iPhone SE(第2世代)評価レビュー|コスパ最高だけど実際の使い心地は?

iPhone SE(第2世代)のサイズ・スペックを徹底レビュー!価格が非常に安くコスパ抜群なiPhoneSEは、2020年5月よりドコモ/au/ソフトバンクでも発売され、今年注目の1台です。大きさも値段も手ごろな新型iPhoneを詳しく見ていきましょう。

  • 2020年5月15日
  • by 
iPhone SE(第2世代)評価レビュー|コスパ最高だけど実際の使い心地は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)がついに発売です。

iPhone SEの実機を入手しましたので、使い心地などをレビューします。

iPhone SEシリーズの後継機種を待ち望んでいた方は多いことでしょう。(私もそのひとり)

コスパ最高と呼ばれるiPhone SEの実際の使い心地はどうなのか。

結論としてiPhone SE、最高です!

iPhone SE(第2世代)のここが良い
  • 価格が49,280円〜と安い
  • 小さい、薄い、軽い、持ちやすい
  • A13チップで高性能
  • シングルカメラでありながら綺麗に撮れる
  • ディスプレイも十分綺麗
  • Touch ID(指紋認証)がやっぱり便利
  • ホームボタン好きには唯一無二の存在
iPhone SE(第2世代)のここがイマイチ
  • 超広角やズーム、ナイトモード、ポートレートが人のみと機能が少ない
  • 電池持ちがやや不安
  • 今さらホームボタンなんて…

iPhoneの購入はauオンラインショップで!【PR】

au オンラインショップ

画像引用元:au Online Shopなら、頭金なし!送料無料!来店不要! | au Online Shop

iPhoneを購入するなら、auオンラインショップがおすすめです。

auオンラインショップであれば自宅で注文~受け取りまで簡単に手続きできます。

店舗を営業時間を短縮していたりと、外出に気を使う時期だからこそ自宅受取は魅力ですね。

また端末購入時の頭金が0円と、料金面でもお得です。

店舗によっては5,000円~の頭金がかかることもあるので、お得にiPhoneを購入するためにもぜひauオンラインショップを活用してください。

auオンラインショップのメリット
  • 24時間営業
  • 商品の種類・在庫が豊富
  • 頭金0円
  • 全国送料無料
  • 待ち時間がない
  • 手続きにかかる時間が短い
  • auオンラインショップ限定のキャンペーンもある

iPhone SE(第2世代)を開封してみた!

iPhoneSE2 外箱

アップル製品を購入して最初のドキドキがこの開封の儀。

箱はいつも通りのシンプルで丈夫な紙製のボックスです。

今さらですが、箱にプリントされているiPhoneって実寸大なんですね。

今回入手したのはSIMフリーのiPhone SEで、カラーはPRODUCT REDです。

iPhoneSE2

艶のある美しい赤。

1点の曇りもない、「THE RED」です。

しばらく眺めていたくなるほどの美しさですね。

iPhone SE(第2世代)の付属品は本体の他に7つ

iPhoneSE2開封

iPhone SEの箱に入っているものは以下です。

iPhone SEの箱に入っていたもの
  • 本体
  • USBアダプタ
  • ワイヤレスイヤホン
  • Lightningケーブル
  • スターターガイド
  • アップルステッカー
  • PRODUCT REDのカード
  • SIMピン

iPhone SEの中身は基本的にはいつも通りです。

PRODUCT REDでは説明の書いたカードが入っています。

iPhoneSE2 productredカード1

ちょっと社会貢献した気分になれる代物です。

iPhoneSE2 product redカード2

エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付される旨が記されています。

その他、いつも通りの林檎ステッカー!

