30代女性がソフトバンクから乗り換えない理由は「料金の安さ」

  • 2018年3月16日
  • by.よし松

39b59cdc116254ad402a23dba4ce3e42_m

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクの最大のメリットは料金の安さ(39歳・主婦・ソフトバンク歴10年)

料金の安さを喜ぶ女性

ソフトバンクの最大のメリットは、料金の安さです。豊富な料金プランがあり、いつでも自分のライフスタイルに合った最安値になるようプラン変更が可能です。

私はよく新機種リサーチの為に店頭に行くのですが、料金プランについて聞くと店員さんが詳しく最適なプランを打ち出してくれて、直ぐにプラン変更してくれます。また、ソフトバンクは通信速度も速く、通信エリアも広いので高速で繋がりやすいのも魅力です。電波が届かなくてイライラすることもないですし、インターネットもサクサク使えます。ストレスなく利用できる点もメリットです。

機種を変える時も、豊富な機種から選択でき最新機種でも、一括ではなく月々の支払いで払うことができます。また最近では、サーティーワンアイスクリームや、コンビニのから揚げ、吉野家の牛丼無料などのサービス券がついてくるなど嬉しい特典もあります。他社も同じように特典があると思うのですが、ソフトバンクは頻繁にありますし、お店もどこにでもある行きやすいところにしてあるので良心的です。楽しく美味しい特典がついてくるのも大きなメリットだと思います。またソフトバンクの携帯を持っていれば、ソフトバンク光に加入するとインターネットが断然お得です。

ここまで良い事ばかり書きましたが、デメリットもあります。目新しい機種のPRが上手いので私の主人は、直ぐにほしがってしまいます。また、もしも故障した時の為の修理のパックに入っていなかった場合、故障して直しに出すと高額請求され驚きます。よくバリバリに割れてしまった液晶のままスマホを使っている人を見かけますが、その人達は皆ソフトバンクでは?と思ってしまいます。

また、ソフトバンクの一番のデメリットは、他社への乗り換えをさせない為の途中解約の違約金の高さです。意味はわかるのですが、他社に比べてやり過ぎなのでは?と思ってしまいます。なので、購入や機種変の時にお値打ちであっても、途中解約すると大変なことになりますよ。と、店員さんも必ず念を押して何度も言ってくれるほどです。私は、その点が気になり少し嫌になってソフトバンクをやめようかと悩んだことがありました。企業理念を疑ってしまうからです。ですが、今も結局ソフトバンクのままです。デメリットもあるけれど、やはりメリットも大きいので当面はこのまま使い続けると思います。

ソフトバンクの機種変更で違約金が発生する場合と回避方法を解説

ケータイ以外のサービスを目の見える形で頂けるのはとても嬉しい(30歳・事務・ソフトバンク歴11年)

SUPERFRIDAYのバナー
画像引用元:SUPER FRIDAY | 特集 | モバイル | ソフトバンク

もともとJ-PHONEを使用していました。そこからずっと携帯電話会社を変更せずにいたらvodafoneからソフトバンクになったという流れです。ですが、本当はソフトバンクが嫌でした。今はそのようなイメージがありませんが、ソフトバンクになりたての当初、私は学生だったのですが私の周りではソフトバンクを持っている人は貧乏というイメージがあったからです。それは当時、携帯はソフトバンクが一番月額料金が安い半面、電波も悪かったから印象が悪かったです。私にとって料金が安いのはありがたいですが、当時私の周りはDOCOMOを使用しており結構バカにされた経験があります。

大学は相当な田舎だったので、大学構内の森や奥の講義棟に行くと電波が通じませんでした。一度DOCOMOに変えようと思いましたが、家族全員がソフトバンクだったので家族割が適用され、とても安かったのでなかなか踏み切れませんでした。しかし大学4年ごろになると電波も届くようになり段々と改善されたのでそのままソフトバンクを利用することになりました。

そこから社会人になりスマホの先駆者のiphoneが他の携帯電話会社よりいち早く出たので自分がソフトバンクで良かったと思いました。昔はイメージ的にDOCOMO>au>ソフトバンクというヒエラルキーがあったと思いますが、この頃からそのようなイメージが無くなり、今では優劣ないように思います。

それは殆ど、今の時代(電話)かけ放題になったからだと個人的に思います。特に料金的にも3社殆ど同じくらいなので、あえて他社に乗り換えする必要がないと思います。携帯電話会社に行ってわざわざ長い時間を待たされ手続きを行うのが面倒くさいです。

