AI(人工知能)プロジェクト① ~いざ迎える出港の時

AI(人工知能)プロジェクト① ~いざ迎える出港の時

現在、私はAIプロデューサーとして、自社独自のAIプラットフォームの開発を行っております。

企画・構想から、スクラッチから行うAIプロジェクトは、経験したくても経験できるものでもなく、めぐり合わせや縁が非常に大切であると日々実感しており、私の構想に賛同して下さっている方々には、本当に感謝しています。
社会的な責任も伴ってくる故に、素晴らしいプラットフォームができあがることを期待しております。

これから本ブログを通じ、このプロジェクトがどのように進んでいくのかを、できるかぎり社会科学の視点を交えて、シリーズ連載という形で発信させて頂きます。

3つを束ねて船を出す

まずは私のミッションについて説明します。

単刀直入に言えば “舵取り” 役です。
右に行くか左に行くのかを判断したり、とある領域で少しヘルプが欲しいとなれば、その領域を得意とされている方を探して交渉したり、コミュニケーション(認識)にズレがありそうと感じたら、論点を整理しながら、調整役を行っています。つまり、賛同者が着地点を見失わないように、そしていずれ必ず出てくる障壁を乗り越えることができるように工夫を凝らすのです。
これを実現するために知恵を、そして時には肉体的な力を出しながらも、着地点に向かって船の “舵取り” をしているのです。

前記に “ヘルプが欲しい領域を得意とされている方を探して交渉” とありますが、実際のところ、どのようなリソース(企業、研究者、エンジニアなども含め)をお持ちの方々に協力・賛同頂く必要があるのでしょうか。
現段階では大きく3つの役割を担っている方々にご協力いただいております。

1つ目はビジネスサイドでデータ分析しながら何か課題を解決したい、または新しい見方で取り組んで行きたいと考えておられ、かつ、ビッグデータを保有されている企業です。この場合、具体的にはショーケース・ティービー社がそれに当たります。
2つ目はAIエンジン・プラットフォームを開発するために必要な数理モデル(アルゴリズム)を考えて頂く方です。今回は滋賀大学のデータサイエンス研究センターの教授に構築していただいております。なお、その先生はモデルパラメーターの推定方法や検定統計量の研究に取り組んでおられる第一人者です。
そして最後の3つ目は、その数理モデルを理解した上で、そのモデルを実装するAIエンジニアです。AIエンジニアのK氏は、これまでAIエンジン(プロダクト)の開発をいくつか経験されており、米国MITで学んで来られた方です。

いずれも現プロジェクトに欠くことのできない、大切な三要素です。

我々の航海は「クラスタリング」を用いた旅となる

ここからは “航海の旅” に出るための準備の話をいたしましょう。

まずはこの “航海の旅” で何をするのか、そしてどこへ向かうのかを決める必要がありました。
AIとは決して「ドラえもんのポケット」のようにいきなり使えるシロモノではありません。過去の膨大なデータを基に、機械が学習して初めて使えるものに成長させていくのです。

それによって何を実現できるのかとなると、4つぐらいに大分できます。

  • 画像認識
  • 予測
  • クラスタリング
  • 言語処理

ここで、現在保有しているデータと、それを使って解決したいシナリオによって何を行いたいのか、何ができるのかが見えてきます。
今回のプロジェクトでは「クラスタリング」に特化したモデルを構築することにしました。
これは基本中の基本なのですが、実際に携わっていないと意外と分からないのかもしれません。

次に「クラスタリング」を用いて何を行うか、方針策定しなければなりません。つまり、どの手法・どの方法で行うかというのを決める必要があるのです。
ここで、どういった構想にしたいのかという “船長の判断” が重要になってきます。少し哲学に近いかもしれませんね。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

AI自動記事作成Articooloのアルゴリズムは日本語を学習できるか?... (注:本原稿は、ShowcaseCapitalが投資を行うイスラエルのAIスタートアップArticooloに関する記事です。ShowcaseCapitalの本投資については、こちらのリリースを御覧ください) AI自動記事作成Artic...
記事とデザインを自動で作成するAI(人工知能)サービスまとめ... AI(人工知能)のせいで職を失うことに常時恐怖を覚えているbitWave編集部です。さて、まだ「ライティングなどのAI化は必ず実現するけど、まだサービスとするには早い」と思ってましたが、実際には、文章やデザイン面でもかなりの数のAI搭載ツー...
AI(人工知能)プロジェクト③ ~ようやく目的地へ... ようやくAIプラットフォームの第1弾の実装、及び検証が終わりました。 より正確にお伝えするのであれば、プラットフォーム上に搭載する一つのAIソリューションの実装が完了したということです。 プラットフォームはいつでも拡張できる設計にし...
描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...