7Pay(セブンペイ)の使い方・使える店|他社のモバイル決済との違い

7Pay(セブンペイ)の使い方・使える店|他社のモバイル決済との違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

7Pay(セブンペイ)は、セブンイレブンが新たに導入するモバイル決済です。

この記事では、7Payの使い方や使える店、すでに利用されているnanacoとの違いと、7Payのメリットについて解説します。

この機会にスマホ決済を使ってみようかな、と考えている方はぜひチェックしてくださいね。

トップ画像引用元:セブンイレブンジャパン公式サイト

1 7Payはいつから始まる?

画像引用元:セブンイレブン公式サイト

7Payは、セブン&アイグループが新たに会社を設立して取り組む本格的なモバイル決済です。

小銭の受け渡しやプラスチックカードの提示が必要なくなり、セブンイレブンでの買い物がよりスムーズになります。

順調に行けば2019年春にサービス開始。スマホの操作に慣れている方、おサイフケータイを利用中の方にとっては、特に馴染みやすい決済方法となることでしょう。

モバイル戦略に特化した新しい会社が誕生

項目内容
会社名株式会社セブン・ペイ
事業内容スマホをツールとした決済サービス等
設立年月日2018年6月14日
株主株式会社セブン&アイ・ホールディングス
株式会社セブン・フィナンシャルサービス
株式会社セブン銀行

1-1 7Payに期待できる3つのメリット

現在のセブンイレブンでは、「nanaco」や「QUICPay」「楽天Edy」などの電子マネー決済、「suica」「Kitaca」などの交通系電子マネー決済、クレジットカード決済などが可能です。

そのため、「すでに同じようなシステムがあるんだし、特別惹かれないなあ……」と思う方もいるかもしれませんね。

でも今回は、「セブンイレブンの経営サイドが運用する」という点に注目が集まっています。7Payが導入されれば、以下の3つのメリットが生まれるでしょう。

7Payに期待できるポイント

  • 購入データからユーザーのニーズを把握し、新商品の開発や利便性の高いサービスへつなげる
  • 利用頻度やアプリ履歴に沿ってお得な特典が提供される可能性あり
  • 全国のセブンイレブンでスピーディーな更新が行われる

7Payは「ローソンスマホペイ」や「ファミペイ」と同じく、既存のアプリを改良する形で誕生すると言われています。

クーポンやキャッシュバック、ポイント付与といった、ユーザーにとってお得なキャンペーンが実施される可能性も。

またnanacoと同様、「セブンカード・プラス」との連携でお得になるサービスを展開してくる、という噂もあります。

セブンイレブンアプリとリンクする場合は、これらの特典にも期待が持てそうです。

現在のセブンイレブンアプリでできること

  • レジでバーコードを提示するとポイントを付与してもらえる
  • 新商品・ピックアップ商品・キャンペーン・セール情報などを受け取れる
  • 全国のセブンイレブンを検索できる
  • 現在地から最寄りのセブンイレブンを検索できる
  • 無料Wi-Fiサービス「セブンスポット」が無制限で利用可能になる
  • nanacoポイントと連動できる
  • セブン&アイのネットショッピング「オムニ7」と連携できる
  • 本やCD・ゲーム通販の「セブンネットショッピング」と連携できる
  • 日替わりのお惣菜宅配サービス「セブンミール」と連携できる

1-2 nanaco非対応のiPhoneをカバー

7Payのもう1つのメリットは、iPhoneでも利用できる点です。

nanacoはiPhoneに対応していませんでしたが、7Payではこれをカバー。

このことから、7Payの導入は、モバイルシェアで全体の4割近くを占めるiPhoneユーザーを取り込む目的もあると考えられています。

iPhoneのシェア率は10代が最も多く、男性は6割、女性は7割程度が利用していると言われています。

「セブンミール」などのシニアマーケティングが盛んなセブンイレブンですが、年齢別客数の20%を占めているのは10~20代の若い世代。

これから7Payを利用する方が増えれば、何らかの新しい波が生まれるかもしれませんね。

セブンイレブンの年齢別客数

セブン&アイ・ホールディングスによる年齢別客率(2017年度)は以下のとおりです。

年齢層利用率
20歳未満4%
20~29歳16%
30~39歳19%
40~49歳24%
50歳以上37%

参考:セブン&アイ公式サイト

1-3 7Payの使い方

現時点で公開されている情報は極わずかですが、ここではほかのコンビニのpayシステムを参考に予想できるフローをまとめてみたいと思います。

7Payの準備

まずは準備編です。

  1. iPhoneは「App Store」、Androidは「Google play」で専用アプリをダウンロードする
  2. IDとパスワードを決める
  3. 銀行口座やクレジットカードと紐づけてチャージする(プリペイド形式の場合)

7Payがどの程度セブン&アイサービスと連携するのか、nanacoとの棲み分けをどう図っていくのかにも注目です。

7Payでの決済方法

続いて使い方の予測です。

セブン&アイグループが現在共通IDとして利用している7iD(セブンアイディ)。

アプリではログインにより本人と紐づけを行い、セブンイレブンやイトーヨーカドー店舗でバーコードを提示して認証しています。

ファミリーマートの「ファミペイ」も同様で、ユーザーがスマホ画面に表示したバーコードを提示して、店員がそれを読み取る仕組みであると報道されています。

一方、すでに一部の店舗で展開中の「ローソンスマホペイ」では、ユーザー自らが商品のバーコードを読み取り、アプリ内で決済方法を選択。

表示されたQRコードを専用リーダーにかざすことで、最初から最後まで店員の手を借りずに決済を完了できるシステムとなっています。

このように、大手コンビニが手掛ける独自の電子マネー決済は同じようでいて少しずつ違っているので要チェックです。

7Payはどうなのか早く知りたいところですが、ここはぐっとこらえて公式情報を待ちましょう!

特典にも注目しよう!

ハート

7Pay公式が公開している情報はまだまだ少なく、そのほとんどが明かされていません。

使い方や使える店の情報も、発表されるまでにもうしばらくかかりそうです。

最新情報は株式会社セブン・ペイの公式サイトで明らかにされていくとのこと。

スマホを持っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「ファミペイ」の使い方・使える店|独自スマホ決済はいつから導入?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

LINEポイントが1番貯まるLINE Payの使い方|コード支払いで付与率アップ!?... LINE PayはLINEポイントが貯まりやすいスマホ決済アプリとしても定評があります。 LINEポイントはLINE Payに還元することができるので、実質利用金額から数%割引されていると思ってもらって構いません。 LINE P...
スマホ決済アプリとクレジットカードの相性から見る最強の組み合わせとは?... 今話題のアプリによるスマホ決済は、クレジットカード払いが主流です。 カードによってはダブルでポイントが貯まったり、ポイントが倍増したりするので、所持しているカードから相性の良いアプリを選択するのもよいでしょう。 この記事では、ス...
Amazonで「d払い」が使える!「ドコモ払い」の違いと支払い方法... キャッシュレス時代に合わせて、今ジワジワと利用者を増やしているd払い。実は2018年からAmazonで利用できるようになりました。一気に利用の幅が広がりますね。 そんなd払いと間違いやすくてややこしいのがドコモ払いです。両者にはどんな...
白熱するスマホ決済の還元合戦|インストールするアプリの判断ポイント... 楽天ペイ・LINE Pay・PayPayなど、昨年からスマホを使った決済が急激に認知度を上げています。 しかし、「興味はあるけれど種類が多すぎてピンと来ないな」という方もいるのではないでしょうか?そんなときはお得な特典を比較して検討し...