イオンモバイル乗り換え完全ガイド|MNPにかかる費用と損をしない手順

  • 2020年1月12日
  • by.ssisdk

イオンモバイル

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

イオンモバイルに乗り換えたいけど、乗り換えの手順やMNPにかかる費用がわからないというかたは多いのではないでしょうか。

本記事は他社からイオンモバイルに乗り換え・MNPする完全ガイドです。

乗り換え・MNPにかかる費用や損しない手順についても解説していきますので。「お得にイオンモバイルに乗り換えしたい!」というかたは参考にしてみてください。

イオンモバイル乗り換え完全ガイド
  • 「事務手数料3,000円」「MNP転出手数料3,000円」は最低限かかる
  • とことん安く乗り換えたい人はスマホをSIMロック解除して流用したり、更新月で乗り換える
  • お得に乗り換えたいなら公式Twitterのキャンペーン情報をチェック

トップ画像引用元:MNPについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルに乗り換える時に必ずかかる費用は2種類

イオンモバイルへMNP

画像引用元:MNPについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

他社からイオンモバイルに乗り換える時、必ず払わなくてはいけないのが2つあります。

乗り換えで必要な費用
  • 「契約事務手数料3,000円」:イオンモバイルに支払い
  • 「MNP転出手数料3,000円 (2,000円のキャリアも有り)」:移転元キャリアへ支払い

この2つの手数料は必ず支払う必要があるので、イオンモバイルに乗り換える時は最低限6,000円の料金はかかると覚えておきましょう。

これは、イオンモバイルだけでなく他の格安SIMへ乗り換える場合にも同じように費用がかかってしまいます。

2つの手数料の他に、ユーザーごとにかかる料金が3つ存在する

上記の費用の他、ユーザーによっては以下の3つの料金が上乗せとなる場合があります。

上乗せされた料金が多い場合、イオンモバイルに乗り換えても毎月の支払額が大して変わらない…そんな事態も起こりうるので、以下の料金が発生するか乗り換え前に調べておきましょう。

移転元キャリアの契約解除料

現在契約している携帯電話が契約期間中、いわゆる縛り期間と呼ばれる状態でイオンモバイルに乗り換えると「契約解除料」が発生します。

契約解除料は違約金と呼ばれることも多く、金額はキャリアや料金プランによって変動する物の、大体1,000円~9,500円がほとんどです。

契約更新月と呼ばれる期間中なら契約解除料は発生しません。

乗り換えを申し込む時は「契約更新月はいつか?」を調べて「契約解除料が発生しても乗り換える価値はあるか?」決めましょう。

移転元キャリアで購入した機種代金の残債

現在契約しているキャリアで購入した携帯電話の機種代金が残っている場合、イオンモバイルに乗り換えても継続して支払うようになります。

機種代金の残債は一括支払いか、解約後も分割払いになるかは移転元のキャリア次第となるので、乗り換え前に残債はあるか・残債の支払い方法については必ず確認しておきましょう。

イオンモバイルで購入した機種代金(セット購入時のみ)

イオンモバイルでSIMカードとセットでスマホを購入すると、当然イオンモバイル側で機種代金が上乗せされます。

イオンモバイルは格安SIM業者なので、取り扱っているスマホも安価なモデルが多めですが、それでも2~3万円は機種代金がかかります。

支払い回数は分割か一括かお好きな方を選べるので、自身のお財布状況に合った支払い回数を選びましょう。

イオンモバイルを使うメリット|どんな人がお得になるか検証してみた

イオンモバイルの乗り換えた時の費用をシミュレーション!

イオンモバイルの特長

画像引用元:イオンモバイルについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルに乗り換えた場合どのぐらいの費用がかかるのか?au、ドコモ、ソフトバンクから乗り換えた例をシミュレーションしてみましょう。

au・契約解除料あり・機種代金一括で乗り換えた場合

auユーザーが以下条件でイオンモバイルに乗り換えたと想定して検証してみましょう。

想定条件
  • イオンモバイルにMNP転入
  • 移転元はauで契約更新月以外の解約(違約金9,500円発生と仮定)
  • auの機種代金の残債は無し
  • スマホはAQUOS sense3 SH-M12を一括購入(機種代金:38,280円)

上記の状態でイオンモバイルに乗り換えると、下記料金がかかります。

項目金額
MNP転出手数料3,000円
イオンモバイルの契約事務手数料3,000円
移転元の機種代金残債0円
スマホの購入代金(一括)
AQUOS sense3 SH-M12
38,280円
乗り換えに必要な費用総額44,280円
2ヶ月目以降の料金イオンモバイルの月額料金のみ

