月間データ20GBで比較!スマホのプランはどこがおすすめなのか

  • 2021年2月6日
  • by.affiprecious

ahamo

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ・au・ソフトバンクが2021年3月に提供開始する20GBプラン。

これまでのキャリアにはないコスパの高いプランであるだけに、現在注目を集めています。

また、2021年2月にはサブブランドであるUQモバイル・ワイモバイルも20GBプランをスタート。

コスパの良い20GBプランが増えるのは嬉しいですが、どれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではこの5つのプランを様々な要素から比較。

どのプランが優れているのかを徹底分析していきます。

20GBプラン比較
  • アハモ:月額3,278円。5分以内の国内通話無料や5G、国際ローミングに対応し、手数料も完全無料。
  • povo:月額2,728円と最安。5分以内の国内通話無料をトッピングで追加可能。5Gは2021年夏以降の対応で、手数料は自社内での移動なら無料。
  • SoftBank on LINE:月額3,278円。LINEアプリのデータノーカウント付きで、5Gにも対応。
  • くりこしプランL:月額3,828円で月間25GB。データの繰越ができる。5Gには未対応で、音声通話無料もない。
  • シンプルL:月額4,158円で月間25GB。5Gに対応。
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ:内容は非常に優れているが、自宅や自分の生活圏が楽天回線エリアであるかは要チェック。
  • 格安SIMの20GBプランでは、mineoが2,178円と非常に安い。

トップ画像引用元:ahamo | アハモ

3大キャリア(サブブランド)の20GBプランの概要

povo

画像引用元:| KDDI株式会社

まずは、各社の20GBプランの概要について確認していきましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクに加え、サブブランドのUQモバイルとワイモバイルも20GBプランの提供を予定しています。

ドコモ「ahamo(アハモ)」

ahamo

画像引用元:ahamo | アハモ

アハモの基本情報
月額料金3,278円
通信容量月間20GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
5分超過時は22円/30秒
ネットワークドコモの5G・4G
海外82の国々・地域で利用可能
手続き方法オンライン・専用アプリ
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月

まずは、驚きの内容で携帯電話業界を驚きの渦に巻き込んだドコモのアハモです。

20GB使えるプランの月額が3,278円。格安SIMよりも安い料金設定です。

従来のドコモからは全く考えられない価格ですよね。

アハモは20GBを使い切っても最大1Mbpsで通信可能で、5Gにも対応しています。

さらに、ドコモが通常月額800円で提供している「1回5分以内の国内通話無料」もプランに内包されているという豪華っぷり。

いかにアハモが安いかがわかりますね。これまでのキャリアの常識を完全に破壊した、非常にお得なプランです。

加えて、国際ローミングにも対応しています。82の国・地域で利用可能なほか、手数料もすべて無料。

ただし、受付窓口はオンライン・専用アプリに限られます。ドコモショップなどでは受け付けていません。

また、契約後のサポートもすべてオンラインを介して行われます。あまりネットに馴染みのない方には、ちょっと不便なプランです。

au「povo(ポヴォ)」

povo

画像引用元:新発想の料金プラン「povo」誕生|au

povoの基本情報
月額料金2,728円
通信容量月間20GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話22円/30秒
トッピングで追加可能
1回あたり5分以内の国内通話無料:月額550円
国内通話かけ放題:月額1,650円
ネットワークauの4G
(auの5Gは2021年夏以降対応予定)
海外不明
手続き方法オンラインのみ
新規契約事務手数料au・povo・UQモバイル間で無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月23日

