3GB~4GBプランがある格安SIMを比較|安くておすすめのMVNO

  • 2021年6月6日
  • by.sunsun

iPhone12のSIMトレイ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

日本の通信業界に浸透している格安SIMですが、よく選ばれているのは3GBや4GBのデータプランです。

そこで今回は、3GBと4GBを提供している格安SIMの料金を比較してみました。

料金だけではなく注目したい特徴も紹介しているので、安くておすすめの格安SIMを探している人は1度参考にしてください。

人気記事

この記事では、2021年10月最新おすすめの格安SIMを紹介しています。 プラン料金が安く、月々の通信費を安く抑えられると人気の格安SIM。 使っているスマホをそのまま持ち込めるという利点もあり、キャリアから乗り換えを検討してい[…]

2021年格安SIMおすすめランキングの画像

トップ画像引用元:はじめてのスマホ | 格安スマホ・格安SIM | UQ mobile(UQモバイル)

3GB~4GBプランをおすすめできる理由

考える女性

株式会社MM総研の調査によると、スマホユーザーの月間通信量の割合は下記の結果となりました。

データ容量割合
1GB29%
2GB16.7%
3GB13.4%
全体の59.2%が3GB以下に収めていると回答しています。

また、格安SIMの料金プランを見ても3GBや4GBのプランを用意している会社が多いです。

そのため、3GB〜4GBプランをデータ容量として選ぶと数多くの格安SIMを比較でき、自分の使い方に合ったサービスを見つけることができます。

次の章から早速、3GB〜4GBプランがある格安SIMを紹介します。

3GB~4GBプランがある格安SIMを比較

iPhone12 ProのSIMトレイ
ここでは、3GBや4GBプランがある格安SIMを8社紹介します。

今回紹介する格安SIM一覧
  • UQ mobile
  • ワイモバイル
  • IIJmio(みおふぉん)
  • イオンモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • BIGLOBEモバイル
  • exciteモバイル
  • BIC SIM

では、1社ずつ料金と特徴を見てみましょう。

3GBと4GBを提供している格安SIMの料金を比較

名称データ容量月額
(音声通話SIM)
UQ mobile3GB1,628円
ワイモバイル3GB2,178円
IIJmio4GB1,078円
イオンモバイル3GB1,298円
3GB
(やさしいプランS)
1,078円
4GB1,408円
OCN モバイル ONE3GB990円
BIGLOBEモバイル3GB1,320円
exciteモバイル3GB
※従量制
880円
3GB
※定額制
1,210円
BIC SIM 4GB1,078円

2021年4月1日より格安SIM各社で大幅な料金の改定が行われました。

本記事では、改定後の各社の料金を解説していくので、是非チェックしてください。

UQ mobile

UQmobile-logo-momo

画像引用元:【公式】UQ mobile オンラインショップ

UQ mobileはKDDI株式会社が提供している格安SIMです。

対応回線はauのみとなっています。

UQ mobileのくりこしプランS(3GB)

項目月額料金
音声通話SIM1,628円
対応回線au

UQ mobileのくりこしプランでは、余ったデータ容量を翌月まで繰り越すことが可能です。

そのため、月に3GB使えなかったとしても翌月まで余った分は残るので、一切無駄にはなりません。

また、UQ mobileはauのサブブランドのような位置づけの格安SIMであり、通信品質もauとほぼ変わらないため、快適にネットを使えると定評があります。

複数回線などの割引サービスはありませんが、高い通信品質の格安SIMを3GB1,628円で使えるのはかなりお得です。

節約モードを選ぶとデータを消費しない

UQ mobileではUQ mobile ポータルアプリを用意しています。

そのアプリを使い節約モード(送受信最大300Kbps)に切り替えると、ネット通信をしてもデータ容量を消費しません。

データを消費しないネット通信
  • SNS
  • 写真共有アプリ
  • Facebook
  • Twitter
  • ネット検索
  • 音楽ストリーミング、など

SNSやネット検索などネットに接続するサービスはほとんど対象です。

1万円キャッシュバック実施中!

ワイモバイル

iPhone SEとワイモバイル
ワイモバイルは大手通信のソフトバンクモバイル株式会社が提供している格安SIMです。

そのため、ソフトバンク回線に対応しています。

ワイモバイルのシンプルS(3GB)

項目月額料金
音声通話SIM3GB:2,178円
4GB:2,728円※1年間550円OFF
対応回線ソフトバンク

UQ mobileと比べると同じデータ容量で高い印象があります。

しかし、家族回線の2回線目以降なら1台あたり1,188円割引が適用されたり、ソフトバンク光とセットで使うと同額の割引が適用されるなど、特典が豊富なのが魅力です。

※家族割引とおうち割 光セットは併用できません。

また、ワイモバイルもソフトバンクのサブブランドのような位置づけの格安SIMなので、通信品質もソフトバンクとほぼ変わりません

そのため、他社の格安SIMの通信品質に不満がある人や格安SIMでも快適にネットを使いたい人にも、ワイモバイルは非常におすすめできる格安SIMです。

1年間は4GB使える

ワイモバイルでは、月額550円で使えるデータ増量オプションを用意しています。

データ増量オプションに申し込むと1ヶ月あたり1GBをプラスして使うことが可能です。※シンプルSの場合

シンプルM・Lの場合は1ヶ月あたり3GBプラスすることができるので、よりたくさんデータを使いたい人にもおすすめです。

また、データ増量オプションはキャンペーンで1年間オプション料金が無料となります。

1年間は3GBと変わらない価格で4GB使えるようになります。

ワイモバイル公式サイト

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

IIJmio(みおふぉん)は株式会社インターネットイニシアティブが提供しています。

ドコモとauの回線を使用できる格安SIMです。

IIJmioの料金プラン(4GB)

