30代男性がmineoを選ぶ理由は「安心のフリータンクがあるから」

30代男性がmineoを選ぶ理由は「安心のフリータンクがあるから」

いざという時に安心のフリータンク(31歳・男性・会社員)

僕はauをずっと使ってきて、au iPhoneを2台(iPhone6,iPhone7 Plus)を持っていますが、現在はmineoへの乗り換えを検討中です。

DMMなどにmineoより安いプランはあるようですが、3GBで1,510円、6GBで2,190円の月額料金は十分に安いと思います。通話定額はキャリアだけではなくmineoも行っていて、10分かけ放題で850円/月というプランがあるので、通話する人にも良いプランがあります。

またmineoにはフリータンクという面白いサービスがあります。

auでは7GBの通信量があっても翌月に繰り越すことができず、使い切れなくて損する気分になったり、動画を見る時間が長かったために足りなくなったりすることが多かったです。

でも、フリータンクに参加しておけば、出来る限りWi-Fiを使って通信をしておいて通信量を浮かしておき、Wi-Fi環境があまり使えなかったり通信量がどうしても多くなってしまった時期にはフリータンクから他の人の余った通信量をもらうことができます。

単に通信量を貯めておいて引き出せるというだけだと、通信量を引き出す方にバランスが傾きがちになる印象があります。

しかし、月1GBまでしか取り出せず、あくまで低速モードが続いて困るときの救済措置にとどまるものであり、また通信量が余るときには1GB以上余ることはそう珍しくないため、フリータンクシステムは意外とうまく回っているようです。

また、災害時には通常使用しているフリータンクとは別の災害支援タンクというものを設定しているため、災害時にバランスが崩れる心配もないのが好印象です。

mineoへの乗り換えで年間3万円もお得に(33歳・男性・フリーター)

私はもし格安携帯会社を選ぶとすれば、mineoにすると思います。

その理由ですが、mineoだと最安値コースだと月額700円から使用することが可能ですし、余ったパケットは翌月に持ち越すことができるので賢く利用できます。

そして、ギガ数も自分の好きなものを選べるので、動画をたくさん見る人なら10GB以上のプランを選べばいいですし、10GBプランでも月額2,520円から利用できます。しかも、家族とシェアしたり余った分をプレゼントすることもできるんです。

余った分を翌月に持ち越せるということは、たとえば10GBプランで契約し、その月に使った分が5GBだとしたら、翌月は15GBも使えるのです。これはすごく嬉しいことですし、なるべく安く利用したいという方にもとても魅力的です。

キャリアだとどうしてもスマホを利用すれば月額6,000円以上かかることがほとんどなので、mineoのような格安携帯会社にすることで、お金の節約になってすごくありがたいと思います。

時間帯によっては通信速度が落ちて遅くなることもあるようですが、そこまで動画をいっぱい見ないという方や、少しくらいなら特に気にならないという自分にとっては、とてもマッチしているのがmineoです。

いろんな格安携帯会社があるのですが、CMでも有名でおなじみのmineoなので安心しています。

私も今スマホに月額7,000円以上かかっていますが、mineoにすればそれを半額以下にすることが可能です。それってすごい魅力ですし、年間だと3万円以上違ってきますよね。

この3万円というのはめちゃくちゃ大きいので、正直早くmineoに変えたいというのがありますね。

もちろん、キャリアのほうが何かあったときに安心かもしれませんが、mineoはネットで契約や手続きが完了できるので、そこもすごく利便性が高いです。

なので、私は格安携帯会社でおすすめを聞かれた際には、mineoを挙げます。月額料金をかなり浮かせることが可能なので、mineoで自分に合うプランを選択したいですね。

そうすることで、とても安くスマホを使うことができ、節約することができるので最高だと思います。

最近では格安スマホにする方々もたくさんいますが、その気持ちめちゃくちゃわかります。やっぱり、できるだけ安くスマホを楽しみたいですし、年間費用を考えれば、mineoにしたほうが魅力かもしれません。

格安SIM 噂のmineoは本当に安くて快適なのか徹底検証

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

mineoへの乗り換えを検討している方のコメントを2件、ご紹介しました。

コメント内でも触れられていますが、mineoには「フリータンク」というシステムがあります。これはmineoで使用する通信量を1ヶ月最大1GBまでシェアできるというものです。

余ってしまった容量を他のユーザーに寄付したり、「今月は容量が足りないな」というときはタンクから必要な通信量を引き出したりすることができます。入手した通信量は用途を問わず使えるので、かなり利便性の高いサービスといえるでしょう。

ただし、このシステムはあくまでユーザー同士の助け合いの精神で成り立っています。そのコンセプトをより強化するため、2017年2月以降はルールが少し変更され、容量を引き出せる条件が設けられました。

ルール変更により一時は騒ぎとなったようですが、現在もフリータンクは安定的に稼働しています。

ユーザー同士の助け合いで快適に利用できることが、mineoの魅力のひとつといえるでしょう。

安いだけじゃない、もしものパケット不足にも安心なmineoの秘密

あなたにおすすめ

ZenFone Max Plusレビュー|大容量バッテリーがウリの高コスパスマホ... ZenFone Max Plusは、ハイエンドスマホでありながら価格設定が抑えられているモデルです。 しかし、「ハイエンド」と謳われているだけのことはあり、まさに最先端ともいえる高い機能が備わっています。 この記事ではZenFo...
40代女性がXperiaを使う理由は「手のひらに合うサイズがある」... トップ画像引用元:Xperia(エクスペリア) X Compact ドコモ SO-02J | ソニーモバイル公式サイト iPhoneから乗り換えた理由は「防水機能」 画像引用元:Xperia™ Z3 SO-0...
BIGLOBEモバイルおすすめ最新スマホランキング【2018夏モデル】... 最近では、通信料金を抑えるためにMVNOを利用する人も増えています。 これまで、MVNOではスマホを持ち込んで契約する方法が一般的でしたが、最近ではセット販売も行われています。 今回は人気のMVNO事業者であるBIGLOBEモバ...
【ドコモ利用歴18年の実話】MNP引き止めで30,000ポイントもらった... 引き止めポイント30,000ポイントゲット! 34歳 女性 会社員 ドコモ歴:18年 実際に特典を受けた日付:2017年10月 高校の頃からのdocomoユーザーで利用歴はかれこれ18年...