21年後のノストラダムスは誰?|迫りくる『2038年問題』の恐怖

21年後のノストラダムスは誰?|迫りくる『2038年問題』の恐怖

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

みなさんは「2000年問題」って覚えていますか?
「2000年問題」は今から17年も前の2000年、プログラム内で日付を下二桁でのみ取り扱った際、本来のプログラムとは異なる誤作動を引き起こすかもしれないとされた社会現象です。

具体的には2000年を想定して入力した「00」が1900年として認識され、順序が狂う可能性があるとされた問題です。電気や水道といったライフラインの停止や、それらを起因とした交通系や金融関連、医療機関の混乱などが想定され、世界規模でプログラムの修正を行ったとされています。
この事前対応が功を奏してか、実際には生活に直結するような混乱は生じず、うやむやのうちにこの社会現象は収束しました。

そして今から先の21年後、『2038年問題』という新たな社会現象が起こりうると李 在煥さんが共有してくれました。
<参照:Divide et impera『世界は滅亡しなかったが、次は2038年も危ない』>

ノストラダムスが警鐘を鳴らした「2000年問題」、では「2038年問題」は誰が?

この『2038年問題』とは32bitの時刻データを扱っているシステムで起こりやすいとされており、特にUNIX時間を取り入れたシステムで影響を受けるかもしれないとされているもののようです。

UNIX時間は1970年1月1日から計算したものであり、差し引かれたうるう秒も加えた時間を差しています。これらは符号付整数を用いているのですが、この符号付整数がちょっとくせ者。
符号付整数は「2,147,483,647」を最大値としており、これを超えると「負の位(つまりマイナス)」として取り扱われるのだとか。そして1970年1月1日から「2,147,483,647秒後」にあたり、符号付整数がマイナスに突入するのが2038年1月19日3時14分07秒なのです。

「2000年問題」の時はノストラダムスの大予言と相まって、社会現象として良くも悪くも一般社会にまで流布されましたが、今回の2038年はただの2038年。気付かない人は気付かないまま、その年を迎えてしまうことでしょう。

果たして「2038年問題」のノストラダムスは誰なのか?
このままでは社会全般の古く長く安定して使われていたシステムが影響を受けることになるでしょう。2038年以前に迎えるであろう「日本の元号」の変更に伴う対応に併せ、早かれ遅かれこれらの対応に向けて大きな変化が起こるかも知れません。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...
お葬式から供養まで|加速するIoT化 今年の秋彼岸は9月20日から26日まで。 みなさんはご先祖さまの供養、忘れずにされましたか? 国土の狭い日本の土地事情も相まって、昨今ではバーチャル墓地を取り入れている団体もあったりします。 特に墓不足が深刻な問題とされている都市...
楽天が空の安全を守る|ドローン用無人航空機管制プラットフォーム提供開始... 今年の8月は例年の “8月” とは違っていました。 すぐに思い浮かぶのは日本全国に渡る長雨でしょうか。 首都圏では48年ぶりの連続降雨記録を観測しており、まさしく異常気象となりました。 しかし、他にも異常といえる出来事がありま...
仮想環境で『Ansible』を使ってサーバ構築... 最近、サーバ構築を実施する必要がありました。 まずは仮想環境を作り、サーバ構築を……と思ったのですが、私はインフラ周りの経験が浅く、色々困ったことが頻出してしまいました。 今回の記事では、私と同じような “サーバ構築ビギナー” ...