まず目につくのは、月額2,728円という安さです。

ドコモ・ソフトバンクの20GBプランは月額3,278円ですから、この安さはpovoの大きなアドバンテージですね。

なお、povoには通話無料がないものの、「トッピング」と呼ばれる追加オプションによって、5分以内の通話無料が月額550円で追加できます。

これを追加すれば月額3,278円となり、3キャリアが横並びに。しかし、povoの料金はユーザーのカスタマイズ次第で変動するため、この点は使いやすいですね。

なお、2021年3月のサービス提供開始時点では、5Gが利用できません。5Gに対応するのは2021年夏以降となる予定です。

また、国際ローミングにも対応していません。auの「世界データ定額」に対応するかどうかも言及されていないため、現在は不明です。

ドコモのアハモの対抗プランとして開発を急いだせいか、まだ不明な点が多い印象を受けます。

UQmobile「くりこしプラン」

くりこしプランの基本情報
月額料金くりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
くりこしプランL:3,828円
通信容量くりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB
速度制限時くりこしプランS:最大300Kbps
くりこしプランM・L:最大1Mbps
音声通話22円/30秒
ネットワークUQモバイルの4G
2021年夏以降に5G対応予定
海外なし
手続き方法オンライン・店舗
新規契約事務手数料3,300円
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年2月

UQモバイルは2020年10月に20GBプラン「スマホプランV」を発表しましたが、これを撤回し、2021年2月1日から新たな料金プラン「くりこしプラン」の提供をスタートしました。

本記事の焦点である20GBプランはありませんが、アハモやSoftBank on LINEと競えるコスパの良さを誇っています。

しかも、プラン名のとおり余ったデータの繰越も可能です。余ったデータを翌月に繰越せば、来月は普段以上にデータを使うことができます。

2021年2月時点では、まだ5Gが使えません。5G対応スマホを利用している方は注意してください。

なお、手続きは店舗でも可能ですが、手数料は通常どおり3,300円請求されます。

ソフトバンク「SoftBank on LINE」(ブランドコンセプト)

SoftBankonLINE

画像引用元:SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

LINEMOの基本情報
月額料金2,728円
通信容量月間20GB
+LINE通信量ノーカウント
速度制限時最大1Mbps
音声通話なし
(オプションで提供)
ネットワークソフトバンクの5G・4G
海外国際ローミングを無料オプションとして提供
手続き方法オンライン・LINEアプリ
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年3月17日

ソフトバンクのSoftBank on LINEはアハモと同じ月額3,278円。

本プランの最大の魅力はLINEアプリの通信量ノーカウントです。

ノーカウントとなる通信は、「通話」と「トーク」が対象。普段からLINEアプリを多用している方なら、使用データ量を大幅に削減することができるでしょう。

1回5分以内の無料通話も付いており、5Gにも対応しています。

なお、SoftBank on LINE自体は国際ローミングに非対応ですが、ソフトバンクのアメリカ放題が利用可能です。

SoftBank on LINEへの申し込みなど、各種手続きの方法はオンラインとLINEアプリが予定されています。

LINEアプリを普段から使っている方なら、簡単に手続きできるとのことです。

総じて、LINEを普段から使っている方にとっては、かなり魅力的な内容ですね。

ワイモバイル「シンプルL」

シンプルLの基本情報
月額料金4,158円
通信容量月間25GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話22円/30秒
ネットワークワイモバイルの5G・4G
海外なし
手続き方法オンライン・店舗
新規契約事務手数料3,300円
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日2021年2月

ワイモバイルは当初「シンプル20」という名の20GBプランを2020年12月に提供する予定でしたが、アハモの出現により提供予定を変更。

現在では「シンプルL」と名を変え、内容を一新して2021年2月18日に提供を開始する予定となっています。

UQモバイルのスマホプランVと同様、通信容量は月間25GBです。

しかし、月額料金は4,158円と高め。また、これまでのプランには付帯していた1回10分の国内通話無料もありません。

手続きが店舗でできるのは嬉しいですが、手数料はこれまでどおり3,300円かかります。

料金比較~お得なのはどのプラン?

auとUQモバイルの実店舗

5つの20GBプランの概要を見てきましたが、ここからは最も気になる料金から比較していきます。

プラン名月額料金備考
アハモ3,278円5G対応
国際ローミング対応
手数料無料
povo2,728円トッピングでサービス追加
自社間で手数料無料
SoftBank on LINE3,278円5G対応
LINEアプリ通信量ノーカウント
自社間で手数料無料
くりこしプランL
(25GB)
3,828円余ったデータを
翌月に繰越可能
シンプルL
(25GB)
4,158円5G対応