今後ステッカーは何か新しいものになると嬉しいのですが…複数あっても使い道ないので。

iPhone SE(第2世代)のスペックは価格以上と断言します

iPhone SE(第2世代)

画像引用元:iPhone SEを購入 – Apple(日本)

iPhone SEの端末や機能に触れる前に、価格面のお話を。

iPhone SEの最大の武器は価格の安さにあります。

例えばこの端末が10万円近くした場合、評価はガラッと変わってしまいます。

まずは各所での価格を。

iPhone SE(第2世代)の販売価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常49,280円54,780円66,800円
詳細Apple 公式サイトを見る

Apple販売のSIMフリーiPhone SE(64GB)が最安値で49,280円です。

キャリアは横並びで55,000円〜58,000円の間。

キャリアではソフトバンクのトクするサポート+のように、条件付きで新しい機種に変更すれば一定の機種代金の支払いが免除になるというキャンペーンを展開しています。

端末は下取りに出すことになりますが、2年で機種変更する場合にソフトバンクで28,800円とかなりお安くなります。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

どこで購入すれば最もお得?

どこで購入するのか、どの容量を選ぶのかは悩むところです。

個人的な見解として、初心者はキャリア版(128GB)を購入し各社サポートを利用するのが良いでしょう。

2年間使うと仮定して、月額1,160円ほどでiPhone SEを購入できます。

上級者はアップルストアでSIMフリー版(128GB・256GB)を購入し、楽天モバイルあたりで運用するのが維持費も安くておすすめ。

キャリアなら3万円以下、SIMフリーなら5万円以下(機種変時は売ることも可)とコスパは最高です。

128GBは万人受けする容量で、動画を死ぬほど保存したい人以外は困ることはないでしょう。

おすすめのiPhone SE(第2世代)は?
  • 初心者・中級者:キャリア版(128GB)で割引キャンペーン等利用
  • 上級者:SIMフリー版(128GB・256GB)で格安SIM運用

iPhone SE(第2世代)はソフトバンクがお得!公式のオンラインショップなら頭金0円で自宅受け取りなら事務手数料も無料で機種変更/乗り換えが可能です。

iPhone SE(第2世代)のスペックを徹底レビュー

iPhoneSE2 フロント

ここからはiPhone SEのスペックをみていきましょう。

見た目は正直iPhone 8ですが、中身は大きく進化しています。

iPhone 11 Proとも渡り合えます。

iPhone SE(第2世代)のスペック表

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

ざっと眺めて詳しい人ならCPUに目がいくでしょう。

iPhone 11やiPhone 11 Proと全く同じです。

それぞれの項目を詳しくみていきます。

AnTuTuでベンチマークを測ってみた

まずはAnTuTuでベンチマークを測ってみます。

ベンチマークとはどのくらいの性能があるかを数値化したものです。

AnTuTuはベンチマークを測るアプリで、iOSでもAndroidでも同様に使えます。

iPhone SE(第2世代)のベンチマーク

iPhoneSE2-ベンチマーク1

ベンチマークテストの結果、iPhone SEはなんと45万オーバー。

これはiPhone 11の47万には及びませんが、iPhone XRを大きく超えてきました。

5万円以下で45万は驚異的な数値です。

これだけの数値が出るならば、理論上は操作面において支障が出ることはまずあり得ません。

iPhoneシリーズのベンチマーク
  • iPhone SE(第2世代):456,907
  • iPhone 11:472,111
  • iPhone 11 Pro:523,635
  • iPhone XR:400,278

iPhone SE(第2世代)のストレージは3種類

ストレージって何?という疑問も簡単に解決します。

ストレージとは「データを保存しておく場所」のことです。

iPhone SEに画像や動画を保存したい場合は数値の大きいものを選択しましょう。

3種類用意されていて、64GB・128GB・256GBです。

128GBが最も万人向けで、通常の使い方で困ることはありません。

動画をSNSやYouTubeで配信したい方も増えているでしょうから64GBは物足りない可能性ありです。

iPhone SE(第2世代)のストレージの種類とおすすめ
  • 64GB:動画は程々なライトユーザー
  • 128GB:動画をたくさん保存したり、写真を現像したい人
  • 256GB:最大容量ですので、これ以上はありません
iPhoneはSDカードが使えない
  • iPhoneは後からストレージ容量を増やすことができません。SDカードも使えないので、余裕を持った容量を選びましょう

iPhone SE(第2世代)のRAMは3GB

iPhoneSE2-ベンチマーク2
RAMとはメモリのことを言います。

このメモリが大きければ大きいほど、たくさんの作業を同時にこなせます。

iPhone SEはメモリが3GBであることが分かります。(赤い矢印のところがRAMですが、アップルは公表してません)

