2019年の新型iPhoneの発表日と発売日はいつ?有力は9月11日と20日

  • 2019年8月16日
  • by.araki

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-16

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今年もいよいよ新型iPhoneの発売が近づいてきました。新型iPhoneは例年9月に発売されているので、もう来月には発売見込みです。

そうなると次に気になるのは具体的な日付ですよね。このページでは、2019年新型iPhoneの発表日と発売日について、有力な説を紹介していきます。

iPhone12の予約方法を解説|発売日当日に受け取るための手順

トップ画像引用元:渋谷 – Apple Store – Apple(日本)

2019年9月中に出ることはほぼ確実!

画像引用元:お近くのApple Storeを探す – Apple Store – Apple(日本)

今年の新型iPhone(以下、iPhone 11)が2019年9月に発売することは、すでにアナリストなどの間では確定情報とみなされています。

その一番の理由は、新型iPhoneが毎年9月に発売されているため。去年登場したiPhone XS/iPhone XS MAXも9月中の発売でした。

去年のiPhone XS/iPhone XS MAXのスケジュール(日本時間)
  • 発表日:2018年9月13日(木)
  • 予約開始日:2018年9月14日(金)
  • 発売日:2018年9月21日(金)

ただし、去年はiPhone XRだけ10月26日に遅れて発売しています。

今年のスケジュールの予想も固まってきた

iPhone 11発売まで約1ヶ月というところで、発表から発売までのスケジュール予想も固まりつつあります。

大本命!iPhone 11の発売日は9月20日説

iPhone 11の発売日は2019年9月20日である、という予想が最も有力です。

iPhone 11の予想スケジュール
  • 発表日:2019年9月11日(水)
  • 予約開始日:2019年9月13日(金)
  • 発売日:2019年9月20日(金)

iPhone 11の発売日が9月20日である根拠

9月20日説が有力とされる根拠を順番に説明していきます。鍵を握るのは去年までのスケジュールです。

まず、去年の発売日が日本時間で2018年9月21日(金)でした。今年の2019年9月20日(金)は、曜日と合わせればちょうど1年後にあたります。

また、一昨年のiPhone 8もiPhone Xも、去年遅れて発売したiPhone XRも、日本時間の金曜日に発売を開始しているという事実も見逃せません。

毎年、iPhoneは金曜日に発売されている

機種発売日
iPhone 8/iPhone 8 Plus2017年9月22日(金)
iPhone X2017年11月3日(金)
iPhone XS/iPhone XS MAX2018年9月21日(金)
iPhone XR2018年10月26日(金)

「だから今年も金曜日」という予想は、極めて単純ながら有力と言えます。

そして、2019年のカレンダーにおいて、iPhone 8やiPhone XSと同じ9月20日前後の日程で金曜日にあたるのは、ずばり9月20日というわけです。

予約開始日は、そこから逆算すれば予測できます。例年、予約開始日は発売の1週間前に設定されているので9月13日になるでしょう。

また、予約開始日の数日前には新作発表会が行われるはずですから、発表日は9月11日になることが予想されます。

ただ、発表日に関しては予想にバラツキが多く、9月10日などを推す声もあります。

ソフトバンク社長がうっかりポロリ?

この9月20日説をさらに有力にしたのが、ソフトバンク宮内社長の「うっかり発言」です。

ソフトバンクは2019年8月5日、2020年3月期第1四半期の決算発表会を開催しました。

その中で、2019年10月1日施行予定の改正電気通信事業法の話題になり、件のうっかり発言が出てしまったのです。

改正電気通信事業法では、一体型プランや強い縛り契約は違反となります。そのため、ソフトバンクで「4年縛り」と言われていた「半額サポート」の廃止が決定しました。

改正電気通信事業法の施行予定日は10月1日です。対する半額サポートは、9月30日には廃止されます。

ここで気になるのが、iPhone 11の発売後、9月30日まで半額サポートが適用されるのかどうかです。

これに対する宮内社長の発言が、「10日間どうしようかなという感じ」でした。

「10日間」というのは、iPhone 11発売から9月30日までのことです。つまり、逆算するとiPhone 11の発売日=9月20日ということになります。

宮内社長はすぐに「発売日は誰も知らない」と否定していました。

しかし「Appleからソフトバンクに、事前に発売スケジュールが伝えられていて、宮内社長がうっかり暴露してしまったのでは」という見方が濃厚です。

とはいえ、もともと巷では「iPhone 11の発売日=9月20日」説が有力でしたから、宮内社長もただその噂に引っ張られただけかもしれません。

新型iPhoneのサイズはiPhone XSと一緒?それとも6インチ以上?

次の章では、2018年のiPhone XRのように、遅れて発売されるモデルが存在する可能性について考察します。

遅れて発売される新型iPhoneが今年もあるか?

