AirPods (Pro)のバッテリー残量を確認する方法3つ|おすすめはウィジェット!

  • 2021年6月20日
  • by.araki

Air Pods

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、AirPodsとAirPods Proでバッテリー残量を確認する方法について解説します。

AirPodsもAirPods Proも、単体ではバッテリー残量の詳細がわかりませんが、iPhoneを使えば詳しく確認ができます

AirPods (Pro)のバッテリー残量確認方法
  • iPhoneの近くでフタを開けて確認
  • 使用中はウィジェットで確認
  • ケースのステータスランプで大まかに確認

トップ画像引用元:AirPods の充電方法とバッテリーの駆動時間について – Apple サポート

iPhoneの近くでフタを開けると確認可能

AirPods/AirPods Proは、ペアリング済みのiPhoneに近づけた状態でケースのフタを開けることで、バッテリー残量が確認できます。

AirPods Pro

iPhoneの画面が付いている状態でフタを開けると、自動で上の画面のように本体(イヤホン)とケースのバッテリー残量が表示されます。

この時、本体はケースに入っている必要があります。

一方、AirPods/AirPods ProとiPhoneがBluetoothで接続中である必要はありません。

フタを開けてから結構間があったり、待っていてもiPhoneが反応してくれないこともありますが、そんな時は一度フタを閉じ、改めてiPhoneの近くでフタを開けましょう。

本当に触れるくらい近くでないと反応しないことが多いです。

これで確認できる条件まとめ
  • iPhoneとペアリング済みである
  • 本体がケースに入っている

使用中はバッテリーウィジェットで確認可能

ウィジェット

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でウィジェットを使う – Apple サポート

上で紹介した確認方法は最も基本的な方法ですが、本体がケース入っていなくてはいけないので、AirPods/AirPods Proを使用中の時には確認できません。

しかしバッテリーのウィジェットを使えば、ケースから出た本体のバッテリー残量も確認することができます。

AirPodsのバッテリー残量確認

本体の入っているケースのフタをiPhoneの近くで開けた時は、ケースのバッテリー残量も表示されます。

AirPodsのバッテリー残量確認

本体をケースに入れフタを閉じてしばらくすると、本体もケースも非表示になります。

バッテリーウィジェット

フタを開ければまた表示されます。

つまり、ウィジェットを使ったとしても、どこかで「iPhoneの近くでフタを開ける」という作業は不可欠なのです。

AirPods/AirPods Proに触らず常時バッテリー残量を確認することはできません。

これで確認できる条件まとめ
  • iPhoneとペアリング済みである
  • iPhoneにバッテリーウィジェットが追加済みである

バッテリーウィジェットの追加方法

バッテリーのウィジェットは以下の手順で追加できます。

  1. iPhoneをホーム画面から左にスワイプしてウィジェット画面を表示
  2. 「編集」をタップ
    バッテリーウィジェット追加
  3. 左上の「+」をタップ
    バッテリーウィジェット追加
  4. 「バッテリー」をタップ
    バッテリーウィジェット追加
  5. ウィジェットのタイプを選択して「ウェジェットを追加」をタップ
    バッテリーウィジェット追加
  6. 右上の「完了」をタップ
    バッテリーウィジェット追加

iPhoneがなくても大雑把に確認することは可能

AirPods

画像引用元:AirPods(第2世代)- Apple(日本)

iPhoneを使わなくても、AirPods/AirPods Proだけで十分に充電されているのかどうかだけは確認することができます。

その方法は、ケースのステータスランプを見ることです。

ステータスランプはケースのフタを開けると点きます。

AirPods Proの場合は、ケース裏面のボタンを押すことでも点きます。

AirPods

本体の充電状態を確認する

本体をケースに入れた状態で、ケースのステータスランプを確認してください。

この時にランプが緑なら「充電完了」、オレンジなら「充電中」であることを示しています。

AirPods

上の画像では緑なので、本体がフルに充電されていることがわかります。

ケースの充電状態を確認する

本体をケースから抜いた状態で、ケースのステータスランプを確認してください。

この時にランプが緑なら「十分に充電されている」、オレンジなら「充電したほうがいい」ことを示しています。

AirPods

上の画像では緑なので、しばらく充電しないでも使えそうなことがわかります。

AirPodsを安心して使うなら保険がおすすめ

モバイル保険

画像引用元:モバイル保険

AirPods・AirPods Proを安心して使うならモバイル保険モバイル保険がおすすめです。

モバイル保険のメリット
  • 月額700円で年間最大10万円補償
  • 3端末まで補償対象にできる
  • イヤホンやスマホ、ゲーム機なども対象
  • 購入後でも加入できる(購入から1年以内)

AirPods購入時に補償に入らなかった方で、やはり破損・盗難が怖いという方には非常におすすめです。

モバイル保険の公式サイトでは詳しい条件や補償内容が載っているので、ぜひチェックしてみてください。

\ 補償内なら自己負担金0円 /

バッテリーウィジェットを追加しておこう

以上、AirPodsとAirPods Proでバッテリー残量を確認する方法についてでした。

確認方法まとめ
  • iPhoneの近くでフタを開けて確認
  • 使用中はウィジェットで確認
  • 常時確認することはできない
  • iPhoneなしでも大雑把にはわかる

ペアリング済みのiPhoneの近くでケースのフタを開ければ、バッテリー残量の詳細まで確認することができます。

バッテリーのウィジェットでは、ケースから出た本体のバッテリー残量も確認可能です。

ウィジェットを追加して損することはないので、とりあえずでも追加しておくことをおすすめします。

AirPods ProとAirPodsを比較|違いは何?おすすめはどっち?

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。