ahamoはテザリングできる!料金や設定手順、利用制限の有無を解説

  • 2021年4月2日
  • by.bitWave編集部

ahamoはテザリングの料金や設定手順、利用制限の有無

ahamoならスマホ料金が月額2,970円。さらにMNPなら最大7,000ptもらえるキャンペーンも実施中!ahamoで最新スマホを使うならお得なドコモオンラインショップで購入しましょう。

今回はahamoのテザリングについて、料金や設定手順、利用制限などについて説明していきます。

皆さんは、普段スマホのテザリング機能を使用していますか?

テザリングがあれば、場所を問わずインターネットが使えて便利ですよね。

このテザリング機能ですが、2021年3月26日よりサービスを開始したahamoでも利用可能です。

ahamoに加入しようと考えている方は、ぜひこの記事を最後まで読んでください。

ahamoのテザリングまとめ
  • ahamoのテザリングは申し込み不要で料金も無料
  • スマホ自体のデータ通信と合わせて月20GBまで使用可能
  • 20GBを超えた場合は通信制限がかかるが550円で1GBの購入ができる

スマホのテザリングとは

テザリング

そもそもテザリングとは、どういったものなのでしょうか?

デザリングとは、スマホのデータ通信を利用して、パソコンやタブレットをインターネットにつなげることです。

テザリングのメリット
  • 移動中でもパソコンやタブレットでネットができる
  • スマホがポケットWi-Fiの代わりになる

Wi-Fiがない場所でも、スマホがポケットWi-Fiの代わりを担ってくれるような感じですね。

テザリングがあれば、移動中にタブレットで動画視聴をしたり、パソコンで仕事ができたりします。

とても便利な機能なので、活用するようにしましょう。

ahamo テザリングの料金・容量制限

ahamo

画像引用元:ahamo

テザリングをする場合、キャリアや契約プランなどによって料金が発生することがあります。

また、どのくらいインターネットが使えるのか、容量制限も異なります。

ここでは、ahamoのテザリングの料金と容量制限について紹介しましょう。

ahamoのテザリング
  • 無料で利用可能
  • 特別な申し込みなどは必要なし
  • スマホのデータ通信を含め20GBまで利用可能
  • 1GB550円でデータ通信容量を追加購入できる

ahamoでテザリングをする際の料金

ahamoでテザリングを利用する場合、特別な料金は発生しません

そもそもドコモの一般的なプランの場合、無料でデザリング機能を利用できます。

これはahamoも例外ではなく、もちろん無料でテザリングが可能です。

また、ドコモ及びahamoでテザリングを利用する場合、特別な申し込みなどは必要ありません。

デザリングオプションは、あらかじめ契約内容に含まれています。

そのため、後からテザリング機能が必要になったという場合でも、すぐに利用可能です。

ahamoのテザリングの容量制限

ahamoのテザリングには、特別な容量制限はありません。

ですが、テザリングでネットを使用しているときは、スマホのデータ通信容量を使用します。

そのため、ahamoは月20GBのプランだけなので、必然的にテザリングの容量制限も20GBとなります。

しかし、実際はスマホでもネットを使うと思いますので、使えるデータ容量はもう少し少なくなるでしょう。

テザリングを頻繁に使う方は、気を付けながら使用してください。

また、もしひと月のデータ通信容量が20GBを超えてしまった場合、通信制限は最大1Mbpsとなっています。

これは、従来の通信制限の8倍ほどの数値なので、そこまで遅いといった感じではありません。

ただ、もちろん通信速度が遅くなることには変わりありません。

通信制限が気になる方は、1GBを550円で追加購入できるので、活用してみてはいかがでしょうか。

ahamoで使えるテザリングの種類

ahamoで使えるテザリングには、3つの種類があります。

ahamoで使えるテザリングの種類
  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

ここでは、これらのテザリングの種類について説明していきます。

Wi-Fiテザリング

Wi-Fiテザリングは、先ほど紹介した3つの中で最もメジャーなテザリング方法です。

名前の通り、Wi-Fi接続を使用してテザリングを行います。

ahamoで契約したスマホを、ポケットWi-Fiのようにして他の機器と接続します。

Wi-Fiテザリングを使うメリットは以下です。

Wi-Fiテザリングのメリット
  • 基本的に通信速度が速い
  • 1度接続するとそれ以降の接続は楽

Wi-Fiテザリングは、環境や接続状況にもよりますが、基本的には通信速度が速いです。

また、家や勤務先などの場所では、使用機器のWi-Fiがオンなら自動的にWi-Fiに接続されますよね。

これと同じように、Wi-Fiテザリングの場合も一度接続してしまえばすぐに再接続が可能です。

一方で、Wi-Fiテザリングには以下のようなデメリットも存在します。

Wi-Fiテザリングのデメリット
  • バッテリーの消耗が激しい
  • 複数台で接続すると通信速度が遅くなる

Wi-Fiテザリングだと、他2種のテザリング方法に比べて、親機のバッテリーの消耗が激しいです。

加えて、複数台で接続すると通信速度が低下します。

また、接続台数が多くなるにつれて、親機のバッテリー消耗は激しくなります。

このようなデメリットはありますが、通信速度や接続が楽という点から、最もおすすめな方法です。

また、通常のWi-Fiと同じように、接続するにはパスワードの入力が必要になります。

セキュリティ強化のためにも、しっかりパスワードを設定しておくことが重要です。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングとは、Bluetoothを使用して親機と他の機器を接続する方法です。

