AirPods(Pro)が充電されない時に考えられる原因と対処法

  • 2021年6月21日
  • by.araki

AirPods

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、AirPods/AirPods Proが充電されない時の原因と対処法について解説します。

故障が原因であれば修理に出す他ありませんが、無料ですぐ解決できることもあります。

AirPods(Pro)が充電できない時の簡単な対処法
  • 本体を充電ケースに入れ直す
  • 充電ケース内のホコリを取る
  • 充電ケーブル差込口のホコリを取る
  • 充電ケーブルや充電アダプターも要確認

トップ画像引用元:AirPods – Apple(日本)

AirPods(Pro)の充電がされない時に考えられる原因6個

AirPods Pro

まずAirPods/AirPods Proが充電されない原因としては、主に以下の6つが考えられます。

AirPods(Pro)の充電がされない時の6個の原因
  • 本体と充電ケースの接触不良
  • 充電ケーブル差込口の不良
  • 充電ケーブルの不良
  • 充電アダプターの不良
  • 本体の不良
  • 充電ケースの不良

本体と充電ケースの接触不良

本体(イヤホン)を充電ケースにしっかり入れたつもりでも、実はきちんとはまってないのかもしれません。

個人的にはこれがもっとも多いのではないかと思います。

片方だけはまっていないことも筆者は何度かありました。

充電ケーブル差込口の不良

AirPods/AirPods Proの充電ケースの充電ケーブル差込口に原因があるのかもしれません。

例えば差込口にホコリが入っているなどです。

充電ケーブルの不良

AirPods/AirPods Proの充電に使っている充電ケーブルに故障などがあるのかもしれません。

これが原因の場合、AirPods/AirPods Proの充電以外でも問題が発生すると思います。

充電アダプターの不良

AirPods/AirPods Proの充電に使っている充電アダプターが故障している可能性も。

これが原因だった場合、AirPods/AirPods Proの充電以外でも問題が発生するかもしれません。

本体の不良

AirPods/AirPods Proの本体(イヤホン)に問題があるのかもしれません。

故障していたとしたら、自力で修理するのは不可能でしょう。

充電ケースの不良

AirPods/AirPods Proの充電ケースに問題があった場合、やはり自力で修理するのは難しいでしょう。

AirPods(Pro)の充電がされない時に考えられる対処法7個

AirPods Pro

AirPods/AirPods Proが充電されない時の対処法としては、主に以下の7つが考えられます。

AirPods(Pro)の充電がされない時の7個の対処法
  • 本体を充電ケースに入れ直す
  • 充電ケース内のホコリを取る
  • 充電ケーブルの差込口のホコリを取る
  • 充電ケーブルを買い替える
  • 充電アダプターを買い替える
  • 本体を修理に出す
  • 充電ケースを修理に出す

本体を充電ケースに入れ直す

一度本体(イヤホン)を充電ケースから取り出し、改めて入れてみましょう。

きちんと接触すれば充電されるかもしれません。

充電ケース内のホコリを取る

本体(イヤホン)と充電ケースがきちんと接触しないのは、充電ケースの中にホコリが溜まっているからかもしれません。

掃除にはエアーダスターがおすすめですが、自分で息を吹きかけて対処することもできます。

充電ケーブルの差込口のホコリを取る

充電ケーブルの差込口のホコリも取り除いてキレイにしてみましょう。

こちらもエアーダスターがおすすめです。

充電ケーブルを買い替える

もし充電ケーブルに故障の疑いがあるなら買い替えてみましょう。

新品の充電ケーブルでも充電されない場合、他のことに原因があると判断できます。

充電アダプターを買い替える

もし充電アダプターに故障の疑いがあるなら買い替えてみましょう。

新品の充電アダプターでも充電されない場合、他のことに原因があると判断できます。

本体を修理に出す

本体(イヤホン)が故障していることで充電できないのなら、Appleまたは正規サービスプロバイダへ修理に出しましょう

修理料金はAirPodsの場合、片方につき8,580円、AppleCare+ サービス料が適用されるなら片方につき3,700円です。

AirPods Proなら片方につき10,780円で、AppleCare+ サービス料が適用される場合は片方につき3,700円となります。

充電ケースを修理に出す

充電ケースが故障していることで充電できないのなら、Appleまたは正規サービスプロバイダへ修理に出しましょう

修理料金はAirPodsの充電ケースの場合7,480 円(Wireless Charging Caseは8,580円)、AppleCare+ サービス料が適用されるなら3,700円です。

AirPods Proの充電ケースなら10,780円で、AppleCare+ サービス料が適用される場合は3,700円となります。

AirPodsを安心して使うなら保険がおすすめ

モバイル保険

画像引用元:モバイル保険

AirPods・AirPods Proを安心して使うならモバイル保険モバイル保険がおすすめです。

モバイル保険のメリット
  • 月額700円で年間最大10万円補償
  • 3端末まで補償対象にできる
  • イヤホンやスマホ、ゲーム機なども対象
  • 購入後でも加入できる(購入から1年以内)

AirPods購入時に補償に入らなかった方で、やはり破損・盗難が怖いという方には非常におすすめです。

モバイル保険の公式サイトでは詳しい条件や補償内容が載っているので、ぜひチェックしてみてください。

\ 補償内なら自己負担金0円 /

まずは接触と差込口を確認しよう

以上、AirPods/AirPods Proが充電されない時の原因と対処法についてでした。

気軽に試せる対処法
  • 本体を充電ケースに入れ直す
  • 充電ケース内のホコリを取る
  • 充電ケーブル差込口のホコリを取る
  • 充電ケーブルや充電アダプターも要確認

AirPods/AirPods Proには、「充電しないモード」などは搭載されていないため、機器が正常な状態であれば充電できないということはありません。

故障の疑いがある場合は、速やかにAppleのサポートに頼りましょう。

AirPods (Pro)のバッテリー残量を確認する方法3つ|おすすめはウィジェット!

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。