2019年のドコモ冬春モデルを大胆予測!新機種注目のAndroidはコレ

  • 2018年9月22日
  • by.nuko

gifbanner?sid=3366649&

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スマホ業界では2019年冬春モデルの噂や予想が飛び交う時期になりました。

海外メーカーや海外モデルの発表会で注目を集めた機種から、まだ何の情報もない機種まで、2018年10月~2019年3月は注目機種がリリースされる可能性が高くなっています。

そこで今回はドコモの2019年冬春モデルで登場する可能性の高い機種を大胆予想します!

まだ発表会の日程すら発表されていませんが、2019年冬春モデルで機種変更を考えている方は、一緒に予想を膨らませましょう!

トップ画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

1 やっぱり本命は最新iPhone!?REDモデルも同時リリースか?


画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

毎年iPhoneの最新モデルは9月後半に発表されるので、冬春モデルとは言えないかもしれません。

しかし、日本のスマホシェアの7割弱を占めている超人気シリーズなので、どうしても最新iPhoneは気になりますよね!

1-1 2018年最新iPhoneは全画面モデル!iPhone XS/XS Maxは予約開始!


画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

2018年9月発売の最新iPhoneは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの3モデルが発売されます。

iPhone Xの発売以降、Androidスマホも全画面モデルが主流となったことから、iPhoneもそのまま全画面対応にしたということですね!

2018年最新iPhoneの主なスペック

項目iPhone XSiPhone XS MAXiPhone XR
本体サイズ高さ:143.6 mm
幅:70.9 mm
厚さ:7.7 mm
高さ:157.5 mm
幅:77.4 mm
厚さ:7.7 mm
高さ:150.9 mm
幅:75.7 mm
厚さ:8.3 mm
重さ177g208g194g
CPUA12チップA12チップA12チップ
OSiOS12iOS12iOS12
ストレージ(ROM)64GB、256GB、512GB64GB、256GB、512GB64GB、128GB、256GB
メモリ(RAM)4GB(予想値)4GB(予想値)3GB(予想値)
画面サイズ5.8インチ OLED6.5インチ OLED6.1インチ LCD
カメラ画素数メイン:約1,200万画素デュアルカメラ
サブ: 約700万画素
メイン:約1,200万画素デュアルカメラ
サブ: 約700万画素
メイン:約1,200万画素
サブ: 約700万画素

iPhone XRはiPhone 8と同じLCDディスプレイを利用することで、価格を抑えて発売されます。

そのため、iPhone Xの価格で手が出せなかった方も気軽に手に取れますね!

一方、iPhone XSは完全にiPhone Xの後継モデルです。

大型のiPhone XS Maxも登場したので、iPhone Xが小さいと感じた方も満足できますね!

最新iPhoneの詳細なレビューやドコモで機種変更した場合のキャンペーン&料金シミュレーションを次の関連記事で解説しています。

「最新iPhoneを手に入れたい!」という方は、あわせてチェックしてくださいね!

なお、iPhone XS / XS Maxはすでに予約が開始されています。

発売後しばらくは予約なしで手に入れるのは難しいので、iPhone XS / XS Maxが欲しい方は早めに予約しましょうね!

1-2 iPhone XRは10月26日発売! (RED)®︎も同時リリースされる!?


画像引用元:iPhone XR – Apple(日本)

iPhone XRはiPhone XSの廉価版のような位置付けで、豊富なカラーバリエーションが魅力です。

また、AppleはHIV感染防止を取り組む(RED)®︎に協力し、毎年真っ赤な(PRODUCT)REDモデルをリリースしています。

例年REDモデルは4月第2月曜日に発表、同じ週の金曜日に発売されます。しかし、今回のiPhone XRではREDモデルも同時にリリースされるようです。

iPhone XRの発売スケジュール

  • 発表:2018年10月19日(金)
  • 発売:2018年10月26日(金)

購入金額の一部がHIV患者の支援に回る素晴らしい取り組みなのはもちろん、何より真っ赤なiPhoneはかっこいいですよね!

毎年REDモデルのみ狙う方もいるくらいなので、iPhone XRを狙っている方はREDモデルも要チェックですよ!

iPhone XS/XS Max/XRを確実に予約する方法→ドコモauソフトバンク

2 Xperia XZ3は発表済み!今回はCompactは発売されない!?


画像引用元:Xperia XZ3 – Official Website – Sony Mobile (Global UK English)

2018年8月31日~9月5日にドイツ ベルリンで行われた電子機器の新製品発表会『IFA2018』で、Xperia XZ3のグローバルモデルが発表されました。

海外でもXperiaシリーズは人気があるので、日本に先駆けて発表された形ですね。

そのため、Xperia XZ3は他のAndroidスマホより詳細な製品情報が判明しています。

Xperia XZ3のスペック

項目/機種Xperia XZ3(比較)Xperia XZ2
本体サイズ高さ:158 mm
幅:73 mm
厚さ:9.9 mm
高さ:153 mm
幅:72 mm
厚さ:11.1 mm
CPUSnapdragon 845Snapdragon 845
OSAndroid 9.0Android 8.0
ストレージ(ROM)64GB64GB
メモリ(RAM)4GB4GB
画面サイズ6インチ QHD約5.7インチ Full HD+
カメラ画素数メイン:約1,920万画素
サブ: 約1,320万画素
メイン:約1,920万画素
サブ: 約500万画素

2-1 ディスプレイに有機ELを採用しXperia XZ2より薄くなった!