通信速度に関してですが、Wi-Fiテザリングよりも一般的には劣ってしまいます。

ですが、その分バッテリー消耗は少ないのが特徴です。

バッテリーが少ないときや、長時間の使用で電源を確保できない場所にいる場合にはおすすめですね。

USBテザリング

親機とインターネットを使用したい機器とを、USBケーブルで接続して使用する方法です。

メリットは以下の2つです。

USBテザリングのメリット
  • 通信速度が速くて安定している
  • スマホを充電しながら行うことができる

USBテザリングのメリットの1つに、ネット通信が安定しているということが挙げられます。

通信速度も速く、高い水準でネットを使い続けることが可能です。

パソコンを有線で使用するのと同じような感じですね。

また、パソコンと親機となるスマホをUSBで接続した場合、スマホを充電しながらテザリングすることも可能。

スマホのバッテリーがなかったり、電源を確保できなかったりする場合でも、安心してテザリングできます。

しかし、デメリットも存在します。

USBテザリングのデメリット
  • USBケーブルや専用の機器が必要
  • 1台しか接続できない

そもそもUSBテザリングを使用する場合、USBケーブルが必要となります。

また、スマホやタブレットにはUSBポートはないので、変換ケーブルなども必要です。

そのため、ケーブルでかさばりますし、そもそも持ち合わせていなかったら使用できません。

またケーブルの都合上、テザリングは1台ずつでしか行えません。

複数台の機器を使用する方には、USBテザリングはおすすめできません。

ahamo テザリングの設定手順

ahamoのロゴ

画像引用元:ahamo

ここでは、ahamoでのテザリングの設定手順について説明していきます。

テザリングの設定手順は、AndroidスマホとiPhoneで異なります。

それぞれ紹介していくので、確認してください。

Androidスマホのテザリング設定手順

Androidスマホでテザリングの設定をする場合、以下の手順で行ってください。

Androidスマホのテザリング設定手順
  1. ホーム画面より「設定」アプリを開く
  2. 「無線とネットワーク」を開く
  3. 「テザリング」を開く
  4. 利用したいテザリング方法をオンにする
  5. Wi-Fiテザリングの場合はパスワードを設定する

Androidスマホの場合、種類によって設定方法は若干異なります

ですが、大まかな流れは大体同じなので、参考にしてください。

iPhoneのテザリング設定手順

iPhoneのテザリングの設定手順は、以下の通りです。

iPhoneのテザリング設定手順
  1. ホーム画面より「設定」アプリを開く
  2. 「インターネット共有」を開く
  3. 「ほかの人の接続を許可」をオンにする
  4. ポップアップが表示されるので利用したいテザリング方法を選択
  5. Wi-Fiテザリングの場合はパスワードを設定する

iPhoneの場合、テザリングで接続されると親機の画面上部に青いラインのようなものが出ます。

それが出るまでは接続されていないということなので、確認しましょう。

テザリングを使う方法

テザリングを使う方法について見ていきましょう。

ここでは接続する側の機器の接続方法について紹介するので、参考にしてください。

Wi-Fiテザリングの場合

まずは、ほかのスマホやタブレットからの接続方法です。

スマホ・タブレットの接続方法

Wi-Fiテザリングの接続方法
  1. ホーム画面より「設定」アプリを開く
  2. Androidデバイスの場合は「無線とネットワーク」を開く
  3. Wi-Fiをオンにする
  4. Wi-Fi一覧に親機から出ているW-Fiが表示されているのを確認する
  5. 親機のWi-Fiをタップする
  6. あらかじめ設定しておいたパスワードを入力する

AndroidデバイスもiOSデバイス(iPhone・iPad)も同じような流れで接続することができます。

若干異なるような場合でも、Wi-Fiの画面を開けばそこから接続可能です。

続いて、PCからの接続方法も見てみましょう。

PCの接続方法

PCの接続方法
  1. Macは画面右上のWi-Fiアイコン・Windowsは右下の飛行機のアイコンをクリック
  2. 自分のスマホを選択
  3. 必要であればパスワードを入力

以上です。

Bluetoothテザリングの場合

Bluetoothテザリングの場合、スマホやタブレットは以下の手順で接続できます。

スマホやタブレットの接続方法

スマホやタブレットの接続方法
  1. ホーム画面より「設定」アプリを開く
  2. Andoroidの場合は「デバイス接続」を開く
  3. Bluetoothをオンにする
  4. 使用可能な機器一覧に親機の名前が表示されているのを確認する
  5. 親機の名前をタップする
  6. ポップアップが出るので問題がなければペアリングをする

