40代男性がauから乗り換えない理由は「auひかり・auでんきの利用」

40代男性がauから乗り換えない理由は「auひかり・auでんきの利用」

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

auを使い続ける理由はインターネット回線との兼ね合いで受けられる各種割引(45歳・男性・会社員・au歴17年)

40代男性

以前にドコモ、ソフトバンク(旧J-PHONEの時代)ともに利用していたことがありました。
携帯電話を持ち始めた20年程前、J-PHONEからのスタートでしたが、居住地は人口100,000人強の地方都市でまだ電波も十分に行き渡っておらず、当時電波の感度が1番よかったドコモへと乗り換えました。

そして、ドコモを3年程使用した後、当時つきあっていた女性と同じキャリアであったauへと乗り換えました。同キャリア間だとショートメールや通話が格安で行えたからです。

その後auを17年ぐらいは使い続けています。
理由は、自宅のインターネット回線にauひかりを使用しており、携帯の回線とともに契約すると各種割引サービスが受けられるからです。

auを使うメリットは、上記のインターネット回線との兼ね合いで受けられる各種割引です

また、今となってはどこのキャリアも大差なくなってきましたが、ガラケー時代のデザインの良さでしょうか。独自のデザインができる要素があったガラケー時代は、デザインで携帯電話を選ぶという選択肢もありました。現在ではキャリア独自の端末などは極少数のガラケー等しか無くなってきましたが、その中でもauのものはオシャレというか洗練されている感じを受けます。

あとはブランドイメージでしょうか。

ソフトバンクは母体の変更などで社名が数回変わっていたり、新しいプランやらコースやらを作り出しては結局長続きせずにいつの間にかサービスが終わっていたりと、とにかく落ち着かない会社というイメージを受けます。料金プランに関する色々な良くないウワサもインターネットでたくさん目にしますし、あまり良いイメージがありません。

ドコモは良くも悪くもお硬いというか、新しい発想がなさ過ぎる感じがします。ソフトバンクと真逆のイメージですが、面白みがないように感じます。

そんな両社の間のバランスがauという感じがして、好きなところです。

デメリットというまでもありませんが、不満をあげるとするならばau walletの普及度の低さでしょうか。
現在ドコモで扱っているDポイントは、対応店舗がたくさんあるように感じます。買い物していて「Dポイント貯めますか?」とレジで声をかけられることが結構あるので、「ドコモだったらココでもポイント貯まるハズだったのか…」と感じることが多々あるのです。

ソフトバンクからauに乗り換えた理由は「家族割」(44歳・男性・会社員・au歴5年)

家族

もともとは、日本テレコムの時代からずっと引き続いてヴォーダフォンを経てソフトバンクに加入をしていました。独身時代からずっとソフトバンクでしたが、結婚した後も、妻がauを長くつかっており、お互いにキャリアを変えることを嫌い、別々の会社で契約を続けていました。

しかし、約5年ほど前にiPhoneを機種変更する際に、私が折れてauに変更をいたしました。その理由としては、やはり家族割引の適用があることや、家族間の通話が無料になることが1番大きいものでした。auにしてからは、せっかくならと、家の電話もNTT光から、auひかり電話に切替ました。その結果、携帯とセットの割引(auスマートバリュー)も適用されるようになり、家計は助かりました。

離れて暮らす両親もauユーザーですので、無料通話も大変役にたっていますし、家族割引の範囲になっているので、あまった通話分などのやり取りが有効なことも良かったです。子供が小学生高学年になってから、さらにキッズ携帯をauで購入し与えたため、両親は孫と時間を気にせず無料通話できることを大変喜んでいます

その後、auのクレジットカードにも加入し、光熱費や買い物などに使用しており、利用金額に応じたポイントを得ることが出来、それを次月のクレジットカード請求に充当できることも魅力の1つだと感じています。

au電気が登場してからもすぐに、東京電力から切り替えを行い、電気代の節約と使用量に応じたポイントバックも受けることができ、auで扱っているものに集約している傾向にあります。au電気はスマートメーターを使用しているので、毎日の時間帯による電力使用状況が、スマホアプリで確認できるので、それも省エネの意識アップにつながっています。

auは基本どこにいても電波の入り方が良いと感じています。山に登ることがあるのですが、こんなところでも電波が入るんだと驚いたこともあります。また、ピタットプランという、データ使用量に応じた料金体系が最近できたので、あまりギガ数を使わない我が家には、通信費節約に大変役に立ちました。どうしても、他社からauに乗り換えた際には、キャリアメールのアドレス変更や、iPhoneのデータを移す作業など面倒くさいこともありますが、私は、それを上回るメリットを得たなと感じています。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

5G電波割り当てから見るキャリアのパワーバランス…ソフトバンクが1枠少ない... このところ注目されていた5Gの商用利用ですが、ドコモ・au・ソフトバンク、そして「第4のキャリア」となる楽天モバイルは、2020年内に5Gの通信サービスを開始する見通しとなりました。 5Gでは現行の4G/LTEよりも高速な通信が可能と...
徹底比較!ハピチャン vs SUPERFRIDAY vs 三太郎の日。本当にすごいのはどれだ?... ドコモ・au・ソフトバンクはそれぞれユーザー還元キャンペーンを実施しています。 ドコモはハピチャン、auは三太郎の日、ソフトバンクはSUPER FRIDAYとして知られていますが、それぞれのキャンペーンには特徴があります。 そこ...
【2019年夏版】最新スマホおすすめランキング|全キャリアまとめ... 2019年夏の最新スマホおすすめランキングを作りました! ドコモ・au・ソフトバンクから発売されたスマホ、SIMフリースマホの全部の中から最強のスマホはいったいどの機種なのか? まずはランキング形式で最新スマホの特徴や価格を紹介...
携帯料金比較|ドコモ・au・ソフトバンクでスマホ代はどこが1番安い?... 2019年6月1日より、ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」がスタートします。 また2019年5月13日には、auが2019年6月1日から提供を開始する3種類の新料金プランを発表しました。 両キャリアとも、「新料金プラン...