まず目にとまるのは最安のpovoですよね。なんと月額2,728円です。

通話無料サービスをトッピングすると他の2キャリアと同額になるものの、ユーザーに選択が委ねられているのは、使い勝手が良くて嬉しいポイントと言えます。

アハモとSoftBank on LINEはどちらも月額3,278円です。

くりこしプランLは25GBまで使える反面、通話無料や5Gは使えないため、トータルで見ればアハモとSoftBank on LINEの方が上でしょう。

そして、ワイモバイルのシンプルLは、残念ながら他のプランに料金では対抗できていません。

5Gが使えるという点では、ライバルのUQモバイルより優れてはいます。しかし、くりこしプランLなら余ったデータを翌月に繰越すことが可能です。

やはりシンプルLがコスパで競うのは厳しいですね。

通信制限比較~使い勝手が良いのはどこ?

次の比較は、月間データ量を使い切った後の通信制限についてです。

ここでは、通信制限にかかった後の通信速度と、短期間データ容量制限の有無を比較します。

プラン名制限時の最大速度短期間データ量
制限の有無
アハモ1Mbps無し
povo1Mbps無し
SoftBank on LINE1Mbps無し
くりこしプランL1Mbps無し
シンプルL1Mbps無し

短期間のデータ量制限は、今回ご紹介しているプランにはありません。

また、どのプランも通信制限時の最大速度は1Mbpsです。

このとおり、5つのプランでまったく差がありませんでした。

音声通話料金比較~通話重視の人は要注目!

今回解説している5つのプランは、月間データ量では差がありません。

しかし、音声通話料金については各社ともに微妙な違いがあります。

では、各プランの音声通話料金を比較してみましょう。

プラン名音声通話
サービス
備考
アハモ22円/30秒
1回5分以内の国内通話無料
国内通話かけ放題:月額1,100円
povo22円/30秒トッピングで追加可能
1回あたり5分以内の
国内通話無料:月額550円
国内通話かけ放題:月額1,650円
SoftBank on LINE22円/30秒
1回5分以内の国内通話無料
国内通話かけ放題:月額1,100円
くりこしプラン22円/30秒1回あたり10分以内の
国内通話無料:月額770円
国内通話かけ放題:月額1,870円
シンプルL22円/30秒1回あたり10分以内の
国内通話無料:月額770円
国内通話かけ放題:月額1,870円

アハモとSoftBank on LINEには、5分以内の国内無料通話が追加料金なしで付いてきます。

これ以上の無料通話サービスが必要な場合は、月額1,100円で国内通話かけ放題にすることも可能です。

次にpovoですが、このプランには無料通話サービスが付いておらず、ユーザーがトッピングによって追加する形になります。

元々の月額料金が2,728円であるため、5分以内無料通話を付けたとしても3,278円ですから、使いやすいと言えますね。

また、くりこしプランとシンプルLには無料通話サービスが付いていません。

追加オプションは通常のものと同じになるため、料金は3キャリアに比べると高めです。

楽天モバイルの料金・データ容量・音声通話はどう?

楽天アンリミット6

画像引用元:楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表

2020年4月に、新たにキャリアの仲間入りを果たした楽天モバイル。

現在、提供しているプランは「Rakuten UN-LIMIT V」の1つだけで、2021年4月には同プランが「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」にアップグレードします。

アハモ・povo・SoftBank on LINEの後に発表されたプランだけに、内容はかなり豪華なものとなりました。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本情報
月額料金1GB未満:0円
3GB未満:1,176円
(2回線目以降は0~3GBまで1,176円)
20GB未満:2,178円
無制限:3,278円
通信容量楽天回線:無制限
パートナー回線:5GB
速度制限時最大1Mbps
音声通話専用アプリ使用で国内通話無料
ネットワーク楽天回線:楽天モバイルの5G・4G
パートナー回線:auの4G
海外66の国々・地域で利用可能
手続き方法オンライン・店舗
新規契約事務手数料無料
機種変更手数料
MNP転出手数料
提供開始日提供中

