【2020年最新】iPad(第8世代)のスペック/特徴を解説|お得に買う方法は?

  • 2020年12月15日
  • by.u-yu

iPad第8世代

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPad(第8世代)は、「無印iPad」と呼ばれるシリーズの最新モデルです。

iPadは色々なモデルが発売されていますが、この無印iPadが1番スタンダードな機種となっています。

今回の記事では、このiPad(第8世代)のスペックや特徴をご紹介します。

一つ前のiPad(第7世代)と比較した違いも紹介しているので、是非参考にしてください!

iPad(第8世代)のまとめ
  • 最新iPadシリーズの中でも良コスパ
  • A12 Bionicチップ搭載で普段使いも問題なし
  • 純正アクセサリーにも対応
  • SIMフリーや中古での購入もオススメ

トップ画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

iPad(第8世代)の発売日/価格

iPad(第8世代)

画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

iPad(第8世代)は、発売中のiPadシリーズと比較しても、価格が安くコスパがいいのが特徴です。

2020年9月18日(金)に発売され、現在もApple Storeやキャリアなど様々な場所で販売されています。

ただし、キャリアでの取り扱いはWi-Fi+Cellularモデルのみなので注意です。

iPad(第8世代)の価格は以下の通りです。

iPad(第8世代)32GB128GB
ドコモ(Wi-Fi + Cellular)55,440円67,320円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au(Wi-Fi + Cellular)57,600円68,400円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク(Wi-Fi + Cellular)54,720円65,520円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple(Wi-Fi)38,280円49,280円
(Wi-Fi + Cellular)54,780円65,780円
詳細Apple公式サイト

思ったより安いなと思った方も多いのではないでしょうか。それがiPad(第8世代)の強みでもあります。

キャリアの価格は一見高く見える一方で、色々なキャンペーンを使えばお得になることも。

詳しくは記事後半の章でご紹介します!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPad(第8世代)のスペック/サイズ

iPad(第8世代)

画像引用元:10.2インチiPad Wi-Fi 32GB – スペースグレイ – Apple(日本)

続いては、iPad(第8世代)のスペックや本体サイズを見ていきましょう。

スペックは最高レベルというわけではありませんが、普段づかいには十分です。

価格が3万円台~と考えると、かなりコスパのいい1台といえます。

iPad(第8世代)のスペック

iPad(第8世代)
ディスプレイ10.2インチRetina
サイズ高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚さ:7.5 mm
重さ490g(WiFiモデル)
495g(WiFi+Cellularモデル)
アウトカメラ700万画素
インカメラ1200万画素
バッテリー8,686mAh
RAM未発表
ROM32 GB or 128 GB
CPUA12 Bionicチップ
Apple Pencil第1世代
生体認証指紋(ホームボタン)
キーボードSmart Keyboard
カラーシルバー/スペースグレイ/ゴールド

iPad(第8世代)のチップは、最新のA14 Bionicより少し前のA12 Bionicチップとなっています。

また幅が約17cm強で重さも500g近くあるので、片手では少し持ちづらいかもしれません。

ただ据え置きタイプともいえるiPad Proよりは軽いので、出先でも十分使いやすくはあります。

ホームボタン付の指紋認証搭載

最近のiPhoneではFace IDを用いた顔認証が主流となっています。

そのためiPadも顔認証のみの対応と思う方も多いかもしれませんが、iPad(第8世代)はホームボタンによる指紋認証が採用されています!

ディスプレイサイズは少し狭いものの、マスクをしながらでもロック解除できるのが嬉しいですね。

iPad(第8世代)の特徴

iPad(第8世代)

画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

iPad(第8世代)は前述の通り、特別に長けたスペックが搭載されているわけではありません。

ですが最新機種にも関わらず、他の機種よりもお手頃な価格で購入できます。

まさに「コスパで選びたい」という方にピッタリです!

本体価格が安いぶん、iPad(第8世代)に付けるケースも選択肢が増えるのではないでしょうか。

iPad(第8世代)の特徴
  • 価格が34,800円~とリーズナブル
  • 進化したA12 Bionicチップを搭載
  • 1,200万画素と高性能なインカメラ
  • ホームボタン搭載で指紋認証に対応

アクセサリーも引き続き対応!

タブレットとしてだけでなく、ノートやパソコンとしてもiPadを使いたいですよね。

iPad(第8世代)では、旧機種で対応していたアクセサリーも引き続き使用可能です。

  • Smart Keyboard
  • Apple Pencil(第1世代)

どちらも本体とは別での購入が必要ですが、iPadの使い道がぐっと広がります。

Apple Pencilを使えば、iPadで文字とイラストを描くのもラクラクです!

iPad(第8世代)をお得に買う方法

iPad 第8世代

画像引用元:10.2インチiPad – Apple(日本)

ここまでiPad(第8世代)のスペックや特徴などを見てきました。

ですがやはりiPadは安い買い物ではないので、できる限りお得に買いたいですよね。

そこで、iPad(第8世代)をお得に買える方法を3パターンでご紹介します。

iPad(第8世代)をお得に買う方法
  • キャリアで買う
  • Apple Storeで買って格安SIMで運用する
  • 中古で買う

iPad(第8世代)はドコモ・au・ソフトバンクがお得!

