飛行機内の無料Wi-Fiの使い方|接続方法とルーター持ち込みはOKか否か

飛行機内の無料Wi-Fiの使い方|接続方法とルーター持ち込みはOKか否か

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

飛行機での旅は基本的に長時間に及ぶため、Wi-Fiを使ってネットを利用したいという方は多いのではないでしょうか。

長時間の暇な時間でも、ネットの豊富なコンテンツがあれば、時間が過ぎるのはあっという間ですよね。

そこで、本記事では無料で使えるWi-Fiを設置している航空会社を国内線・国際線に分けてご紹介。

無料Wi-Fiの使い方も解説していますので、本記事を読めばWi-Fiで快適な空の旅を満喫できますよ。

飛行機内で使える無料Wi-Fiまとめ
  • 国内線ではJALとANAで無料Wi-Fiが使える
  • 国際線で無料Wi-Fiが使える航空会社はそれほど多くはない
  • 飛行機内の無料Wi-Fiを利用したい場合は搭乗機にWi-Fiが設置されているか事前に確認する
  • 無料Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は使わなくても機内に持ち込んだ方がトラブルは少ない

トップ画像引用元:“JAL空の上”限定コンテンツ配信開始! – JAL

無料Wi-Fiが使える航空会社

ANA1

画像引用元:ANA国内線「ANA Wi-Fi Service」が全て無料に!|ANA

まずは無料Wi-Fiを利用できる航空会社をご紹介します。

同じ航空会社でも、国内線と国際線で事情は異なるため、まずは国内線で無料Wi-Fiを利用できる航空会社を見ていきましょう。

国内線で無料Wi-Fiを利用できる航空会社

国内線で無料Wi-Fiが充実しているのは、下記の2社になります。

国内線で無料Wi-Fiが充実している航空会社
  • JAL(日本航空)
  • ANA(全日本空輸)

国内線で無料Wi-Fiを充実させ始めたのはJALでした。

今から約3年前の2017年、JALは機内Wi-Fiの完全無料化を実施したほか、翌年2018年にはサービスを拡充。

一方、ライバルであるANAのWi-Fi無料化は2018年に行われました。

JALに完全に後れを取ったものの、Wi-Fiで利用できるサービスにかなり力を入れており、特に映像コンテンツでは、JALを大きく引き離しています。

このような争いがあったおかげで、JALとANAの国内線の無料Wi-Fiは非常に充実しています。そして、他社はあまり充実していません。

格安料金で話題となったLCC(格安航空会社)では、無料・有料問わずWi-Fiは利用できない点には注意が必要です。

よって、国内線で無料Wi-Fiを利用したい場合は、JALまたはANAの2択となるでしょう。

では、この2社の無料Wi-Fiの内容を見ていきます。

JAL(日本航空)の無料Wi-Fi

JALの無料Wi-Fiでは、メールやSNSなどの各種アプリのほか、ネット検索ももちろん可能です。

ただし、動画のストリーミングサービスといった、通信量の多いコンテンツに関しては認められていません。

また、飛行中の現在位置をフライトマップで確認できるほか、機内Wi-Fiからしか接続できない限定コンテンツなども多数用意されています。

全日本空輸(ANA)

ANAの国内線無料Wi-Fiサービス「ANA WiFi Service」は、離陸の約5分後から着陸の約5分前まで利用することができます。

ANAは無料Wi-Fiの環境構築でJALに遅れを取ったものの、提供するサービスは非常に充実しているのが特長です。

特にニュースやスポーツ、テレビ番組に加え、バラエティやドラマなど、豊富に用意された映像コンテンツは見逃せません。

JALと同じく、動画のストリーミングサービスなどは利用できないので、これらの映像コンテンツが充実しているのは嬉しいポイントですね。

国際線の無料Wi-Fi事情

結論から言ってしまうと、国際線での無料Wi-Fiの利用は諦めた方が無難でしょう。

有料Wi-Fiは多くの航空会社が提供していますが、無料となるとかなり数が限られてしまいます。

また、渡航先の国によって使える航空会社も限られてくるため、「あればラッキー」というくらいに考えておいた方が良いです。

無料Wi-Fiが利用できる主な航空会社8社をピックアップしました。

無料Wi-Fiが使える国際線
  • JetBlue Airways(アメリカ)
  • Emirates(アラブ首長国連邦)
  • Turkish Airlines(トルコ)
  • China Eastern Airline(中国)
  • Air China(中国)
  • Norwegian Air Shuttle(ノルウェー)
  • Nok Air(タイ)
  • Philippine Airlines(フィリピン)

アメリカの航空会社JetBlue Airwaysは、全就航ルートで機内Wi-Fiを無料で提供しています。アメリカ方面への旅行でおすすめの航空会社です。

国際線のWi-Fi料金はどのくらい?

