30代女性がドコモからソフトバンクに乗り換えた理由は「スマホ代の節約」

30代女性がドコモからソフトバンクに乗り換えた理由は「スマホ代の節約」

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

コストパフォーマンスが高かったから(39歳・主婦・ソフトバンク歴4年)

当初は、母がドコモだったので家族割等を使えるので割安かと思って、旦那と一緒にドコモ回線を使っていました。しかし気付くと、だいぶ毎月の利用料金が高いように思えてきました。

その時に丁度新しいiphoneが発売されていたので、機種変更から検討を開始しました。いろいろと調べてみる過程で、ソフトバンクは乗り換えに伴うキャッシュバックがあったりして、機種代金をかなり抑えられることがわかりました。

ドコモの回線自体には安心感というか、音質のよさがあるのかとも思っていましたが、大概はライン通話で済んでしまうことが多いので、ソフトバンクへ乗り換えても大丈夫ではないかと考えました。

しかしその後、ドコモのままでもいけるのではないかとも思い、ドコモショップへも相談に行きました。駅前にあるドコモショップは非常に混んでいまして、その際は待ち時間が嫌だったので、機種変更の代金だけを確認しに伺いました。

しかしこれだけの質問でしたのに、わざわざ番号札を引かされ、マネージャーらしき人が飛んできました。来るなりに今は混んでるから、番号札を引け、ネットで調べろ等々、極力待たせないようなプレッシャーをかけてきました。

ひょっとすると待ち時間が彼らの評価のひとつなのかもしれませんが、あまりに勝手で失礼な応対だったので、本格的にドコモからの移転の検討を開始しました。

いざソフトバンク専門のお店に伺うと、非常に丁寧に契約内容を説明して頂き、また楽しみにしていた新しいiphoneも同時に変更できることになりました。

いざソフトバンクのスマホに変えてみましたが、特に通信状態が悪いということもなく、また一番の目的であった毎月の料金については、ひと月で1,000円近く下げることができました。

旦那と二人分でしたので、年間にするとかなりのコストを削減することができたのが非常に大きなメリットでした。

デメリットとしては、近年の格安SIMの登場によって、もっと月手数料が下げられるようになったことでしょうか。ただし当時の時点では一段階コストを下げることができたので、満足はしています。

総合的にみると、ドコモであるという安心感は非常に強いものでしたが、今の時代では他社とそれほどの大きな差はないでしょうし、コスト重視で選択してよかったと思います。

ドコモからソフトバンクに乗り換え|後悔しないMNP完全ガイド【2020年最新】

キャッシュバックサービスやポイント付与が魅力的だから(31歳・アルバイト・ソフトバンク歴5年)

ドコモからソフトバンクに乗り換えた理由

単純にドコモの月々の料金が高いと感じていたからです。色々なプランを検討してみても、なかなか月額料金を減らすことができませんでした。

ちょうど使っていた携帯の充電がもたなくなってきたことと、引っ越しが重なったタイミングで乗り換えました。

ドコモからソフトバンクに乗り換えたメリット

家電量販店で各メジャーなキャリア「ソフトバンク」・「au」・「ドコモ」(ドコモは念の為に)販売員の方に話を聞いて回りました。一番値段を抑えて乗り換えが可能だったのがソフトバンクでした。

加えて、その当時ちょうどソフトバンク光のサービスが始まる矢先だったこと、まだ引っ越し先にネットを引く手続きをしていなかったこと、携帯と同時に光サービスにも加入するとキャッシュバックサービスを受けられることも後押しとなり乗り換えました。

結果メリットとなったのは、どちらかというとこのキャッシュバックサービスの方だと振り返って感じます。

キャッシュバックが商品券だったので、こちらを金券ショップで現金化して旅行の交通費に充てることができました。

今現在の普段使いでのメリット、重宝していることは「Yahooショッピング」でのポイント付加がソフトバンクユーザーなら10倍であることです。

普段からアプリやネットショッピングを利用しており、それまでは「楽天市場」がメインだったのですが、このサービスが始まってからは「Yahooショッピング」をメインに利用しています。

乗り換えてから挙式する機会もありましたが、溜まったポイントで、ご祝儀のお返しの内祝いとして、生活用品などを購入することがでました。それ以外のお買い物でもトータルでお得かなと感じています。

主人はFree Wi-Fiをよく利用しています。現在は解りませんが、その当時ソフトバンクはこのFree Wi-Fiスポットが他のキャリアより多かったのでメリットだったようです。

新しい企画や料金プランの新設に積極的(33歳・主婦・ソフトバンク歴5年)

私がドコモからソフトバンクへ乗り換えた理由ですが、いくつもの理由があります。

まずは、ドコモを使っていて、全くメリットがなかったからです。ドコモは10年以上、学生の間から使い続けてきました。その理由は、友達でドコモユーザーが多かったということで、互換性などを考えて、便利だったからです。

しかし、たまたまドコモユーザーが周りに多いというだけで、料金プランなどは高めでしたし、それほど魅力的なプランなどもありませんでした。そのため別のキャリアの方が気になることが多かったです。

結婚してから、友達同士で連絡を取り合うことが本当に少なくなり、家族間での連絡を取り合うことの方が多くなりました。そのため、周りがドコモユーザーかどうかを考えなくても良くなったので、ソフトバンクに乗り換えました。

今は、携帯番号などもそのまま乗り換えることが出来るので、メリットが大きいと思ったのです。

ソフトバンクに乗り換えた理由ですが、最も安いイメージが合ったからです。

ドコモなどは、高いイメージがあり、あまり料金プランなども目新しいものはありませんが、ソフトバンクに関しては、いつも新しい料金プランなどを発表しています。

元々新しい会社という事もあって、こういった料金プランなども斬新です。

また、ソフトバンクは一番乗りで新しい取り組みを始めることが多いです。

例えばiPhoneを販売したのもソフトバンクが初めてでしたし、そういった点でも、今後も使っているとメリットが大きいと思いました。

さらに、引っ越しをすることによって、都市部に住むことになりましたので、あまり電波のことを考えなくて良くなったという理由もあります。

以前は、田舎の方に住んでいたこともあり、ドコモの電波が入りやすかったことからドコモを利用をしていましたが、今は都市部なので、どのキャリアでも電波は問題なく入ります。そのため、一番気になっているソフトバンクに乗り換えることにしました。

今も使い続けていますが、問題なく使う事が出来ています。

ドコモのユーザーサイトなどはとても使いにくく、My docomoなどの認証はとても面倒でした。

せっかくログインしても、操作によっては、再度ログインが必要になったりと、使いにくい部分がたくさんありました。

しかし、ソフトバンクは、ユーザーサイトなども使いやすいので、ドコモほど不便ではないので気に入っています。

編集部まとめ

ひと昔前までは、ほとんどの人がドコモを利用していました。そのため、互換性やサービスの都合上、「まわりに合わせて自分もドコモを持たざるを得なかった」という人も少なくありませんでした。

しかし、時代の流れとともに様々な規制が緩和され、現在はドコモ以外のユーザーもかなり多くなってきています。

その中でも、特にコストパフォーマンスに優れているソフトバンクは、現状に甘んじることなく、魅力的で目新しい料金プランを次々と打ち出しており、着実にユーザーの層を広げていっている会社です。

また、ソフトバンクのスマートログインを経由することで、Yahoo!ショッピングのポイントを通常の10倍分獲得できるサービスも実施しています。ネットショッピングをよく利用する人にとっては、見逃せないサービスです。

ソフトバンクは、コストパフォーマンス重視派の方や、ネットでのお買い物を賢く節約したい方に適しているキャリアといえるでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