Airpods/BOSE/SONY|人気メーカーのワイヤレスイヤホン徹底比較!

  • 2018年11月11日
  • by 
Airpods/BOSE/SONY|人気メーカーのワイヤレスイヤホン徹底比較!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

かつて音楽を「携帯」すると言えば、もっぱらソニーの「ウォークマン」などといったポータブルのオーディオプレーヤーでした。

カセットテープをセットしてポケットに入れ、有線のイヤホンなどで音を聴くのです。

しかし時代は変わり、最近はスマホをプレーヤーにしてワイヤレスイヤホンで音を聴くことが一般的になっています。

この記事では配線が邪魔になることのないワイヤレスイヤホンについて、人気商品を比較してみました。

1 ワイヤレスイヤホンの選び方と比較方法


画像引用元:BeatsX – Beats by Dr. Dre (日本)

スマホとワイヤレスイヤホンはとても相性の良い機器です。無線で音楽などを聴くことができますし通話もできます。通勤・通学時などの混雑する列車の中では、特に重宝することでしょう。

また、ウォーキングやランニングのおともに音楽を聴く人も少なくありません。この場合は、ケーブルがないというだけでなく、耳にしっかりフィットするといった機能性も求められるところです。

1-1 ワイヤレスリモコン選びで注目すべきポイント


画像引用元:BeatsX – Beats by Dr. Dre (日本)

ワイヤレスリモコンを選ぶにあたり、よく聞かれるワードをいくつか解説していきます。

Bluetooth

ワイヤレスイヤホンをスマホなどと接続する際、無線方式として近距離用のBluetoothが採用されています。

最初期には、赤外線通信の代替といった扱いでしたが、簡易的なデジタル無線通信として広く普及するようになりました。

バージョンが上がるほど、セキュリティ面や転送速度などの性能も向上しています。

コーデック

コーデックとは、音声の圧縮方式のことです。ワイヤレスイヤホンでは音声がデータとして送信されます。そのため、音声の圧縮変換というプロセスを経なければなりません。

規格は、Androidスマホでは「aptX」、iPhoneは「AAC」が良いでしょう。

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング(ノイキャン)とは、周囲の雑音が抑制される機能です。この性能により、どれだけワイヤレスイヤホンの音に集中できるかが違ってきます。

外音取り込み機能

たとえば道を歩いているときに、ワイヤレスイヤホンの音だけが聞こえていると、迫ってくる車などに気が付けないかもしれません。

そんな時は、外音取り込み機能を有効にすると安全です。反対に、イヤホンの音に集中したいときは、無効にしておきましょう。

用途で選ぶワイヤレスイヤホンの形


画像引用元:WI-SP600N | ヘッドホン | ソニー

ワイヤレスイヤホンは大きく5つの形に分類されます。

左右一体型

左右に装着するイヤホンがつながっている形です。 大多数の製品は軽量化されていて、マイク、コントローラーといったパーツが装備されています。

ワイヤレスイヤホンの中では主流となってきました。

完全独立型

ただ耳に入れるだけのイヤホンです。ケーブルがまったくないので、傍目からは装着しているように見えません。

機能に優れ、軽量のものが多くなっている反面、価格帯は高めになっています。

ネックバンドタイプ

左右のイヤホンがネックバンドに取り付けられている形状です。首にネックバンドを固定し、イヤホンを耳に装着します。

ボックスタイプ

イヤホン本体とBluetoothの受信機が別々になっています。受信機はクリップ式で、シャツの襟などへ挟んで装着するのが一般的です。

片耳(ヘッドセット)タイプ

片耳分のイヤホンしかありません。これは、スマホの通話を補助するために使われるものと想定されているから。音楽鑑賞には適していません。

1-2 ワイヤレスイヤホン選びは用途を考えて


画像引用元:h.ear in 2 Wireless(WI-H700) | ヘッドホン | ソニー

自分にとってベストなワイヤレスイヤホンは、自分の用途にマッチした機能を備えているものということになるでしょう。

通話機能は本当に必要?

たとえばイヤホンの機能のひとつに、スマホと連携して通話ができるものもあります。

普段から、運転したり何かしらの作業をしたりする時間が長い人にとっては、ハンズフリーで通話することができるワイヤレスイヤホンはとても便利なアイテムでしょう。

ただ、そこまで通話する機会がなく、ほぼ音楽を聴くだけの人にとっては、この機能は無用の長物です。

外音取り込み機能が必要な人とは

雑踏を歩いたり乗り物に乗ったりしている時間が長い人には、外音取り込み機能が重宝されるでしょう。

道を歩いている時に周囲の音が聞こえないと、人や物にぶつかってしまう危険もありますし、乗り物に乗っている場合は車内放送などを聞き逃してしまうリスクがあります。

主に室内で使う場合、必要な機能とは?


