは、今でこそ大人気機種ですが、当時は「新機種というよりはマイナーアップデート」という風潮がありました。

「iPhone 7s」という別名まで付いていたほどです。

iPhone X

反対に、同年11月に発売されたiPhone Xの人気は絶大。

iPhoneの10周年記念モデルという後押しもあり、行列の人数はiPhone 8の約9倍の550人でした。

しかし、iPhone Xはその後の人気が伸び悩み、2018年4月には生産終了に。

iPhone 8とは真逆の道を辿った機種でもあります。

2018年はどうだった?

では、2018年モデルではどうだったのでしょうか?

iPhone XS

iPhone XSシリーズは、iPhone Xを所持している方からすると、マイナーアップデートという印象が強かったようです。

また、「iPhone Xの価格が高い」という前回の不満をものともしない高価格設定で、最小の64GBでさえ11万円台でした。

一方、iPhone Xを持っていなかった方には、オールスクリーンをはじめとした新機能が魅力的に映ったようです。

しかし、行列はiPhone 8の時のようにはなりませんでした。

iPhone XR

iPhone XRは、安い価格ながらiPhone XSに迫るハイスペックを持つ機種です。

iPhone Xの頃から言われていた、「価格が高すぎる」という不満に見事に応えたiPhone XRの行列は、ここ数年では最大の約700人でした。

iPhone6~8を持つユーザーにとっては、オールスクリーンiPhoneはまさに新機種。

iPhone XRは、「iPhone XやiPhone XSは高い…」と思っていたユーザーの救世主のような存在でした。

過去の行列データのまとめ

ここまでの内容を総合すると、行列ができる機種には次の特徴があります。

行列ができる機種の特徴
  • 新機種に相応しい魅力的な機能があること
  • 価格が安いこと

特に重要なのが1つ目の特徴です。

発売後の売れ行きはともかく、行列の長さには、その機種への期待値がそのまま反映されています。

2つ目の特徴は、iPhone XやiPhone XSへの不満の現れとも言いかえることができるでしょう。

やはり、携帯電話に10万円超の金額を払うのは難しいと思っている方が多いようです。

【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

次のページでは、2019年最新iPhoneの行列と天気の予想をします。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