Bluetoothで接続する場合、⑤のポップアップでキーが表示されることがあります。

親機にもそのキーが表示されているか確認してください。

続いて、Macの接続方法を見てみましょう。

Macの接続方法

Bluetoothテザリングの接続方法
  1. 左上にあるアップルメニューをクリック
  2. 「システム環境設定」を開き「Bluetooth」をクリック
  3. リストからスマホを選んで「接続」

Windowsの場合は以下の通りです。

Windowsの接続方法

Windowsの接続方法
  1. スタートボタンをクリック
  2. 「設定」を開き「デバイス」をクリック
  3. 「Bluetoothとその他のデバイス」で「Bluetooth」をオンにする
  4. 「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」を選択
  5. 「デバイスを追加する」画面で「Bluetooth」を選択
  6. スマホを選択

以上です。

USBテザリングの場合

USBテザリングの場合は、USBケーブルでつなぐだけで接続されます。

親機の設定は必要ですが、接続する機器での操作は必要ありません。

ahamo テザリングの注意点

ahamoでテザリングする場合の注意点として、以下のことが挙げられます。

ahamoでテザリングする場合の注意点
  • テザリング時はデータ通信容量を消費する
  • テザリングがうまくいかないことがある
  • テザリング時は親機のバッテリー消費が激しくなる

それぞれ説明していきます。

テザリング時はデータ通信容量を消費する

ahamoの場合、契約時に申し込みをしなくてもテザリング機能を使用できます。

便利ではありますが、逆に言えばテザリング用のオプションがないということです。

テザリング容量はスマホ自体のデータ通信容量と合わせて月20GBまでとなっています。

また、パソコンを接続している場合、データ通信量の消費は激しくなります。

パソコンだと、スマホやタブレットよりもバックグラウンドで起動しているアプリなどが多いためです。

なので、パソコンで接続している方はすぐに20GBに到達してしまうこともあるでしょう。

Windowsを使っている場合、設定で「従量課金接続として設定する」をオンにするとデータ通信量は減ります。

なるべく「従量課金接続として接続する」はオンにしておきましょう。

テザリングがうまくいかないことがある

場合によっては、テザリングがうまくいかないこともあります。

その場合は、以下のことを試してください。

テザリングがうまくいかないときに試してほしいこと
  1. テザリングをいったんオフにする
  2. 通信状態を確認する
  3. 再起動をする

テザリングを「設定」からいったんオフにすることで、テザリングがうまくいくことがあります。

また、通信状態や通信環境なども確認してみてください。

そもそも電波の入りが悪かったり、機内モードになっていたりするとテザリングはできません。

これらを試してもうまくいかない場合、親機と、接続したい機器をそれぞれ再起動してください。

テザリング時は親機のバッテリー消費が激しくなる

テザリング中は、親機は電波を中継する働きをします。

この働きは普段のものとは異なり、バッテリーを消費しやすくなります。

テザリングは、電源を確保できる場所で行うのがよいでしょう。

また、USBテザリングの場合は親機を充電しながらテザリングできるので、活用してみてはいかがでしょうか。

ahamoでテザリングをしよう!

今回は、ahamoのテザリングの料金や設定手順、利用制限などについて紹介しました。

ahamoのテザリングまとめ
  • ahamoのテザリングは申し込み不要で料金も無料
  • スマホ自体のデータ通信と合わせて月20GBまで使用可能
  • 20GBを超えた場合は通信制限がかかるが550円で1GBの購入ができる
  • Wi-Fiテザリング:通信速度が速いがバッテリーの消費が激しい
  • Bluetoothテザリング:バッテリー消費は少ないが通信速度は遅め
  • USBテザリング:安定しているがUSBケーブルや変換コードが必要
  • パソコンで接続する際のデータ通信量は大きい
  • テザリングをすると親機のバッテリー消費は激しくなる

ahamoは月2,970円で利用可能で、テザリングの利用料金もありません。

また、月20GBまで使用できるので、それなりにテザリングすることができます。

ぜひこの記事を参考にして、ahamoでテザリングをしてみてください。

他社からahamoに乗り換え(MNP)で『損しない』方法と手続きの流れ

ahamoならスマホ料金が月額2,970円!5分以内の国内通話が無料で5Gにも対応。また、dカード GOLDとセットなら月のデータ容量が+5GB増量でお得。

ドコモ・ahamoは
「dカード GOLD」と
セットで!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
ahamo×dカード GOLDの特典
  • 利用料金の税込100円につき10%還元(最大300pt)
  • 毎月+5GBもらえる(計25GB、2021年9月~)
年会費
11,000円(税込)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,100円

※ドコモ利用料金の還元は1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。

※ahamoはオンライン限定サービス(有償の店頭サポートあり)です。
※キャリアメールは非対応。
※dカードボーナスパケット特典は2021年9月開始予定です。
ahamo申し込み時の注意点についてはこちら

この記事を書いた人
bitWave編集部
スマホ(iPhone・Android)やドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど通信キャリア情報を扱うメディア「bitWave」の編集部。携帯キャリアの料金プランや割引キャンペーン情報をはじめ、最新スマホの評価レビューから使い方までスマホ・通信にまつわる記事を幅広く制作。