画像引用元:SBH24 | ヘッドホン | ソニー

たとえば、いつも静かな部屋で落ち着いて音楽を聴いている人には、ノイズキャンセリング機能は不要ですよね。まずは、音質を優先すべきでしょう。

また、室内でイヤホンをつけていると、ついつけたままにしてしまいがちです。ですから、耳へのストレスも考慮しましょう。

インナーイヤーイヤホン、ネックバンドタイプなども耳にとってそこまでの負担になりません。

カナル型イヤホンについては耳へのストレスが心配されるものの、大抵の製品にはいくつかのサイズのイヤーチップが付属しています。そこから自分の耳にフィットするものを選択しましょう。

そうすることで、耳への負担が和らぐとともに密閉性も向上し、音も本来の音質により近づきます。

主に屋外で使う場合に重視すべきポイントは?


画像引用元:SoundSport wireless headphones | ボーズワイヤレスイヤホン

イヤホンを屋外で使うことが多い場合には、イヤホンからの音にだけ没入するというわけにはいきません。

危険を回避するためにも、ノイズキャンセリング機能を重視する必要があります。

逆に、カフェなどで作業していて、周囲の話し声などが聞こえないようにしたいということであれば、密閉性に優れるカナル型イヤホンが適しているでしょう。

そのほか、見栄えを重視したい場合は、完全独立型であればイヤホンを装着していることが周囲からわかりません。ただその代わりに、紛失しやすいので注意する必要はあります。

運動時に使う場合にチェックすべきこと


画像引用元:SoundSport wireless headphones | ボーズワイヤレスイヤホン

スマホが普及して以降、イヤホンを耳に装着し、スマホで音楽を聴きつつウォーキングする…、といった人がよく見られるようになりました。

しかし、運動をしていると当然ながら汗をかきますし、急に天気が変わって雨に濡れてしまうということも考えられます。

ですから、運動時に使うのであれば防水性を意識することが重要です。

これに関しては製品によって大きな差があります。雨や汗だけでなく、水の中に入れても問題ないようなものもあるので、よくチェックしてみましょう。

充電時間と使用可能時間も重要な要素


画像引用元:BeatsX – Beats by Dr. Dre (日本)

ワイヤレスイヤホンはデジタル機器ですから、従来のイヤホンと同じように使えるわけではありません。使用する前には、しっかりと充電する必要があります。

そのため、充電残量がなくなってしまうと、途端に使用できなくなる点は、デメリットと言えるでしょう。

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際びは、1回の充電で使用できる時間についても確認しておきましょう。一般的には、1回の充電で6時間から10時間程度の使用が可能であるとベストです。

完全独立型は手軽で良いものの、連続使用可能時間は最長5時間程度というものが多くなっています。モデルによっては2時間程度というものもあり、このあたりは高性能と引き換えといったところもあるのでしょう。

ただ携帯用の充電ケースがありますから、使用中に充電が不足しても再充電することは可能です。急速充電機能を搭載しているモデルであれば、15分だけ充電すればプラス1時間は使えるようになるものもあります。

1-3 ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気メーカー


画像引用元:BeatsX – Beats by Dr. Dre (日本)

ワイヤレスイヤホンを選ぶにあたって、おすすめのメーカーはBOSEとSONY、Beatsでしょう。

BOSEはアメリカのオーディオメーカーで、世界的にもノイズキャンセリング機能をはじめて実用化したことで知られています。

SONYは言わずと知れた日本の大手メーカーです。音響機器分野にも強みがあります。ワイヤレスイヤホンに関しても、さまざまな事業を通じて培われてきたテクノロジーが活かされているので、注目したいところです。

Beatsは、Apple傘下にあるメーカーで、デザイン性に優れている点などが特徴となっています。

次の章では、人気メーカーAirpods/BOSEのワイヤレスイヤホンを比較してみます。

2 Airpods/BOSE/SONY 人気メーカーのワイヤレスイヤホンを比較してみた


画像引用元:イヤフォン – Beats by Dr. Dre (日本)

ここからは、人気メーカーのワイヤレスイヤホンについて、性能や価格といった点に注目して比較します。ワイヤレスイヤホンを選ぶ上では、まずコストパフォーマンスが大切です。

これから挙げる製品は、基本的に全ておすすめのものとなります。そのため、どの製品が一番良いということはありません。

備わっている機能の必要性をよく吟味したうえで、価格とのバランスを検討して購入するようにしてください。

一例として、自室で静かに音楽を楽しむ人には、防水・ノイズキャンセリングといった機能は不要でしょう。高音質を特長としている製品から、予算の範囲内で選ぶのがベターです。