iPad(第8世代)を購入するのに、スマホと同じキャリアの利用を考えている方もいますよね。

各キャリアは、それぞれ下取りプログラムが充実しています。

各キャリアの下取りプログラム
  • ドコモ:最大33,000円割引
  • au:最大22,000円相当のPontaポイント
  • ソフトバンク:最大27,360円相当のPayPayボーナス

今使っているタブレットを下取りに出せば、最大33,000円の割引になることも。

他にもお得な料金プランが用意されているので、気になる方は一度見に行ってみることをオススメします!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPad(第8世代)はApple Store+格安SIMが安い!

iPad(第8世代)で通話はしないという方は、iPadで使える格安SIMで運用がいいかもしれません。

使う会社によりますが、キャリアよりも月額が安くなる場合が多いためです。

ただし以下の点には注意が必要です。

iPad(第8世代)を格安SIMで使う注意点
  • セルラーモデルを購入する
  • SIMフリー端末を購入する
  • 動作確認ができている機種を選ぶ

基本的にApple Storeで購入したものは、SIMフリー端末になります。
 
また格安SIM会社によっては動作確認が取れておらず「入れても動かない…」ということもあり得るため、事前にチェックが必要です。

iPad(第8世代)は中古が穴場かも?

新品でなくてもとにかく安く買いたい!という場合は、中古ショップもオススメです。

新型のiPad(第8世代)は価格的には少し高いものの、新品よりは安く購入できます。

他にも型落ちモデルならもっと安くなっているため、中古のiPadを検討してみるのもいいでしょう。

このあとは、ひとつ前のモデルiPad(第7世代)との違いも説明していきます!

iPad(第8世代)とiPad(第7世代)を比較

ドコモでiPad(第7世代)

画像引用元:iPad(第7世代) | iPad | NTTドコモ

名前にもある通り、最新の無印iPadは「第8世代」と名前がついています。

ですが、ひと世代前のiPad(第7世代)と一体どんな違いがあるのでしょうか。

実は2つのiPadを比較してみると、下記の2点のみが異なります。

iPad(第8世代)とiPad(第7世代)の違い
  • プロセッサ(搭載チップ)
  • 重さ

重さはわずか10g弱ほど増量されました。

ただしその代わり、プロセッサが「A10 Fusionチップ」から「A12 Bionicチップ」へとアップしています。

このチップはiPhone XSやiPhone XRにも搭載されていたものです。

最新チップよりは劣るものの、この2機種で比べると動作面では変わってくるでしょう。

またサイズ感が似ているiPad Air(第4世代)と比較すると、プロセッサはもう一段階上がります。

iPad(第8世代)がオススメの人

アイパッドの選び方の基本

画像引用元:【公式】iPad – Apple(日本)

現在、数えきれないほどのタブレットやiPadが発売されています。

その中でiPad(第8世代)がオススメなのは、どんな人なんでしょうか。

iPad(第8世代)がオススメの人
  • コスパのいいiPadが欲しい人
  • 欲しい機種の発売までの繋ぎとして買う人
  • スペックはそこそこでいい人

やはり「iPadをできるだけコスパ良く買いたい」なら、iPad(第8世代)がオススメできます。

また欲しいモデルの発売がまだ先の場合は、繋ぎとして買うのもいいかもしれません。

iPad(第8世代)がオススメでない人

タブレット

反対にiPad(第8世代)がオススメでないのは、どんな人なんでしょうか。

これまでに紹介した通り、価格が安いぶんスペック面は少し抑えめな点がネックです。

iPad(第8世代)がオススメでない人
  • 最新スペックのiPadを購入したい人
  • Apple Pencil(第2世代)を使いたい人
  • イラスト用など本格的に仕事で使う人

普段づかいには問題ないですが、最新チップでない点には注意が必要かもしれません。

10万円以下で購入できる最新のiPadであれば、新型のiPad air(第4世代)も検討してみてください。

iPad(第8世代)はコスパ面で最強のモデル!

iPad(第8世代)はプロセッサが最新ではないものの、非常にコスパに優れています。

動画を見たりネットに繋いだりなど、普通に使う分には問題なさそうです。

iPad(第8世代)のまとめ
  • 最新iPadシリーズの中でも良コスパ
  • A12 Bionicチップ搭載で普段使いも問題なし
  • 純正アクセサリーにも対応
  • SIMフリーや中古での購入もオススメ

絵を描きたい人や高い処理能力が必要なゲームをやりたい人は、もう少し高いモデルを選ぶことをオススメします。

【2020年最新】タブレットおすすめランキング|iPadからAndroidまで

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
u-yu
u-yu
埼玉出身。常にMacと共にあった大学生活を無事に終え、22歳で就職。3歳の頃からインターネットでゲームをやり始め、今現在までネットに浸った人生を送る。趣味はiPhone 8でゲーム実況を見ること。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