画像引用元:Xperia XZ3 HDR and OLED Display – Official Website – Sony Mobile (Global UK English)

Xperia XZ3では、Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを採用しました。

さらに表側面も曲線デザインを実現したことで裏面の曲線デザインともマッチして、より持ちやすい形になっていますね。

また、ディスプレイに有機ELを搭載することで、液晶バックライトが不要になりました。
そのため、Xperia XZ2の厚さ11.1mmから9.9mmと薄型化に成功しています。

【2020年】有機ELディスプレイのスマホ人気まとめ|メリット/デメリットも

2-2 Xperia XZ3はシングルカメラ


画像引用元:Xperia XZ3 Camera With 4K HDR Recording – Official Website – Sony Mobile (Global UK English)

最近のAndroidフラグシップモデルでは、2枚レンズのカメラを搭載する機種が増えています。

そんな中、Xperia XZ3はシングルカメラが搭載されています。

多くのメーカーが写真好きな人をターゲットとする中、SONYはカメラに詳しくない方でも手軽に使えることを重視したということでしょう。

レンズ枚数による機能の違い
  • 他社のデュアルカメラ:一眼レフカメラのような表現が可能だが、少し知識がないと機能が活かしきれない
  • Xperia XZ3のシングルカメラ:今までのスマホカメラと同じ感覚で撮影できる。加えて、綺麗に撮れるサポート機能やカメラ起動速度などが高機能

Xperia XZ3のカメラには、今まで人気の「先読み撮影」や「スーパースローモーション」はそのまま継承しています。

それに加え、カメラを構えただけで即起動する「スマートカメラ起動」を搭載。今まで以上に「撮りたい瞬間を逃さないカメラ」に磨きがかかったと言えますね!

ドコモで最新機種の購入を考えているならdカード GOLDがおすすめです。

ドコモオンラインショップで端末代金をdカードで決済するとdポイントが2倍になります。また、ケータイ補償で最大10万円の無料サポートがつくので、万が一でも安心。家族で利用できるので、利用していないと損をしているかもしれません。
dカードGOLDを最大限利用したら年間5万円もお得になる話

3 Galaxy Note 9が発売される可能性大!


画像引用元:Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note 9は2018年8月9日に海外モデルが発表されました。

日本ではまだ海外モデルの並行輸入品を手にするしかありませんが、すでにGalaxy日本公式サイトで機種ページが公開されています。

そのため、10月のドコモ新機種発表にGalaxy Note 9が顔見せする可能性が高いと言えますね。

Galaxy Note 9のスペック

項目/機種Galaxy Note 9(比較)Galaxy Note 8
本体サイズ高さ:161.9 mm
幅:76.4 mm
厚さ:8.8 mm
高さ:163 mm
幅:75 mm
厚さ:8.6 mm
CPUSnapdragon 845Snapdragon 835
OSAndroid 8.1Android 7.1.1
ストレージ(ROM)128GB64GB
メモリ(RAM)6GB6GB
画面サイズ6.4インチ WQHD+
2,960 × 1,440
6.3インチ
2,960 × 1,440
カメラ画素数メイン:約1,200万画素デュアルカメラ
サブ: 約800万画素
メイン:1,200万画素デュアルカメラ
サブ:800万画素

Galaxy Note 9はGalaxy Note 8と比較して、CPU性能やストレージ容量が大きく向上しています。

また、画面サイズも少し多いくなったので、さらに広い画面で快適に使えそうですね!

3-1 SペンがBluetooth対応でさらに便利に!


画像引用元:Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note 9では、SペンがとうとうBluetooth対応になります。

Bluetoothに対応することで、カメラのシャッターや音楽やYouTubeの再生・停止など様々な操作に対応。

今まで欲しかった機能が追加され、さらに便利になりますね!

また、Galaxy Note 8で好評の画面スリープのままメモを取る機能も継承しています。防水にも対応しているので、どんな場面でも使えるのは嬉しいですよね!

Galaxy Note8レビュー|鉛筆のような書き心地のSペンが大画面で活きる

3-2 写真・動画好きも安心micro SDXC 512GBまで対応!


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy Note9 | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Note 9は128GBの大容量ストレージだけでなく、最大512GBのmicro SDXCに対応しました。

Galaxy Note 8の256GB対応よりさらに容量が増えたので、写真好きの方も安心して撮りまくれます。

4 Disney mobile新機種もそろそろ発売されそう


画像引用元:Disney Mobile on docomo DM-01K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

2018年冬春モデルでDM-01Kがリリース以来のDisney mobileも2019年冬春モデルで登場する可能性が高いと予想されます。

Disney mobileはLG製とSHARP製を交互にリリースしているので、今回はSHARPモデルでの登場でしょう。

4-1 2019年冬春モデルのデザインはホームボタン付きモデル?