ところで、国際線の有料Wi-Fiの料金はどのくらいなのでしょうか。

JALとANAの料金の一例を見てみましょう。

JALの国際線有料Wi-Fi料金の一例

プラン名料金備考
1時間プラン$10.15(1,102円)データ容量の制限なし
3時間プラン$14.40(1,563円)
フライトプラン
(24時間)
$18.80(2,041円)

ANAの国際線有料Wi-Fi料金の一例

プラン名料金備考
30分プラン$4.95(537円)制限データ容量を超えた場合は
速度制限ではなく、接続終了
1時間プラン$8.95(972円)
フルフライトプラン$19.95(2,166円)

なお、上表のドル円為替レートは、2020年6月3日時点の108.57円です。

また、JALのファーストクラスでは無料クーポンを、ANAのファーストクラスでは搭乗員からWi-Fiスクラッチカードを無料でもらえるため、Wi-Fiを無料で利用できます。

表を見ても分かるとおり、国際線のWi-Fi料金はそれほど安くはありません。

飛行機の機種によってはデータ量の制限もあるので注意が必要ですね。

飛行機内の無料Wi-Fiの使い方

飛行機の機内から見た空

では、飛行機内無料Wi-Fiの実際の利用方法を見ていきましょう。

まず飛行機内の無料Wi-Fiを利用する前に確認したいのが、その搭乗機のWi-Fiの有無です。

搭乗機におけるWi-Fiの有無はオンライン予約時に確認できるので、チェックは確実に行いましょう。

下記はANAでWi-Fiを設置している機種の一覧です。

ANA国内線で無料Wi-Fiを利用できる飛行機機種
  • 全機種で利用可能:A321(321)、B787-9(789)、B787-8(78P)、B777-200(722)、B777-300(773)、B737-800(738/73H)
  • 一部で利用できない機種:B777-200(772)、B767-300(76P)

2020年6月時点の情報を元にまとめていますが、今後変更となる可能性があります。予約時に必ず再確認するようにしてください。

機内Wi-Fiの利用方法は簡単です。

ここでは、JALとANAの無料Wi-Fiの利用方法を解説していきましょう。

JALの無料Wi-Fiの使い方

まずは、ネット接続に利用する端末のWi-Fi設定をONにしましょう。特に、パソコンで接続する場合は、この設定を忘れがちなので気を付けてください。

また、スマホやタブレットを利用する場合は、「機内モード」をONにしましょう。

あとは下記の手順通り進めれば、機内Wi-Fiに接続できますよ。

JAL機内Wi-Fiへの接続方法
  1. Wi-Fiネットワークの選択画面から「gogoinflight」を選択
  2. ブラウザを起動するとポータルサイトに移動するので、そのサイトに表示されている「無料インターネット接続」を選択する
  3. 任意のメールアドレスを入力する

以上の手順でWi-Fiに接続できます。

アプリを使った方法も!

JALの機内Wi-Fiへの接続は、「JAL」または「JAL Flight Navi」でも可能です。

ここからは、アプリ経由で接続する方法を説明します。

アプリを利用した接続方法
  1. 「JAL」または「JAL Flight Navi」アプリを起動
  2. 画面右下に表示されている「メニュー」を選択
  3. 「機内Wi-Fiサービス」を選択
  4. 「機内Wi-Fiに接続する」を選択
  5. ポータルサイトに移動するため、そのサイトに表示されている「無料インターネット接続」を選択する
  6. 任意のメールアドレスを入力する

ANAの無料Wi-Fiの使い方

接続前の準備はJALと同じです。端末のWi-Fi設定と「機内モード」を忘れずに設定してくださいね。

ANA機内Wi-Fiへの接続方法
  1. Wi-Fiのネットワークから「ANA-WiFi-Service」を選択
  2. ブラウザを起動すると自動的にポータルサイトに接続されるので、「インターネット接続はこちら」を選択
  3. 任意のメールアドレスを入力する

以上で、機内Wi-Fiからネットに接続できますよ。

アプリを使った接続方法

スマートフォンの場合は、搭乗までにANA公式モバイルアプリ「ANA」をダウンロードしておき、機内WiFiに接続してアプリを起動します。

アップルストア グーグルプレイ

ただし、機内でアプリをダウンロードすることはできないので、ダウンロードは搭乗前に行いましょう。

あとは下記の手順を行えば、機内Wi-Fiからインターネットに接続できますよ。

アプリ経由での接続方法
  1. ANAアプリを起動する
  2. Androidの場合は画面左上、iPhoneの場合は画面右下のサイドメニューを開く
  3. 「国内線 機内Wi-Fi」を選択
  4. ポータルサイトに接続されるので、「インターネット接続はこちら」をタップ
  5. 任意のメールアドレスを入力する

ネットへの接続操作は以上になります。

Wi-Fiルーターの機内持ち込みは可能?