2-1 Beatsのワイヤレスイヤホン


画像引用元:イヤフォン – Beats by Dr. Dre (日本)

Beatsには「BeatsX」、「PowerBeats3 Wireless」といったワイヤレスイヤホンがあります。

Beatsは2014年にAppleが買収したということもあり、iPhoneのほかiPadやMacなど、異なるApple製デバイス間で使用する際、設定や切り替えをシームレスに行うことが可能です。

BeatsXとPowerbeats3 Wirelessについて、比較した内容をまとめました。

項目BeatsXPowerbeats3 Wireless
価格11,800円19,800円
バッテリー駆動時間8時間12時間
急速充電5分で2時間5分で1時間
通話Remote Talkケーブルに対応Remote Talkケーブルに対応
付け心地4サイズのイヤーチップ4サイズのイヤーチップ
形状左右一体型左右一体型
外音の遮断ノイズアイソレーションノイズアイソレーション

ノイズキャンセリングは外部の音を遮ってくれる機能ですが、ノイズアイソレーションでは耳栓に近いイメージで音を遮断します。

そして、インイヤー(耳へはめ込むイヤホン)の場合も、二重ないし三重構成になっていれば、十分に音を遮ることが可能です。

耐水性能

BeatsXはウォーキングで汗をかく程度であれば、使用に支障をきたしません。

一方、Powerbeats3 Wirelessは、水や汗への強さが特に強調されています。

2-2 Appleのワイヤレスイヤホン


画像引用元:AirPods – Apple(日本)

Airpods」は、Apple純正のワイヤレスイヤホンです。やはりiPhoneなどApple製のデバイスとは相性が良く、16,800円という価格で販売されています。

完全独立型で防水機能は備えていないため、天気の悪い日には適していないかもしれません。

W1チップ

Airpodsには、「W1チップ」というものが組み込まれています。これにより、装着と同時に音が再生され、取り外すと一時停止する仕様を実現しました。

Siri

Airpodsにより、Appleが開発したAIアシスタント「Siri」を起動することが可能です。

音量を調節できるほか、電話の発信や道順検索などにも対応しています。

充電性能

Airpodsは1回充電すると、最大で5時間の使用が可能となります。急速充電では、15分の充電で3時間の使用が可能です。

また充電ケースを利用すれば、24時間にわたり使い続けることができます。

音質

Airpodsは、AACオーディオに対応しています。

通話する際は、「デュアルビームフォーミングマイクロフォン」によってノイズが除去されるため、よりクリアな音声で会話ができます。

Androidスマホへの対応


画像引用元:AirPods – Apple(日本)

AirpodsはAppleの製品です。そのため、iPhone専用の製品であると認識されているところもあります。ですが実は、Androidスマホでも使用することは可能です。

ただし、iPhoneと連携して使うことが想定されている仕様となっているため、iPhoneへ接続して使うケースに比較すると、機能面では制限があります。

具体的には、ダブルタップでの機能設定やバッテリーの残量表示、耳から外した際に音が止まるなどといった機能が対象です。またメーカーとして、動作に関する保証がなされていません。

iPhone X対応!おすすめ完全ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン7選

2-3 BOSEのワイヤレスイヤホン


画像引用元:SoundSport wireless headphones | ボーズワイヤレスイヤホン

BOSEからは、さまざまなワイヤレスイヤホンが販売されています。そのうちiPhoneとAndroidのいずれにも対応している4製品をご紹介しましょう。

価格は、20,000円から35,000円程度となっています。

BeatsのBeatsXが11,800円、Powerbeats3 Wirelessが19,800円で、Airpodsは16,800円でしたから、これらと比較するとやや割高に感じられるかもしれません。

では、それぞれの性能について、ご紹介していきます。

項目SoundSport Free wireless headphonesQuietControl 30 wireless headphonesSoundSport wireless headphonesSoundSport Pulse wireless headphones
価格29,160円34,560円19,440円23,760円
形状完全独立型ネックバンドタイプ左右一体型左右一体型
バッテリー持続時間5時間10時間6時間6時間
機能防滴可変ノイズキャンセリング防滴/心拍数センサーインラインマイク/心拍数センサー

BOSEの傾向と特徴


画像引用元:SoundSport wireless headphones | ボーズワイヤレスイヤホン

今回取り上げているBOSEのワイヤレスイヤホンは、いずれもスマホアプリと連携することが可能です。

また、上の画像の「QuietControl 30 wireless headphones」には、ノイズの打ち消し度合いを調節できる、強力なノイズキャンセリング機能が備わっています。

