iPhoneXS持ちがiPhone11 Proを買う理由はカメラ機能の超強化!

  • 2019年10月19日
  • by 
iPhoneXS持ちがiPhone11 Proを買う理由はカメラ機能の超強化!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回はiPhoneXS持ちの視点から、iPhone11 Proが買いなのかどうかを見ていきます。

iPhoneは1年毎に新しいモデルが発売される度にスペックアップしていきます。

ただ、1年で買い換えるには少し高い気もしますよね。

ここで2019年新型の魅力をチェックして、iPhoneXSからiPhone11 Proに買い換えるべきかチェックしてくださいね!

トップ画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

iPhoneXS持ちにとってiPhone11 Proは買いか?

まずは新型iPhoneになって大きく変わったポイントを比較して、iPhoneXS持ちはiPhone11 Proが買いなのかをみていきましょう。

新型iPhoneは3モデル発売されていますが、iPhoneXSの後継機となるのはiPhone11 Proです。

iPhone11 Proのポイント
  • トリプルカメラで写真・動画クオリティアップ
  • インカメラの画素数や画角がアップして自撮りが使いやすくなった!
  • テキスト編集の新機能があるが、3D Touchがなくなった

iPhone11 Proでは主にカメラ機能が強化されています。

もちろん全体的なスペックも上がっていますが、人によっては体感差を感じないかも知れませんね。

また、3D Touchが廃止され、代わり触覚タッチが搭載されました。

触覚タッチで代用できる部分もありますが、iPhoneの使い方によっては不便になる可能性もあります。

写真好きならiPhone11 Proは買い!

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone11 Proには、スマホ業界のトレンドとなっているトリプルカメラが搭載されました!

iPhone11 ProとiPhoneXSのカメラ比較

項目iPhone 11 ProiPhone XS
メインカメラ12MP 13mm f2.4(超広角)
+12MP 26mm f1.8(広角)
+12MP 52mm f2.0(望遠)
12MP 26mm f1.8(広角)
+12MP 52mm f2.4(望遠)
ポートレート6エフェクト5エフェクト
ナイトモード-
サブカメラ12MP 24mm7MP 30mm
サブカメラの動画4K:60/30/24fps
HD:60/30fps
HD: 60/30fps

レンズ構成は広角・望遠・超広角の3種類と標準的な構成になっています。

超広角レンズが追加されたことで、今までよりダイナミックな写真が手軽に撮影できますね!

iPhone 11 Pro超広角撮影

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

また、トリプルレンズはデュアルレンズより集光効率が高く、iPhone11 Proではナイトモードが追加されました。

暗い場所では何が写っているのか全く分からないこともありますが、iPhone11 Proなら光源が少ない場所でもバッチリです。

iPhone 11 Proナイトモード撮影

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

スペック値ではわかりにくいですが、レンズ枚数が増えたことで手ぶれ補正の精度も上がっています。

急なシャッターチャンスで急いでiPhoneを取り出した時など、手ぶれしやすい状況での撮影は今まで以上に綺麗に撮れるでしょう。

トリプルレンズのメリット
  • iPhoneXSよりダイナミックな写真が撮れる
  • 暗い場所でもノイズの少ない綺麗な写真が撮れる
  • 手ぶれ補正の精度アップ

また、iPhone11 Proはインカメラも大幅に強化されていますね。

解像度の向上はもちろん、インカメラでも4K動画が撮れます。

さらに、iPhoneを横向きで自撮りすると、自動的にズームアウトしてくれます。

複数人で自撮りする時でも、iPhone11 Proなら見切れる心配なく気軽に撮影できますよ!

メインカメラ・インカメラのどちらも大幅にスペックアップしているため、iPhoneをカメラ中心に使っている方なら新型iPhoneの魅力が最大限引き出せるでしょう。

iPhone11 Proは長文を書く人にはイマイチ!?

iPhone11 Proでは、iPhone 6sから搭載されていた3D Touchが廃止されました。

3D Touchは画面の強く押し込むことで、アプリアイコンから各機能を呼び出したりテキスト編集のカーソル移動といった操作を行う機能です。

3D Touchでできる操作例
  • メールアプリアイコンを強く押し込んで新規メール作成
  • LINEのトークを強く押し込んで、既読を付けずに内容をチェック
  • テキスト入力中にキーボードを強く押し込んで、カーソル移動や範囲選択

LINEトークは3D Touchがなくなっても大丈夫そう

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEのトークに既読を付けずに内容を確認する操作は、多くの方が利用していますよね。

テキストだけならLINEの通知からも確認できますが、写真やスタンプは通知では確認できないものもあります。

iPhone11 Proに買い換えてしまうと、既読を付けずにトークの確認がしにくくなってしまうのが大きなデメリットになりそうですね。

ただ、LINEによると今後のアップデートでiPhone11 Proに搭載された触覚タッチで同じことができるようになるようです。

3D Touchの用途がLINEトークだけなら、iPhone11 Proのデメリットは近いうちに無くなるでしょう。

3D Touchをテキスト入力に使っている方は要注意!

3D Touchをテキスト入力に使っている方は要注意!

一方、まとまった文章を書く等、テキスト編集中のカーソル移動とテキスト選択に3D Touchを活用していた方は、作業効率が大幅に落ちる可能性があります。

3D Touchがあれば、キーボードだけで好きな位置にカーソル移動ができ、かつ簡単に単語選択・段落選択ができました。

新型iPhoneに搭載されたiOS13には新しいテキスト編集機能が追加され、3D Touch無しでの編集機能は大幅に強化されています。

※触感タッチでもカーソル移動はキーボード長押しで可能です。

それでも、3D Touchに慣れている方にとって、新しいテキスト編集機能は使い勝手が悪くなったと言えます。

iPhoneでテキスト入力の量が多い方は、iPhoneXSのまま使った方がいいかも知れませんね。

ちなみに、著者は移動中にiPhoneで記事の下書きすることが多いため、新型iPhoneは見送ります。

1度廃止した機能が復活する見込みは薄いので、iOS13のテキスト編集に慣れるか触覚タッチでのテキスト編集がもっと使いやすくなるのを待つつもりです。

結論:iPhone11 Proが買いなのはこんな方!

  • 写真を撮るのが好きで、高クオリティの写真をたくさん撮りたい方
  • 自撮りをもっと綺麗に撮りたい・複数人でも見切れる心配なく撮りたい方
  • iPhoneで文章作成等、大量のテキスト入力をすることがない方
【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

次のページではiPhone11 ProとiPhoneXSのその他のスペック比較や、iPhone11 Proに買い換えた場合の月額料金を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