画像引用元:スペック|AQUOS R2|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

SHARPで人気のAQUOSシリーズ最新モデル『AQUOS R2』では、大画面モデルながらホームボタンを残したデザインでした。

ホームボタンを廃止する全画面モデルが増えている中、使い勝手重視のSHARPらしい方向性ですよね。

DM-01Jではエントリーモデルベースだったので、少しデザインが不評でした。
そのため、2019年冬春モデルではAQUOS R2をベースにしたデザインとなると予想されます。

こうしたことから、2019年冬春モデルのDisney mobileがSHARPから発売されるのであれば、今回はホームボタン付きのモデルとなる可能性は高いでしょう。

5 LG V40が登場するかも!


画像引用元:V30+ L-01K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ガジェット好きな方に好評なLG電子のVシリーズも、2019年冬春モデルに新製品『V40』が登場する可能性があります。

V40の情報はまだまだ少ない状況ではありますが、ネット上ではV40のリーク情報とされる画像も公開されています。

LGは11月に新製品を発表する可能性があることから、ドコモの2019年冬春モデルに登場するとしても年明けでしょう。

5-1 V40はトリプルカメラ?

V40とされるリーク画像によると、V40はトリプルカメラを搭載されるようです。
トリプルカメラといえば、HUAWEI P20 Proに搭載されて話題を呼びました。

カメラ好きの方や写真のプロの方は、機種変更時期でもないのにカメラ性能の魅力から機種変更する方もいるほどでした。

しかし、HUAWEI P20 Proはカメラ機能を重視し、CPU性能は最高スペックではありませんでした。

そのため、V40にトリプルカメラが搭載されてリリースされれば、初の本体性能もカメラ性能も最高スペックのモデルになるかもしれません。

最新スマホはトリプルカメラが主流!?4眼5眼もあるけど増えればいいの?

6 HUAWEIも新型MATEを発売するか?


画像引用元:HUAWEI P20 Pro HW-01K | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

HUAWEIは2018年8月31日から9月5日に行われたIFA2018で、最新CPU『Kirin980』を公開しました。

そして10月16日に最新モデル『MATE 20』シリーズを発表すると予告しています。

そのため、ドコモの2019年冬春モデルとしてHUAWEI MATE 20シリーズがリリースされる可能性が高いと言えるでしょう。

6-1 トリプルカメラはそのまま、Snapdragon 845搭載モデルより高性能!?

MATE 20シリーズでは、HUAWEI P20 Proで話題となったトリプルカメラはそのまま継承すると考えられます。

さらにMATE 20 Proに搭載されるKirin 980は、Snapdragon 845より37%処理性能が高いと発表されています。

そのため、HUAWEI P20 Proの性能に不安があった方も安心して手にできる1台になりそうですね!

7 docomo withも新機種追加の可能性大


画像引用元:docomo with | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの2019年冬春モデルでは、docomo withも新モデルがリリースされると考えられます。

特に期待したいのは、2018年夏モデルで登場しなかったAQUOS senseとMONOの新モデルでしょう。

7-1 AQUOS senseは防水・おサイフケータイは搭載される?


画像引用元:AQUOS sense SH-01K | スマートフォン docomo with対象機種 | 製品 | NTTドコモ

AQUOSシリーズは廉価版モデルとしても、しっかり日本向け機能が搭載されています。

そのため、AQUOS senseの新モデルがリリースされる場合も防水やおサイフケータイはしっかり搭載されるでしょう。

一方、ワンセグは今までも搭載されてこなかったので、2019年冬春モデルで登場してもワンセグ・フルセグは非対応と考えられます。

7-2 MONOは価格重視路線そのまま登場か?


画像引用元:MONO MO-01K | スマートフォン docomo with対象機種 | 製品 | NTTドコモ

docomo withで常に最安値モデルとなっているMONOシリーズは、2019年冬春で登場しても最安値路線を維持するでしょう。

付加機能はほぼ搭載されず、今回も防水・防塵のみの対応となると考えられます。また、スペックもエントリーモデルとして登場するでしょう。

8 2019年のドコモ冬春モデル予測まとめ

今回はドコモの2019年冬春モデルで発売される最新スマホを予想しました。2018年9月の最新iPhoneで機種変更する方も多いでしょう。

しかし、Androidも最新モデルはかなり性能が上がり、トリプルカメラ搭載モデルも多くリリースされると考えられます。

2019年ドコモ冬春で登場すると予想されるモデル
  • iPhone XS / XS MAX(予約受付中)
  • iPhone XR(2018年10月19日 予約開始)
  • Xperia XZ3
  • Galaxy Note 9
  • Disnay mobile
  • LG V40
  • HUAWEI MATE 20シリーズ
  • docomo with AQUOS sense
  • docomo with MONO

ドコモの2019年冬春モデルは、例年通りなら10月中旬に発表されます。10月以降~年明けに最新モデルに機種変更する方は、楽しみに待ちましょうね!

ドコモのおすすめスマホ機種ランキング【2020年最新版】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