一括で機種代金を支払った他、契約解除料・MNP転出手数料・事務手数料も初月に発生するので、1ヶ月目の負担は大きめです。

auの機種代金の残債は無いことと、2ヶ月目以降はイオンモバイルの月額料金だけなので初月以降の負担はかなり軽くなります。

ドコモ・契約解除料無し・SIMのみ購入で乗り換えた場合

ドコモユーザーが以下条件でイオンモバイルに乗り換えた時の費用をシミュレーションしてみましょう。

想定条件
  • イオンモバイルにMNP転入
  • 移転元はドコモ。契約更新月での解約で違約金は無し
  • ドコモの機種代金の残債なし
  • スマホはドコモの物を使用してイオンモバイルではSIMカードのみ契約

上記の条件でイオンモバイルに乗り換えた時の料金は下記表のようになります。

項目金額
MNP転出手数料3,000円
イオンモバイルの契約事務手数料3,000円
移転元の機種代金残債0円
イオンモバイルで購入する機種代金0円
乗り換えに必要な費用総額6,000円
2ヶ月目以降の料金イオンモバイルの月額料金のみ

違約金無し・イオンモバイルとドコモ共に機種代金無しなので、かなり料金を節約してお得に乗り換えられるケースになりました。

イオンモバイルはドコモのスマホならSIMロック解除無しで契約できるので、最も楽に乗り換えられるのがドコモユーザーです。

タイミングが合えば最低限かかる6,000円の料金でイオンモバイルに乗り換えられるでしょう。

ソフトバンク・契約解除料無し・機種代金分割・残債ありで乗り換えた場合

ソフトバンクユーザーが以下条件で乗り換えた時の費用を検証してみます。

想定条件
  • イオンモバイルにMNP加入
  • 移転元はソフトバンク・契約更新月での解約で違約金は無し
  • ソフトバンクの機種代金の残債あり(月555円 arrows Uを48回払い中と仮定)
  • イオンモバイルでAQUOS sense3 SM-M12を分割払いで購入

この状態でイオンモバイルに乗り換えると下記表のようになります。

料金の種類金額
MNP転出手数料3,000円
イオンモバイルの契約事務手数料3,000円
移転元の機種代金残債555円/月
※arrows U 48回払いと仮定
スマホの購入代金(分割)
AQUOS sense3 SH-M12
1,595円/月
乗り換えに必要な費用総額8,150円
2ヶ月目以降の料金2,150円(機種代金)+イオンモバイルの月額料金

ソフトバンクは解約後も分割支払いが継続するので、イオンモバイルに乗り換え後も2社で機種代金が請求されます。

月々の機種代金が2,000円を超えているので、乗り換え後の負担を少しでも減らしたいなら残債を完済してから乗り換えると良いでしょう。

【2020年10月】格安SIMおすすめ最新ランキング|スマホのプロが通信速度・料金を比較

次の章では、イオンモバイルに乗り換える時に損をしない・お得に乗り換える手順を解説します。

イオンモバイルに乗り換える時に損をしない・お得に乗り換える手順

イオンモバイル MNPの手順

画像引用元:MNPについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルに乗り換えた時は最低限6,000円の費用が判明するのが分かりましたが、ただ乗り換えるだけでは損をしたり、お得な特典を逃す事もあります。

イオンモバイルに乗り換える時は下記4点を確認して、損する部分を無くしたりお得に乗り換えるポイントを押さえておきましょう。

公式Twitterでお得な割引やキャンペーンが行われているか要チェック!

イオンモバイルはキャンペーンや割引情報を公式Twitterで広報しているので、乗り換えの際には必ずチェックしておきましょう。

公式ホームページに記載されていない情報もあったりと、情報の重要性はイオンモバイルの中でも最も高くなっています。

少しでもお得に乗り換えたい人、損をしたくない人は公式Twitterで乗り換えキャンペーンが行われていないかだけでもチェックするのがおすすめです。

移転元解約に伴い終了する割引や特典・ポイントがないか確認して損を防ぐ

イオンモバイルに乗り換えて損をしてしまう例は「料金の安さに釣られて解約したが、移転元キャリアのサービスや割引が受けられなくなった」というのが代表的です。

ドコモ、au、ソフトバンクを例にみると、イオンモバイルに乗り換え後下記の特典やサービス、割引が無くなります。

キャリアから乗り換え(MNP)するとなくなってしまうもの
  • キャリアメールアドレス失効
  • 学割や家族割などキャリア加入で適用される割引
  • auスマートバリューのようなスマホとネット回線加入で適用される割引
  • キャリアが提供しているアプリやサービス(auスマートパス等)
  • au ポイント失効(auユーザー)
  • au Walletクレジットカードに年会費発生
  • dアカウント未発行のdポイント(ドコモユーザー)
  • 長期継続特典のPayPayボーナス付与終了(ソフトバンクユーザー)