DOCOMOが独自TVサービスをやっていると聞きますがソフトバンクから乗り換えようとは思いません。私はスマホでネットと電話をかけるだけで十分です。また最近では、ソフトバンクはスーパーフライデーというサービスがありますよね。私はあのサービスとても素晴らしいと思います。アイスクリームやドーナツをもらったりとケータイ以外のサービスを目の見える形で頂けるのでとても嬉しいです。以上の点から他社に変更する必要がないので将来ソフトバンクを使用し続けると思います。

仕事終わりや家事の合間にサッと行ける距離に店舗がある(31歳・パート・ソフトバンク歴15年)

店舗の受付スタッフ

家族4人全員がソフトバンクユーザーなので、私も高校入学時に初めて携帯を持つ際に、自然とソフトバンクにしたのですが、今でも使い続けて他社に乗り換えていないのは、最寄りのソフトバンクショップが自宅から徒歩5分圏内にあるので、いざ修理に出したり引き取りに行ったり不具合が出たりした場合、即座に行ける利便さがあるからです。他の会社だと徒歩では行けないので、仕事終わりや家事の合間にサッと行ける距離に店舗があるということは重要なポイントです。ソフトバンクの場合、春先や秋頃に新機種が出るたびにパンフレットを直接店舗に貰いに行ったり、実物を見に行ったりしています。

最寄りの店舗の店員さんの説明や応対も丁寧だし、チャットでソフトバンクの人に質問をなげかけてやり取りをした時も、私がなかなか理解できなかったこともあり、30分近くやり取りした際も丁寧だったので、接客がイイ感じだと思うのはポイントが高いです。しかし、今身近にいる店舗の店員さんはイイ感じなのですが、今はいないけれど、同店舗で感じの悪い店員さんがいたこともあったので、その時は行くのを止めようと思って、車でやや遠い店舗を利用していた時期もあります。店員さんの接客が完璧かどうかではなく、適当さや嫌な雰囲気を感じた場合は大きなマイナスを感じるので、今身近にいる店舗の店員さんが私をソフトバンクユーザーに引き止めているんだと思います。

ガラケーからスマホに変更する際に、ソフトバンクの格安スマホ・androidスマホ・iPhone・ガラホに関する内容や料金プランをいろいろ調べ、その知識が頭に入っているので、今さら他社に変更して全てを一から見直すのは面倒だと思うのも、ソフトバンクを使い続けている理由です。今は正社員ではなくパートの身なので、他社に変更となると審査や手続きが面倒だと感じます。

ソフトバンクのデメリットは、Wi-Fiのソフトバンク光がドコモ光やau光に比べたら口コミレビューの評判が低くて信用がおけないことです。実際我が家も皆ソフトバンクユーザーであるけれど、それが原因でソフトバンク光にはしていないです。最大のデメリットは、私のようにスマホの機種やプランをしっかり下調べして行った人には勧誘はしないけれど、私が両親や祖母に付き添わずに知識不足の両親や祖母が一人で行った場合は、たくさん勧誘をして来るため、私が付添人とならなければ、店員さんの思うがままに誘導しようとすることです。ノルマに必死だなあと感じます。

編集部まとめ

安かろう悪かろうではいけませんが、料金が安いことは素晴らしいことです。それがメリットになる場合とデメリットになる場合があるようです。安くてデメリットになることなんてあるの?と疑問に思いますが、レビューによると実際にあるようでした。

30歳・事務の方は以下のよう仰っています。

ですが、本当はソフトバンクが嫌でした。今はそのようなイメージがありませんが、ソフトバンクになりたての当初、私は学生だったのですが私の周りではソフトバンクを持っている人は貧乏というイメージがあったからです。

なんて切ない。料金が安いばかりに、”貧乏”だとバカにされてしまうのです。こんなのやりきれませんね。しかも周りがdocomoユーザーというのもなんだかしっくりきます。私も似たような体験をしたことがあり、メールの送信速度が遅いとdocomoユーザーからバカにされたことがあります。

おそらく当時はまだソフトバンクがメジャーではなかったのでしょう。日本人はブランド好きです。そして周りと同じということに安心感を覚えます。この2つが作用してブランドでもない、マイノリティなソフトバンクはブランドのdocomoユーザーから下に見られていたのではないでしょうか。

現在はもちろんそんなことはありません!ソフトバンクは超大手です。TVCMもバンバンで、球団も日本一です。ヒエラルキーもほぼなくなったといえるでしょう。後はもう好みで選べば良いと思います。もうバカにされることはないでしょうから。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