音質に対するBOSEの強いこだわりが感じられるところです。

そのほかのモデルは、いずれも製品名に「Sport」のワードが含まれています。その名の通り、スポーツ中などアクティブな活動時の利用に適しているモデルです。

たとえば、「SoundSport Pulse wireless headphones」では心拍数を表示させることもできます。エクササイズのサポート役としても活躍してくれることでしょう。

Xperia対応!おすすめ完全ワイヤレスイヤホン・ヘッドホン8選

次の章では、人気メーカーSONYのワイヤレスイヤホンの特性について紹介します。

2-4 SONYのワイヤレスイヤホン


画像引用元:h.ear in 2 Wireless(WI-H700) | ヘッドホン | ソニー

SONYのワイヤレスイヤホンで、スマホと接続することのできるモデルは20種類に迫ります。ラインナップの充実ぶりは、さすがのソニーといったところでしょう。

価格についても5,000円台から30,000円超まで、バラエティに富んでいます。

そこまでの機能を求めなくてもリーズナブルなものが良い、ということであれば、希望するモデルが見つかりやすいメーカーです。

品番価格形状機能
WI-C3005,880円左右一体型
SBH245,880円ボックスタイプ
WI-C4006,880円ネックバンドタイプ
MDR-XB50BS7,880円左右一体型重低音/防滴
SBH568,880円ボックスタイプ
SBH529,000円ボックスタイプ
MDR-XB70BT9,880円ネックバンドタイプ重低音
MDR-EX31BN10,880円ボックスタイプノイズキャンセル
SBH90C19,880円ネックバンドタイプハイレゾ対応
h.ear in 2 Wireless(WI-H700)20,880円ネックバンドタイプハイレゾ対応/アプリ対応
WF-SP700N22,880円完全独立型ノイズキャンセル/重低音/防滴/アプリ対応/外音取り込み
WF-1000X22,880円完全独立型ノイズキャンセル/アプリ対応/外音取り込み
WF-SP90029,880円完全独立型防塵/防水/アプリ対応/外音取り込み/メモリ4GB搭載
Xperia Ear Duo(XEA20)29,880円完全独立型防滴/外音取り込み
WI-1000X34,880円ネックバンドタイプハイレゾ対応/ノイズキャンセル/アプリ対応

SONY「WF-SP900」


画像引用元:WF-SP900 | ヘッドホン | ソニー

ソニーストアでの販売価格が29,880円の「WF-SP900」は、防水性と防塵性に優れています。耳への付け心地も重視されており、イヤーピースはSサイズからLLサイズまでの4種類を用意。

イヤホンでは音楽の再生や曲送り、電話の受信など、いろいろな操作をすることができます。

さらに、4GBのメモリが搭載されているため、スマホに接続することなくイヤホン単体でも、保存データを楽しむことが可能です。

SONY「WI-C400」


画像引用元:WI-C400 | ヘッドホン | ソニー

WI-C400」は、ソニーが扱っている中でも安価な部類に入るワイヤレスイヤホンです。ソニーストアでの販売価格は6,880円。

とはいえ、音漏れにして通気量の調整孔が小さくされていたり、音質アップのため高磁力ネオジムマグネットが採用されていたりと、随所に品質へのこだわりが見られます。

ネックバンドに搭載されている操作ボタンでは、スマホ内の音楽も再生可能です。また、Siriや「Googleアプリ」にも対応しているため、音声による操作にも対応。

さらには、スマホに着信があるとバイブレーションでお知らせしてくれます。

3 スマホ用のワイヤレスイヤホンはコストパフォーマンスを考えて


画像引用元:AirPods – Apple(日本)

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際は、徹底的に便利さを追求したいところではありますが、やはり値段も気になりますよね。

コストパフォーマンスについても、きちんと意識しておきたいところです。

ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント
  • 人混みの中ではノイズキャンセリング機能、屋外では防水機能など、使途に応じた機能を意識すること
  • BeatsのワイヤレスイヤホンやAppleのAirpodsは、iPhoneなどのApple製品と好相性
  • BOSEのワイヤレスイヤホンは比較的高価ながら、アクティブな使用に耐え得るモデルが多い
  • SONYのワイヤレスイヤホンはラインナップが豊富。リーズナブルな価格の製品を購入することも可能

価格や機能面も比較しつつ、自分が納得できるワイヤレスイヤホンを選びましょう!

「Xperia Ear Duo 」イヤホンレビュー|音漏れは?iPhoneでも使える?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ysn
ysn
北海道出身。就職活動が厳しい中、幸いにして希望していた会計事務所勤務を実現。しかしコミュ力不足が露呈し即挫折。諸々のアルバイト経験などを経て約15年前、ウェブライターの仕事に出会う。私生活はアナログながら、デジタル分野の知識を情報収集力でカバー。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