「LINEMO(ラインモ)」のメリット5つとデメリット3つについて解説

  • 2021年2月28日
  • by.a-sato

LINEMOの月額料金

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ソフトバンクとLINEのサービスが提携した新しい通信サービス「LINEMO」が3月17日よりスタートします!

ドコモの「アハモ」やauの「povo」とかなり内容が酷似しているサービスですが、LINEと提携しているということでLINEMO独自のサービスも取り扱っている点が特徴です。

そこで今回は、LINEMOのサービスの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

LINEMOのポイント
  • 3月17日よりスタート
  • 20GBが月額2,728円
  • LINEのトークや通話が使い放題
  • ソフトバンクの回線をそのまま使える
  • 対象スマホ・エリアであれば5Gも使える
  • 通信制限がかかっても1Mbps
  • ソフトバンクのキャリアメールや割引が使えない
  • 申し込みはオンライン

※本記事中の価格は総額表示

トップ画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

LINEMOとは?

LINEMO・ラインモのロゴ

画像引用元: オンライン専用ブランド“LINEMO”、3月17日にサービス開始

LINEとソフトバンクが提携した通信サービスでは「SoftBank on LINE」が既に発表されていましたが、3月17日より「LINEMO」という名称で新たにスタートすることになりました。

まず、LINEMOとは一体どのようなサービスなのか特徴を見ていきましょう。

LINEMOの特徴
  • ソフトバンク系列の格安通信サービス
  • サービス開始は2021年3月31日
  • LINEとサービスを提携
  • 20GBを月額2,728円で使える
  • 5分かけ放題は550円で無制限は1,650円
  • ソフトバンク系列ではあるが、ソフトバンク関連のサービスは一切利用できない
  • 3月16日までの先行エントリーでPayPayボーナスが3,000円相当もらえる

ソフトバンクが運営する新たな通信サービスということで、ワイモバイルと同様ソフトバンクの回線をそのままのクオリティで利用できるようです。

ソフトバンク系列のサービスでありながら、手続きはオンラインのみでキャリアメールが使えないなど独立しているため、ドコモの「アハモ」やauの「povo」と同じようなサービスだと思ってください。

20GBを月額2,728円という安さで使える上に、通話オプションも任意で選ぶことが可能です。

3月16日までに先行エントリーすれば、PayPayボーナスが3,000円相当もらえるそうなので、契約を検討中の人は是非エントリーすることをおすすめします。

ワイモバイルやソフトバンクからの移行に手数料は発生しません。

LINEMOのメリット

iPhone 12 miniレビュー

次に、LINEMOのメリットについて見てきましょう。

LINEMOのメリット
  • データ通信量20GBで月額2,728円
  • LINEのトークや通話が使い放題
  • ソフトバンクの回線をそのまま利用できる
  • 対象スマホ・エリアであれば5Gも使える
  • 通信制限がかかっても1Mbps

月額2,728円という安さで20GBが使えるだけでなく、LINEアプリでのトークや通話にかかる通信量もノーカウントとなります。

そのため、LINEでよく音声通話やビデオ通話をする人にとってもかなりおすすめのサービスです。

さらに、ワイモバイルと同じようにソフトバンクの回線をそのままの品質で利用できるため、格安SIMによくある回線速度が不安定になるなどの心配もありません

5G対応スマホを持っていて、利用可能なエリアにいればソフトバンクの5Gも同じ価格で利用できます。

また、20GBを超えてしまった場合には月末まで1Mbpsに低速化しますが、YouTubeの低画質動画なら視聴ができる程度の速度なので、そこまでストレスを感じることもないでしょう。

LINEMOのデメリット

SoftBankonLINE

画像引用元:SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

次に、LINEMOのデメリットについて見ていきましょう。

LINEMOのデメリット
  • キャリアメールが使えない
  • ソフトバンクの割引が一切使えない
  • 手続きはオンラインのみ

ソフトバンク系列のサービスですが、ソフトバンクのキャリアメールや割引などのサービスは利用できません

※「ソフトバンクまとめて支払い」のみ2021年4月中旬以降対応予定

そのため、ソフトバンクを使っていた時と全く同じ状態で使えるというわけではないので、現在ソフトバンクを利用している人は注意が必要です。

家族割や光回線とのセット割など、家族みんなで使うことでお得な割引が適用されている場合、LINEMOに変えてしまうと逆に料金が高くなってしまう恐れがあります。

また、LINEMOはオンラインによる申し込みのみなので、店舗でスタッフとしっかり相談してから決めたいという人にはやや不向きなサービスだといえます。

LINEMOは安くソフトバンクの5Gと20GBを使いたい人におすすめ

LINEMO先行キャンペーン

画像引用元:LINEMO – ラインモ|格安SIM|ソフトバンクのオンライン専用ブランド

最後に、LINEMOのポイントについてまとめます。

LINEMOのポイント
  • 3月17日よりスタート
  • 20GBが月額2,728円
  • LINEのトークや通話が使い放題
  • ソフトバンクの回線をそのまま使える
  • 対象スマホ・エリアであれば5Gも使える
  • 通信制限がかかっても1Mbps
  • ソフトバンクのキャリアメールや割引が使えない
  • 申し込みはオンライン

LINEMOはソフトバンクとLINEのサービスが提携した新たな通信サービスであり、LINEのトークや通話にかかる通信量がノーカウントになるという嬉しい特徴があります。

ソフトバンクやワイモバイルからの移行に手数料は発生しないので、安く20GBの大容量プランや5Gを使いたい人は是非申し込むことをおすすめします。

ただし、ソフトバンクやワイモバイルでの割引やメールサービスは使えないので、家族みんなでソフトバンクを使っているという人は、LINEMOに変えた時と今の料金を一度比較し、どちらが安くなるかチェックしましょう。

ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)への乗り換えや手続き方法を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。