AirPods用充電ケース、2023年にはLightningを廃止してUSB-Cに移行か

  • 2022年8月15日
  • by.Fenway2

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Appleは、2023年に発表されるiPhone 15の外部端子を、LightningからUSB-Cに移行するとの予想が有力です。

同時に、AirPodsの充電ケースもUSB-Cを採用すると噂されています。

トップ画像引用元:MacRumors

iPhone 15・AirPods充電ケースが2023年にUSB-Cに移行

Type-C コネクタ

画像引用元:ぱくたそ 18W USB-C充電ケーブルの先端のフリー画像(写真)

アナリストのミンチー・クオ氏は、Appleが2023年にiPhoneとAirPods全モデルの充電ケースに、USB-Cを採用するとの予想をTwitterに投稿しています。

2023年に発表されるiPhone 15でUSB-Cポートを採用し、同時にAirPodsの充電ケースもUSB-Cに切り替わるとのこと。

この予想が正しければ、2022年内に発表されるとみられる新型のAirPods Proでは、現行のLightning端子を搭載した充電ケースになると推測できます。

ヨーロッパでは、2024年秋までにスマホのUSB-C搭載が義務付けられています。

そのため、Appleは2023年に発表されるiPhone 15シリーズを皮切りに、Appleデバイスの端子をUSB-Cポートに移行するプロセスをスタートし、最終的にはLightningコネクターは廃止されるようです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。