モバイルWiFi

上述したとおり、無料Wi-Fiを利用できる航空会社は限られています。

「それなら機内にWi-Fiルーターを持ち込めば……」と思いつく方は多いかと思いますが、そもそもWi-Fiルーターは機内に持ち込んでも問題ないのでしょうか?

ここからは、機内へのWi-Fiルーターの持ち込みについて、注意すべきことなどをお伝えします。

機内への持ち込みは可能!

結論から申し上げますと、Wi-Fiルーターは機内に持ち込み可能です。

Wi-Fiルーターに使われている「リチウムイオン電池」は、制限の範囲内であれば機内への持ち込みが認められています。

よほど大型のWi-Fiルーターを持って行かない限り、その制限に引っかかることはまずないので問題はないでしょう。

レンタルしたWi-Fiルーターを機内に持ち込むか、預けておくか

Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、たとえ使わなくとも機内に持ち込むことをおすすめします。

なぜなら、預け入れ荷物はロストする可能性があるからです。

海外旅行を頻繁にしている方はご存知かと思いますが、海外旅行は国内旅行より預け入れ荷物のロストが起きやすい傾向にあります。

例えば、アメリカのサンフランシスコにはサンノゼ(San Jose)という都市がありますが、中央アメリカの国コスタリカの首都はこれと全く同じ綴り。

このような例は世界中にあるため、国際線では預け入れ荷物のロストが起きやすいのです。

預け入れ荷物は航空会社で仕分けを行うため、荷物を預けた本人にはどうしようもありません。

しかし、その中にレンタルしたWi-Fiルーターが入っていると、場合によっては延滞料金を支払う羽目になってしまいます。

できる限り機内に持ち込み、自分で管理した方がトラブルに巻き込まれずに済むでしょう。

モバイルバッテリーも持ち込みは可能だが…

anker

画像引用元:Ankerのモバイルバッテリー・充電器の製品一覧ページ | Anker(アンカー)公式オンラインストア

Wi-Fiルーターを利用するときに便利なモバイルバッテリー。これも基本的には機内への持ち込みが可能です。

ただし、過去にモバイルバッテリーは飛行機内で事故を数件起こしているため、Wi-Fiルーターより制限は厳しくなっています。

事故が起きたのは日本も例外ではありません。当時は緊急着陸などにより事無きを得たそうですが……。

ごく少数ではありますが、モバイルバッテリーの持ち込みを認めない航空会社もあります。持ち込み前にしっかりと確認してください。

持ち込みWi-Fiルーターは使用厳禁!

残念ながら、自分で持ち込んだWi-Fiルーターは使用できません。

Wi-Fiルーターは基地局までの通信に電波を利用しています。

しかし、この電波の周波数によっては、飛行機の機材類に影響を及ぼすリスクがあるのです。

飛行機に乗ったときは、スマホを機内モードにする必要がありますよね。それと同じで、持ち込みWi-Fiルーターの使用もNGなのです。

機内にWi-Fiが設置されていない場合、インターネットの利用は諦めたほうが良いでしょう。

無料Wi-Fiで快適な空の旅を!

今回は、飛行機内で利用できる無料Wi-Fiについて解説しました。

飛行機内で使える無料Wi-Fiまとめ
  • 国内線ではJALとANAで無料Wi-Fiが使える
  • 国際線で無料Wi-Fiが使える航空会社はそれほど多くはない。JALやANAでも提供は有料Wi-Fiのみ
  • 飛行機内の無料Wi-Fiを利用したい場合は搭乗機にWi-Fiが設置されているか事前に確認する
  • 無料Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は使わなくても機内に持ち込んだ方がトラブルは少ない

JALやANAでは国内線の無料Wi-Fi設備は充実しているものの、国際線では有料Wi-Fiのみです。

また、設備が充実しているとはいえ、すべての飛行機に設置されているわけでないので、予約時点で必ず確認するようにしてくださいね。

海外旅行におすすめのポケットWiFi6選│使用時の注意点も解説します

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