Androidでは8GBなんて機種もありますが、OSが違うので比較としてはあまり意味がないでしょう。

iOSではiPhone 11シリーズが4GBですから、ここは少しスペックダウン。

ですがiPhone XRと同じ3GBとなり、操作で困ることはありません。

iPhoneシリーズのRAM
  • iPhone SE(第2世代):3GB
  • iPhone 11:4GB
  • iPhone 11 Pro:4GB
  • iPhone XR:3GB

iPhone SE(第2世代)のCPUはA13チップ

iPhone SEのCPUはA13チップです。

これは最新のフラグシップモデルであるiPhone 11シリーズと同じもの。

ですから理論上は同じ頭の良さになります。

5万円以下で、10万円超えの端末と同じCPUというのは驚きしかないです。

iPhone SE(第2世代)はしっかり耐水・防塵

当然ですが、防水・防塵に対応しています。

IEC規格60529にもとづくIP67等級ですから、iPhone XRと全く同じですね。

具体的には最大水深1メートルで最大30分間とのこと。

この手の防水で大切なのは、水滴がついた手で正しく操作できるかという点。

実際に濡れた手で操作してみました。

iPhoneSE2防水性能

基本的には誤操作なく操作できます。

だだし、大きな水滴はやはり反応しますね。

これはiPhone 11 Proでも起こるので、今後の改善に期待といったところ。

指紋認証は水がついていると認識しない点に注意。

またお風呂などでぐっしゃり濡れるとスピーカーの音が籠ったり、カメラがボケたりするので注意。

※乾けば元通りになりますが…。

接続はLightningでイヤホンジャックはなし

iPhoneSE2 ジャック

充電などをするときはLightningケーブルを使用します。

やはりUSB Type-Cにはなりませんでしたね。アップル製品はlighteningとUSB Type-C(iPad Pro)が混在しているので統一が待たれます。

またイヤホンジャックはありませんので、AirPodsなどのBluetoothイヤホンを利用するか変換して有線で接続する必要があります。

イヤホンジャックはあらゆるスマホから消えていくので、ここはトレンドと割り切りましょう。

iPhone SE(第2世代)は5Gには対応していない

5G

画像引用元:5Gとは | NTTドコモ 5G

最近よく耳にする「5G」という言葉。

「5th Generation」の略で第5世代移動通信システムのことです。

簡単に説明すると「とにかく速くなって、いっぱい接続できる」というもの。

ドコモなどではサービスが開始されていてAndroidでは対応端末が発売されています。

残念ながらiPhone SEは非対応で4Gになります。

まだ始まったばかりのサービスで料金体系も様子見の段階なので、なくてもいいかなぁという印象です。

絶対5Gな人は2020年内に発売が予想されるiPhone 12(仮)を待ちましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)の機能をレビュー

