ahamoは子供もおすすめ?ロング学割やキッズケータイの利用について解説

  • 2021年4月2日
  • by.shota8

ahamoは子供もおすすめ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

今回は、ahamoは子どもにおすすめなのかを、ロング学割やキッズケータイを踏まえて説明します。

2021年3月26日よりサービスの提供が開始されるドコモの新料金プラン、ahamo。

ahaamoは月額料金が安いということで、話題になっていますよね。

子どもがいる方でも、家族全員でahamoにプラン変更したいと考えている人は多いでしょう。

ahamoは子どもにもおすすめかのまとめ
  • ahamoではロング学割が使えない
  • ahamoでキッズケータイは使えないが親機にすることはできる
  • ahamoで子育て応援プログラムは使えない
  • 親がahamoで子どもドコモの組み合わせが一番おすすめ

ぜひこの記事を最後まで読んで、ahamoに加入するかの判断材料にしてください。

子どもがいる家庭のahamoで気を付けたい点

ahamoのロゴ

画像引用元:ahamo

ahamoは、月20GBのデータ通信量を基本料金2,970円で利用可能な格安の料金プランとなっています。

そのため、ひと月で20GBまでしか使わないという人にとってはかなりお得なので、おすすめです。

しかし子どもの場合は、ahamoはそれほどおすすめできない場合があります。

子どもがいる家庭のahamoは、以下の点に気を付けてください。

子どもがいる家庭のahamoで気を付けたい点
  • ahamoでロング学割は適用できない
  • ahamoでキッズケータイは使えない
  • 親がahamo・子どもがドコモ(キッズケータイ)はできる
  • ahamoで子育て応援プログラムは使えない
  • イマドコサーチが使えない

ahamoでは、22歳以下のユーザーの月額料金が割引される、ロング学割の対象外となっています。

またキッズケータイ及び子育てプログラムの使用もできません。

ですが、親がahamo・子どもがドコモで契約することは可能です。

これらは子どものいる家庭がahamoを利用する場合、とても重要になってきます。

それぞれ説明していくので、子どもがいてahamoを利用するか迷っている方はぜひ最後まで見てください。

期間限定】29歳以下ならdカード GOLDで最大35,000円分のポイント還元!お得なキャンペーン続々のdカード・dカード GOLDの詳細はこちら。

ahamoでロング学割は適用できない

ドコモのロング学割

画像引用元:ドコモのロング学割

ロング学割は、10月30日~2021年5月31日まで新規受付をしているドコモの学割です。

このロング学割は、ahamoで契約した場合には適用されません

ロング学割が適用されるのは、以下の料金プランのみ適用となっています。

ロング学割が適用される料金プラン
  • 5Gギガホ
  • ギガホ
  • 5Gギガライト
  • ギガライト

これらのプランで契約した場合、22歳以下の方は23歳になる誕生月までロング割引が適用されます。

また、割引額は契約してからの6ヶ月間とそれ以降で変わってきます。

それぞれ割引額とそのほかの特典についてまとめたので、確認してください。

料金プラン適用から6ヶ月間の割引料金適用から7ヶ月以降の割引料金その他特典
5Gギガホ月3,850円月1,100円
ギガホ月3,388円月1,100円
ギガライト月1,100円月550円毎月2GBデータ量追加

5Gギガホとギガホの場合、最初の6か月間の割引額はかなり大きいですね。

ドコモのギガプランはその他の割引も適用可能

5Gギガライトとギガライトの場合は、最初の6ヶ月は1,100円、その後も550円割引されます。

また、これらの料金プランは、以下の割引も適用されます。

5Gギガホ・ギガホに適用される割引
  • 「みんなドコモ割」3回線以上:1,100円
  • ドコモ光セット割:1,100円
  • dカードお支払い割:187円
  • ギガホ割(最大6ヶ月):1,100円
5Gギガライト・ギガライト
  • 「みんなドコモ割」3回線以上:1,100円
  • dカードお支払い割:187円

ahamoの場合、これらの割引も適用されません。

これらの割引とロング学割を考慮した料金を、ahamoの料金と比べると以下のようになります。

料金プラン月額料金(6ヶ月間)月額料金(7ヶ月以降)
ahamo20GB:2,970円20GB:2,970円
5Gギガホ無制限:1,078円無制限:4,928円
ギガホ60GB:990円60GB:4,387円
5Gギガライト3GB:1,078円
5GB:1,628円
7GB:2,178円
9GB:3,278円
3GB:1,628円
5GB:2,178円
7GB:2,728円
9GB:3,828円
ギガライト3GB:1,078円
5GB:1,628円
7GB:2,178円
9GB:3,278円
3GB:1,628円
5GB:2,178円
7GB:2,728円
9GB:3,828円

