ソフトバンクで新規契約するメリット|機種変更・乗り換えとの違い

ソフトバンクで新規契約するメリット|機種変更・乗り換えとの違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

かつてドコモ、au、ソフトバンクの3社で凌ぎ合いをしていた時代は「どこのキャリアで契約してもサービスや使える携帯電話はほぼ同じ…」という印象を持たれがちでした。

しかし、格安MVNO業者が多数参戦した今では、ソフトバンク含めて多くのキャリアが新規ユーザーを囲い込もうと独自色やメリットを打ち出しています。

この記事ではソフトバンクで今後新規契約を予定している方を対象に、ソフトバンクのメリットや特徴を紹介していきます。

ソフトバンクで新規契約するメリットや乗り換え・機種変更の違い
  • 最大50GB/月の料金プランがあるのはソフトバンクだけ
  • ドコモにはない動画・SNSがカウントフリーとなる料金プランがある
  • auでは取り扱っていないGoogle Pixel 3を取り扱っている
  • サポートの充実と最新スマホのラインナップというメリットがある
  • 他社の電話回線をソフトバンクに移すのが乗り換え、新しく開通させるのが新規契約
  • 機種変更が出来るのは既にソフトバンク回線と携帯電話・タブレットを持っているユーザーのみ

トップ画像引用元:ウルトラギガモンスター+(プラス) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

ソフトバンクで新規契約するメリットは何か?

Softbank

画像引用元:ソフトバンク

数多く存在する携帯電話事業者の中から敢えてソフトバンクを選ぶ以上、ソフトバンクならではのメリットが無くてはいけません。

ドコモやau、格安MVNO業者と比較した時のソフトバンクを新規契約をするメリットを挙げてみましょう。

ドコモ、auと比較した時のソフトバンクのメリット

ソフトバンクにとって長年のライバルとも言えるドコモとau、この2社と比較した時のソフトバンクのメリットは以下の3点になります。

  • 50GB/月のデータ容量プラン(ウルトラギガモンスター+)がある
  • YouTubeやAbema TV、LINE等の動画配信・SNSのカウントフリーが対象のプランがある
  • auでは取り扱っていないスマホ『Google Pixel 3』がある

ソフトバンクは月間データ容量50GBのウルトラギガモンスター+が特徴で、ドコモは最大30GB、auでは使い放題を除けば25GBが最高なので他と比較して倍近く通信が出来ます。

ウルトラギガモンスター+は、アプリを使用しても通信容量に合算されないカウントフリー対象も多いので実質50GB以上を利用することも出来るでしょう。

ドコモ、auと比較した時のメリットは大容量のデータ通信で、通信制限に怯える事無く通信が出来るのがソフトバンクの強みと言えます。

格安MVNO業者と比較した時のソフトバンクのメリット

iPhoneX

画像引用元: | ソフトバンク

一方で格安MVNO業者と比較するとソフトバンクのメリットは以下のようになります。

  • 最新のiPhone・iPadやAndroidを入手できる
  • 店舗数が多くサポートも充実している
  • PayPayをお得に利用出来る
  • ソフトバンク固定回線と同時利用で割引が狙える(ソフトバンク傘下のY!mobileも対象)

ソフトバンクは長年通信事業を行っており、キャリアのブランド力も強いので最新のスマホを手に入れるにはもってこいの業者です。

特に日本で最新のiPhoneやiPadを入手する場合はドコモ、au、ソフトバンクのいずれかで入手するのがポピュラーで格安MVNO業者では取り扱ってすらいない業者も多く存在します。

また、店舗の数も多く電話でのサポートも格安MVNO業者と比較すると充実しているので、格安MVNO業者と比較するとサポートの充実と新機種の購入がしやすいのがメリットと言えるでしょう。

ソフトバンクで新規契約するメリット

ソフトバンクで新規契約するメリットをまとめると下記のようになります。

  • ドコモやauと比較すると、月50GBの料金プランがあるので余裕をもって通信が出来る
  • 格安MVNO業者と比較すると、取り扱う新型スマホやサポートの充実さで上回っている

大容量の通信が出来るのはソフトバンクならではのメリットですので、スマホやタブレットでたっぷり動画が見たい人はソフトバンクの新規契約がおすすめです。

ソフトバンクで新規契約するデメリットとは?

メリットがあればデメリットもあるもので、ソフトバンクで新規契約をすると他社と比較してデメリットとなる点もいくつかございます。

ソフトバンクで新規契約をする際には以下のデメリットを承知の上で、契約を結ぶようになります。

ソフトバンクで新規契約するデメリット

ソフトバンクで新規契約するデメリットは大きく4点存在します。

  • 2年契約(縛り)が基本(ドコモやauも同様)
  • 店頭で新規契約をすると頭金がかかる(オンラインショップは頭金無し)
  • 各種割引の仕組みが複雑
  • 店頭で取り扱うスマホ本体は新品なので機種代金が高い

ソフトバンクの新規契約は2年契約が基本となっており、2年間は契約を解約できず、この期間中に解約しようとすると違約金がかかってきます。

2年契約はドコモやau、一部の格安MVNO業者でも取り入れられておりソフトバンクだけのデメリットではありませんが2年間は解約出来ない…と見て差し支えございません。

他にも携帯電話特有の割引の複雑さ、店頭で新規契約すると頭金と呼ばれる料金がかかる点もありますが、後述のオンラインショップなら適用できる割引を選べて頭金がかからず契約可能です。

ソフトバンク「半額サポート」のデメリット|途中解約は特に注意!

次のページでは、ソフトバンクが合っているユーザーはどんな人か、を説明します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