iPhoneSE2機能

次に機能面をみていきます。

基本的にはiPhone 11シリーズと同じことが出来ますから、安いからしょぼい!は大きな間違いです。

iOS

iPhoneのOSであるiOSはリリースされた瞬間に対応端末なら、すぐにアップデートすることが出来ます。

ですから対応端末同士でのバージョンの違いはありません。

現在の最新はiOS13です。

ダークモードにも対応しています。

生体認証

iPhone SEの生体認証はTouch IDです。

ホームボタンがあるので、指紋でロック解除! といった昔ながらのあれですね。

Face ID(顔認証)はマスクで反応しないなど、デメリットもあるので指紋の方が良いという方も多いです。

私もそのひとりで、最近 Face IDがうまく反応しないです。

自粛生活で顔がたるんでいるせいでしょうか…。

指紋解除はスムーズに行うことが出来ました。

Apple Payにも対応

iPhone SEはApple Payに対応しています。

クレジットカードを登録してタッチで支払いしたり、モバイルSuicaを利用できます。

支払い時のロック解除は指紋認証になります。

iPhone SE(第2世代)のカメラをレビュー

iPhoneSE2 カメラ

iPhone SEのカメラを詳しくみてきます。

価格を抑えた弊害は、このカメラに最も現れています。

ですが、質を落としたというよりは機能を削減したといった感じ。

iPhone SE(第2世代)カメラ構成
  • シングル12MPカメラ(広角)
  • 最大5倍のデジタルズーム
  • 次世代のスマートHDR
  • 7MPのフロントカメラ
  • ポートレートは人のみ対応(アウト・フロント)

シングルカメラで超広角はなし

iPhone SEのカメラはシングルカメラです。

ですから超広角は搭載されていません。

シングル12MPカメラ(広角)が1つのみの構成はiPhone XRと全く同じです。

iPhone 11の超広角は歪みが酷いので、無くても良いかなと思っていたり。

iPhone SE(第2世代)で撮影してみた

iPhone SE-撮影

iPhone SEで実際に撮影してみました。

よく晴れた日の公園です。

設定は一切いじらずに、ただシャッターを切っただけです。

細かいところまでしっかり描写されていますね。

色味も自然で絵作りも好みです…というかiPhone 11 Proと言われても分からないレベル。

iPhone SEとiPhone 11 Proで同じものを撮ってみた

iPhone SE単体の写真を見るよりも、比べた方が分かりやす!

ということで、iPhone史上最高のカメラ性能を誇るiPhone 11 Proで同じものを撮影してみました。

ドキドキ…。

iPhone SE(第2世代)で撮影

iPhoneSEで撮影

iPhone 11 Proで撮影

iPhone 11Proで撮影

これ何?と思われそうですが、観葉植物をいれるスタンドです。(観葉植物はお亡くなりになりました)