このようにもろもろの割引を含めると、5Gギガホとギガライトは、最初の6ヶ月間でahamoの3分の1程度で利用可能です。

また、7GBまでしか使わない場合は、ahamoよりも5Gギガホとギガライトの方がお得に利用できますね。

ここで、1年間使用した場合に発生する料金を、ahamoと5Gギガホ、ギガホで比べてみましょう。

料金プラン最初の1年間で発生する利用料金
ahamo35,640円
5Gギガホ36,036円
ギガホ32,262円

1年間の発生する利用料金だと、3つのプランで料金の差はあまりありません。

むしろギガホの場合、ahamoよりも安く利用することができますね。

また、これらの新プランの違約金は1,100円となっています。

そのため違約金を考慮しても、ロング学割が適用される場合、1年間の利用なら5Gギガホとギガホの方がお得です。

割引適用できないならahamoがおすすめ

ただ、上記で見てきた金額は可能な限り全ての割引を含めた場合の料金です。

家族で3回線以上ドコモを利用していたり、ドコモ光を契約したりなどの条件が必要になります。

割引条件に当てはまらない、複雑な条件を考えたくないという方はahamoがおすすめです。

ahamoでキッズケータイは使えない

キッズケータイ SH-03M

画像引用元:ドコモ オンラインショップ

ahamoで利用可能なのは、データ通信量20GBで月額料金2,970円のプランのみです。

小さい子ども向けの、キッズケータイ(端末)が使えるプランはありません。

つまり、ahamoを利用しながらキッズケータイを使用することは不可能ということです。

ドコモでキッズケータイを使用する場合、以下のプランで契約している必要があります。

ドコモでキッズケータイが使えるプラン
  • ギガホ
  • カケホーダイ
  • タイプSSバリュー

そもそもahamoは、シンプルで基本料金が安いということを売りにしています。

そのため割引なども適用されず、キッズケータイプランがないのは致し方ないでしょう。

親がahamo・子どもがドコモ(キッズプラン)はできる

先程ahamoでは、キッズケータイを使用することはできないと説明しました。

なので、小さい子どものいる方は、家族全員でahamoというのは難しいでしょう。

しかし、家族全員でahamoに契約する必要はありません。

ahamoはキッズケータイの利用ができませんが、キッズケータイの親機になることができます。

ドコモの場合、キッズケータイを利用するには、ファミリー割引に加入している必要がありますね。

ファミリー割引に加入していないといけないのは、キッズケータイプラン以外の回線を親回線としている場合です。

ahamo発表当初は、ahamoがファミリー割引にカウントされないと言われていました。

しかし、最近になってahamoもファミリー割引にカウントされるということが分かりました。

そのため、親がahamoで子どもがドコモのキッズケータイプランということが可能です。

また、ahamoでカウントされる割引には、以下のものがあります。

ahamoでカウントされる割引一覧
  • ファミリー割
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割

適用はされないので、注意しましょう。

イマドコサーチは利用不可

ahamo端末を親機としては設定することができますが、ahamoではイマドコサーチは利用することができなくなります

こちらは探す側も探される側もどちらもです。

また、ahamoに切り替える場合には事前に解約が必要になるため注意が必要です。

ahamoで子育て応援プログラムは使えない

ドコモ子育て応援プログラム

画像引用元:ドコモ 子育て応援プログラム

ドコモには、子育て応援プログラムというお得なサービスがあります。

子育て応援プログラムとは、子どもを持つドコモ回線契約者の子育てを支援するサービスです。

対象者は、12歳以下の子どもを持つドコモユーザーとなっています。

子育て応援プログラムに加入していると、以下の4つの特典を受けることを受けることができます。

子育て応援プログラムの特典
  • 毎年子どもの誕生日にdポイントを3,000ポイントプレゼント
  • dフォトアルバムサービス最大13ヶ月無料
  • クラウド容量オプションプラス50GBが無料
  • dキッズが最大13ヶ月無料

子育て応援プログラムに加入していると、これだけの特典を受け取れます。

逆にahamoに加入する場合、小学歳以下の子どもを持つ親の方はこれだけ損をしてしまうということに。

ですが、これらの特典についてよくわからないという方もいると思います。

そこでここからは、これらの特典について詳しく説明していきましょう。

毎年子どもの誕生日にdポイントを3,000ポイントプレゼント

子育て応援プログラムに加入していると、子どもの誕生日に毎年3,000ポイントのdポイントをもらえます。

基本的な2年契約で考えた場合、子どものいる方はドコモの通常プランなら6,000円分ほど得をしますね。

また、仮に子どもが生まれてからドコモをずっと使ってきた場合、36,000円得をする計算となります。

付与月から6ヶ月以内が使用期限というデメリットもありますが、ahamoだとこれらのdポイントを受け取れません。

dフォトアルバムサービス最大13ヶ月無料

dフォト

画像引用元:dフォト | サービス・機能 | NTTドコモ

子育て応援サービスに加入していると、dフォトのアルバムサービスを最大13ヶ月無料で利用することができます。

dフォトアルバムサービスは、撮影した写真をフォトブックにしてもらえるサービスです。

子どもの成長の過程を、形としても残すことができますね。

dフォトアルバムサービスでは、通常月額308円ほどかかります。

子育て応援サービスだと13ヶ月無料なので、4,004円ほど得することになりますね。

クラウド容量オプションプラス50GBが無料

クラウドストレージというのをご存じでしょうか。

スマホやパソコンのデータを、web上に保存しておくことができるサービスです。

クラウドストレージを利用することのメリットとして、以下のことが挙げられます。

クラウドストレージを使用することのメリット
  • スマホやパソコンのストレージを気にする必要がなくなる
  • クラウドストレージに保存しているデータを外出先でも共有できる
  • 初期化や機種変更をする際にバックアップを取る必要がなくなる