画像引用元: iPhoneのモデルを比較する | iPhone | NTTドコモ

近年はiPhone 8/iPhone 8 Plus発売後のiPhone Xや、iPhone XS/iPhone XS MAX発売後のiPhone XRなど、1ヶ月以上遅れて発売する新型iPhoneもお馴染みになってきています。

今年もiPhone 11発売後に、もうひとつの新型iPhoneが登場するのでしょうか。

まず、現在の予想では、2019年に3つのiPhoneが発売されるとされています。

2019年に発売が予想されている新型iPhone一覧
  • 5.8インチiPhone(iPhone XSの後継機)
  • 6.5インチiPhone(iPhone XS MAXの後継機)
  • 6.1インチiPhone(iPhone XRの後継機)

去年も一昨年も3機種出ているので、妥当な予想だと思われます。名称については、どれかがに「Pro」が冠されるというリークも、最近になって急浮上してきました。

また、先に出る機種と後に出る機種のどちらがより「目玉」になり得るのかも気になるところです。

2017年は後から発売されたiPhone Xが目玉だった

画像引用元:iPhoneのモデルを比較する | iPhone | NTTドコモ

2017年は、先にiPhone 8/iPhone 8 Plusが発売され、その1ヶ月以上後に(どちらかと言えば)目玉となるiPhone Xが発売されました。

iPhoneでは初の有機ELディスプレイ搭載に加え、Face IDやベゼルレスなど、当時としては革新的な技術が詰め込まれていたiPhone X。

パッと見のデザインが従来のiPhoneとは大きく異なっていたこともあり、非常に高い関心と期待を集めました。それこそ、iPhone 8/iPhone 8 Plusが前座に思えるくらいに。

iPhone Xは、発売後も有機ELディスプレイ不足から供給が滞り、「予約したのになかなか手元に届かない」など、何かと世間を騒がしていたものです。

また、Touch IDを廃止してFace IDのみとしたことについては、今でも議論があるほど。良くも悪くも「これからのiPhone」という方向性を示した機種でした。

2018年は先に発売されたiPhone XS/iPhone XS MAXが目玉

画像引用元:iPhoneのモデルを比較する | iPhone | NTTドコモ

2018年は一転して、先に発売されたiPhone XS/iPhone XS MAXのほうが目玉でした。

特に6.5インチのiPhone XS MAXは、iPhone史上最大サイズとして注目を集めましたね。

また、従来のiPhoneは、iPhone 7よりiPhone 7 Plusのほうが高スペックといったように、サイズの大きい機種のほうが明確に優れていました。

ところが、iPhone XSとiPhone XS MAXは、サイズ以外のスペックが同等だったのです。

このような点も、iPhone XSシリーズが注目を集めた一要因と言えるでしょう。

革新的だった故にまだ荒削りだった前年のiPhone Xのブラッシュアップに成功し、Face IDの精度強化や防水機能の向上など、かゆいところに手が届くものとなりました。

iPhone XRは不発だった

iPhone XS/iPhone XS MAXより1ヶ月以上遅れて発売されたiPhone XRですが、こちらは期待はずれだったと見る向きが強いです。

もともとiPhone XSの廉価版ということで、発売前は「今年一番売れる」という強気の予想も見られたのですが、蓋を開けてみれば不発に終わりました。

「廉価」と言いつつ、日本円で税込90,000円以上もする価格。それにもかかわらず、有機ELディスプレイではなく、カメラもシングル。

見た目もベゼルが太くて高級感がないなど、多くの「ツッコミどころ」がある機種でした。

そのせいか、しばらくは前年発売のiPhone 8のほうが売れ続けるほど。Appleとしては、完全な「誤算」だったと言えるでしょう。

後から出る=目玉というわけではない

iPhone XRの例からもわかるように、後から発売されたほうが必ずしも目玉であるとは限りません

iPhone XS/iPhone XS MAXのほうが高スペックなことは発表の時点でわかっていました。

果たして今年はどうなるのか、それを予想するにはまだ情報が少なすぎるので、残念ながら現時点では何とも言えません。

とはいえ、ユーザーとしては「スペック的に良いほうを9月20日に出して欲しい」というのが本音ですよね。

恐らく9月11日に行われる新型iPhoneの発表会を待ちましょう。

2019年新型iPhoneは9月11日発表、9月20日発売が有力!

以上、2019年新型iPhoneの発表日と発売日の予想でした。

2019年新型iPhoneのスケジュール予想まとめ
  • 発表日は9月11日
  • 予約開始日は9月13日
  • 発売日は9月20日
  • 遅れて発売されるモデルもあるかも

iPhoneは例年、日本時間で金曜日に発売されています。そのため、去年と大きく日程が変わらないのであれば、発売日は9月20日になるでしょう。

今年も3つの新型iPhoneが出るということなので、このうちの1機種は去年と同じく、遅れて発売するかもしれません。

ただ、先に出たほうと後に出るほう、どちらが目玉機種となるのかはまだ不明です。ユーザーとしては、優れているほうを先に発売してほしいところなのですが…。

2019年新型iPhoneの価格を大胆予測!注目のSE2は本当に出るの!?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