どちらも何の設定もせずに、カメラアプリ起動→そのまま撮影しました。

色々と設定しなければ綺麗に撮れない端末は嫌いなので、撮って出し。

ぱっと見でどちらも綺麗に撮影されています。

室内なので多少ノイズが載っているのはご容赦ください。

そのノイズですが、多少iPhone SEの方が強めに出ていますが発色はほぼ変わりません。

iPhoneSE-11Pro写真比較

同じ倍率でアップにしてみました。

ワラの細かい描写はiPhone 11 Proの方が綺麗にみえます。

SNS等にアップするレベルでは正直違いが分からないでしょう。

iPhone SEのカメラはカタログスペック以上にCPUの処理でかなり底上げされていますね。

超広角や光学ズーム5倍などが不要なら価格ほどの性能差はないかもしれません。

ポートレートでも撮影してみたが…

iPhoneSE-ポートレート

iPhone SE(第2世代)はシングルカメラですが、ポートレートに対応しています。

ポートレートとは被写体の背景をぼかしてオシャレに見せるアレです。

人ではしっかり反応してくれますが、モノには非対応です。

人っぽいやつで試しましたが無理でした。

やはりシングルカメラの最大のデメリットはここにありますが、ソフトウェアやサードパーティ製のアプリでなんとかなりそうな気もします。

エフェクトは6種類

iPhone SEのポートレートでは6種類のエフェクトが利用できます。

自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)。

同じシングルカメラのiPhone XRでは3種類だったのでフラグシップと同様に進化しています。

ナイトモードは非搭載

夜景を綺麗に撮れるナイトモードはiPhone SEには非搭載です。

ただし、タイムラプスやスロー、パノラマには対応しています。

シャッター音は他のiPhoneと変わらず

シャッター音に関しては他のiPhoneと同様の「カシャ」という音です。

マナーモード中でも音はします。

またシャッターは音量ボタンで切ることが可能です。

フロントカメラの画総数は700万画素

iPhone SEのフロントカメラは700万画素と控えめ。

zoomなどが流行っているので、ここは1,200万画素は欲しいところです。

ただし、ポートレートにはしっかり対応しているのでセルフィーでかっこいい写真は撮影できます。

ポートレートは被写体が正確に枠に入らないと作動しません。

iPhone XRと比べるとしっかり感知してくれました。(iPhone XRは中々作動しない)

地味に進化しているのでしょうか。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)のデザインをレビュー

iPhoneSE2デザイン

気になる人が多いのが端末のデザイン。

iPhone SEはiPhone 8と同じデザインを採用していて、ホームボタンがあります。

サイズはコンパクトで、グリップしやすいデザインです。

表面

iPhoneSE2 前面

前面にはホームボタンがあります。

ベゼルは太めですが、デザインのバランスがいいので古めかしい感じは一切しません。

ちなみにiPhone 8とのシルバーとiPhoneSEのホワイトはベゼルの色が違います。

iPhone 8とSE2

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

右のiPhoneSE ホワイトはベゼル側がブラックになっていますね。

白ベゼルは今後ラインナップから消えそうです。

裏面

iPhoneSE2

表面にはアップルとPRODUCT REDのロゴのみです。

iPhoneSE2 カメラ

シングルカメラが少し突起しているのが分かります。

ですが机に置いて操作したときに、ガタガタと不安定になることはありません。

iPhone XRだとガタガタするのは突起している部分の違いでしょう。

OCN モバイル ONEのiPhone 8

画像引用元:iPhone 8 256GB | goo Simseller

上はiPhone 8の端末画像です。

うん!? 多少ロゴに変化が!!!

アップルマークが中央にきて、iPhoneのマークはなくなり、よりシンプルになりました。

すごく細かい話ですが、よりスッキリに。

側面

iPhoneSE2 左側面

左側面は上部にサイレントに切り替えるスイッチと音量ボタンが配置されています。

iPhoneSE2 右側面

右側面の上部には電源ボタン、中央にはSIMスロットがあります。

いつものiPhoneシリーズと変わりませんね。

サイズ

iPhoneSEの強みの1つがコンパクトなサイズ感です。

今やこのサイズ(iPhone 8と全く同じ)でもスマホ最小クラスになりました。

Androidも巨大化しているので、iPhoneSEのコンパクトさは最強の武器です。

iPhoneSEに対抗できるのはGoogle Pixel 3あたりでしょうか。

iPhone SE(第2世代)のサイズ
  • 高さ:138.4 mm
  • 幅:67.3 mm
  • 厚さ7.3 mm
  • 重量:148 g

iPhoneSEをグリップしてみました

iPhoneSE2グリップ

数値では分かりづらいので、実際に持ってみました。

※モデル:身長180㎝で手の大きな男性

持った印象は「小さい! 軽い! 持ちやすい!」

とにかくコンパクトでポケットでもカバンでもスルりと収納できます。

端末上部から下にスワイプして出てくる通知センターも余裕で引き出せます!

iPhone XRのサイズでは物理的に無理でしたので、これは使いやすい…。

このサイズってもしかして、ミニマリストには最高なのでは。

カラーバリエーション

iPhoneSE

画像引用元:iPhone SE – 仕様 – Apple(日本)

iPhoneSEのカラーバリエーションは以下です。

iPhoneSE(第2世代)カラーバリエーション
  • ホワイト
  • ブラック
  • PRODUCT RED

白・赤・黒というシンプルな3色がラインナップされています。

iPhone 8はシルバー・スペースグレー・ゴールド・PRODUCT REDだったので1色減っています。

ですが、iPhoneSEのホワイトとブラックはより白く、より黒くといった感じで美しさが増しています。

PRODUCT RED以外で気になるのはホワイトでしょうか。

ベゼルが黒のホワイト、かっこいい。

指紋のつきやすさは?