項目月額料金
データSIM968円
データSIM
(SMS付き)
1,045円
音声通話SIM1,078円

音声通話の他に、データSIMまたはSMSつきデータSIMを選ぶことができます。

株式会社インターネットイニシアティブは、元々ネット関係の技術開発などに携わっている会社なので、通信品質が高い格安SIMとしても定評があります。

また、データSIMでドコモ回線のみとなりますが、eSIMの取り扱いもあるので、興味がある人は是非利用してみてはいかがでしょうか。

光回線とセットで安くなる

IIJmioひかりとIIJmioのSIMサービスを両方契約すると、スマホの月額料金から660円が割引されます。

データSIMなら968円から660円差し引かれるので、計308円で利用することができます。

音声通話SIMの場合も1,078円から660円差し引くので、418円で使うことができます。

かなり大きな割引なので、是非格安SIMと光回線をセットで利用することをおすすめします。

イオンモバイル

イオンモバイルの特長

画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルはイオンリテール株式会社が提供している格安SIMです。

ドコモとauの2つの回線に対応しています。

イオンモバイルの料金プラン(3GB/4GB)

項目月額料金
データSIM3GB:858円
3GB(やさしいプランS):638円
4GB:968円
データSIM
(SMS付き)
3GB:1,012円
3GB(やさしいプランS):792円
4GB:1,122円
音声通話SIM3GB:1,298円
3GB(やさしいプランS):1,078円
4GB:1,408円
対応回線ドコモ・au

イオンモバイルには3GBと4GBの2つのプランの取り扱いがあります。

やさしいプランというプランもありますが、これは後述にて詳しく解説します。

IIJmioと同じくデータSIMやSMSつきデータSIMも選ぶことができ、それぞれ価格が異なります。

イオンモバイルという名前の通り、全国のイオン系列の店舗で契約することが可能なので、格安SIMの中でも取り扱い実店舗の数がかなり多い会社だといえます。

60歳以上は3GBも選べる

イオンモバイルは60歳以上のユーザーに向けて、やさしいプランS(3GB)を用意しています。

自宅に固定回線を引いている人や外出時でも大容量のデータ消費を行わない人におすすめです。

イオン系列の店舗で気軽に契約できるので、相談にも行きやすいですよね。

やさしいプランSの特徴
  • 通信速度が最大500kbpsのプラン
  • LINE、地図表示、天気予報、ニュース記事閲覧などは問題なく使える

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

画像引用元:新しい生き方に、のりかえよう。OCN モバイル ONE キャンペーン

OCN モバイル ONEはエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社が提供しています。

ドコモ回線を使って格安SIMを利用可能です。

OCN モバイル ONEの料金プラン(3GB)

項目月額料金
データSIM858円
データSIM
(SMS付き)
990円
音声通話SIM990円
対応回線ドコモ

OCN モバイル ONEはドコモの回線を取り扱っている格安SIMの中でも、特に通信品質が良いと定評のある会社です。

そのため、ドコモの通信品質の良い格安SIMを使いたいのであれば、OCN モバイル ONEを選ぶことをおすすめします。

価格も3GBの音声通話SIMで990円と、1,000円にも満たない安価で利用することができます

コスト・通信品質共にこだわりたい人にぴったりでしょう。

OCNの光を利用するとスマホ代が安くなる

OCNの光サービスを利用すると、スマホ代から毎月220円が割引されます。

ただでさえ安いOCN モバイル ONEの料金からさらに220円割引されるので、OCN モバイル ONEをより安く利用するのであれば、OCN光とセットで使うことをおすすめします。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

画像引用元:格安SIM_スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはビッグローブ株式会社が提供しています。

ドコモとauの2種類の回線に対応している格安SIMです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン(3GB)

項目月額料金
データSIM990円
データSIM
(SMS付き)
1,122円
音声通話SIM1,320円

BIGLOBEモバイルのオプションには、「エンタメフリーオプション」と呼ばれるものがあり、対象の動画や音楽アプリのデータ通信量がノーカウントになるので、通信量の大幅な節約が期待できます。

YouTubeやAWA、Apple Musicなどの人気アプリが対象となっているので、対象のアプリをよく使う人におすすめです。

月額料金は発生しますが、通信量の節約をしたい人は是非利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ビックローブ光とセット利用で220円割引