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最も魅力的な点は、使った分だけ料金が増える従量課金制であることです。

しかも、1GB未満なら驚きの月額0円!3GB未満でも1,176円と格安SIMより安い金額です。

さらに、20GB未満で月額2,178円という値段設定は、アハモ・SoftBank on LINEより1,000円、povoより500円安いので、大変お得。

20GB以上は無制限で、月額料金は3,278円です。

さらに、「Rakuten Link」アプリで通話すれば、国内通話が無料に。

まるで向かうところ敵なしといった内容ですね。

しかし、やはりネックになるのが楽天回線エリアです。

楽天回線エリアの通信品質は良好ですが、パートナー回線エリアでは微妙だという声も少なくありません。

パートナー回線での月間データ量はたった5GB。

楽天モバイルを利用するなら、普段の活動エリアが楽天回線エリアに収まっているか、事前に確認してから契約した方が良いでしょう。

なお、楽天回線エリアは日々広がってきています。2021年夏には人口カバー率96%を達成する見込みです。

格安SIMの20GBプランは速度や通信品質がネックか

mineo

画像引用元:サイトのご利用にあたって|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

低・中容量帯の安さが売りの格安SIMですが、20GBを提供している業者もあります。

業者名20GBプランの月額料金
mineo2,178円
OCN モバイル ONE4,840円
BIGLOBEモバイル5,720円
y.uモバイル6,589円

ダントツの安さを誇るのがmineoです。同社は2021年1月下旬に新プラン「マイピタ」を発表し、料金プランを一新。

元の20GBプランより2,500円以上値下げしています。とんでもないプランですね。

アハモやSoftBank on LINEよりも1,000円安く、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵと並ぶ料金設定です。

現在、他の格安SIMは月額料金でmineoに太刀打ちできない状態になっています。

恐らく今後は、mineoの料金設定が格安SIMの基準となっていくことでしょう。

ただし、mineoを含む格安SIMはキャリアから回線を借りてサービスを提供している都合上、通信速度・品質でキャリアやサブブランドに劣ってしまう傾向があります。

20GBプランは自分のスマホの使い方にあったものを選ぼう!

ワイモバイル5G

画像引用元:新料金プラン登場 シンプルS/M/L|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

本記事では、ドコモ・au・ソフトバンク・UQモバイル・ワイモバイルの20GBプランについて解説しました。

20GBプラン比較
  • アハモ:月額3,278円。5分以内の国内通話無料や5G、国際ローミングに対応し、手数料も完全無料。
  • povo:月額2,728円と最安。5分以内の国内通話無料をトッピングで追加可能。5Gは2021年夏以降の対応で、手数料は自社内での移動なら無料。
  • SoftBank on LINE:月額3,278円。LINEアプリのデータノーカウント付きで、5Gにも対応。
  • くりこしプランL:月額3,828円で月間25GB。データの繰越ができる。5Gには未対応で、音声通話無料もない。
  • シンプルL:月額4,158円で月間25GB。5Gに対応。
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅵ:内容は非常に優れているが、自宅や自分の生活圏が楽天回線エリアであるかは要チェック。
  • 格安SIMの20GBプランでは、mineoが2,178円と非常に安い。

アハモ・povo・SoftBank on LINEは、似ているようで結構違います。

また、これら3つのプランはユーザーの反応を元に少しずつ内容が変わってきているため、今プランを決めてしまうのは時期尚早と言えるでしょう。

サブブランドも新プランを発表しましたが、3キャリアの20GBプランに比べると力不足感が否めません。

しかし、これらのプランもまた仕様が変更となる可能性があります。

20GBプランはそれぞれ個性が異なるため、自分のスマホの使い方にあったものを選んでくださいね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。