iPhoneSE2指紋

指紋のつきやすさも気になるところ。

ベタベタ触ってみましたが、特に気になるというほどではありませんでした。

PRODUCT REDでは目立ちにくいですが、ブラックだと気になるかもしれません。

というか、背面に指紋がつかないスマホはほぼないでしょう。

ただしアップルマークのところだけは気になりますね笑。

ディスプレイ

iPhoneSEが最上位モデルであるiPhone 11 Proに劣る可能性が高いのがディスプレイ部分です。

iPhone SE(第2世代)のディスプレイ
  • Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載4.7インチ
  • 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi

まずiPhoneSEのディスプレイはIPS液晶です。

主流になりつつある有機ELは採用されていません。

しかもLiquid Retina HDディスプレイでもなく通常のRetina HDディスプレイです。

また解像度は1,334 x 750ピクセル解像度 326ppiと最新モデルには劣ります。

うーん、コストダウンのため仕方ないか? と不安は残りますが、数字でアレコレ語るより実際にみてみましょう。

iPhone 11 ProとiPhone SE(第2世代)のディスプレイを比較してみた

iPhone 11-SE2ディスプレイ

左がiPhone 11 Pro、右がiPhone SEです。

ホワイトバランスの影響で実際とは多少違いますが正直どっちも綺麗。

iPhone 11 Proの方が多少明るいくらいでしょうか。

ディスプレイを斜めから見た場合、iPhone 11 Proは青味が強くなっていくのに対してiPhone SEはあまり変化しません。

ベゼルが狭い分、表示領域はiPhone 11 Proに軍配が上がりますが綺麗さでは引けを取りません。

解像度ってどうなの?

解像度が低いと巷では言われていますが、326ppiは人間の目で識別できる限界を超えている数値です。

近づいて文字をみましたが、ギザギザ感などは全くありません。

有機ELの発色が派手すぎて苦手な人もいますし、これは好みのレベルです。

気になるのは動画のサイズ

iPhone 11-SE2 ディスプレイ2

ついでにYouTubeで動画を表示してみました。

動画ではノッチが表示領域を邪魔するので両端末の情報量はほぼ同じに!

これなら動画視聴でも十分ストレスなく見れちゃいますね。

うーん、ますますiPhoneSEのコスパの良さが浮き彫りに。

サウンドレビュー

iPhoneSE2 ジャック

iPhone SEのサウンドはどの程度のものでしょうか?

格安Androidでは、このサウンド面を削ることが多いのですがiPhoneSEはここも優れています。

iPhone SEのサウンド
  • ステレオ再生

iPhone 11シリーズはDolby Atmosや空間オーディオ再生に対応しています。

ところがiPhone SEはステレオ再生のみ。

iPhone 11 Proと比べて音質は?

YouTubeで某アーティストの公式チャンネルにアップされている音源で試してみました。

結果…やはりiPhone 11 Proの方が音に広がりがありクリアで綺麗に聴こえます。

iPhone XRと比べて音質は?

次にiPhone XRと比べてみたところ、こちらも多少の違いがありました。

iPhone XRは「よりワイドに広がるステレオ再生」です。

確かに音の広がりが微妙にiPhone XRの方が良い結果に。

なんだかiPhone SEのサウンドがダメのように聞こえますが、そんなことは全然なく比べなければ十分に綺麗に聴こえます。

iPad(第七世代)のモノラルに比べれば雲泥の差です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)のバッテリー持ちはどんなものか?