クラウドストレージにデータを保存しておくと、非常に便利です。

ドコモユーザーの場合、通常5GBのクラウド容量を無料で使用できます。

ですが子育て応援サービスに加入している方は、プラスで50GBのクラウド容量を無料で使用可能です。

ドコモで50GBのクラウド容量を利用するには、月額440円の利用料金がかかります。

それを子どもが12歳になるまで使用できるので、非常にお得です。

dキッズが最大13ヶ月無料

dキッズ

画像引用元:dキッズ

月額409円のdキッズを、最大13ヶ月無料で利用可能です。

dキッズだと、0歳から12歳までの子どもが遊べる、約30種類の知育系アプリが使えます。

国語や算数、英語などの基本的な科目に加えて、音楽や本の読み聞かせなどジャンルは様々。

親でも安心して子どもにスマホを触らせることができます。

子育て応援プログラムが使えないとどれくらい損するのか

子育て応援プログラムの内容について紹介しましたが、ahamoではこれらが適用されません。

子育て応援プログラムだけを考慮すると、ahamoはドコモの通常プランと比べてどれだけ損するのでしょうか。

ここでは契約期間の基本となる2年間での額を考えます。

サービスの種類月額料金2年間の利用で発生する料金
dフォトアルバムサービス最大13ヶ月無料308円4,004円
クラウド容量オプションプラス50GBが無料440円10,560円
dキッズが最大13ヶ月無料409円5,317円

子育て応援プログラムだと無料で利用可能なサービスをahamoで使用すると、2年間でこれだけの料金が発生します。

ここに「毎年子どもの誕生日にdポイントを3,000ポイントプレゼント」のポイントを考慮しましょう。

2年で2回の誕生日が来るので、6000ポイントほどのdポイントを獲得できますね。

これらを合計すると、25,881円となります。

つまり、ahamoは子育て応援プログラムが適用されるプランと比べて、25,881円ほど損をすることになります。

しかし、これはあくまですべてのプランを有料で使用した場合に損をする金額です。

人によっては、いらないと思うサービスもあるでしょう。

いらないと思うサービスが多い場合は、ahamoの方がお得に利用できるかもしれません。

親子で使う場合はahamoにすべき?

ここまで、ahamo子どもがahamoに加入する際に気を付けておくべき点について紹介しました。

結論から言うと、親はahamo、子どもがドコモの組み合わせが一番いいでしょう。

この組み合わせだと、割引額の大きいロング学割が適用されます。

また、小さい子どもにも安心して持たせられるキッズケータイも利用可能です。

そのため、子育て応援プログラムは適用されませんが、親がahamo、子どもはドコモがおすすめ。

子育て応援プログラムもかなりお得なので、利用したいという場合には家族でドコモがいいですね。

中学生以上の子どもがいて、2年間使い続けるという場合には、家族でahamoでもお得に使えます。

小さい子どもがいる家庭はドコモのままがいいかも

ただ、親がahamo、子どもがドコモの組み合わせでもイマドコサーチを使うことはできません。

小さい子どもがいる家庭でイマドコサーチを普段から活用しているという方は、ahamoへの乗り換えを見送った方が良さそうです。

それかその他の位置情報サービス(ZenlyやiPhoneを探す等)で代用できないかも検討してみてください。

アハモとドコモの通常プランを組み合わせてお得に使おう!

今回は、ahamoは子どもにおすすめなのか、またロング学割やキッズケータイは使えるのかを説明してきました。

ahamoは子どもにもおすすめかのまとめ
  • ahamoではロング学割が使えない
  • ahamoでキッズケータイは使えないが親機にすることはできる
  • ahamoで子育て応援プログラムは使えない
  • 子育て応援プログラムが使えないと2年で25,000円ほど損をする
  • 親がahamoで子どもドコモの組み合わせが一番おすすめ
  • 子育て応援プログラムを利用したいなら家族全員でドコモがおすすめ
  • 子どもが中学生以上で2年間使い続けるのであれば家族全員でahamoもおすすめ

ahamoはもともとも料金設定が安いですが、割引などのキャンペーンは適用されません。

そのため、お子さんがいる場合はドコモの通常プランの方がお得に使える場合があります。

また、親がahamoで子どもがドコモという組み合わせで契約することも可能です。

お子さんがいるという方は、ぜひこの記事を参考にして、ahamoと規約するか考えてみてください。

ahamoの対応機種(iPhone/Android)一覧|おすすめスマホランキングも

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • ahamo利用料金の税込100円につき10%還元
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円