BIGLOBEモバイルはOCN モバイル ONEと同じく、自社で扱っているビックローブ光とセットで使うと220円の割引が適用されます。

ただでさえ安い料金からさらに割引が適用できるので、ビックローブ光とBIGLOBEモバイルをセットで使うことをおすすめします。

電話に関するオプションが豊富

BIGLOBEモバイルは使う人に合わせて電話に関するオプションを豊富に用意しています。

メールやチャットだけではなく、電話もよく利用するという人におすすめのオプションです。

項目月額料金内容
BIGLOBEでんわ無料国内通話料が半額になるアプリ
3分かけ放題660円アプリからの3分以内の国内通話が無料
10分かけ放題913円アプリからの10分以内の国内通話が無料
通話パック60660円最大60分が定額でかけ放題
通話パック90913円最大90分が定額でかけ放題
スマート留守電319円※LINEやメールでもメッセージが受け取れる留守番電話サービス
メッセージを自動でテキスト変換して届けてくれる
あんしん電話フィルター330円※アドレス帳に登録していない電話からの着信時、危険な可能性のある電話への警告を行う
600万件以上のデータベースから発信元の会社名や店舗名を表示してくれる
割込通話220円通話中の電話を保留にして、新しくかかってきた電話に出られる
※初月無料

exciteモバイル

エキサイトモバイル

画像引用元:格安SIM・格安スマホ | エキサイトモバイル

exciteモバイルはエキサイト株式会社が提供しています。

ドコモ回線でスマホを利用できます。

exciteモバイルの料金プラン(3GB)

項目従量制定額制
データSIM770円1,100円
データSIM
(SMS付き)
847円1,177円
音声通話SIM880円1,210円
対応回線ドコモ

exciteモバイルには、従量制と定額制の2つのプランがあります。

従量制(Fitプラン)と定額制(Flatプラン)のプランでは3GBの料金が異なるので注意が必要です。

従量制プランの方が料金は安くなりますが、従量制は使ったら使っただけ料金が高くなります

3GBで留める前提で使えば一番安く使えますが、それ以上使う可能性があるなら十分気をつけましょう。

使いすぎを気にせずに快適に使えるのは定額制プランの方ですが、定額制プランはどちらかというとデータ容量をたくさん使う人の方がお得に使えます。

BIC SIM

画像引用元:格安SIM「はじめての方へ」|BIC SIM

BIC SIMは株式会社ラネットが提供しています。

全国各地のビックカメラで契約ができます。

BIC SIMの料金プラン(4GB)

項目月額料金
データSIM968円
データSIM
(SMS付き)
1,045円
音声通話SIM1,078円

BIC SIMも4月から料金が改定され、データ容量から選ぶことができ、容量が大きくなればなるほど1GBあたりの料金がお得になるシステムとなりました。

4GB1,078円で使えるので、4GBを取り扱っている格安SIMの中ではIIJmioと並んでダントツで安いです。

データ量が余ったとしても翌月に繰り越すことができるので、4GBを使わなかった月も無駄になることはありません。

2021年6月以降はデータ容量をシェアできるプランが登場するようなので、家族利用もさらにお得になるでしょう。

ギガぞう Wi-Fiが無料で使える

BIC SIMで月額プランを契約すると公衆無線LANサービス「ギガぞう Wi-Fi」が無料で使えます。

スターバックスなどにも入っている公衆無線LANサービスなので、街中にて無料でWi-Fiに接続でき便利です。

無料で使えるギガぞう Wi-FiのSSID名の一覧
  • Wi2
  • Wi2_club
  • wifi_square
  • UQ_Wi-Fi
  • mobilepoint、mobilepoint2

1,000円未満で契約できるのは6社

今回は3GB〜4GBプランがある格安SIMの比較を紹介しました。

もう1度ポイントをまとめます。

3GB〜4GBプランがある格安SIMのポイント
  • データSIMが月額1,000円未満:
    IIJmio/イオンモバイル/OCN モバイル ONE/BIGLOBEモバイル/exciteモバイル/BIC SIM
  • データSIMが1番安い:
    exciteモバイル
  • データSIM(SMS付き)が1番安い:
    exciteモバイル
  • 音声通話SIMが1番安い:
    exciteモバイル
  • 複数の回線を利用可能:
    IIJmio/イオンモバイル/BIGLOBEモバイル/BIC SIM

料金の安さで調査すると上記のような結果になっています。

しかし、SNS利用時のデータ消費をしないオプションや国内通話が10分間無料になるサービスがあるなど、格安SIMによって特徴が異なります。

料金を踏まえながら自分に必要なサービスを提供している格安SIMを選びましょう。

【10月最新】格安SIMキャンペーン比較|乗り換え・機種変更でお得な9社まとめ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

この記事を書いた人
sunsun
高校の頃からdocomoユーザー。スマホは電子マネーが使えるSHARP、SONYと渡り歩き、現在は片手で持てるSONYのXperia Compactシリーズを愛用。なのにPCはMacBook Airを活用しているのでスマホとPCに互換性がなく、接続時のトラブルによく遭遇している。