iPhone SEを検討している方が最も気にしている点に、電池持ちがあります。

「iPhone SEって電池持ち悪いんじゃないの?」

そういう声が多い原因はiPhone SEのバッテリー容量にあります。

iPhoneシリーズのバッテリー容量
  • iPhone SE(第2世代):1,821mAH
  • iPhone 8:1,821mAH
  • iPhone 11 Pro:3,046mAH

iPhone SEのバッテリー容量は1,821mAHですからiPhone 8と全く同じなんですね。

iPhoneSE2-8-11Proバッテリー比較

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

アップル公式サイトでもiPhone8とほぼ同じバッテリー駆動時間とあります。

またストリーミングに関してiPhone SEは最大8時間に対して、iPhone 11 Proは11時間と3時間も差があります。

これは不安…iPhone 8と同じくらいの可能性も。

ということで実際にYouTubeで同じ動画を3機種で2時間視聴してみました。

iPhone SE(第2世代)でYouTubeの動画を2時間みてみた!(5月15日追記)

iPhoneSE2-11 Pro 動画

iPhone SEと共に、iPhone8、iPhone 11 Proでも全く同じ動画を2時間視聴してみました。

どのくらいの差が出るのか、チェックします。

テスト条件
  • YouTubeで動画を2時間視聴
  • 画質は720p
  • ディスプレイ輝度はMAX
  • 本体のスピーカーから音を流す
  • 音量は真ん中くらい
  • バッテリー状態は100%
  • アプリではなくブラウザ(Safari)で視聴

iPhone SE(第2世代)のバッテリー残量

iPhoneSE2バッテリーテスト1

2時間の視聴が終了した時点で電池残量は69%という結果に。

31%消費したことになります。

iPhone8のバッテリー残量

iPhone8バッテリーテスト

iPhone8で2時間の視聴が終了した時点の電池残量は60%という結果に。

40%消費しました。

同じ電池容量のiPhone SEと9%の差がつきましたね!

iPhone 11 Proのバッテリー残量

iPhone 11Proバッテリーテスト1

iPhone 11Proバッテリーテスト2

iPhone 11 Proはノッチの都合で%がホームで確認できなかったため、コントロールセンターで。

2時間の視聴が終了した時点で電池残量は89%という結果に…えっ。

たったの 11%しか消費していません。

これは驚異的な電池持ちですね。

2時間動画を見た結果
  • iPhone SE(第2世代) :31%消費
  • iPhone8:40%消費
  • iPhone 11 Pro: 11%消費

iPhone SE(第2世代)の電池持ちは結果どうなのか

iPhoneSE2バッテリーテスト3

結果としてiPhone SEはiPhone8よりも電池持ちがいいことがわかります。

同じ容量のiPhone8よりもiPhone SEがなぜ電池持ちがいいのか。

やはりプロセッサーが最新であることが大きな要因でしょう。

A13チップを積んでいるiPhone SEの方がiPhone 8よりも電池持ちが良いのは頷けます。

しかしiPhone 11 Proはとんでもない電池持ちですね…。

バッテリー容量が1.6倍近いので当然ですが、有機ELの恩恵も関係していそうです。

iPhone SEの電池持ちは悪くない
  • 輝度をMAXにしていたので、調整すれば電池持ちはさらに良くなります
  • スピーカーの音量もバッテリーに影響するので参考値みていただけると幸いです

ワイヤレス充電にも対応

iPhoneSE2ワイヤレス充電

iPhone SEはワイヤレス充電に対応しています。

別途ワイヤレス充電器を買えば、さっと置くだけで充電が始まります。

設定等は一切なし!

