30代男性がauから乗り換えない理由は「親のため」ユーザーレビュー

30代男性がauから乗り換えない理由は「親のため」ユーザーレビュー

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナー

親世代を思えばキャリアのメールアドレスは必須(32歳・会社員・au歴17年)

メールアドレス

私が考えるauを使い続けるメリットとしては2点あります。
まず1つ目が、契約年数に応じてauウォレットポイントがもらえる点です。もう1つは長年使用しているキャリアメールがつかえるといういことです。

1つ目のポイントに関してですが、以前は契約年数に応じて利用料金が安くなるサービスだったと記憶しています。しかし、ある程度の年数を契約していると、割引額に差がなかったです。それが今はポイントプレゼントになっています。このポイントは昔は次の機種購入代金に充てるか、付属品購入位しか使い道がありませんでした。しかし、このウォレットポイントはauのプリペイドカードにチャージすることで買い物や食事にも使えるのです。私は2,000円~3,000円分貯まったらチャージして家族で外食したり、スーパーで買い物する際に利用しています。最初は何年も同じ携帯会社を利用しているのだから料金が安くなったほうがいいとも思いましたが、プリペイドにチャージすることでほぼ現金化できるので今では料金が安くならなくてもいいと思えます。

もう1つのメリットは、キャリアメールを使用できることです。これはほかのキャリアでも同じですが、私は自分の母親世代と連絡を取るときはいまだにキャリアメールを利用しています。私にとってメールアドレスを変更することは母親や年配の方を困らせる事にもなりかねないため、キャリアメールは必要不可欠です。

auを使い続けることのデメリットとしては、いくら長期で利用していたとしても機種購入代金が新規契約者と比べると高いということです。これは正直長期で契約している意味が全くないと感じます。大手キャリアだからなのか、個人がいくら長年利用したところで恩恵がないです。機種購入時にも目に見えるサービスで差をつけてもらいたいです。機種代金を払い終えたら別のキャリアで新規契約していく方が入会時特典などもあるので長く利用する理由があまりありません。

例えば自動車保険のように契約年数に応じて、等級を設定し割引率に差をつけるようなサービスならわかりやすいと思います。また、いくらポイントで還元されても、クレジットカードやプリペイドになじみのない高齢者などには、やはり利用料金を安くしていくようなサービスの方が分かりやすいと感じます。

格安SIMにしたらメールアドレスはどうなる?今はフリーメールが主流

auから乗り換えない理由は電波が入りにくいことがない(33歳・WEBライター・au歴12年)

電波

まずはauを使い続けるメリットですが、SIMフリーのスマートフォンのように電波が入りにくくなってしまうということがないことです。繁華街はもちろん大丈夫ですし、田舎に行っても電波がないという経験はほとんどありませんでした。

また、大手のキャリアですので、サポート体制がしっかりとしています。故障したときの対応も手厚いですし、疑問点があれば電話をすればすぐに教えてくれます。料金のプランが多いこともメリットの1つです。私自身は自宅に無線LANがありますので、3Gの通信量が少ないプランを利用しています。ですので、料金としてはそれほど高くありません。

長期間利用していると、ポイントが貯まるのでそれを利用してショッピングを行うこともできます。ただし、ポイントが貯まるのはそれほど多くありませんので、かなり長期間使用しなければ1万円を超えるような金額のショッピングはできません。

eo光などのプロバイダーを利用すれば、料金を大幅に安くすることも可能です。フレッツ光などでは安くすることができませんので、あくまでも対応しているプロバイダを利用する必要があります。

独自のサービスでauスマートパスがありますが、月額料金が必要になってしまいますが、アプリが使い放題になる、割引クーポンの利用や特定の雑誌が読み放題になるなど多くのメリットがあります。

契約の年数がある程度長くなると、長期間使っている優遇として、定期的にデータ容量をプレゼントされます。使い放題だとメリットにはなりませんが、私のように3Gなど少ないデータ容量だと嬉しいです。

デメリットに関しては、やはり料金が高くなってしまいがちだということです。機種の金額を抑えたとしても、月額料金が7,000円を超えてしまいますので、SIMフリーの料金と比較するとかなり高くなってしまいます。ある程度プランなどで抑えることは可能ですが、この料金が高くなってしまうのは、大きなデメリットの1つです。その他のデメリットとしては、乗り換えた方がお得にスマートフォンを利用することができるということもあります。auだけに限った話ではありませんが、ポイントなどのサービスはありますが、それほど大きなサービスではありません。

auから乗り換えない理由はサポートがものすごく丁寧(36歳・会社員・au歴14年)