特に学割や家族割、固定回線とのセット割など加入しているユーザーの数によって割引金額が変動するタイプの割引は、自分以外の家族やユーザーにも影響が出るので要注意です。

「自分は乗り換えで安くなったが、家族の料金が高くなってしまった」では乗り換えの意味が薄れてしまうので、乗り換え後に割引が消失する割引が無いかをカスタマーセンター等で確認しておきましょう。

契約解除料が高い場合は、契約更新月を待ってお得に乗り換える

契約解除料はイオンモバイルに乗り換え時の料金を増やす原因なので、契約更新月が近い人は更新月を待つのも手です。

契約解除料が9,500円かかると事務手数料3,000円とMNP転出手数料3,000円と合計で15,500円になり、決して軽い負担金額ではありません。

「次回契約更新月がかなり後で今すぐ乗り換えた方がお得」という方を除き、契約更新月を待ってから乗り換えた方がお得です。

今使っているスマホでイオンモバイルに乗り換えて機種代金を節約する

イオンモバイルでスマホを購入するより、現在使っているスマホをイオンモバイルでそのまま使った方が機種代金の節約になります。

ドコモのスマホはSIMロック解除不要で使えますし、auはVolte対応スマホならSIMロック解除後、イオンモバイルで使えるようになります。

ソフトバンクのスマホは動作確認が取れていませんが、使える可能性はあると記載されているので安く乗り換えたい人は今のスマホを継続して利用しましょう。

機種代金の残債がある人は前もって完済しておくのがおすすめ

今のスマホをそのまま使う人も、イオンモバイルでスマホをセット購入する人も移転元キャリアで購入したスマホの機種代金の残債は完済しておきましょう。

機種代金の残債があれば乗り換え後も継続して料金は発生するので、毎月の負担が重くなる一因になってしまいます。

分割支払いの機種代金を一括で支払いできるか、残債はいくらなのかを確認しましょう。

自宅にWi-Fiがある人は価格の安い料金プランでお得に契約!

イオンモバイルで契約する料金プランを「音声500MBプラン(月額1,130円)」のような格安の料金プランを選ぶと安く契約出来ます。

自宅にWi-Fiがある人やネットを滅多に使用しない人は、月額料金が安い料金プランを選べば毎月の負担を軽くできるのでおすすめです。

「イオンでんわ」アプリを使って通話料も半額にしよう

イオンでんわのアプリ

画像引用元:イオンでんわ|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルの通話料は30秒につき20円ですが、登録費・基本料無料のアプリ「イオンでんわ」を使用すると通話料が30秒につき10円となり半額になります。

番号そのままで利用出来てApp StoreまたはGoogle Playストアから無料アプリをインストールするだけなので利用登録も簡単です。

イオンモバイルユーザーなら利用して損は無いアプリなので、乗り換え後には必ずイオンでんわアプリをインストールしておきましょう。

アップルストア グーグルプレイ

イオンモバイルに乗り換える費用は6,000円~!更に金額が増えるかはユーザー次第

イオンモバイルの特長

画像引用元:イオンモバイルについて|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

イオンモバイルは月額料金の安さを謳っており、実際月額料金は音声プランで1,180円と非常に安い業者です。

しかし、乗り換え時にはMNP転出手数料と契約事務手数料の6,000円が発生するので、初月の料金はどうしても高くなってしまいます。

ユーザーによっては更に機種代金や割賦代金の残債、契約解除料も発生しますが、これらはユーザー自身の対策で減額可能です。

お得に乗り換えたい人は追加料金の上乗せが発生しないように注意して契約しましょう。

イオンモバイル乗り換え完全ガイド
  • 「事務手数料3,000円」「MNP転出手数料3,000円」は最低限かかる
  • とことん安く乗り換えたい人はスマホをSIMロック解除して流用したり、更新月で乗り換える
  • お得に乗り換えたいなら公式Twitterのキャンペーン情報をチェック
【9月最新】格安SIMキャンペーン比較|乗り換え・機種変更でお得な10社まとめ

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで今の月額を半分以下に抑えませんか?

ワイモバイルPayPayボーナス
ワイモバイルPayPayボーナス
この記事を書いた人
ssisdk
ssisdk
東京都出身の某携帯電話事業者のコールセンターで働く合間にWebライターとしても執筆活動中のライター。卒業後延々と携帯電話業界に浸かった結果、ディープな面や表には出ない裏話にも見てしまった男。AndroidとiPhoneの2台持ち推し派。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