iPhone SEは最大 7.5ワットで充電することができます。

ホームボタンがあるということ

iPhoneSE2ホームボタン

iPhone SEの大きな特徴はホームボタンにあります。

ホームボタンは未だ根強い人気があるのはご存知でしょう。

理由はとっても簡単で、ホームボタンを押せば「なんとかなる理論」でしょう。

ちなみにボタンといっても本当にボタンがあるわけではありません。

感圧式のセンサーですので、ホコリが溜まって故障! を防ぐことができます。

ホームボタンのメリット1:どんな状態でもボタン1つでホームへ

ホームボタンは神のボタン。

どんな状態でも押すだけでホームに戻れます。

この操作に慣れきっている人にとってホームボタンのない機種は使いづらさを覚えます。

ホームボタンLOVEな人にはとってiPhone SEは最高のデバイスといえます。

ホームボタンのメリット2:Touch ID(指紋認証)が使える

ホームボタンがあることによって指紋認証が使えます。

Face IDがここ最近、認識されなくなってしまいました。

原因は外に出ないため外見が変化したからでしょう…。

再設定もうまくいかないので、もはや人として認識すらしてくれないようです。

指紋なら顔よりは変化しないで、私は指紋を推します。

理想は画面内指紋認証ですね。

ホームボタンのメリット3:楽に呼び出せるコントロールセンター

iPhoneSE コントロールセンター

ホームボタンがあるため、コントロールセンターの呼び出しが従来の端末下部から上へスワイプです。

これによって手が小さい人でも簡単に呼び出すことが可能。

ホームボタンのないiPhoneではこの操作は端末上部から下にスワイプです。

またノッチがないため、ホーム画面に電池残量を表示できるのも地味に嬉しいポイントです。

iPhone SE(第2世代)は全世代にオススメ、と言わざるを得ない

iPhoneSE2

iPhone SEはリーズナブルでありながら、高性能というコスパ最高iPhoneであることを再認識する結果に。

以下、iPhone SEの優れた部分、イマイチな部分をまとめます。

iPhone SE(第2世代)のここが良い
  • 価格が49,280円〜と安い
  • 小さい、薄い、軽い、持ちやすい
  • A13チップで高性能
  • シングルカメラでありながら綺麗に撮れる
  • ディスプレイも十分綺麗
  • Touch ID(指紋認証)がやっぱり便利
  • ホームボタン好きには唯一無二の存在
iPhone SE(第2世代)のここがイマイチ
  • 超広角やズーム、ナイトモード、ポートレートが人のみと機能が少ない
  • 電池持ちがやや不安
  • 今さらホーム画面なんて…

良い点は散々述べてきたので、お腹いっぱいですよね。

イマイチな点はやはりカメラ機能が貧弱なところ。

特にポートレートのモノ非対応は結構厄介で、かっこいい物撮りが出来ません。

また電池持ちも上位機種よりは持たない結果に。

あとはホームボタンや太いベゼルを古臭いと思うかどうか。

逆にいえばこれらが気にならなければ間違いなくiPhone SEは買いです。

だって5万円切る価格なんですもん…。

iPhone SE(第2世代は)がぴったりな人は?

最後の最後にiPhone SEを買うことで幸せになれる人をピックします。

iPhone SE(第2世代)はこんな人にぴったり!
  • スマホは出来るだけ安い方がいい
  • けれどスペックは妥協したくない
  • ホームボタンがある機種からの乗り換え
  • ホームボタンがない機種で嫌気が差した人
  • 小さいスマホしか受け付けない人
  • iPhoneを使ってみたいスマホ初心者
  • iPhoneの最新機能を追いかけるのに疲れた中・上級者
  • 仕事で2台持ちしなきゃいけないビジネスマン
  • なんでも良いのでスマホが欲しい人
  • あまりお金を使いたくないお子様や学生
  • 家計をやりくりしている主婦
  • スマホで損したくない人

あれ、ほぼ全世代じゃないですか!

iPhone SEは初心者から上級者まで、コスパを重視する全世代の方にオススメできる良iPhoneです。

動作に関してもiPhone 11 Proに全く引けを取らないiPhone SE。(操作していて違いが分からない)

ホームボタンのあるiPhoneとして今後もシリーズ化しそうです。

iPhone=高額を覆してこそ、Androidと張り合えるというものです!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
kou
kou
脚本・演出家。時にライター・WEBディレクター。アベンジャーズよりもX-MENが好き。X-MENで欲しい能力はミスティークのそれ。用途はもちろんあれ。ジョジョで欲しい能力はパールジャムで理由は肩こりが激しく胃腸が弱いから。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