サポート係の女性

比べるには古いかもですが、、、学生時代はドコモユーザーで大人になってからau(メイン)、ソフトバンク(サブ)の2台持ちで一応3キャリア使用した過去からauだけ残し使い続ける理由でメリットとしては、まず窓口の対応がとても親切丁寧で分かりやすい印象です。

auのWi-Fiのキューブという機械を購入し使用しようと思って家で設定していたらまったく接続が出来ず何日も試行錯誤してました。結果わからずサポートに連絡したらものすごく丁寧に説明していただき「やってみてダメならこちらにかけてください」と時間外でも通じる番号を教えてくれました。約束していた時間に折り返しが無かった等多少のもたもた感はありましたが全然リカバリー出来るほどの対応をしていただき怒るどころか大変満足なサポートでした。

またau Walletカードというものがあり一部クレジット機能付きで利用等でポイントがたまりやすかったり、auスマートパスでチケットの予約や、会員専用サービスが豊富でユーザーには手厚いサービスだと感じます。au独自のクーポンもたくさんあり様々な商品が割引購入することができます。

使用状況に関しては、電波のつながりはauが一番良いと聞きますし実際に周囲の友人たちと比べると、auが一番つながりやすいということが多いです。私個人としては、インターネットでso-netと契約しているのですがスマートバリュー割引で毎月携帯代金が1000円近く安くなります。また長期割引でさらにインターネット代が500円安くなりますのでありがたい提携サービスです。

auの長期ユーザー向けに長期au利用で3か月に一度データ容量のプレゼントがあり助かってます。また定期的に三太郎の日がありショートメールで送られてくるコンビニ等で無料で引き換え出来る引き換えクーポンサービスがあり非常にうれしい特典です。

デメリットとしては、WiMAXが本当に使えなかったです。全然接続できない、インターネットの速度が全然早くない、7G制限だったからすぐに低速になってしまう上に料金が他より高い、外出先では電波が不安定等といった点があげられます。なのでやはりso-netのようなプロバイダーと契約するべきだと思います。結果、自分のせいですが解約の手続きをしようと思っても2年契約なので別途費用は発生してしまうので2年使い切るのか迷うところです。
それ以外は特に不満はなく、au電気やau光など引っ越しの際などいろいろ検討したいプランがたくさんあり個人的には非常にメリットの多いキャリアだと思います。

編集部まとめ

大手キャリアの宿命ですが、どうしても格安simと比べると月々の使用量は高く見えてしまうようです。au・ドコモ・ソフトバンクを使うと大体7,000円/月くらいで、そして、格安simだと大体2,000円/月くらいでしょうか。その差5,000円、1年だと5,000 × 12 = 65,000円も携帯代を節約できることになります。それでもやはりauから乗り換えない理由はあるのです。

理由として大きいのは電波の良さです。30代というと責任のある社会人の方が多く、連絡がとれない状態というのは望ましくないのでしょう。中にはより電波がない状態をなくすため、他のキャリアと2台持ちしている強者もいるようです。携帯代も2倍になりますね。ヒャー

また、高校生をはじめ学生はLINEなどのアプリを使ってのやりとりがメインですが、30代ともなると親と連絡をとることも増えるのでしょう。そして親世代というのはLINEを使わず、メールを使う方が多いです。かくいう私も親とのやりとりはメールで行っています。母親はLINEを使うようになったのですが、スタンプなど使われると正直ちょっと引きます。

デメリットとしては長期利用ユーザーに対する優遇措置に不満があるようです。確かに目立ったサービスはありません。定期的にデータ容量をプレゼントするサービスがありますが、使い放題にしているユーザーには関係がないし、元々そんなに使わないというユーザーにも意味がないでしょう。長期利用ユーザー全員に恩恵があるサービスを考えれば、月々の利用料の割引が1番喜ばれるように思います。

そんな中、ドコモはdocomo withという永年1,500円割引するサービスを開始しました。携帯業界はシェアの奪い合いが激しいため、どこかが何かやればそれを追随するのがお約束みたいになっています。SUPER FRIDAYとか三太郎の日とかハピチャンとか。ということはauにおいてもdocomo withと同じようなサービスができる可能性も低くはないでしょうね。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモキャンペーンバナードコモキャンペーンバナー
この記事を書いた人
よし松
よし松
山形出身。ゆとり第一世代に属し、大学4年の時は就職氷河期を味わう。ろくすっぽ就活をせずに麻雀に明けくれ新卒採用を逃す。中学3年生で初めて携帯を持ち、23歳でiPhone 4を購入。以後iPhone 6→iPhone XS。AirPodsとMacを持ってスタバにいくズブズブスタイル。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